« 2020/1/11 みたまの湯、湯上がり後の夜景撮り(^_^; | トップページ | 2020/1/13 自転車で行く夜景スポット+(其の31) »

2020/1/11 月夜の坊ケ峯夜景&タイムラプス

早速前回からの続きです。1/11の一日だけで3つの記事です。(笑)
それというのもこの好天と合わせ明るい月夜だってこと。真冬だけど真冬の寒さじゃない日和だったのも遅くから出かける気にさせた要因のひとつ。温泉から帰って夕食後、21時過ぎに出発!

向かった先は近場定番スポット、笛吹市境川町の「坊ケ峯」。定番過ぎて落ち着きます。(笑)
なんでここにしたかって言うと明るい月夜での夜景をまだ撮影したことがなかったから。それともうひとつ。久しぶりにデジイチでタイムラプスを撮ってみたくなったから。今ではタイムラプスの常用機となっている「G7XmarkII」を購入した約一年前「長峰林道」の夜景撮りで「D5000」を使って撮ったタイムラプスを見た時、G7Xmk2で撮ってきたタイムラプスとの質の違いを再認識させられたから。
明暗の変化が大きい夕暮れや早朝からの撮影でも細かい撮影条件を気にすることなくお手軽にそれなりのタイムラプスが撮影出来てしまうことに甘んじてたんですよね。ちょっと反省です。

という訳で明るい月夜なら設定も露出固定でOKですし久しぶりのトライでもたぶん大丈夫。
念のために自分の過去記事「微速度撮影の覚書、条件編実践編」を読んで復習しました。(笑)
機材は初のコンビとなる「D5000」と回転雲台Sevenoak SK-EBH01 Pro」、そしていつもの「D7000」と今回タイムラプスはお休みとなるG7Xmk2と総動員です。さあ撮るぞー!(^_^)

お月様はまだ南中していませんが山並みを明るく照らしてくれています。D5000と回転雲台は「クランプポッド」で展望台の手すりに固定。撮影範囲を確認して早速撮影開始です。
撮影条件はレンズが「AF-S DX NIKKOR 35mm f1.8G」、カメラ(D5000)はf2.8、ISO800、W/B蛍光灯、s/s1.5秒、インターバル2秒で900枚(30分)、回転雲台は回転角度90度を30分の設定で。

さて、D5000がカシャカシャしている間に甲府中心部方面をパノラマにて。20200111-p02_r 毎度のことながら180度越えの広々眺望なのでメインどころを分けて撮影です。
一番見映えするのがこの方角。甲府市街地から中央市、甲斐市、韮崎市、南アルプス市と美味しい所が全部入り。お月様も高く昇り霞はあるものの先の「みたまの湯」で撮った時より山並みもハッキリ見られます。やっぱり盆地夜景は山並みとセットじゃないとね。明るい月夜ならでは。(^_^)

お次も定番の方角。山梨市や甲州市(塩山・勝沼)方面の夜景をば。こちらもパノラマにて。20200111-p01_r_20200113233901 夜景的には派手さがないこの方面ですが左手の「笛吹川フルーツ公園」が良いアクセント。
東に向かい一直線に延びる光跡は中央自動車道です。坊ケ峯の麓辺りが「境川PA」。付近を走った際に電波塔がいっぱい生えた小山が見えたらそれが坊ケ峯。そんな所で撮っています。(^_^;

そして、もうひとつの見どころ。南アルプス市方面の夜景はこんな感じ。D7k_3165_r こちらの夜景は展望台の西端に行かないと見られません。派手さはないものの月明かりに浮かぶ「櫛形山」その向こうには冠雪した南アルプスの山々とのコラボが美しい夜景です。(^_^)

ここから撮る時に必ずアップするのがこの二か所。撮らずにはいられません。
先ずは「笛吹川フルーツ公園」方面から。D7k_3161_r 天に向かって延びている外灯の終点が「笛吹川フルーツ公園」、ちょっと離れた先の灯りが「ほったらかし温泉」です。麓の左手は石和温泉街と「大蔵経寺山」。右手は山梨市の市街地となります。

残りは、そう甲府中心部方面ですね。これまた定番の構図。D7k_3174_r右手のビル群辺りが甲府駅周辺の中心部。左手の山裾に張り付く灯りが「山宮ハイタウン」。丁度バックが八ヶ岳となる見映えする構図です。手前の中道橋から延びる光跡も良いアクセント。(^_^)

さて、あちこちパチパチしている内に30分間のインターバル撮影も終了していました。追加で2秒インターバルで300枚(10分)を定点で2か所撮影してD5000と回転雲台のお仕事は終わり。

さて、素材も揃ったことですし動画にいってみたいと思います。(^_^)

うーん、結構霞んでるなあ。後、メッチャ木々が被ってるし。気づかんかった(^_^;
編集時にちょっと明度下げたりコントラスト上げたりと調整していますがどうでしょうか。写真はともかくタイムラプスもチト色味が変な感じです。この「DX35mm f1.8」単焦点レンズは解放で使うと光点が紫かかったりと色味がおかしくなるんですよね。なのでf2.8に絞ったのですが、もうちょい絞った方がよかったかも知れません。微妙なピンずれが影響したかもです。
そうは言ってもG7Xmk2とは大きく違います。写真が動いている感はやっぱり綺麗。(^_^)

そそ、今回「G7Xmk2」の出番はなかったの? いえいえ、ちゃんとあります。Img_5166_r 星空モードにて。展望台直ぐ後ろの電波塔と夜景や山並みを照らしてくれたお月様、そして右手には月光に負けじと輝くオリオン座の雄姿です。こういった画はD7000より得意なんじゃないかと。

最後はお寂しく車の様子をば。こんな所に停めています。Img_5170_r 縦構図かい!(笑) いや、電波塔を入れたかったので、って見切れてるしアレですが、ようは先の電波塔の真裏が駐車スペースってこと。5台程は停められますがたぶん誰も来ません。(^_^;
ここ、夜景だけじゃなく彗星撮影に来たり自転車で来たりとかでもう10回程来てるんじゃないかと。夜景撮りで一度だけ人に会ったことがありますが本当に稀です。お互いにビックリ!(笑)

さて、「月夜の坊ケ峯」はいかがだったでしょうか。もう少し寒くても良かったのでパキッとした夜景が見たかったところですが、明るい月夜&クッキリ冬場れってなかなかないんですよね。またチャンスがあればデジイチでのマジ撮りタイムラプスに挑戦してみようかと思います。今度は富士山方面が良いかな。でもこれからが寒さの本番なんですよね。屋外での長時間撮影には辛い季節です。(^_^;

|

« 2020/1/11 みたまの湯、湯上がり後の夜景撮り(^_^; | トップページ | 2020/1/13 自転車で行く夜景スポット+(其の31) »

旅行・地域」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

微速度撮影」カテゴリの記事

撮影ノウハウ」カテゴリの記事

星景写真」カテゴリの記事

タイムラプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020/1/11 みたまの湯、湯上がり後の夜景撮り(^_^; | トップページ | 2020/1/13 自転車で行く夜景スポット+(其の31) »