無料ブログはココログ

« 2019年春(3/31~4/7) 甲府周辺の桜巡り | トップページ | 2019/4/28 自転車で行く夜景スポット+(其の16) »

2019/3/31 金子峠から望む富士山ビュー夜景

明日から「令和」かあ。という訳で平成最後の記事投稿は真っ当に夜景記事で。
今回訪れたのは夜景では久々のスポット「金子峠」です。先日チャリで訪れた時には携帯落としたりとでチト縁起悪いですが(笑)冬場の空気感&新緑が芽吹く前のこの時期がラストチャンス!
さて、どんな夜景を魅せてくれるかな。(^_^)

すっかり日も長くなりました。現着は17時半頃。車越しにしっかり富士山ビューを確認!

D7k_2304_r

この展望地、毎度書いていますが撮影地直近まで車で入ってこれるんですよね。
今回は展望がイマイチ&強風ってこともありこの先の「淡雪山」からの撮影はパス。

いつもの立て看板前までトコトコと徒歩10秒。まだトワイライトにも早い明るさ。

D7k_2301_r 

トワイライト夜景を待つ間、看板脇にタイムラプス用に「G7Xmk2」をセッテイング。

さて、頃合い良い時間帯になってきました。先ずは富士山方面をアップにて。

D7k_2308_r

市街地中心部は外れますが、手前に張り出した「愛宕山」が良い感じの良夜景です。
同時間の全景夜景はこんな感じ。

D7k_2310_r

富士山コラボな位置だと右手に木々が被るんですよね。芽吹くと完全に見えません。(^_^;

トワイライトも進むと夜景の印象はガラッと変わります。これがベストな時間帯。

D7k_2316_r

月夜じゃないのでトワイライトが終わると富士山はほぼ浮かびません。
明るい市街地夜景と富士山コラボ。お邪魔な木々も良い感じでフレーミングしてくれます。

同時間の富士山方面アップをば。トリミングでもいいじゃん、って?(^_^;

D7k_2324_r

ここからホワイトバランスを蛍光灯に変えています。鮮やかさ優先ならやっぱこちらかな。
山梨夜景のアドバンテージは富士山にあり。この画角だけでも十分画になりますよね。

そそ、金子峠からの夜景は同じく市街地近傍夜景の「千代田湖白山」とまた違った良さがあります。なんていうか富士山とコラボしつつ、市街地中心部から西方にかけて展望できるってのが良いところ。解りにくいかな?(^_^;
そんな市街地中心部(甲府駅周辺)をアップにて。2枚ですが(笑)GIFアニメでどうぞ。

1556492800bfynwlv3psvxox91556492798

なんかチカチカするだけだけですが、ちょっとは動きを感じてもらえるのではと。
こうして見るとビル群のある中心部ってホント狭いエリアだなあと。でも甲府らしくてよし!

すっかり暗くなりました。無理やり富士山を浮かび上がらすと夜景がぶっ飛びます。(笑)

D7k_2334_r

富士山なしで割り切った立ち位置ならば西方の夜景が木々に被らず見られます。
多少露出オーバー気味でゴージャス感を演出です。肉眼レベルじゃチト寂しいので。

最後はお約束の動画をば。ライムラプスは3秒インターバルで小一時間ぐらい?曖昧(^_^;
若干雲の動きはあるものの動き的にはあまり面白くないかもです。写真で誤魔化します。(笑)

金子峠は盆地北方から望む夜景スポットとしてはかなりレベルが高い部類じゃないでしょうか。
現地脇には宗教施設があるので苦手な人には敷居が高いかも知れませんが無問題です。(笑)
木々が冬枯れした季節限定ではありますが、ぜひ訪れてみてください。(^_^)

最後に直ぐ脇にあるそんな宗教施設のひとつがこの「弥勒館」という美術館。

D7k_2341_r

ワザと怪しく撮ってる訳じゃありません。真っ暗なのでライティングしないと写らないので。(^_^;
最上部で点滅する明かりは下界からもよく見えます。ああ、あそこが「金子峠」なんだなあと。(笑)

« 2019年春(3/31~4/7) 甲府周辺の桜巡り | トップページ | 2019/4/28 自転車で行く夜景スポット+(其の16) »

旅行・地域」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

微速度撮影」カテゴリの記事

タイムラプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年春(3/31~4/7) 甲府周辺の桜巡り | トップページ | 2019/4/28 自転車で行く夜景スポット+(其の16) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30