旅行・地域

2019/12/1 自転車で行く夜景スポット+(其の28)

冬場でも好天の日差しの中を走るのはやっぱり気持ち良いもんです。(^_^)
という訳で今日は走行距離控え目で近場のプチヒルクライムスポットをハシゴしてみました。
お昼に自宅を出て「かつや」でしっかり腹ごしらえしてから先ず向かった先は知る人ぞ知る穴場夜景&富士山眺望スポット「茶道峠」です。「さどう」じゃなく「ちゃどう」と読みます。お間違えなく。

プチヒルクライムのスタート地点は「甲斐善光寺」の北、善光寺交差点。さあ、上るぞ!
20191201_133408_hdr_r出発前にパチリ。写真右上が地場産業センター「かいてらす」。宝飾品やワイン・食品等々、地場の名産品なら殆どが揃っている観光お立ち寄りスポットです。今日は繁盛してるかな?(^_^;

交差点北側の坂道を上ること約20分、最初の眺望ポイントはここ。
20191201_134637_hdr_r_20191205222901地名は善光寺町ですが地区名は不明。「茶道峠」の第一眺望ポイントってことで。(^_^;
山裾にフレーミングされたなかなか見映えする夜景が見られます。現地は結構な広場なので場所を変えることで色々な形の夜景が楽しめます。ちょっと地味(笑)な「積翠寺夜景」って感じ。

ここから少し上ったところには高台に設置された太陽光発電パネル群が。
20191201_135719_rこの太陽光発電パネル、甲斐善光寺の参道からみると丁度善光寺の屋根の上辺りに見えて景観を損なってるということで随分評判が悪かったりします。そんな善光寺方面を見下ろすと。
20191201_135756_hdr_rここを下った先が先ほど上ってきた道。一段高いので見下ろし感は良いですが眺望範囲が極小なのと電線が被るので夜景的にはイマイチかと。でもここから富士山ビューが始まります。(^_^)

下って元来た道へ。更に上った先にはこんな富士山ビューが。
20191201_141122_hdr_r紅葉の山々の間に冠雪した美しい富士山が望めます。富士山の右下辺りの霞んだ所が市街地眺望ですが、こちらもその狭さから夜景的には余り見映えしません。ここは富士山メインですね。

この直ぐ先が「茶道峠」のピーク。この先はもちろん下り。
20191201_141803_r地図上には「茶道峠」の表記はありません。これが余り知られていない理由のひとつかと。武田信玄が館(現在の武田神社)に向い峠を越える際に立ち寄った茶室があったことが名の由来とか。

峠を越えると一応舗装路ですがちょっとした狭小路に。5分程下るとポコッとここに出ます 。
20191201_142244_rこの道は「愛宕山スカイライン」。左に下ると「武田神社」方面、右に上ると「愛宕山こどもの国」や「県立科学館」方面に至ります。そう「茶道峠」は「愛宕山」の丁度裏手(北側)っていうこと。
前車(プレトレ)で来た時は武田神社方面に下りましたが、今回は「愛宕山こどもの国」方面へ。
しばらく上ったスカイラインのピーク辺り「変形自転車広場」前でパチリと。
20191201_142726_r
こちらは「こどもの国」内の施設。柵外からなので様子がよく解りませんが、その名のとおり様々な形の自転車に乗ることが出来ます。休日には多くの親子連れで賑わう人気の施設です。

ここからサーッと下った先が「こどもの国」の入口。ゲート近くからも結構な眺望が。
20191201_143028_hdr_r20191201_143048_hdr_rここは季節に関係なく17時にゲートが閉まるので、科学館の展望台まで歩くのが面倒ならゲート前に駐車して鑑賞&撮影するにはお手軽なスポットです。見てのとおりなかなかの眺めです。

ここまで来たら展望台に行かない訳にはいきません。以前に同車でここまで来ているのですが天気も悪く富士山ビューじゃなかったので展望台はパスしたんですよね。富士山はマストなので。(^_^;
20191201_143535_hdr_r科学館前でパチリと。チラッと見えるドームの先が展望台。展望台まで自転車を持っていけないこともないですが、さすがに気が引けるのでやめときます。というか自転車は入っちゃダメ!(笑)
トコトコ階段上ってドーム向こうの展望台へ。
20191201_144338_r誰もいねー(笑) 天気は良いけどやっぱ寒いからかな。広々してるのは科学館の屋上だから。

超定番の夜景スポットでもある展望台からの眺めをパチリと。
20191201_144530_hdr_rこの展望台からは甲府駅周辺は望めませんが富士山ビューと併せて眺望は抜群です。
上手い具合に紅葉も見ごろで綺麗でした。振り返って展望台方向をまたパチリ。
20191201_144633_r奥に見える科学館脇の遊具エリアの紅葉も綺麗。(^_^)
この展望台は天文台やドーム等と併せた風景も見映えする良い撮影地と思います。

科学館展望台はこれにて終了。下ってまた急坂上り(^_^; お次のスポットはここ。
20191201_150953_hdr_rこちらも「こどもの国」内の施設「少年自然の家」上空から見ると三角形で目立つ建物でここはその屋上部分。この先、三角の頂点が眺望スポット。ここは自転車でグイグイ入っていきます。(笑)20191201_151657_hdr_r20191201_151731_hdr_rこちらも先の科学館展望台同様に富士山ビューな絶景が見られます。
惜しむらくは基本「少年自然の家」やキャンプ場利用者じゃないと17時以降は入れないこと。
でも以前に入れたことがあるんですよね。単に気づかれなかっただけかも。(^_^;

だいぶ陽も傾いてきました。そろそろ帰路につくことに。ちょい下った先でパチリ。
20191201_152240_hdr_r左上の建物が「少年自然の家」。陽に反射した紅葉が綺麗。(^_^)

ここから愛宕山スカイラインをそのまま下って帰っても良かったのですが、気分を変えて「グリーンヒル愛宕」内を抜けてショートカットで帰ることに。道中にはこんな眺望もチラホラと。
20191201_152908_hdr_r見てのとおり私有地につき入らないで!と。以前この柵がなかった時に知らずにここの先端まで入ったことがありますが、甲府駅方面まで望める絶景ポイントでした。ああ、撮りたい!(笑)

グリーンヒル愛宕の端っこ、ここもまた低地ながら眺めが良い場所。
20191201_153331_hdr_rこの先の狭小路を一気に下ると自宅はもうすぐそこ。普通車じゃ無理かな。

以上、近場のスポットハシゴでした。総走行距離は20km程ですが、アップダウンが激しいので結構キツかったかもです。距離的にも車ならなんら苦もない道中に思えますが所々に現れる狭小路、施設の門限縛りによる歩き等々、意外と敷居は高いスポットばかりだったかと。それでも夜景や富士山の眺め的には良いスポットばかりなので機会があれば是非訪れてみてください。(^_^)

という訳で帰宅したのは16時前、思いの他天気も良いので続けて夜景撮りにでも行こうかと。
出発前に自宅から眺めた富士山には・・・
Img_5016_r可愛い笠雲がちょんもりと。翌日はしっかり終日雨模様でした。当たるなあ。(笑)

| | コメント (0)

2019/11/30 自転車で行く夜景スポット+(其の27)

やっとクリアな冬晴れが多くなってきました。まあ寒さと引き換えですが。(^_^;
てな訳でスッキリ富士山ビュー日和に行こうと思っていた自転車ではお初のスポット「須玉IC付近」に行ってきました。なんだか曖昧なスポット名ですが、そうとしか言いようがないので。(^_^;
コースは韮崎方面の釜無川CR(サイクリングロード)からR20 「穴山橋」へ、昼めし喰ってエネルギー補給。で「七里岩」に上って日野春から北側の須玉IC方面に下って現地を目指すことに。

釜無川CR手前、韮崎市街地方面への入口、釜無川「船山橋」上でパチリと。
20191130_125451_r韮崎の定番夜景スポット「韮崎平和観音」が遠くにちょこんと見えています。
振り向くとしっかり富士山ビュー。(^_^)
20191130_125503_r橋を写真方向に渡りすぐ右折すると甘利山公園線を経てこれまた超定番スポットの「甘利山」へ至ります。船山橋は韮崎方面の各夜景スポットへ向かう分岐点となる要所だったりします。

釜無川RCをひたすら進むこと約30分「穴山橋」へ。CR終点で一休み。
20191130_132410_r右手にそびえ立つのが「七里岩」。現地はこの岩の向こう側。後で上ります。(^_^;
時刻は13時半頃、七里岩クライム前の腹ごしらえはここで。
20191130_140212_r穴山橋を渡ったすぐ先の「みどりや食堂」へ。ラーメンが美味しいと評判の食堂です。店内はほぼ満席でその人気ぶりが伺えます。御多分に漏れずラーメン&ライスをチョイス。旨かったあ。(^_^)
20191130_140418_r食休みがてら向かいの「午頭島公園」へ。これといった特徴のない河川敷公園ですが人気がないのでのんびりできます。向かいの七里岩にはでっかい洞穴が。さてと、そろそろ上りますか。

穴山橋を渡ったすぐ先が上り口。つづら折りをヒーコラ上って「七里岩ライン」を走ること20分程、お次の休憩ポイントJR中央本線「日野春駅」へ到着です。日野春駅はこんな感じの所 。
20191130_144157_r左の道が七里岩ライン。先に進むと北杜市方面へ至ります。行かないけど。(^_^;

須玉方面へは日野春駅の少し手前から七里岩を下ります。殆どが下り坂なので早い早い!中央道を潜りR141清里ライン手前に。ここから急坂を上ると今回の目的地です。あと一息!
20191130_145443_hdr_r やって来ました「須玉IC付近」。ICはカーブの先辺り。現地は見てのとおり中央道脇の法面の上で地名では「須玉町若神子」って所。若干霞みがあるもののバッチリ富士山ビューです。(^_^)
この直ぐ上に「須玉美術館」ってのがあるので「その付近」でもいいかも知れませんがこの美術館、チト敷居が高いちゅうかなんちゅうか、公のランドマークって感じじゃなかったので。(^_^;

せっかくなので「G7Xmk2」で富士山メインで2枚ほど。
Img_4949_r
Img_4955_rん?以前撮った時はこんなに木々が被ってたっけな? 自宅に戻ってから確認してみると撮影地がちょっと違っていました。実際はもう少し先に進んだところから撮ったようです。その先とは。
20191130_150352_hdr_rたぶんここから長坂IC方向に100m程上った先が当時の撮影場所だったのではと。
この時点でかなりバテてたので先に進ま(め)なかったんだと思います。(笑)

時刻は既に15時過ぎ。天気も良いので時間があれば帰宅後もどっか撮りに行きたいところ。日も短かいので16時頃には帰宅したいのです。一気に下ってR141を韮崎市街地向けに爆走!
キキーッ!急ブレーキしてパチリと。
20191130_152227_hdr_r金精軒韮崎店」と「Corner Pocket」前にて。金精軒は夏の名物「水信玄餅」を求める人で土日は大盛況となります。お隣も便乗で大繁盛しますが今は平和なもんです。でも美味しいですよ(^_^)

韮崎から先、甲府迄はまだまだ遠いです。「道の駅にらさき」でトイレ休憩。
20191130_152414_hdr_r 土産物や軽食コーナーがある普通の道の駅ですが以前立ち寄った時に食した「鳥もつ煮定食」は庶民的ビジュアル(^_^;ながらも美味しかったです。向こうのドームは温泉施設「ゆーぷるにらさき」。

16時過ぎ無事帰宅。近場ならまだトワイライト夜景に間に合うし撮りに行くかあ!
と、気合入れたのはよかったものの、車ないじゃん・・・ 2台とも出払ってました(^_^;
結局夜景撮りは叶いませんでしたが上り下り含め60km近く走ったので今日は大人しく体を休めるのが吉かも知れません。まだまだチャンスはありますしね。雪さえ降らなければですが。(^_^;

| | コメント (0)

2019/11/16 大蔵経寺山登山道 第二展望台の夜景

寒さも本格的になってきました。なので夜景もそろそろ本格的に。(笑)
11/16(土)当日。昼間はそこそこ暖かかったものの夕方からはグッと冷え込み天気の崩れもなく富士山もクッキリと。富士山メインで撮るなら西方だと「甘利山」か「櫛形山林道」、北方からなら「千代田湖白山」や「笛吹川フルーツ公園」辺りが鉄板撮影地となりますが、同時期に既に撮っている所じゃなあと。なんて考えているうちに時刻は既に16時近く。この時期17時には既にトワイライトも終盤を迎えてしまします。で、ふと思いついた撮影地がここ。「大蔵経寺山登山道 第二展望台」にしよっ!

この撮影地、いつもなら必ず行っている日中の下見をしていません。夜景撮影前にはしておこうと思っていましたが約30分のプチ登山が二の足を踏ませていたって訳(^_^; 登山道入口迄なら自宅から車で20分程度、今の気候なら登山も多少汗ばむ程度で済みそうです。他の方のWeb記事からすると登山道沿いに行けば問題なく到着できそうです。なので向かいます!(笑)

とっとと準備して出発。予定どおり16時半前には登山道入口へ到着。いざプチ登山開始!
20181215_163054_hdr_rこの写真、実は一年前のだったりします。白い車を赤のXVに置き換えてください(^_^;
先ずはその一年前に訪れた「第一展望台」へ。約15分の山登りです。
20191116_164946_hdr_r第一展望台はこんな感じの所。ってなんかスゲー綺麗になってるじゃん!
石和温泉花火大会」の撮影時鬱蒼感満載だった雑草も刈られスッキリと。しかもこの奥の方まで重機で整地されていて結構な広場って感じに。これならもう立派な展望台ですね。(^_^)

そんな綺麗になった第一展望台からの眺めはこんな感じ。
20191116_165218_hdr_rせっかくなので昨年12月に撮ったトワイライト夜景も併せて。
20181215-p01_rもうこれで十分じゃないかい。ってなぐらいな綺麗な夜景がここでも見られます。
山登りが辛い人はここで止めといても良いかもです。(^_^;

でも今日の目的地は更なる高み「第二展望台」。暗くなる前に急いで上ります。
ここから先は未踏のエリア。てっきり未舗装とばかり思っていましたが若干荒れてはいるものの舗装路が続いていました。キツめの坂を上ること約15分、目の前に分岐が。左側は上り、右側は下っています。もうちょい上ってみるか、と歩き出してふと振り返ると右側の道脇に「第二展望台」の表示が。危ない危ない、山頂に行ってしまうところだった。(^_^; ちなみに山頂には展望はないそうな。

右の道は下った後に上り坂に、分岐から5分程。無事「第二展望台」へ到着!
既にトワイライトも進み付近の様子を撮る間もなく撮影開始です。タイムラプス用の「G7Xmk2」を先にセットしてから静止画用の「D7000」でクッキリ富士山ビューな石和中心部周辺をパチリと。
D7k_2842_r良かったあ、ギリでトワイライトに間に合いました。富士山はチト小さいけど夜景は綺麗。(^_^)
ここ結構眺望範囲が広いです。富士山ビューなうちに全体夜景をパノラマで。
20191116-p01_rこれこれ、この見下ろし感です!先の第一展望台の眺めと見比べると違いが良く解るかと。
石和市街地の両翼、東は一宮御坂方面から西は甲府市和戸方面迄の近傍夜景が広がります。
市街地近傍もあって中央本線の電車の音とか市街地の喧騒が聞こえるのもここならでは。

せっかくなので富士山アップで。先っちょだけでチト寂しいですけど。(^_^;
D7k_2853_r遠望は八代方面の夜景、左下がR20石和橋と鵜飼橋周辺。この両橋の間で「石和温泉花火大会」が開催されます。トワイライトも進んでしまいましたが富士山ビューな夜景はやっぱり良いですよね。

少し目線を下げて石和温泉駅周辺の市街地をアップで。
D7k_2869_r石和温泉駅前通りは12月になると可愛いイルミネーションに飾られます。
そんな昨年12月の第一展望台からの眺めはこんな感じ。
D7k_0996_r高度差は100m程でしょうか。こちらの写真でもその違いがよく解るのではと。

続けてアップな夜景を2枚。一宮御坂IC方面をパチリと。
D7k_2872_rちょっと地味かな(^_^; 横長の光跡がR20、左の明るいエリアから奥に延びる光跡がR137御坂路。真ん中辺りが中央道の一宮御坂IC。この周辺はギラギラ感のないのどかな夜景が見られます。

東方にパンして甲府市方面を。あの一段と明るいエリアはなんぞや?
D7k_2870_r甲府市東部、和戸地区商業エリアでした。この一帯、ここ2~3年で急激に商業施設が増えた地区ですが、こうしてみるとホントに明るいエリアです。ギラギラ過ぎて周辺との落差が激しいです。(笑)

時刻は18時過ぎ。撤収前に再度パノラマにて全景を。
20191116-p04_r ちょっと露光しすぎかな。(^_^; 両脇を山裾にフレーミングされた正に私好みの夜景。(^_^)
明るい月明かりがあれば富士山や山並みが綺麗に浮かぶんですけどね。でも十分綺麗かと。

最後はお約束の動画をば。タイムラプスで行きかう車や電車の様子も併せてどうぞ。

そそ、到着時に撮り忘れた第二展望台の様子はこんな。真っ暗で怪しさ満点ですが(^_^;
Img_4922_rこんな柵があるエリアが奥に50m程続いています。余り奥に入って行っても眺望範囲が狭くなるだけなので入口のこの看板のある所のちょい先辺りが良いポイントじゃないでしょうか。

上りで30分の道中も20分程で下山。でも結構な急坂なので急ぐと足にきます。(^_^;
登山道入口ゲートをパチリと。
Img_4928_r猪除けゲートってことはやっぱり猪が出るんですかね。撮影中どっかで猪が出たので気を付けて、と放送が流れてちょっとビビりましたが(^_^; 市街地近傍ですが意外と獣感のある登山道です。

さて「大蔵経寺山登山道第二展望台」の夜景はいかがだったでしょうか。久しぶりのマジ撮り&お初展望地だったこともあり長々と書いてしまいましたが、ここの夜景は本当に綺麗だと思います。
約30分の山登りはそこそこキツイですが、その先の絶景を見れば疲れも吹っ飛ぶんじゃないでしょうか。気候的にも今が一番の季節かと。機会があれば是非訪れてみてください。(^_^)

| | コメント (0)

2019/11/10 自転車で行く夜景スポット+(其の26)

涼しくなるといきなり活動的になります。好天に誘われ二日連続の夜景スポット巡りをば。
訪れたのはチャリでは約2年ぶりの再訪となる南アルプス市「御崎公園とその付近」(笑)
マイナーなスポットでありながら富士山ビューな良夜景が見られる穴場だったりします。
現地までは定番の道中です。先ず難なく到着したのがここ「桃花橋ループ」。20191110_135914_rすっかり通過点扱いですが、この辺りじゃ一番メジャーな夜景スポットなんですよね。
キコキコ上ってループ橋終点の公園で一休み。相変わらず良い眺めです。20191110_140733_hdr_r若干霞んではいるもののしっかり富士山ビューです。先日ローカル番組でサイクリングコースとして紹介されたので訪れる人も増えるんじゃないかと。地元民は意外と知らなかったりします。ここ。

小休止も終えて出発です。少しキツイ坂を上り切った所がここ。
20191110_142332_rここも何度撮ってるんでしょ(^_^; 定番の「長峰林道」への分岐点でパチリ。
ここから更に上るか、通過して下るか、精神的に試されるポイントでもあります。(笑)

さて、本来の目的地を目指しましょう。ちょいと下ったこの場所がその分岐点。
20191110_142633_hdr_r現地にはもうちょい下った先からつづら折りの道を上るルートもありますが、下るってことは当然その分上りが増えるってことなのでここから向かいます。が、この先の道がちょっとアレな感じな訳で。
20191110_143055_rこれ絶対に車じゃ通りたくないですよね(^_^; 一応生活道なんでしょうが傷つきOKな軽とか限定じゃないでしょうか。結構な上り坂と相まって自転車でも嫌感な悪路です。ずっとじゃないですが。

そんな悪路を抜けて第一の目的地へ。「御崎公園」へ到着!
20191110_143901_hdr_r正確には公園から一段上がった東屋のある展望スペースが現地。若干木々が被るもののそこそこ高度もあるので夜景は結構イケてたりします。ただ現地の雰囲気はというとこんな感じな訳で。
20191110_144047_hdr_r倒木&ちょっと座るのが躊躇される東屋ベンチとか(^_^; 余り人の手が入ってないのかな。
見晴らしが良いスポットだけに残念ポイントだったりします。夜は更に怪しさ倍増!(笑)

そんな「御崎公園」から急坂を少し上った先にはこんな展望エリアが。
20191110_144513_hdr_r富士山ビューならこちらで決まり。ここも若干木々が被りますが夜景ならさほど気になりません。中心部の光量がそれほどキツくないので良い感じの星景写真が撮れるポイントでもあります。

富士山コラボ夜景ならこんな感じの構図でしょうか。
20191110_144938_hdr_r富士山は右寄りになってしまいますが夜景とのバランスは良いと思います。
この先は築山地区の集落となりそこで終点。この広場は地元の方々の行事とかで使われるスペースなのかロープが張られており車では入っていけません。訪れる際にはお静かに!です。

今回の夜景スポット巡りはこれで終了。最後は公園脇の「御崎神社」鳥居前でパチリと。
20191110_145535_hdr_r公園や神社近くの道路脇には所々ベンチも備えられ地域の憩いの場所となっている様です。
後は先に書いたつづら折りを下って帰路へ。急坂&ヘアピン連続なので慎重に。(^_^;

さて「桃花橋ループ」から「御崎公園とその付近」はいかがだったでしょうか。
2年前に前車で訪れた時とまったく同じルートになってしまいましたが、以前は押し歩いた道中も足を着けることなく巡ることができました。ほぼ自転車(FX3)効果ですがちょっとは体力もついたかな?
今回は立ち寄らなかった「長峰林道」と併せて夜景ハシゴも良いかも知れませんので是非訪れてみてください。あ、車なら「御崎公園」へはつづら折り側から、を忘れない様にです。(笑)

| | コメント (0)

2019/11/9 自転車で行く夜景スポット+(其の25)

山梨って秋が短いんですよね。11月に入り朝晩の空気はすっかり冬です。寒っ!
夜景撮りには良い季節のハズですがなぜか撮りに行きたくなるような好天は全て平日という。
会社の外階段から恨めしくも眺める絶品トワイライト夜景も何故か土日には拝めず。
でも自転車で出かけるには丁度良い気候なんですよね。さて、出かけますか。(^_^)

という訳で向かった先は甲府盆地東部端の甲州市「塩山ふれあいの森総合公園」です。
ここは現チャリFX3ではお初の夜景スポット。前車で訪れたのは2017年1月なので約3年ぶりの来訪です。山梨市駅辺りから地味な上りが続く道中をキコキコと。今回は少しルートも変えて。

前回は山梨市駅から「恵林寺」の手前まで一気に上って現地へというルートでしたが、今回はチト手前から塩山市街地方面へ。塩山の由来となった「塩ノ山」を周回しつつ現地へという道順で。

20191109_111743_hdr_r

道中、塩山方面へ向かう目印の「七日子神社」前交差点でパチリと。
碑には「やまなしの歴史文化公園」と書かれた趣のあるお社です。

塩山市街地方面へ向かうにつれ塩ノ山がだんだん迫ってきます。

20191109_112532_r

恵林寺方面から塩山市街地に続く県道38号「向嶽寺」前交差点へポコッと。
後ろに見えるのが塩ノ山。近くで見ると結構大きな山です。目的地はこの裏手の先。

塩ノ山の南側界隈は趣ある温泉地だったりします。先日も旅番組で紹介されていました。
裏手(北側)に周りこみ現地へ向かいます。直線で後2km程。見えてきました。

20191109_113945_r

真正面の山麓に見えているのが「塩山ふれあいの森総合公園」です。
振り返ると徐々に遠ざかりつつある塩ノ山が全景を見せ始めています。

20191109_113959_hdr_r

公園手前をエイヤっ!と駆け上がり到着!(^_^)

20191109_115025_r

公園前道路はR20や勝沼ICへ続くフルーツライン。道沿いは観光農園が点在し季節には多くの観光客で賑わいます。オフシーズンを迎え閑散としていますがサイクリストには絶好のコースかと。

前回同様、第2駐車場を目指して急坂をキコキコと。
  20191109_115345_hdr_r

展望は余りないですがトイレと自販機があるので一休み。
振り返ると遊具を備えたエリアが。今日も親子連れで賑わっていました。

20191109_115417_r

展望地はこの公園エリアの上。富士見台と呼ばれる東屋付近。後ひと頑張り!

20191109_120425_hdr_r

これこれ、この眺めです。一見お邪魔の様に見える塩ノ山ですが、夜景になると光の海に浮かぶ小島の様に見えて幻想的でもあります。平地の中にポッコリと、どうやって出来た山なんでしょ?

上って来た急坂に戻ります。この先にも道は続いていますが前回はバテて途中で引き返し(^_^;
今回は行けるところまで行ってみようかと。上ること15分程、ピークらしき場所でパチリと。

20191109_122943_r

眺望方向をGoogleマップで確認してみると塩山竹森地区の町並みが見えている様です。このまま進むと山越えして北側に降りてしまうってこと。なのでここで終了です。おとなしく引き返します。(^_^;

急坂を一気に下ってフルーツラインに戻ってきました。せっかくなのでもう少し足を伸ばすことに。向かった先はここから4km程先の「牛奥みはらしの丘」。これまた定番の夜景スポットです。

20191109_130306_r

約20分で到着。道は非常に良いのですが上り下りを繰り返すので結構疲れるんですよね。
以前は綺麗だった看板は日焼けでボロボロに。そろそろ直した方がいいのでは。(^_^;

定番の撮影ポイントでパチリと。

20191109_130012_r

時刻は13時頃だったでしょうか。暖かくなってきたこともあり遠方は霞んでいますが相変わらずの見晴らしです。何組かのバイカーやサイクリストの方々も眺望を楽しんでらっしゃいました。

ここからR20方面に進むと「勝沼ぶどう郷駅」や「勝沼ぶどうの丘」に至ります。前車ではこことセットで訪れましたが今回はここまで。帰路の距離を考えるとここらで止めとくのが無難かと。(^_^;
R411方面に一気に下り14時過ぎには帰宅です。基本下り基調なので早い早い。
でも陽があるうちは下りでも大丈夫ですが曇りや夕方で陽が落ちた後だと冷えるんですよね。上りで大汗かいて下りで冷え冷え。そういった意味では今が一番ヤバい季節だったりします。(笑)

| | コメント (0)

2019/10/26 山梨県庁プロジェクションマッピング&花火

久々に夜景らしい話題です。(^_^;
この時期恒例、2019/10/25~27で開催された山梨県庁のプロジェクションマッピングをば。
正式には「やまなしハロウィンフェス2019 with 3Dプロジェクションマッピング and 花火」長っ!
前回見たのは2016年のこと。花火とコラボするってことで久々に見に行ってみようかと。
期間中は18:30(花火あり)から30分毎に上映、花火コラボは19:30、20:30を含めて計3回。
撮りに出かけたのは中日の26日。19:30の部を会場で、20:30からの部を自宅から花火のみ撮影、って魂胆です。今日撮り損じても最終日もありますしね。天気が良ければですが。(^_^;

という訳で自宅からテクテク歩いて20分で会場着。前回撮影したのとほぼ同じ場所から撮影することに。思った程に人も多くなかったので三脚持って来ても良かったかな。
今回上映は10分ちょい長めですがここはひとつ手持ちで頑張ってみますか。(^_^;

動くプロジェクションマッピングと花火は後の動画にて。開始前をパチリと。

Img_4831_r

正面から撮れなくもなかったですが、なんかこのアングルが好きなので。
花火の提供も山梨で有名な煙火店「マルゴー」なので期待できます。(^_^)

来場のお子様方が大盛り上がりでカウントダウン、はじまりはじまり~!
オープニング直後に花火音が。打ち上げ場所は右手、直ぐ隣の「舞鶴城公園」なのでこのアングルではまったく入りません。そんなサウンドオンリー花火は無理やり動画でコラボさせてます。(^_^;

プロジェクションマッピング中の花火は計4回。自宅撮りの動画から切り出しで。 

Photo_20191103175601

こちらもまた後の動画で見て頂ければと。「舞鶴城公園」での打ち上げ花火は先日(8/10)の「小江戸甲府の夏祭り花火」等、様々なイベントでも行われますが、ここって甲府駅の直ぐ隣なんですよね。ようは完全に街中ってこと。その割には派手な花火をバンバンと。いいのかな。(^_^;

という訳で動画をば。花火は出番の都度ワイプで右下に現れます。

実はこの花火、翌日27日に撮った映像だったりします。まあタイムスケジュールどおり&たぶんコンピュータ制御で打ち上げられているので会場撮影の音響ともほぼズレはありません。
約10分間の手持ち撮影は手振れ補正のお陰もあってまあ耐えられる範囲の揺らぎかと。途中、車が横切ったりとかしてるし撮りなおそうかとも思いましたが面倒なので止めました。(^_^;

上の動画の末尾に「おまけ」で付けた花火のみ動画を単独でもアップです。

迫力重視で若干トリミング(拡大)しています。なので元サイズがFHDより小さくなっているのでHDにしてエンコしていますがパッと見はさほど変わらないのでこれで良いかと。(^_^;

開催から一週間ほど経つと他の方々の動画もアップされ始めました。見てみると建物に向かって左手から撮影されていた方の動画には大半フレームアウトしているもののプロジェクションマッピングと共に花火が映り込んでいます。距離的に花火含め全景を入れるのは厳しそうですがやっぱりリアルタイムで同時に撮った方が迫力があって良いですよね。私のは似非コラボなので。(^_^;

| | コメント (0)

2019/10/5 自転車で行く夜景スポット+(其の24)

 そそ、なんか従来のテーマは使えなくなるとかアナウンス出てたっけな。
で、久々に自分のブログを開いてみると・・・ あら、見事に真っ白け!(笑)
特に何もしないと標準のテーマになるとも書いてあったのでそうなったのか、と納得も別テーマに変えることもできずにそのまま書いてます。(^_^;

※その後、別テーマに反映されなかったのは反映に時間がかかっただけのようでした。(^_^;
 ブラウザのキャッシュをクリアすれば直ぐ反映できることも解りひとつ賢くなりました。(笑)
 結局、ココログのテーマは使わずカスタムです。気分を変えるのに良い機会だったかと。

という訳で朝晩はすっかり涼しくなった今日この頃、愛車「TREK FX3 DISC(2019)」で出かけた先はお初スポットの「波場公園」って所。
自宅からは10kmちょいと近場の低地スポットです。周りは山しかない盆地なのに「波場」とはこれいかに?(笑) さてどんなところかな?(^_^)

自宅を出て数キロ、荒川(甲府の(^_^;)CRの終点休憩所でパチリと。

20191005_072132_r

ホント久々の好天です。ここの所、毎週末は冴えない天気でしたからね。
遠くの山並みもクッキリと。雲が出てこないうちに急げ現地へ!

笛吹川沿いのR140(笛吹ライン)で目指す先は豊富方面。
豊積橋南交差点を南に左折するとじわじわと上りに。次の分岐点がここ。

20191005_073522_hdr_r

ここを右折し三珠方面へ。このまま直進すると「シルクの里公園」や「大鳥居林道」へ至ります。有名な「みたまの湯」も同方面から行けます。

曲がった先はまたじわじわと上りです。数分程走った先、自販機のあるY字路右手の脇道の急坂をエイヤっ!と上ると現れたのがこれ。

20191005_074438_r

先ずは「伊勢塚古墳」に到着。「波場公園」はこの直ぐ先。古墳には大きな桜の木がぶっ刺さっています。ここからの眺めはどんな感じかな?

20191005_074835_hdr_r

トトトと上ると祠が2つ。桜が大きく被り眺望はイマイチですが桜の季節だと夜桜コラボ夜景が楽しめそうな予感。これは来年のお楽しみ。(^_^) 山並みコラボなら鳳凰三山や櫛形山方面が開けてるので悪くないかもです。

20191005_074853_hdr_r

さて、古墳だけでずいぶん引っ張りました。(笑)
やっと「波場公園」です。すぐそこに見えてます。(^_^;

20191005_075219_r

トイレも備えられた意外にも広々した公園です。ホント地元の方の為の公園って感じで駐車場はなし。トイレ前か路上に邪魔にならない様に。
さて、見晴らしはどんなかな?

20191005_075407_hdr_r

をを、なかなかの眺望じゃん!(^_^)
引いて自転車入りで撮っているので桜の枝が被っていますが前に出れば東は甲府中心部、西は富士川町方面までのパノラマ眺望が広がります。
真正面に見えるのが八ヶ岳と茅ヶ岳。直ぐ左手には甘利山、鳳凰三山、櫛形山と冬季晴天時のトワイライト夜景なら絶景となること必至かと。(^_^)

Img_4749_r

そんな雄大な山並みはスマホじゃなく「G7Xmk2」のマジ撮りでパチリと。
木々被りと低地の宿命、線夜景はこれらの名峰が補完してくれるハズ!

眺めを楽しみ過ぎました。気が付くとあちこち虫刺され。(^_^;
公園内の様子はこんな感じ。隠れたお花見の名所らしいです。

20191005_080515_hdr_r

日中でもゆっくりくつろげそうな良い公園ですよね。(^_^)

現地を後にして三珠方面経由で帰路に。道中の道端でパチリ。

20191005_081530_hdr_r

そそ「波場公園」のある大塚地区は「大塚人参」ってのが名産です。スゲー長いニンジンで甘みがあり美味しいとか。食したことはないですが。(^_^;
正面高台に見えるのが「みたまの湯」。ここからも行けるけど解り難いかと。

帰路は標識にある「甲斐上野駅」方面へ。一気に下りあっと言う間に下界へ。最後は笛吹川に架かる市川大門線「桃林橋」上で一枚。

20191005_082217_r

遮るモノさえなければどこから見ても山並みは変わりませんね。(^_^;

波場公園」はWeb上では夜景写真が紹介されています。トワイライト&月明かり等がない夜景だと低地の宿命、線夜景になってしまうのでチト寂しいですが、空気が澄んでくるこれからが夜景撮りシーズンの本番です。良い画が撮れたらまた紹介しますので見てやってください。(^_^)

 

| | コメント (0)

2019/9/8 自転車で行く夜景スポット+(其の23)

花火の季節も終わり早9月、秋めいた空気感の中・・・ って全然涼しくないし。(^_^;
そうは言っても早朝はそれなりに涼しくなってきた訳ですが、早朝と言うには遅すぎる7時頃、台風の接近を感じさせない朝の陽ざしを背に受け向かった先は韮崎の「甘利沢」チャリでは久々。

自宅を出て約30分ちょい。先ずは甲斐市双葉、釜無川に架かるR52「双田橋」上でパチリと。

20190908_075513_r

甲府西方からは綺麗な富士山を見ることができます。双田橋から望む富士山も良い感じ。
ここ渡る度に思うのですが両側にある特徴ある衝立はどんな役割があるんでしょ?(^_^;

橋を渡って左手に見えるのが「日本航空学園」と「ラザウォーク甲斐双葉」。

20190908_075812_r

知っている人には当たり前ですが知らないと突如現れる滑走路にちょっと驚くのではと。
航空学園脇の路上からは展示されている飛行機(ゼロ戦?)とかが間近に見られます。

ここからはR20をキコキコとひとつ上の「船山橋」を渡り甘利山方面へ。
韮崎工業高校脇を過ぎて直ぐ、前回同様たまらずまた撮ってしまいました。(^_^;

20190908_081922_r

ホテル舟山」敷地内にある金閣寺(笑) 「空から日本を見てみよう」でも紹介されたこの施設、明確な用途があって建てられた訳じゃないとか言っていましたがインパクトは抜群です。

さあ、ここからが本番、お楽しみの上りです。甘利沢まで後2.5km程。行くぞ!
で、辿り着いたのがここ「山之神神社」。この神社の裏手をゴニョゴニョと。(^_^;

20190908_083723_hdr_r

でました!私的には定番撮影地の木造テラス。

20190908_084038_hdr_r

いやあ、相変わらず安定の鬱蒼感です。まだまだ夏だなあ。(笑)
せっかくなので自転車をかついでテラスへ。疲れを癒しつつパチパチと。

20190908_085033_hdr_r

ここ、本当に立派なテラスなんですよね。未だ謎多きテラスですがブヨの襲来(笑)さえ気にしなければ「武田の里にらさき花火大会」の絶好の展望地だったりします。展望メインでもパチリと。

20190908_085120_r

ちょうど正面あたりが花火のメイン会場。左手から上がる単発大玉も見応え十分。(^_^)
今日もまったく人気はありません。汗ベタ上着を脱いで天日干し(笑)しながらのんびりと。

20190908_090824_hdr_r

休憩を終えテラス全体を入れて。少しでも高度を稼ぎたいならここでもOK。広いし。

さて、ここから本当の甘利沢展望台(ムク台跡)へ向かいます。上の写真とうって変わりこの直ぐ後ろから草ボーボー。自転車を引いて辿り着いてみると・・・柵で囲われて入れないじゃん!(^_^;
しょうがないので沢側の柵を自転車と共にヨイショと乗り越えてなんとか展望台へ。

20190908_091809_hdr_r

写真左の柵を乗り越えました。柵の直ぐ外は沢。落ちたらヤバいです。(笑)
先ほどのテラス方面へは降りられない様に全面柵で覆われていました。草ボーと併せ急斜面もあるので危険だからと塞いだんだと思います。まあ確かに人が歩く様な所じゃないですが。(^_^;
ここ、小夜景的にはアリですが花火会場方面は左手の木々が被って見られません。

甘利山公園線とそこに面した駐車スペースからはこんな感じ。

20190908_092120_hdr_r

右の道が甘利山公園線、広々した良い場所なんですけどね、眺望的にはチト残念。

そそ、ここからちょい上った所に空き地が造成されたのでそこからの眺めもチェック。

20190908_092353_hdr_r

ちょい高くなるだけで眺望範囲はほぼ同じ。なんかこうフワフワな草原感は良い感じ。(笑)

という訳で「甘利沢」はこれにて終了。お次の目的地へ。
向かった先は「わに塚の桜」。夜景スポットではありませんが今日は富士山も見えてるってことで富士山と桜がコラボできる場所確認でもしてみようかと。まだ半年以上先の話ですが。(^_^;

下りなんで早いです。15分程で現地着。先ずは八ヶ岳バックの定番撮影地から。

20190908_094639_r

初秋の「わに塚の桜」です。チャリ抜きでマジ撮り(G7Xmk2)するとこんな感じ。

Img_4679_r

脳内でピンク色に補完してください。(笑)
今晩には台風接近とか信じられない程の良い天気、八ヶ岳もクッキリ。(^_^)

さて、目的は富士山コラボなポイント探しです。北西の八ヶ岳、南東の富士山なので探すのは上の写真の向こう側。近くからだと上手くコラボできません。こちらも「G7Xmk2」のアップで。

Img_4682_r

直ぐ右手には鉄塔が。高圧線がしっかり写り込んでいます。離れた場所からなので圧縮効果で富士山の迫力は満点なものの構図的にはどうかな? よく見るとトンボがいっぱい!(笑)

少し場所を変えてもう一枚。こちらの構図はどうだ!

Img_4684_r

配置的に良い構図だけど、鉄塔まるけだな。(^_^; もちろん桜の直ぐ右手にもどーんと鉄塔が。
探せば桜で上手く鉄塔を隠すような場所が見つかるかも知れませんが、正に稲刈り準備時期らしく作業のお邪魔にならない様にと深追いせず。まだ来春の話なのでゆっくり探せばいいかと。

あ、来る時には雲に覆われていた八ヶ岳、クッキリ見えてるうちに撮りたい場所がもうひとつ。
甲斐双葉と韮崎の間の田園風景と八ヶ岳&茅ヶ岳コラボです。(^_^)
場所は説明し辛いので割愛。先ずは自転車入り広角でパチリと。

20190908_102509_r

大きな建物とかが余り写り込まない広々した田園風景はなかなかないのではと。
八ヶ岳と茅ヶ岳メインだとこんな感じに。

20190908_102403_r

のどかで良い風景ですよね。(^_^) これにて本日の撮影は終了!
走行距離は40kmでしたが「甘利沢」上りで体力を使い果たしました。(^_^;
汗だく道中だったものの最後には秋めいた風景が見られてよかったです。(^_^)

| | コメント (0)

2019/8/21 第55回 石和温泉花火大会(大蔵経寺山登山口駐車場)

さて、前回の下見の結果、撮影地はどこになったかと言うと・・・
タイトル通り「大蔵経寺山登山口駐車場」に軍配が上がりました。
当日の予報は夕方から雨マーク、この時点で行くならチャリでと思っていた会場は却下。急な雨でも直ぐ車に!なら「大蔵経寺山三ツ石地区」ですがチト遠望なんですよね。当日は平日、終業時点での空模様からするとなんとか雨は持ちそうです。やっぱり新規展望地から撮りたい!(笑)

帰宅後、開始30分前には到着したいってことで余裕をもって18時頃出発。普段なら30分程度ですが当日はなんだか異様な混み様で小一時間、到着は本当に開始30分前の19時に。現地には駐車場内も含め車は2~3台のみ。先に下見した撮影地の直下まで車でも入っていけますがちょっと鬱蒼としてるのでパス。(^_^; 駐車場入口から30m程なのでまあ歩いてもしれてるかと。

撮影ポイントの前後幅は狭く三脚立てて後ろに立ったら一杯って感じ。メイン会場と鵜飼橋側から上がる花火を木々の被りなく見られる範囲も同様に狭そうです。上手く撮れるかなあ。(^_^;

とりあえず落ち着いた場所でまずは花火会場方面をパチリと。

D7k_2763_r

開始直前のレーザービームがビシッ!と。低地近傍夜景の典型ですね。(笑)
正面右よりにメイン会場の花火、左手のイオンのちょい左に鵜飼橋側花火と予想。
さて、その結果は!?

風向きが悪いのか会場アナウンスは聞こえません。突然パッと始まりました。
そんな開始直後の花火を4枚まとめて。

1566736608

のっけから光の塊だな。(^_^;
同色のフワフワ花火が代わる代わる上がります。実際に見てると綺麗。(^_^)

お待ちかねの鵜飼橋側の大玉来ました!どれも綺麗だったので11枚繋ぎGIfにて。
1566736959zoz8vynb2r5ozzw1566736952

実は最初の写真と少し撮影位置を変えています。鵜飼橋側の花火の根っこ辺りが左の木々に被ったんですよね。被りに気がついてから2m程場所移動。若干予想をハズしました。(^_^;
連続して打ち上がる大玉は綺麗&迫力満点。様子は後の動画でもご覧ください。(^_^)

さて、一旦大玉タイムも終わりメイン会場側に移ります。綺麗どころを4枚まとめて。

1566737427

右下終盤のド派手さ加減からこれが第一部の終わりだったんじゃないかと。
毎回、第一部と第二部の間には終わったの?と勘違いする程の長いインターバルがあるのですが今回はそれほどでもなかったような。会場アナウンスが聞こえれば察しもつくのですが。

再開は鵜飼橋側からでした。先と同様、連続してバンバン上がります。
綺麗どころを再び11枚連続のgifにて。こちらも後の動画にて。

1566737756ndoawldilajxqgm1566737749

これで鵜飼橋側からの打ち上げは終わった様です。この後はメイン会場のみ。鵜飼橋側からの打ち上げは去年からでしたが、今年は美しい大玉も多く見応え&撮り応え充分でした。(^_^)

さて、いよいよフィナーレに向かいます。7枚繋ぎgifにて。

1566738265j76lwdlqyx6utsk1566738260

このパーッと左右に広がってその上に咲く花火、これが良いんですよね。(^_^)
パーッと広がったら黒団扇でレンズ覆って花が咲く直前に開放する、これを何度か繰り返してそこそこに撮れたのがこれらの写真。露出過多にならない様に撮るのは本当に難しいなあ。

フィナーレの最後はもちろん真っ白な塊なので割愛です。(^_^;
そこは動画で・・・ と言いたいところですが実は撮り損ねました。動画のラストは最後の花火の直前の様子。終わったー!と思って録画を止めた直後、ババーン!と本当のラストが。(笑)
時刻は20時55分頃。毎度ですが石和の花火ってラストがよく解らないんですよね。中盤にはもっと派手なエンディング花火が上がったりするので本当に終わったの?って感じ。
21時になっても結局始まらず。タイミングよくポツポツと雨も。
傘さして5分程待つも本当に終わった模様。普段ならここで夜景や周囲の様子を撮ったりするのですが、雨降りもひどくなってきたので急いで片付け&撤収です。なんかモヤモヤ。(笑)

最後は動画をば。今回はクリップ内でブツ切り編集せず長回しで17分程にまとめました。

ちょっと間延び感もありますが現地からのんびり眺める感じで見て頂ければと。
距離は1.5km程と結構近いのでアップはそれなりに迫力あると思います。(^_^)
動画が進むに連れて徐々に近づいていきます。(笑)

さて、「大蔵経寺山登山道入口駐車場」から望む「第55回 石和温泉花火大会」はいかがだったでしょうか。ロケーション的には高度や夜景の映え具合からすると決して満点とは言えませんが、距離的には1.5kmとそこそこ近いので音響共に迫力ある花火が楽しめる展望地です。以前に見た「八代ふるさと公園」からとか本当に遠い(小さい)ですからね。(^_^;
後、重要事項。場所がらヤブ蚊が多いので行かれる際は虫刺され対策をお忘れなく!(笑)

| | コメント (0)

2019/8/18 自転車で行く夜景スポット+(其の22)

花火大会直前、下見がてらの夜景スポット巡りはお約束。という訳で毎年8/21開催の「石和温泉花火大会」の撮影地の下見を兼ねてチャリで出かけました。さて、良い場所はあるかな?(^_^)

考えてみればここ数年、遠くの高台ばかりから見ていて会場間近では見ていません。2012年にチャリで行って会場で見たのが最後だったでしょうか。平日ってこともあり会場近くへ車では近づきたくないんですよね。自宅から会場まではチャリでも30分足程。撮影機材を絞れば久しぶりに会場で見る&撮影もアリかと。そんな訳で先ずは会場周辺のロケーションから確認です。

メイン会場は笛吹市役所の正面。もちろん間近で見られて迫力満点ですがいざ撮影となると近過ぎるので却って難易度が上がります。真正面でなくても良ければ会場を挟んで架かる「石和橋」と「鵜飼橋」辺りから見るのが良いかと。経験上、広角ならなんとか撮影も大丈夫だと思います。

下見なのにまた前置きが長くなりました。(^_^;
先ずは2012年に見た時とほぼ同じ場所、石和橋(R20)近くの右岸堤から付近から。

20190818_102419_r

ここはかなり近いですが結構良い場所と思います。でも人も多いです。(^_^;

変わって上流、鵜飼橋側の右岸堤からだとこんな感じ。

20190818_102737_r

向こうに見えるのが「石和橋」。会場の賑わいと併せて撮るならこちらが良いかな。

お次は「鵜飼橋」の上流側右岸堤を。

20190818_103646_hdr_r

昨年から「鵜飼橋」の上流側からも打ち上げられる様になりました。観客席も綺麗に整備されたので観覧にはもってこいと思われますが、大玉が高く上がるので撮影にはチト不向きかと。

「鵜飼橋」を渡り左岸堤側からメイン会場方面を。

20190818_105448_r

距離的&会場のお祭りな感じを同時ならこちら側が吉かも知れません。
でもこの時期の風向き的にはモロに煙や燃えカスを被る可能性大かと。(^_^;

左岸堤の「石和橋」付近からメイン会場方面を望むと。

20190818_105106_r

こちらからもなかなか良さそうですが手前の草木がチト見苦しいかな。左岸堤側は花火開始後でも割と空いているらしいです。当日は車両通行止めになるのでご注意を。

「石和橋」と「鵜飼橋」辺りの下見はこれにて終了。石和市街地方面に向かいます。
休憩がてら立ち寄った石和温泉駅前にある「イオン」の立体駐車場からはどうかな?

20190818_111342_hdr_r

うーん、間違いなく近傍花火として見えるっちゃ見えますが夜景的にはどうかなあ。
何よりも高圧電線が盛大に横切ってる時点で私的には却下です。(^_^;

さて、やっとここから夜景スポットに行きます。(笑)
向かったのは「大蔵経寺山登山道入口」。石和温泉駅から中央線を越えて10分程で着。
昨年訪れたばかりの撮影地ですが何がどう変わっているか解りません。定期的なチェックは必須です。先ずは昨年と同じ場所で見映えの確認をば。高度はビルの10階と同じぐらいかな。(^_^;
エイヤっと急坂を上って現地着。

20190818_113005_hdr_r

特に変わりなーし!(笑) イヤ、現地の雑草が少なくなり鬱蒼感が減ったような気が。
メイン会場側は右手の木々直ぐ脇に上がるので見映えはイマイチかと。でも「鵜飼橋」上流側で上げる花火の方は左手に上がるのでバッチリです。夜景的にも低地ながら結構イケてます。

登山道入口の奥には登山者用の広い駐車場があります。前回確認した時点では木々が被り眺望はなかったのですが、行ってみると・・・ あれ?以前より全然開けてるじゃん!新たに造成された箇所もあり、その上部に上ると更に良く見えます。新撮影スポットみっけ!です。(^_^)

20190818_113657_r

正面が正にメイン会場方面。「鵜飼橋」側の花火はイオンの左手ぐらいに来るかな?
あ、自転車でとか言ってながら自転車が写ってないな。(^_^; グッと引いてパチリ。

20190818_113711_hdr_r

全体的にはこんな感じの所。駐車場は最下段ですが一応ここにも車で入って来られます。
まあ実際にはここから見た訳じゃないので解りませんが有望な撮影地に違いありません。

最後に訪れたのはここ。同じく「大蔵経寺山」。三ツ石地区へ至る途中のここも定番撮影地。

20190818_120248_hdr_r

ここは「石和温泉冬花火」も含めて訪れているので花火の場所は把握済み。「鵜飼橋」側で上がる花火は見たことがありませんが、たぶん大丈夫かと。左端のイオンの右手ぐらいかな?

20190818_120313_hdr_r

ここの直ぐ先、このカーブを曲がって上った先が更に高台の「三ツ石地区」。
夜景が綺麗なスポットですが暑さと疲れはもうピークです。そのうちってことで。(^_^;

さて、これで一通り候補地を回りました。どこにするかなあ。
三石地区手前のスポットは若干遠いので迫力には欠けますが、夜景や中央線を行きかう電車の様子とかとコラボ出来て結構魅力的なんですよね。会場は近すぎるリスクがあるし、登山道入口の駐車場だとぶっつけ本番になるし。うーん、開催当日まで場所選びが悩ましいところです。(^_^;

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧