« 2019/12/14 和田峠みはらし広場の夜景と月下の富士 | トップページ | 2019/12/21~22 高下ダイヤモンド富・・・(^_^; »

2019/12/15 自転車で行く夜景スポット+(其の29)

いやー、前日の12/14午後の方がお空のコンディションは良かったんですけどね、お昼の用事が長引いて機を逸しました。変わって翌12/15は晴れ予報なのに朝からイマイチな空模様。うーん。
なんて悶々と過ごした午前中、徐々に広がる青空と富士山ビューに意を決して出かけることに。
向かった先は自転車お初展望地、ダイヤモンド富士で有名な「高下(たかおり)」です。(^_^)

この展望地、片道約25km、最後の5kmは標高差約400mの登坂となることからなかなか足が向きませんでしたが真冬を迎える前のこの時期ならなんとか下りの寒さにも耐えられるのではと。
出発は11時過ぎ。体力温存の為にいつもの笛吹川CR(サイクリングロード)は使わず一般道を最短距離で向かいます。一般道だと車は怖いですが信号で適度に休めるんですよね。(^_^;

そんな最短経路の道中、釜無川に架かる「浅原橋」上でパチリと。
20191215_122017_r見てのとおりお昼近くにはスッキリ青空に。西方の空限定ですが。(^_^;
遠望には「甘利山」や「八ヶ岳」が良く見えています。富士山方面は薄雲も回復に期待です。

さて、ここからは写真多めのコメント少な目で道中の様子をば。
富士川町のショッピングモールで昼食後、お立ち寄りポイントの定番「道の駅 富士川」へ。
20191215_132113_r振り向くと富士川大橋と綺麗に紅葉した市川三郷町方面の山々が。
20191215_131909_rここは中部横断自動車道、増穂IC脇のPAでもあり当日も多くの観光客で賑わっていました。

さて、ここからが本番です。県道42号を南下し10分程で最初の分岐へ。
20191215_132838_hdr_r県道42号から斜め右に入り県道406号へ。ここから徐々に上りです。
結構な狭小路を少し走ると定番夜景&お花見スポット「大法師公園」の上り口が。
20191215_133128_hdr_rもちろんスルーして先に進みます。ここからジワジワと上ります。
ジワジワ上りが続くのも少しだけ、ここから2km程、山間の急坂をひたすらヒーコラと。

パッと開けた集落、小室地区へやってきました。急坂をエイッ!と上り辿り着いたのがここ。
20191215_135023_hdr_r小室山妙法寺」というお寺の「三門」前。このお寺、別名「紫陽花寺」とも呼ばれ毎年6月末頃に開催される「あじさい祭り」では美しい紫陽花を観ることができます。あ、期間中は有料です。(笑)

この時点でかなりヘタってますが、ここからが本番。更なる急坂で一気に高度を上げます。
妙法寺からショートカット気味に元の県道406号へ。
20191215_135851_r急坂ヘアピン前でパチリ。標識どおり道なりに右へ。富士川町は「ゆずの里」としても有名。
更に一息上ると第二の分岐が。ここまで来ればもう一踏ん張り!って後2kmあるってか(^_^;
20191215_140803_hdr_rこの坂を少し上がった先に今日最初の富士山ビュー登場!(^_^)
20191215_140945_hdr_r路上からほぼ高下と同等の眺めを見ることができます。撮影がてら一休み。
カーブのすぐ先、且つ急停車して眺める人も多い場所なので追突しない様にご注意を。

さあ、ここから本当に後ひと踏ん張りで現地です。ついに高下集落へ到着!
高下に2か所あるダイヤモンド富士眺望ポイントから先ずは手前のポイントの様子を。
20191215_145443_r  
この広い駐車場も来週の土日(冬至)の早朝には満車になること必至。
元旦は言わずもがな。敷居が高すぎて&怖くて行ったことありません。(^_^;
でも元旦より太陽が一番南寄りから上がる冬至の当日がベストだったりします。

もう後は撮るしかありません。富士山をバックにパチリと。
20191215_142235_hdr_rスッキリ青空とはいきませんでしたが西に傾いた陽に照らされた富士山が綺麗。(^_^)
このポイントからは遠望ながら甲府市街地を望むことが出来ます。そちら方面もパチリと。
20191215_142623_hdr_rあれれ?以前撮った時はこんなに木々が被ってたっけな?
場所を勘違いしていたかも知れませんがアップにするとなかなかイケた夜景が撮れます。

お次のダイヤ富士撮影ポイントまでは200~300m程。その間にはこんな記念碑も。
20191215_145002_hdr_r高村光太郎文学碑」車だと素通りしてしまいそうなこの碑、道中の看板にもしっかり案内されているので立ち寄るべき場所なのでしょう。過去数度、私は気づかず通り過ぎていました。(^_^;
この直ぐ隣「日出づる里農村公園」展望所でも一枚。この一帯をそう呼ぶそうな。
20191215_143029_rここからももちろんダイヤモンド富士が望めますが見たことはありません。
トイレも併設された良ポイントなのでたぶん空いてないと思います。(^_^;

さて、本当のベストポイントがここ。一番奥の展望エリア(駐車場)へ。
20191215_144009_hdr_r_20191216225101  ここもまた先の駐車場同様に冬至から元旦の早朝には車で混雑します。日の出は7時過ぎですが過去来訪の経験上、休日なら余裕を持って4時から遅くとも5時頃までに来るのが吉かと。

私がダイヤモンド富士を撮るときはいつもこの場所から。眺めはこんな感じ。
20191215_143823_hdr_r大体この位置に三脚を立ててます。空いていればですが。(^_^;
なんで一番奥(南寄り)で撮るかっていうとご来光の場所が山頂の中心に一番近くなるから。
最初の駐車場だと日の出(ダイヤ)は山頂のかなり左端の方に来ますが、ここだと山頂の左から1/3辺りでダイヤが始まり、半分くらい出た所で丁度山頂の中心辺りって感じになります。距離は僅か200~300mの違いですがダイヤの場所に拘るなら一番奥(南寄り)で撮りましょう。

今日はマジ撮り用の「G7Xmk2」を持ってきませんでした。なので全編スマホ画です(^_^;
富士山メインで同じ場所からもう一枚。これが例年のダイヤ撮影構図に近いかな。
20191215_143608_r 本当はもっとアップで撮ってますが、せっかくの好天&山並みも綺麗なので広々と。
富士山方面にはまだ薄雲があるものの却って良い感じ。時間帯も丁度良かったかと。

苦労して上って来た&絶景に後ろ髪惹かれなかなか立ち去ることが出来ません。
時刻は15時近く、ふと携帯が鳴りました。仕事のお呼び出し。今日は日曜です(笑)
しょうがないので「出先なので16時頃に会社に行く」とだけ告げて下山することに。
相手はまさかチャリ来た高下で富士山見ながら話しているとは思わなかったかと(^_^;

行きは写真を撮りながらも小一時間かけて上った道中、下りは10分程で下山。早っ!
そう、冬場は下りがキツイんですよね。汗で湿った衣服がキンキンに冷やされます。

という訳で、まだ暖かい陽射しが届いている下界に降りてきました。
20191215_150908_hdr_r行きに撮った県道42号との分岐を県道406号側からパチリと。
自宅まではまだ20km程ですが後はほぼ平地なので既に帰ってきた気分。(笑)

今日は結構負荷をかけたつもりでしたが意外とペダルも軽く快調に飛ばします。
最後に当日には絶対に近寄らない眺めの良いこの場所でパチリと。
20191215_152139_rここ何処って?「神明の花火大会」の河川敷メイン会場(観覧席)がここ。
花火大会当日はここが人でごった返すわけですね。なるべく近寄りたくないです(^_^;

この後、予定どおり16時に会社着。呼びだした本人は既にご帰宅でボッチ仕事(笑)
仕事を片付けて帰る頃にはすっかり真っ暗に。18時過ぎの帰宅となりました。
本日の総走行距離は55kmとヒルクライム込みでは結構な距離となりましたが「高下」で見た絶景と達成感のお陰でしょうか、帰宅後もそれほど疲れが残ることはありませんでした。
明日に必要な仕事をある程度片付けられた精神的安心感からかも知れませんが。(笑)

|

« 2019/12/14 和田峠みはらし広場の夜景と月下の富士 | トップページ | 2019/12/21~22 高下ダイヤモンド富・・・(^_^; »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019/12/14 和田峠みはらし広場の夜景と月下の富士 | トップページ | 2019/12/21~22 高下ダイヤモンド富・・・(^_^; »