« 2019/12/21~22 高下ダイヤモンド富・・・(^_^; | トップページ | 2020元旦 城山麓(南アルプス市中野)の初日の出 »

2019/12/28 高下ダイヤモンド富士 (リベンジ(^_^;)

前回記事をご覧の通り、先週土日の冬至(12/21~22)は見事な二連敗。まあこんな年もあるかと諦めムードの中、12/28(土)の予報では朝から快晴の模様。ええ、撮りに出かけましたとも。(笑)

ダイヤの見頃は冬至前後の5日間程らしいですが「見頃」ってことなので多少は外れていてもまだ間に合うかも知れません。元旦だと山頂からの日の出にならないらしいのでギリじゃないかと。
たぶん皆さん天気予報を見て来られます。よって今回も早めに現地へってことで到着したのは5時半前。確かに車は多かったですが十分余裕。先週停めた隣の駐車スペースへサクッとイン!
そう、何度も来てると解るんです。肉眼ではほぼ暗闇でも東の空は薄明が始まっていることを。
星空が綺麗なうちに「G7Xmk2」星空モード&2枚繋ぎのパノラマで。20191228-p03_r これこれ!雲一つない快晴の夜空に輝く星々と夜景、そしてシルエット富士に朝焼けと全てが揃っています。よく見ると盆地夜景の左上には偶然にも流れ星まで写り込んでくれました。(^_^)
実は「D7000」でも同様の画角で撮ったのですが精細感はあるもののパッと見は「G7Xmk2」の星空モードの方が見映えするんですよね。たぶんノイズ処理とかが上手いんだと思います。

気温はギリ氷点下でしょうか。そんなパキッと空気感の盆地夜景をば。D7k_2993_r小夜景ですが遠方までキラキラした夜景はやっぱり綺麗ですよね。(^_^)

そろそろ被写体のメインを富士山に。まだまだガッツリとシルエット富士。D7k_2994_r見る見る間に東の空が赤みを帯びてきます。良い感じの雲が欲しい!は贅沢な悩み。D7k_3013_rホントに雲一つない快晴です。先週はあり過ぎで撃沈した訳ですが。(^_^;
日の出前の一番美しい時間帯じゃないでしょうか。撮らずにはいられません。

時刻はダイヤ30分程前の7時過ぎ。富士山もディテールが浮かぶ程の明るさに。D7k_3020_r水平線上の日の出時刻は7時前なのでもうかなり明るいです。
今か今かとダイヤを待つカメラマンの皆さん。先週と違い悲壮感はなし(笑)
20191228_063601_rそそ、当日は横浜から来られたというお父さんと楽しく歓談させて頂きました。様々な富士山を撮られているらしく、ここ高下にも詳しい方で色々と教えて頂きました。ありがとうございました。m(__)m

さて、いよいよダイヤです。直前の富士山はこんな感じ。グッと絞ります。D7k_3025_r山頂のモヤモヤ(なんて言うんだっけな(^_^;)が一段と輝き出すと間もなく。

時刻は7時25分。ついに来ました!ダイヤモンド富士!(^_^)D7k_3027_r 相変わらず余り綺麗な光芒じゃないですが(^_^;昨年と違いキラッと感はバッチリ。
周囲の歓談の声も静まり返り鳴り響くのはシャッター音のみ。ありがたやありがたや。
陽が出る位置はやはりかなり左手にきています。毎年撮ってると正に観測状態だな(^_^;

同画角で十数秒置きにシャッターを切り20枚程。上り切るまでの様子をGIFにて。20191228 結構絞ったつもりだったけど露出過多気味だったかな。ダイヤ直後はもう明るすぎ。
ほぼ上り切ったダイヤモンド富士をば。上のGIF中の一枚ですが。(^_^;D7k_3039_r 毎度このぐらい出たところで撤収するところですが今回はまだまだ粘ります。
富士山上空に輝く陽の光と周囲の様子をパノラマにて。20191228-p05_r南方より富士山に雲が。これがダイヤの瞬間だと良かったんですけどね。
富士山付近のアップだとこんな感じ。D7k_3048_r でも「日出づる里」にふさわしい良い画になったんじゃないかと思います。(^_^)
20191228_074300_r時刻は8時頃。好天からか結構な人が残り余韻を楽しんでらっしゃいました。

さてさて、動画です。もちろん撮ってます。(笑)
今回も昨年同様に「G7Xmk2」「A900」ドラレコ「DRV-610」の3台体制です。
先ずは「G7Xmk2」の単独にて。毎年完全にテンプレ化していますがどうぞ(^_^;
BGMも恒例の「カヴァレリア・ルスティカーナ」で。自分的にはお気に入り。
昨年と違い雲はなし、ダイヤまで殆ど動きがない画を見るのは辛いのう。

もういっちょ。3台のカメラを同期させた動画も。BGMは同じですが(^_^;
これも昨年の動画をテンプレにして作っています。楽でいいです。(笑)
「A900」の山頂ドアップは絞り優先オートです。途中からグングンS/Sが上がった為かちょっと違和感ある画になってしまいましたが、陽の位置とか移動の様子とかディテールは良く解るのではと。
ドラレコ「DRV-610」の方は直前にカップルさんが被り(^_^;ダイヤの瞬間は撮れず。でもダイヤの瞬間に慌ててスマホを向ける様子とか周囲の様子とかは見ていると結構面白いですよね。(^_^)

帰り間際、車と富士山をパチリと。
20191228_080418_hdr2_r先週とは違い周辺には臨時区画線等が引かれてたりして元旦が近いんだなあと。先の横浜のお父さんによると大晦日からの一方通行はやはり結構な狭小林道走行を強いられることになる様です。なんでも28日頃から元旦まで泊まり込みの方もいらっしゃるとか。とても真似できません(^_^;

さてさて、無事リベンジできた「高下ダイヤモンド富士」はいかがだったでしょうか。
三連チャンで出来るのも小一時間で来られる近さから。当日も北関東方面を中心に結構県外からも来られていましたが無事に見られて良かったんじゃないかと思います。ちゅこんで今年はこれが最後の記事になります。元旦は上手くいけば初日の出の様子でも。場所はまだ未定ですが(^_^;
それでは良いお年を!(^_^)

|

« 2019/12/21~22 高下ダイヤモンド富・・・(^_^; | トップページ | 2020元旦 城山麓(南アルプス市中野)の初日の出 »

旅行・地域」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

星景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019/12/21~22 高下ダイヤモンド富・・・(^_^; | トップページ | 2020元旦 城山麓(南アルプス市中野)の初日の出 »