« 2019/8/5 河口湖湖上祭花火大会(新道峠より) | トップページ | 2019/8/8 稲妻夜景(自宅より) »

2019/8/7 第31回 神明の花火大会(長峰林道より)

ついにやってきました。お待ちかねの「神明の花火大会」です。(^_^)
当日は天候が心配されたものの先日の「河口湖湖上祭」同様、真夏の空気感も薄っすらと富士山もその姿を見せています。こうなると撮影地は富士山コラボ狙いで選ぶっきゃありません。
という訳で幾つかの候補地から選んだのはここ。神明の花火ではお初の「長峰林道」に決定!
距離は10Km程と遠いですが、ここから見る存在感ある富士山と夜景は正に絶景です。
トワイライトな時間帯に望遠で狙えばきっと良い画が撮れるだろうと。さて行きますか。(^_^)

先日の「河口湖湖上祭」と同様、定時帰宅で整形に寄って(笑)その足で現地へ向かいます。
空いていれば現地へは30分ちょいの道のりも街中の帰宅ラッシュで結局一時間以上、到着したのは花火開始直前の19時前頃に。知る人は知るこの展望地、きっと先客さんがいるんだろうなあ、と最後のカーブを曲がると案の定、そこには車一台と2名の先客さんが。この展望地、4脚も立てればほぼ満席です。ご挨拶して車は先客さんのすぐ隣に付けさせてもらい静止画と動画用の2脚体制でスタンバイです。停める際には何度も誘導して頂きありがとうございました。m(__)m

神明の花火は19時15分開始です。この時間帯がまた富士山コラボにもってこいなんですよね。薄っすらですがなんとか富士山ビューのなか撮影開始。さて、富士山コラボは叶うのでしょうか!?

1565578887lne1ykfzazk3zs51565578886

打ち上げ直前&直後の結果はこのとおり。前回同様、同画角の2枚繋ぎGIFにて。
富士山はホント薄いですが見えるだけでも御の字かと。大玉を連発してくれるオープニングは絶好の富士山コラボチャンス。あっと間に宵闇に溶けゆく富士山と共に4枚繋ぎGIFにてパチパチと。

1565579149qvsgoxodfl1y3rv1565579146

この後、19時半過ぎにはほぼ富士山コラボは厳しく。花火も小ぶりなスターマイン系が主に。
上の写真も含め最初は常用している「DX16-85」のテレ端で撮影するも小さ過ぎ(^_^; 結局途中からは「D5000」購入時のキットレンズ、久々の「DX55-200」の出番とあいなりました。このレンズ、キットレンズとは言えジャスピン&ブレさせなければなかなかシャープな画が得られるレンズだったりします。ピントリングの安っぽさとクイックさ(笑)もホント久しぶり。交換後から6枚繋ぎGIFにて。 

1565579667gcxcb1sfgnbyu_p1565579662

そうそう、これくらいのスケール感じゃないと寂しいですよね。花火のドアップトリミングじゃ夜景コラボの意味がないし丁度良いかと。「櫛形山林道」の様な見下ろし感も求めちゃいけません。(^_^;

そうは言っても綺麗な花火はやっぱり大きく見たい訳で(笑) 16:9トリミングの3枚繋ぎGIFで。

1565580574cb6dlnnvutzk9fy1565580573

これくらいのスケールで無理なく夜景コラボするなら「湯沢公園」が最適じゃないでしょうか。
富士山は先っぽだけしか見えませんが距離は4Km程なので夜景コラボだけなら迫力も十分。

終盤も近づきド派手な花火が連続しだします。綺麗&迫力あったので単独でパチリと。

D7k_2598_r

ちょっと重ね過ぎたかな(^_^; 大玉含めた広がりある花火はやっぱり良いですよね。
お次も単独で。何もド派手な花火ばかりじゃありません。こういった雅な花火もまた良し。

D7k_2599_r

構図を考えてトリミングしたのはこの写真だけ。地味ながらも綺麗だったので。(^_^)

さて、いよいよフィナーレへ突入です。プログラムを見た訳じゃないですが21時頃に終わったのがフィナーレ、その後がグランドフィナーレだったのではと。今年は令和元年ってこともあってか久しぶりに21時過ぎまで打ち上げが続きました。とは言っても大昔の様なダラダラ上げてる感(じゃないと思いますが(^_^;)はなく素晴らしいフィナーレだったと思います。そんな中から6枚繋ぎGIFをば。

1565604320e876gq7xhi8h4ov1565604316

ん?なんか派手さに欠ける様な。ていうか派手な場面は派手過ぎてまともに撮れてません。(^_^;
今年はパッと咲いた後の演出が実に綺麗な花火が多かったです。デジタル的というか幾何学的というか、そんな花火が上の写真なのです。静止画じゃ解りませんがホント綺麗なのです。(笑)
どんな花火だったかは後の動画にてご覧ください。遠巻きでチト小さいですが。(^_^;

締めのエンディング花火はこんな感じ。周囲が緑一色に。

D7k_2626_r

最後の写真だけに許される白飛び。(笑) というか緑飛びといった方が正しいかも。これ会場で見ていた人は本当に興奮&感動したんじゃないでしょうか。この時ばかりは人混みが嫌いな私も現地で見てみたいと思う瞬間だったりします。毎度思うだけで結局行ってないですが。(^_^;

そんな「第31回 神明の花火大会」10分程のダイジェスト動画でご覧ください。
恒例の「G7Xmk2」マニュアルモードにて。マニュアル云々よりも光学テレ端ではこれが精一杯。富士山コラボは別として正直小さいです。音響共に遠望花火の雰囲気を感じて頂ければと。(^_^;

スケール感は10Kmも離れているのでしょうがないですが、先に書いた幾何学花火とかの美しさは十分わかるのではと。こうして毎年見ていると花火も進化してるんだなあと実感させられます。

最後は花火終了後、静けさの戻った「長峰林道」からのパノラマ夜景をば。

20190807-p01_r

標高は700m程とそれほど高地ではないですが、南アルプスから中央市南部、富士川町方面まで美しい夜景が見られる展望地です。でもやっぱり富士山や山並みがないと寂しいですね。(^_^;

そそ、先客さんは毎年ここに撮影に来られているらしく「2017年の神明の花火」で撮られた異様な笠雲の富士山の話で盛り上がりました。何故なら当時花火自体は自宅から撮影したのですが同じ笠雲の富士山を私も撮っていたから。その時に見られた二連の虹の話とかも併せ撮影前のひと時を楽しく過ごさせて頂きました。後に来られたお友達も含めカメラ談義が絶えない皆さんでしたが何処かの学生さんでしょうか。帰り際の礼儀正しさとか、我が子も見習って欲しいです。(^_^;
皆さん、盛大に虫刺されしていた様ですが大丈夫だったかな?私は翌日悲惨でしたが(笑)

さてさて「長峰林道」からの「第31回神明の花火大会」はいかがだったでしょうか。
遠望なので迫力には欠けますが開始直後の富士山コラボもなんとか叶いましたし行って良かったです。一時は「甘利山」も考えましたが更に遠望なのでさすがに厳しいかも(^_^; 来年はもう少し近くから撮ってみようかな。富士山コラボな撮影地はまだまだありそうですし一年かけて探しますか・・・って、来年はオリンピック絡みで開催は10月10日になるとか。涼しくて良いかも。(笑)

|

« 2019/8/5 河口湖湖上祭花火大会(新道峠より) | トップページ | 2019/8/8 稲妻夜景(自宅より) »

旅行・地域」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019/8/5 河口湖湖上祭花火大会(新道峠より) | トップページ | 2019/8/8 稲妻夜景(自宅より) »