« 2018/12/23 自転車で行く石和&甲府のイルミ巡り | トップページ | 2018/12/24 自転車で行く夜景スポット+(其の12) »

2018/12/24 高下ダイヤモンド富士

ほぼ毎年通っていますね。(^_^; ちゅこんで今年も「高下ダイヤモンド富士」です。(^_^)
3連休の最終日、今日はクリスマスイブ。2日目までは早朝の天気も優れず昨日は小雨の中を自転車で走り回っていた訳ですが、24日は晴れ予報。と言うことは・・・ 雲海のチャンス!

今まで撮ってきた「高下ダイヤモンド富士」は幸いに、というか雲ひとつない冬場ればかり。
綺麗なダイヤモンド富士は拝めたもののなにかこう物足りなさを感じていたんですよね。
上手くすれば雲海、もしくは流れゆく雲間に輝くダイヤを撮影できるかもしれません。そんなグッドコンディションが予想されるってことは皆さんも同じことを考えられているだろう、ってこと。
混雑を予想してちょっと早めの出発です。現地着は5時ちょい前。車は停められるかな・・・

考え過ぎの様でした。(^_^; 手前の駐車エリアには殆ど車はなし。奥の駐車場も多いながらも7割程度の駐車率でしょうか。いつも撮影している林道手前のスポット前になんなく駐車です。
気温は4度程。松本ナンバーのお父さんと「今日は暖かいですね」とか歓談しつつ撮影開始。
先ずは西に落ち行く明るいお月様に照らされた富士山と甲府盆地夜景をば。

20181224_p01_r
肉眼ではほぼ暗闇ですが東の空は薄明が始まっています。月光で富士山もくっきりと。
DX16mmでは夜景と富士は同画角に入りません。写真は2枚つなぎのパノラマです。
特に弄っていませんが、良い具合にコントラストの高い美しい画になってくれました。(^_^)

見てのとおり雲海は見られませんでした。でも道中、街中は濃い霧だったんですよね。
盆地夜景方面をアップで確認してみると・・・

D7k_1023_r

をを!盆地夜景の手前側はちょっとした雲海状態になってるじゃん。(^_^)
でもホントちょっとだけだな。(^_^; それでも街灯りが透けて色づく様はやっぱり綺麗。
盆地夜景はこの場所よりも全景が見られる「手前側の駐車場」の方がお勧めです。

徐々に薄明も進みます。ここらが朝焼け+富士山+星空のラストチャンス。

D7k_1028_r
こちらの写真は若干コントラストを高めに弄っています。ちょっとウソ臭い画(笑)になりますが富士山の存在感や朝焼けから星空へのグラデーションが綺麗に出るので私的には好み。(^_^)

かなり明るくなってきました。富士山は見る見る間にシルエット状態に。

D7k_1047_r

今回狙いのひとつ、雲も程よい感じに。朝焼けに照らされた早朝の茜雲も綺麗です。
が、この雲さん達、ちょうどダイヤの時に山頂に被らないだろな、チト心配。(^_^;

いよいよ日の出が近づき急激に明るさが増してきました。お日様は富士山の真裏に。

D7k_1056_r
おや?なんかこう後光がスゲー明るいんだけど。前はこんなんじゃなかったような。
どうやら富士山のバックには雲、または広く霞が出ている様で、乱反射した陽の光が大きな後光となっている模様。でも山頂はくっきり見えています。どんなダイヤになるのかな?

来ました!ダイヤモンド富・・・ あれ?

D7k_1067_r

ダイヤの瞬間がはっきり判りませんでした。周りのカメラマンさん達も同様だったようで、いつもなら一斉に鳴り響くシャッター音も妙にバラけてた様な。(笑) この写真のちょい前が本当の日の出だったのではと。光も拡散してお約束のチロっと出た直後の光芒もなし。(^_^;
この辺りの様子は後の動画でご覧頂ければと。今回は二本立てでお楽しみください。(笑)

この場所、冬至前後の2~3日は山頂の左手辺りから陽は昇ります。山頂の中心に来た時にはもう半分くらいは出てるでしょうか。眩しすぎて直視できません。これまた後の動画にて。

D7k_1072_r_2

ややシャープさには欠けるもののシルエット富士に美しい光芒が現れました。(^_^)
やっとダイヤモンド富士らしくなったかな。陽の暖かさを実感できる瞬間でもあります。

という訳で、写真で見るよりやっぱり動画ですよね。先ずはこちらから。

この動画、完全にテンプレ化していますが今回はダイヤ前後の再生速度を弄っています。
せっかくの雲の動きをチト強調したかったので。(^_^; ダイヤの瞬間と前後は等倍です。

で、もういっちょ。今回のダイヤモンド富士の様子、実は3台のカメラで撮っていました。
上の動画は「Canon G7XmarkⅡ」で、山頂のどアップを「Nikon CoolPix A900」で、もう一台はドラレコの「KENWOOD DRV-610」で周辺の様子も含めて。3つの動画をまとめてどうぞ。(^_^)

一応同期させたつもりですが、先の話のとおりダイヤの瞬間がよく判らなかったので各々若干ずれているかもです。(^_^; 山頂アップのA900動画では山頂付近のダイナミックな雲の動きも良く判ってなかなかの迫力です。ダイヤ具合はやっぱりイマイチな感じでしたが。(^_^;
ドラレコ動画の方はダイヤの瞬間よりもその前後の人の動きとかが結構面白いかも。
陽が昇るにつれて左の方に変なフレアが現れます。最後はなんか色塗りしたみたい。(笑)
見てのとおり人や三脚がびっしり感はなし。周りを気にせずのんびり撮影できました。(^_^)

時刻は7時30分過ぎ、すっかり陽も昇り撤収です。駐車場の様子はこんな感じ。

20181224_073605_hdr_r
ダイヤ直前にはほぼ満車になっていましたが、この写真をみてもそれほどの混み具合でなかったことが解ると思います。え?十分混んでるじゃん、って? いやいや本当に混む時はこんなもんじゃありません。今日は本当にマシな方だったと思います。元旦なんかはもう論外。(笑)

さてさて2018年末の、「高下ダイヤモンド富士」はいかがだったでしょうか。
流れる雲とダイヤのコラボは確かに叶いましたが、ダイヤの瞬間がよく判らなかったとか、シャープな光芒が見られなかったとか、若干心残りはあったものの例年と同じ様な画にならなかったことが今回一番の収穫だったかも知れません。また来年も撮りに来るぞー!(^_^)

|

« 2018/12/23 自転車で行く石和&甲府のイルミ巡り | トップページ | 2018/12/24 自転車で行く夜景スポット+(其の12) »

旅行・地域」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

星景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/12/24 高下ダイヤモンド富士:

« 2018/12/23 自転車で行く石和&甲府のイルミ巡り | トップページ | 2018/12/24 自転車で行く夜景スポット+(其の12) »