無料ブログはココログ

« 2019/1/27 自転車で行く夜景スポット+(其の14) | トップページ | タイムラプスの詰め合わせ(山梨・岐阜) »

2019/2/17 自転車で行く夜景スポット+(其の15)

2月も中ほどを過ぎると春らしい日和もチラホラと。ていうか今年って暖冬?雪降らねーし。
そんな小春日和にはやっぱりサイクリングですよね。今回は前車「プレトレ」で走ったルートをそのまんまトレースってことで。先ず向かった先は南アルプス市の「コモンシティあやめが丘」から。

自宅から約15km。現地に近づくにつれじわりじわりと上りに。でも本番はここから。

20190217_144358_hdr_r
ここが「あやめが丘」への上り口。急坂を一気に上ると最初の見晴らしポイントへ。

20190217_145113_r
道沿いの一角、ガードレールを越えた所に柵に囲まれたちょっとした空き地があります。
南方の富士山方面から北方の八ヶ岳方面までグルッと180度以上の見晴らしが開けるグッドロケーションですが、今日は残念ながら富士山はお隠れに。でも良い天気だなあ。

20190217_145213_r
八ヶ岳はバッチリ。トワイライトな時間帯は車の光跡と併せ結構な良夜景が見られます。
でもここはまだ「あやめが丘」住宅街の最下部、ここから先がまた結構辛い坂上り。(^_^;

住宅街の中段、東端の路上から階段を上ると「自然公園」という広場が。

20190217_145933_r
前回はスルーしましたが、今回は立ち寄ってみました。見晴らしはこんな感じ。

20190217_150020_hdr_r

一番眺望が得られる場所でも見られる市街地範囲が狭いかな。チト期待外れ。(^_^;
結局写真左の路上の先、定番の撮影ポイントへ。

20190217_150304_r
ここもまた決して広々眺望って訳ではないですが、手前の棚田っぽい風景と併せ良い感じのトワイライト夜景を見ることができます。「神明の花火」のビューポイントとしても人気の場所。

このあやめが丘東端の道路をぐるっと回り込むと2箇所のビューポイントが。

20190217_150712_hdr_r

市街地夜景メインならここ。東南側の路上がお勧め。ここからは富士山は見えません。
富士山ビューならもうちょい先の東北端から。

20190217_150843_hdr_r
って今日は富士山はなし。(^_^; ちょうど雲がモクモクしている所が富士山。

さて、グルッと回った先、目的地「あやめが丘」へ。ここからもエイヤっと最後の急坂上り。

20190217_151530_r
住宅街入口近くの路上でパチリと。こうしてみるとホント高台の住宅街だなあと。

20190217_151734_r

やっと到着。綺麗に区画された住宅街がそこに。この先の「古墳公園」を目指します。

20190217_152045_r
住宅街の北東端にあるこの公園、ここが「あやめが丘」エリアの最高地点。

20190217_152139_hdr_r
眺望範囲は決して広くはないですが見下ろし感は先のスポットよりも上。富士山ビューな面夜景狙いならここから撮るのが一番かと。あ、すぐ隣は住宅なので訪れる際にはお静かに。

「あやめが丘」はこれにて終了。お次は富士川町方面へ至る「ウェスタンライン」へ。
ランドマークな施設「ほたるみ館」前でパチリと。

20190217_153625_hdr_r
写真の向こう側へ進むと「桃花橋ループ」方面へ、手前側に進むと富士川町方面へ。
右手にちょいと入った所にもちょっとした展望場所が。

20190217_153855_hdr_r

展望はイマイチ。寂れっぷりもアレ(^_^;ですが遊歩道もありお散歩には良い所かと。

さあ、ここから先は「ウェスタンライン」を軽快にダウンヒルするのみ。(^_^)

20190217_154151_r

先ほどの「あやめが丘」方面をパチリと。ここから見ると突き出し感がよく解ります。
この先の交差点、「櫛形西小学校東(ややこしいな(^_^;)」が各夜景スポットへの分岐点。

20190217_154354_hdr_r
右に進むと定番スポット「南アルプス市県民の森」や「櫛形山林道」方面へ至ります。
今日はそのまま真っすぐに通過。ブレーキなしじゃいられない超高速ダウンヒルエリア。
お次の目的地「湯沢公園」にはあっという間に到着です。

20190217_155751_r
人気がないので寂しいっちゃ寂しい公園ですが、紅葉の季節はななかな綺麗です。
ここからの眺望はこんな感じ。以前はなかった展望地看板がしっかりと。(笑)

20190217_155708_hdr_r
広角で撮ってるので市街地眺望が狭く感じるのはご容赦を。富士山は見えても先っちょだけですが、ここから見る「神明の花火大会」と市街地夜景のコラボは見応え十分。(^_^)

「湯沢公園」のちょい先「湯沢橋」袂を上るとまた一味違った展望が楽しめます。

20190217_160758_r
展望広場」、なんのヒネリもない(笑)道標から階段を上った先にはこんな眺望が。

20190217_160500_hdr_r

「湯沢橋」のカーブ具合が良い感じ。車の光跡好きな私は結構そそられる構図。(笑)
そんな「湯沢橋」上からもパチリと。

20190217_161246_r_2
ここもまた良いビュースポットですが車が行きかうことを考えると夜景撮りにはチト向かないかも。橋の上って車が通ると結構揺れるんですよね。まあ殆ど通らないですが。(^_^;

夜景スポットはこれで終了。後は富士川町を抜けていつもの休憩スポットへ。

20190217_163705_hdr_r

道の駅 富士川」ですね。この時間になると人影もまばら。一休み一休み。
さて、ここから帰路は約20Km。後ひと踏ん張り走りますか。(^_^)

20190217_164430_r
最後は「神明の花火大会」観覧席から八ヶ岳方面をば。
後半年かあ、まだまだ先の様で直ぐなんですよね。ホント月日が経つのが早いこと。(^_^;

さて、「コモンシティあやめが丘」から「ウェスタンライン」経由の「湯沢公園」はいかがだったでしょうか。いずれも高地ってわけじゃないですがちょっと場所を変えれば様々な夜景を楽しむことが&手軽に訪れることが出来る良スポットです。是非夜景ハシゴしてみてください。(^_^)

« 2019/1/27 自転車で行く夜景スポット+(其の14) | トップページ | タイムラプスの詰め合わせ(山梨・岐阜) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019/2/17 自転車で行く夜景スポット+(其の15):

« 2019/1/27 自転車で行く夜景スポット+(其の14) | トップページ | タイムラプスの詰め合わせ(山梨・岐阜) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30