無料ブログはココログ

« 2019/8/10 小江戸甲府の夏祭り花火 | トップページ | 2019/8/18 自転車で行く夜景スポット+(其の22) »

2019/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利山より)

お盆休みもついに終盤、帰省から戻った翌8/16は「武田の里にらさき花火大会」です。
今回の撮影地は既に決めていました。その場所は「甘利山駐車場」。前回訪れた2015年の時は雨は降るわ、雲の襲来でフィナーレがSOUND ONLY(笑)だったりと散々。今回はリベンジ目的って訳。盆地内は晴れていましたが甘利山方面は薄雲がかかり自宅からは山並みは見えず。一抹の不安はあるものの山の天気は行ってみなきゃ解りません。意を決して出発です!

現地着は19時前。開始迄はまだ一時間以上あります。さて、定番の撮影ポイントはと・・・
既に三脚2脚2組さんとチェアに座った開始待ちのお二方が陣取られていました。(^_^;
この撮影地、会場付近が見える範囲は意外と狭いんですよね。毎度ご挨拶がてら隅に三脚を立てさせて頂きましたが会場脇の武田橋に若干木々が被るロケーションでチト残念。準備前の先客さんはなんとペストポジション真後ろのテーブル上に三脚を。そうか、その手があったか!(笑)

そんな周囲の方々と歓談しながら待っていると。開始間近になって雲がブワッと襲来!
オープニングは音はすれども姿は見えず、のっけからこれかよー。(T_T)
でもですね、変わりやすいんです山の天気ってのは。サーッと雲が晴れました。
見えないオープニング後、小ぶりな単発花火を9枚繋ぎGI Fで。可憐な感じが良いです。

1566054736_9qrwlqxifx2mvp1566054730

ここから会場までは約6km離れているので小さいのはもう解っています。なので最初っからDX55-200mmの出番。とは言ってもドアップじゃ意味がないのでもちろん大きく夜景入りで。

ここの花火の特徴はメイン会場からの打ち上げの他、西寄りから上がる単発大玉の連続が見どころだったりします。これの為に左側を開けた構図にしている訳。お次は大玉3発繋ぎGIFで。

1566054932s7liwoh1tbwcc731566054930

これこれ!かなり高く上がってるんでしょうがここは標高1600m、完全に見下ろし目線です。花火のバックには夜空はありません。市街地や韮崎IC付近の夜景が星空に代わり煌めいています。

更に大玉は続きます。が・・・ ん?また奴(雲)がやってきました。
そんな雲に侵食されていく大玉を4枚繋ぎGIFにて。

1566055132arpw4gybkqfemdh1566055129

雲上に咲く花火ってよりも雲に遮られた花火ってところでしょうか。
この後、更に状態は悪化することに。そんな様子も6枚繋ぎGIFで。

15660553019hw8aslshhct7tr1566055297

これはもう酷いですよね。玉が見えているだけマシかも知れませんが。
武田橋付近のメイン会場や市街地はもう完全にブラックアウトです。この後フィナーレに向かう訳ですが雲の合間に時折見える程度で画にならず。周囲の方々も21時目前に撤収し始めました。
時刻は21時頃、4年前が思い出される様な限りなくSOUND ONLYに近い状態でフィナーレを終え私も撤収を始めたその時、サーッと雲が晴れました。そしてドーン!グランドフィナーレです。

外した静止画用「D7000」を急いで再セットした際の振動で動画もブレブレブレに。(^_^;
そんなグランドフィナーレ中の可憐&鮮やかな花火をパチパチと。5枚繋ぎGIFにて。

1566055618todbsqizchuxnwq1566055615

この辺りは後の動画で見てもらった方が良いかと。この時点で撮影していたのは私のみ。
河口湖湖上祭」も「神明の花火」の時もそうでしたが最後まで諦めちゃダメですよね。
グランドフィナーレ最後の打ち上げも2枚繋ぎGIFで。慌てていてピントリングにでも触れたのでしょうか、2枚ともピンボケです。(^_^; こちらもまた動画で見てもらった方が良いかと。

1566146505ozqquocv5npmxj01566146504

さて、動画いってみましょう。今回は2台体制で撮影してみました。
先ずは光学35倍と4K動画がウリの「Nikon COOLPIX A900」版を4分半程で。

4Kで撮った動画を編集後、FHDで出力しています。「D7000」をセットした三脚に「クランプポッドミニ」を取り付けて撮影したので結構なブレ動画に。酷い部分はバッサリカットです。(^_^;
そうは言っても4Kです。FHDにしても結構精細感のある画になっていると思います。惜しむらくは撮影条件が固定されてしまうってこと。色温度は低めで露出も若干アンダーな感じでしょうか。

変わってお次は「Canon G7XmarkII」で5分半程。こちらは別三脚「Fotopro c-4i PLUS」での撮影です。ブレも少なく望遠時の画角も合わせられるので編集し易さや安定感はこちらが上。

機材表記以外は同じサムネです。出だし部分も一緒。変えりゃよかったかな。(^_^;
A900に比べると望遠が弱いのでスケール感はどうしょうもないですが、元がFHDなのでシャープさには欠けるものの露出や花火の色合い、夜景のキラキラ感はこちらが上質じゃないかと。
G7Xmk2はマニュアルで撮影条件が細かく設定できるのも強みですよね。
総じて言うと私的にはG7Xmk2の画質が好みかな。あ、これはあくまで今回の花火動画比較での話であってA900の昼4K動画は圧倒的な精細さがありとても美しいと思います。(^_^)

花火終了後の眺めをパチリと。
私が花火撮影していたポイントからの眺め&がこれ。

D7k_2681_r

右手の木々に被っているのが武田橋。その直ぐ左手がメイン会場です。
先客さんが居なくなったので理想のポジションに移動してまたパチリ。

D7k_2729_r

その移動距離、僅か2mちょい。こんなにも見え方が変わるんですよね。
武田橋の全景はもちろん七里岩先端付近、韮崎駅周辺の市街地も良く見えています。

そして誰もいなくなった駐車場で車をパチリと。バックは雲間に光るお月様。(^_^;

Img_4597_r

その後も数台車が上って来ましたが下界で花火見てドライブがてら上ってきたのかな? 東屋にでも行けば夜景もそれなりに見られたと思いますがなぜかそのまま下って行かれました。(^_^;

という訳で「甘利山駐車場」からの「武田の里にらさき花火大会」はいかがだったでしょうか。4年前のリベンジが出来たかというと微妙ですが、雨に降られなかっただけマシだったかも知れません。後、一番変わったのは訪れる人の多さでしょうか。帰宅後「武田の里にらさき花火」「穴場」とかでググってみると「甘利山」の紹介記事がいくつか出てきました。紹介されている記事の中には過去に撮った私の写真や動画も使われてたりとか。この人気ぶりに一役買っていたと思うと複雑な気持ちになったのでした。(^_^; でも良い場所は皆で共有したいですよね。(^_^)

« 2019/8/10 小江戸甲府の夏祭り花火 | トップページ | 2019/8/18 自転車で行く夜景スポット+(其の22) »

旅行・地域」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019/8/10 小江戸甲府の夏祭り花火 | トップページ | 2019/8/18 自転車で行く夜景スポット+(其の22) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30