ドラレコ 「azur DRX-315」 電池交換

すっかり夜景記事から遠のいています。(笑)
今回はタイトルどおり、愛車スバルXVのリア用ドラレコとして使っている「azur DRX-315」の電池交換をしてみました。毎度のことながらトホホな事例も併せて。さて上手く交換出来たのかな?

このドラレコをリアに付けて早2年、時折フォーマットしたり時計を合わせたりと不定期に見ていたのですが、先日確認したところ日付が2014/1/1に戻ってるじゃありませんか。何かの拍子にリセットされたのかな?ってことで再セット。で、翌日に確認してみると・・・ また戻ってるし(^_^;
日付が戻るってことは録画データが上書きされてしまうってこと。これは重大事案です。
発売から約5年、購入してからだともう3年以上は経っているでしょうか。同様の事例で電池交換して復旧したというWeb記事を見て早速トライです。さて、久しぶりにバラしますか。(^_^)

ドラレコ本体はこんなヤツ。リア用って訳じゃないですが小型なのでリア向けかと。

Img_4807_r

前回もでしたが結構開け難いです。マイクロSDカード挿入口をコジコジしてパカッと。

Img_4787_r

コンデンサが汚らしくビニールテープで養生されています。一応ビビり対策のつもり。(^_^;

レンズユニットを外すとバックアップ電池らしきモノが現れます。

Img_4791_r

電池にまで及ぶビニールテープ。同様にビビり対策です。ホント雑だなー。(笑)

テープを剥がすと本来の姿に。ふんふん、このボタン電池を交換すれば良い訳ね。

Img_4792_r

ペリペリと絶縁フィルムを剥がしてボタン電池を見ると・・・

Img_4797_r

汚ねー!(笑) 収縮フィルムの溶けたやつか液漏れか判らないけど見るからに病んでます。

電池に型番表記等なかったですが「CR1616」で良いみたいです。近くのノジマで早速購入。
スポット溶接された端子を無理やり剥がそうとしてリード線をプチっと。(^_^;

ここからがトホホ話。電池に直接リード線を半田付けしてみたところ見事に破壊です。(T_T)
なるべく熱を持たない内に手早くという訳で60Wの半田ゴテでトライ。くっ付いたにはくっ付いたものの熱を持った電池はお亡くなりになりました。まあ爆発させなかっただけ良しとします。(^_^;

二個目の電池、今度はウエルシアで購入。ノジマより安いじゃん。
今度は壊さない様にリード線の先端を電極に接触しやすい様に半田あげしてビニテでグルグル巻き方式です。交換した太いリード線と半田とビニテの厚みでポッチャリさんに。収まるかな?

Img_4800_r

マイナス側のリード線が太いです。細いのがなかったので。変わらず養生も雑だな。(笑)
レンズユニットを戻してみるとちょっと浮いた感じが。ちゃんとケース閉まるかな?

Img_4804_r

結果がこれ。ツメは引っかかってるので外れませんが隙間ができました。(^_^;
通電テストの結果は異常なし。前の様に日付リセット現象もなし。なので成功です。(笑)

今回の修理で学んだこと。ボタン電池に直に半田付けしてはダメ!電池が死ぬぐらいならまだしも下手すりゃ爆発します。危険なので絶対やらない様にしましょう。
でもこうして修理するのって好きなんですよね。ドドメをさすことも多いですが。(笑)

| | コメント (0)

XV警告灯異常表示他不具合で長期入院 (T_T)

愛車「スバルXVハイブリッド」またしても一ヶ月越えの長期入院となりました。(T_T)
先日退院したばかりですが症状とか処置結果をば。他ユーザ様の参考になればと。

朝晩、氷点下も当たり前となった2月初旬、その現象は再発しました。
そう、半年程前にも発生した「警告灯の異常表示」。ドアパンと重なり受難の月でした。(^_^;

インパネやMFDの表示は前回とほぼ同様です。MFDには次々と4種の警告表示が。

1521358928
またかよー。前回同様、警告が出る頻度も徐々に増えていきます。ダメだこりゃ。(^_^;

こうなるとイヤらしいのがこれ。ハイブリッドシステムのダウンです。

1521359507

インパネにもしっかり警告表示、一通り警告表示が終わると電池はスッカラカン表示に。
これで見事、重たい只のエンジン車とあいなりました。(笑)
出だしや上りでのモータアシストがいかに役立っていたかを実感する瞬間でもあります。

次の休日、ディーラーに持ち込み再発を伝え履歴を確認。不具合箇所の調査には前回同様時間を要するとのこと。直ぐ車を預けることも出来なかったので様子見を兼ねて一旦引き上げることに。その後も同じ頻度で警告表示は出続けたのですが・・・ 今回は違いました。
警告表示の直後、発進時と停止時にガクガクしだしたのです。丁度ノッキングの様な感じ。
警告表示がでなければこの事象は起こりませんでしたが、20~30分程走行を続けると必ず警告が出てガクガクします。一旦出るとエンジン再始動で解除しても10分経たずに再発。
特に停止時は一瞬グッと前に出るような挙動もありかなり恐怖。毎日通勤に使っていますが、もう次の休日まで待っていられません。代車を手配してもらい週初めに持ち込み。会社に代車乗り入れを届け期間は余裕を見て一ヶ月に。まさかこれを越える長期入院になろうとは。(^_^;

そそ、警告灯表示の様子、今回は動画も撮れましたのでご参考に。こんな感じ。(^_^;

普通これが出るだけで心穏やかじゃないですよね。これに加えてガクガクが来る訳です。

で、入院して約2週間、部品交換等の内容は聞いていたので引取日の確認も兼ねてディーラーを訪ねました。しばらくテスト走行して問題なければ渡せるので連絡するとのこと。
そして、連絡が来ました。「まだガクガクが直りません」と。(^_^;
どうやらCVTとミッションにダメージがあり関連ユニットの交換が必要とのことです。
入院期間延長です。(T_T)

そして待つこと更に10日程、週初め追加部品交換とテスト走行も終わったので引き渡せると連絡。この時点で代車乗り入れ期間の一ヶ月を越えました。こちらもまた延長申請です。
次の休みには出来れば自車を使いたかったので引取可能最短の木曜、会社帰りに引き取りに。
お帰り~。(^_^)

当日は担当不在で引取のみ。修理報告書受け取りと説明は土曜で再訪です。
さて、その整備(修理)報告書の内容をばこれまた参考迄に。

1521359741
上記経緯のとおり、報告書は2/16付と3/16付の2枚です。(^_^;
話しも聞いてみると1回目はCVT関連のポンプやシール類、インバータ等のユニット一式を交換したとのこと。前回のオイル流路の逆止弁不具合によるオイルの異常流をセンサーが感知した為、とはちょっと違う処置の様でした。この処置で警告表示は出なくなったものの、テスト走行でガクガクが確認された、CVTとミッション回りにダメージあり、との判断で3/16付内容の処置となった、との説明でした。ホントなんだか大手術になったんだなあと。(^_^;

2回目の処置後、かなり長い時間、距離をテスト走行した結果、不具合事象は確認出来なかったとのことで完治と判断された様です。でもですね、しつこく聞いてみたのですが、これら不具合が発生した真因は結局特定出来ていない様なのです。時系列で見れば警告灯異常表示が発生、しばらくしてガクガクが併発、なのでこの2つの事象には何らかの相関関係があると思われますが、もしそうだとすると1回目の事象は何故起きたのか?これが不明なのです。
つまり・・・ 再発がスゲー心配ってこと。ホント大丈夫かなあ。(^_^;

今回の修理、何れも無償で行って頂けたのでその点はディーラーさんに感謝と言うか誠意を感じましたが、車の挙動にまで影響を及ぼす様な不具合は長年何台もの車を乗り継いできて初めてのことだったので本当に驚きました。単純に当たりが悪かったのかな。(^_^;
何れにせよ再発だけはもう勘弁。今まで乗った車では一番のお気に入りですしね。(^_^)
ディーラーさんも長期に渡りお疲れ様でした。m(__)m
あ、満タンで入院したけど長距離テストで使ったガスは補充しといて欲しかったなあ。(笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)