無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/21 韮崎平和観音の夜景と富士山

前回記事、同日チャリでチャリチャリと訪れた展望地、早速当日夜に再訪です。(^_^;
冠雪した富士山の美しさに惹かれ訪れたのは韮崎市の「韮崎平和観音」。夜景は久しぶり。

チャリで走ったルートをほぼトレースして17時頃に昼間と同じポイントに到着です。車は墓地寄りの路上に寄せて停めました。結構車が行き来しますがそう邪魔にはならないのではと。

先ずはトワイライトな市街地方面夜景を富士山&お月さま入で。

D7k_0802_r
いいじゃん、いいじゃん、富士山も綺麗!(^_^) 前回訪れた時も同じ様な月夜でしたが残念ながら富士山は見えなかったんですよね。やっぱり富士山が入ると画になるなあ。(^_^)

そんな富士山にグッと寄ってみます。

D7k_0810_r
中腹辺りまでしっかり冠雪し見た目は完全に冬富士しています。でも、この時期の冠雪は油断ならないんですよね。ちょっと暖かさが戻ったり強風で飛ばされたりとか、先っぽだけの冠雪に戻ってしまうこともしばしば。しっかり雪化粧するのは平地にも雪が降る頃でしょうか。

そそ、この撮影場所からは夜景と共に観音様の後ろ姿が拝めます。パチリと。

D7k_0816_r
こうしてみると観音様は毎日良い景色を眺めているんだなあと。見守り感抜群。
綺麗に整備された道路を行き交う車の光跡も夜景の良いアクセントですよね。

夜景メインだとこんな感じ。

D7k_0817_r
柵越しだと韮崎駅と周辺夜景も含めて広い範囲が写し撮れます。トワイライトも進み富士山の存在感は薄れますが反して街夜景がその煌めきを増してきます。中央線を走る電車も良い感じ。

同じ様なアングルばかりじゃ、ってことで韮崎駅周辺の街夜景をば。

D7k_0828_r
眼下が「韮崎駅」周辺です。完全にちょっとしたビルからの見下ろし目線だな。(^_^;

そんな、駅周辺の様子と併せて恒例のタイムラプス夜景をば。前回と見比べてください。

最近は静止画は「Nikon D7000」で、タイムラスは「G7Xmk2」のコンビが定番。
前回は「ナノトラッカー」を使ってパンしましたが、今回は現在常用しているパン用の機材(SK-EBH01 Pro)を忘れました。路上の手すりに「クランプポッドミニ」で固定しての撮影です。

さて、久しぶりの「韮崎平和観音」からの夜景はいかがだったでしょうか。
今回は撮影していませんが観音様の正面から、その先の空き地から、下層の路上から、と夜景が見られるポイントはいくつかあるので場所を変えて楽しむのも良いのではと。それと撮影ポイントは路上、且つ結構な通行量なので撮影の際には車には十分ご注意ください。

2018/10/21 自転車で行く夜景スポット+(其の6)

なかなか夜景話しになりません。もう少しお待ちを。(^_^;
という訳で今回もまたチャリでチャリチャリと山登りです。まあ山登りといっても未踏の高地スポットに挑戦する勇気はありません。低地夜景スポット巡りとかで上り下り。さて行きますか。(^_^)

まず一か所目、定番中の定番スポット、南アルプス市の「桃花橋ループ」を目指します。
いつもの如く、アルプス通りで現地へ。途中、釜無川に架かる開国橋でパチリと。

20181021_111125_r

良い天気だなあ。富士山もちょっと見ない間にしっかり雪化粧されていました。
例年だと山頂から少しずつって感じですが、今年は長引いた秋雨でお隠れになっている間に化粧を済ませた様です。積雪は少ないと思いますが見た目は完全な冬富士。綺麗だなあ。(^_^)

さあ、これなら「桃花橋ループ」からの見映えも期待できそうです。
開国橋から緩い坂を上ること20分程、見えてきましたループ橋。

20181021_114413_r
全景撮る為に立ち止まってる様でその実は上り前の休憩を兼ねてたりします。
一周約300メートル、勾配8%超の上りは意外とキツイのです。(^_^;

息を切らしつつも公園へ到着。時刻はちょうどお昼時です。
道中で買ったコンビニ弁当を広げ昼食がてら公園付近の様子や眺望をパチパチと。

20181021_120837_hdr_r
木々はまだ色づきには早く、秋っぽさはないですが空と富士山はしっかり秋ですよね。
晴天とは言え暑さはもうありません。この季節、外で食すコンビニ弁当はご馳走です。(^_^)

定番構図。眺望方面をループ橋越しの富士山入りで。

20181021_121829_hdr_r

ここは夜景撮りならやはりトワイライトな時間帯、もしくは明るい月夜がお勧めです。
視点を高くすれば夜景と共に行きかう車の光跡を写し撮れるのもこのスポットの良い所。

さて、昼食も済ませて十分休憩できました。お次のスポットに向けて出発です。ここからも更に上りが続きます。5分程でその頂点「長峰林道」入口に。そこには私を誘うこの看板が。

20181021_123751_hdr_r
ほらほら、早くこっちに来なよ!(笑)  いや、また今度にしときます。(^_^;
でも前のチャリならともかく今のチャリ(FX3)ならイケそうな気がします。この冬にはきっと。

ここからはサクッと下ってお次の目的地へ。向かった先は「風の丘しらね」。
麓の「塩沢渓谷河川公園」までじわじわ上り、そこからエイッと急坂を上り切ると到着。

20181021_130214_hdr_r

前のチャリでも訪れていますが何か変わったかなあ、と思いきや何も変わらず。(T_T)
旧「白根パラグライダースクール(X-ZONE)」は前回から2年程経った今も変わらず「太陽光発電施設建設予定地」とされたまま。前回見られなかった富士山を見たい!で、入ります。(^_^;

20181021_130508_r

これこれ!ここからの冬富士&夜景はホント絶品でした。車でパラグライダースクール駐車場に自由に入れた頃は夜景鑑賞に訪れていた方も多いんじゃないでしょうか。惜しいなあ。

振り向くとそこにはかつてのパラグライダー離陸場とスクールの土台のみが寂しく。

20181021_130713_r
太陽光発電施設にするのは構いませんが是非展望地化されることを切望します。

現地を後に下って直ぐ、御勅使(みだい)川に架かる橋の上からパチリと。

20181021_132017_r

これまた良い景色ですよね。御勅使川はこの先、釜無川に合流します。
大昔はこの辺りの河川がよく氾濫するってことで作られたのが「信玄堤」だそうな。

そそ、この橋の名前は「南甘利山橋」といいます。

20181021_132202_r
定番夜景スポット「甘利山」の南麓に位置するのがここ。解りやすいネーミングですよね。

さあ、お次はどこへ向かおうかな。冬と言えば・・・ 温泉ですよね。やっぱ。(^_^)
会社の同僚から教えてもらった「旭温泉」に行ってみることに。韮崎方面へ向かいます。

走ること20分程、「旭温泉」はこんな所。

20181021_133516_r
意外とこじんまりした温泉施設でした。が、Webで見てみると地元で人気の炭酸泉だとか。
確かに駐車場には多くの車が訪れていました。バックには富士山もバッチリと。
建屋の温泉マークがいいですよね(^_^) 結局入らなかったのでお風呂から富士山が見えるかは判りませんでしたが、私が住む甲府近隣にはない炭酸泉なので是非訪れてみようかと。

せっかく韮崎方面に向かってるし、久しぶりに「七里岩」にでも上ってみるか。
県道12号を更にキコキコと北上。甘利沢川沿いにある「幸福の小径」で小休止です。

20181021_135640_r
ここのちょっと上流がこの夏も「武田の里花火大会」を撮影した「甘利沢」。
ん?あの銅像は誰だ?

20181021_135701_r
ノーベル賞の「大村智」先生でした。車で何度か通ってたけど完全に素通りしてたな。(^_^;

この小径、釜無川まで気持ちの良い遊歩道が続いており見晴らしもなかなか。今日みたく天気が良いと、南東には富士山、北西には八ヶ岳の雄大な姿を望むことができます。

20181021_140002_hdr_r

振り向くと・・・20181021_135919_r_2

そんな景色を眺めつつR20を越え、結構な急坂をキコキコ上り辿り着いたのがここ。

20181021_141935_hdr_r
韮崎中央公園」です。七里岩上のこの公園、どちらかというと競技場がメインでこれといった眺望ポイントもないですが、園内にはいかにもお子様が喜びそうなこんな施設も。

20181021_141757_hdr_r
自転車で中には入れないので遠巻きに。昔子供を連れて訪れたことがありますが、他にも園内の「ミニSL広場」には乗車できるSLもあったりとなかなか面白い公園です。

せっかく「七里岩」に上ったのでその先端にある「韮崎平和観音」を拝みに。
緩やかな下りを気持ちよく走ること5分程。見えてきました観音様。また来たよー!(^_^)

20181021_142734_r

観音様手前の路上でパチリと。眼下には韮崎駅を中心とした市街地が、観音様が眺める方向には富士山をバックに甲府市街地方面の眺望が広がります。ありがたやありがたや。

柵越しの眺望だとこんな感じ。

20181021_142808_r
直下の市街地から遠望へと連続する特徴ある夜景が見られます。富士山コラボが出来ればバッチリ!手前の韮崎駅と中央本線を行き来する電車も夜景の良いアクセントになります。

観音様も後ろ姿だけじゃね。ちゃんと正面から拝ませて頂きます。

20181021_143352_r
道路が綺麗に整備されてから通行量も随分増えた様な気がします。夜景撮りする為に路肩に停めるならここよりも先程のポイントが道幅も広くお勧めです。真横はお墓ですが。(^_^;

さて、ここからは一気に下ってR20経由で帰路に。休日の幹線道路の混み具合はかなりのモノですが自転車ならスイスイです。本日の総走行距離は約50km。アップダウンを繰り返した割には足も大丈夫。だいぶ鍛えられてきたかな?(^_^; そろそろ高地を目指さねば!(^_^)

2018/10/14 自転車で行く夜景スポット+(其の5)

だいぶ涼しくなりました。ちょい前までは汗だくだった上りもこの涼しさなら大丈夫そうです。
冬場に向け少しでも身体を慣らしておこうってことで今回はプチ(笑)ヒルクライムルートをば。

先ず向かったのは自宅から20分程の「愛宕山」。前回と違い今回は押し歩きなーし!(^_^)
県立科学館の展望台」の眺めが絶品ですが今日は富士山も見えないってことでパス。

20181014_122816_hdr_r_2
子供の国のゲートから科学館に至る道中からも所々見晴らしが良い場所があります。見られる範囲は狭くなりますが展望台とは違った形の夜景や眺望となり意外と良いかも知れません。
同じく路上からもう一枚。

20181014_123101_hdr_r

ゲート寄りの路上から。若干木々が被りますが見晴らしはこっちの方が広いです。
夜景撮りでゲートから展望台まで10分程の歩きがイヤならここから撮るのもお勧めかと。

上ってきた「愛宕山スカイライン」はこどもの国内の変形自転車広場辺りで最高地点となり下りに転じ「武田の杜樹木見本園」、「躑躅ヶ崎霊園」を通り「武田神社」方面へ至ります。
途中の「樹木見本園」の前でパチリと。

20181014_124441_r
20分程上ると展望台がありますが眺望はイマイチかと。日中散策には良い所です。(^_^)
夜景的にはこのちょい先、「躑躅ヶ崎霊園」付近路上からの方が良いです。その名のとおり周辺はお墓ですが綺麗に整備された霊園なので夜景撮りでもそれほど怖くはないかもです。(^_^;

後はサーッと下って「武田神社」前でパチリ、が定番ですが今日は寄りません。(笑)
そのまま手前から右に折れて向かったのは先日も立ち寄った「竜華池」。遊歩道に通じる様な橋が気になってたので向かってみることに。チャリは下に置いて階段を上ります。

遊歩道に通じる橋がこれ。舗装路はここまで、ここから先(後ろ側)はザ・遊歩道です。

20181014_130945_hdr_r
橋の途中からの眺めもまあまあ。盆地西方の見晴らしを求めるならこちらが良いかと。

20181014_125827_hdr_r_2
遊歩道を10分ほど進んで辿り着いたのがここ。

20181014_130504_r
途中に看板があり、この遊歩道は「躑躅ヶ崎の森」と言うそうな。写真の案内板によると左手に進むと先程の「樹木見本園」に通じている様ですが当然行きません。引き返します。(笑)

さて、お次のプチヒルクライムは定番夜景展望地、「積翠寺」に向かいます。直前で結構な勾配になりますが、こちらもまた無事足をつかずに到着。これ正に自転車(FX3)のお陰。(^_^)

20181014_133741_hdr_r
直近で訪れたのは今年の夏に開催された「躑躅ヶ崎 信玄花火」の時。もちろん車。(^_^;

ちょいと休憩してお次に向かったのは「下積翠寺」。実際は「塚原町」に入った直ぐの辺り。

20181014_134817_hdr_r
久しぶりに訪れました。若干低地、且つ夜景の形的にはチト面白みがないですが、見晴らし範囲も広く冬晴れには遠くの山並みや富士山と併せて美しいトワイライト夜景が見られます。
武田神社がグッと近いので「躑躅ヶ崎信玄花火」もここからなら更に良く見えたのではと。

そそ、この自転車を停めた場所、前回いつだったか訪れた時には草ボーボーだったのがキレイに刈り取られていました。ここ、車を停めるのには丁度良いスペースなんですよね。
反対側はこんな感じ。

20181014_134847_r
道を挟むものの、夜景側に向けて車を停めれば冬場の車中観賞にももってこいかと。

次行こ次! 更に5分程進むとお次の展望地、「金子(きんす)沢」へ。

20181014_135613_hdr_r
市街地眺望、狭っ!(笑) かなり広角で撮ったのでそこはご容赦を。市街地方面と左手の愛宕山を入れてアップで撮ると富士山ビューの良夜景となります。今日は富士なしですが。
ここの真上辺りが千代田子方面の夜景スポットのひとつ「金子(きんす)峠」。

ここから一気に市街地方面へ下ります。10分程で湯村方面へ。
小一時間ほどの昼食タイムを挟んで最後に向かった先はこれまたお久の「湯村ヒルズ」。
キツイのは上り始めだけ、後はキコキコと難なく最上部へ到着。さて、見晴らしはと・・・

20181014_151349_hdr_r
あれれ、こんなに見晴らし悪かったっけな?(^_^;
木々が成長したのか、冬枯れしていないからか、一番眺望が良い場所でもこんな感じ。
ここもまた冬場なら近傍市街地と富士山ビューのトワイライト夜景が美しいスポットです。
昼間の見晴らしが悪いといって夜景もそうとは限りません。行って見ること、これが大事。

をを、そんなことより路上に倒木が!(笑)

20181014_151451_hdr_r
路上にダラリと垂れてます。よく見ると電線に引っかかってかろうじて止まってる模様。
たぶん先日の台風24号で倒れたと思われますが、放置してていいのかな、これ。(^_^;

さてさて、さすがにこれで今日の夜景スポット巡りはおしまいです。
なんだかんだで30Km弱走りましたが、高度差は小さいものの上ったり下りたりを繰り返すのは結構しんどいですよね、やっぱ。歳を考えると日曜にやらない方がいいかも。(^_^;

2018/10/8 自転車で行く夜景スポット+(其の4)

10月最初の三連休、最終日も元気にチャリで夜景スポット巡りです。夜景はどうした!(笑)
定番の夜景スポットでも昼間に訪れてみるとまた新しい発見があることも多いんですよね。
という訳で、先ず目指したのは笛吹市境川町「かいのくにエコパーク」内にある「寺尾の湯」。

例によって荒川CR(サイクリングロード)を南下、精進湖ブルーライン(R358)を目指します。
この先、すぐに上り坂になるので早めの休憩。荒川CRの終点(休憩所)はこんな所。

20181008_094236_hdr_r

自宅から20分程、甲府周辺のCRでは一番整った休憩所かと。ここから笛吹川CRで上流側は山梨市の「万力公園」へ、下流側は三郡西橋、市川大門や富士川町へ至ります。

荒川CRを降りてR358から境川町方面へ。最初の交差点を右折して1kmちょい坂を上ると「寺尾の湯」へ到着です。直前から結構キツイ坂になりますが、もちろん押し歩きなし!(笑)

20181008_100519_r
この場所、昨年の12月に前チャリで訪れただけで、実はまだ夜景撮りしていません。(^_^;
近場の気安さからでしょうか。この冬には是非温泉とセットで夜景撮りに訪れようかと。

「寺尾の湯」の脇にはちょっとした遊歩道や遊具がある公園があります。

20181008_101114_r
遊歩道上から見られる眺めがこれ。市街地眺望範囲、狭っ!(笑)
でも空気が澄んだ冬晴れなら市街地小夜景と八ヶ岳がコラボした良夜景楽しめそうです。

さて、前回はここで終了でしたが今回はもう一箇所、定番スポット「坊ヶ峯」を目指します。
ここも前自転車で訪れたスポットですが、今回は別ルートでアクセスしてみようかと。

地図上では3kmもないんですけどね、下調べが不十分でした。寺尾の湯から一気に下り、ということはもちろん上りに転ずる訳で。これがまたかなりの急坂。やっちまった(^_^;
そんな急坂を気合で上ってり辿り着いたのががここ。

20181008_103030_r
「笛吹市役所(境川)支所」のちょい先、坊ヶ峯への登り口です。前回はこの反対、「境川自転車競技場」側から上りましたが普通車で訪れるならこちらが道も広いのでお勧めかと。

この時点で既に坊ヶ峯の中腹辺りなので後は楽勝です。坂もたいしたことありません。
上ること5分ちょい、電波塔群が見えてきた辺りでふと右手を見ると別のアンテナ群が。

20181008_103552_hdr_r
車で来ている時には全然気づきませんでしたがアマチュア無線のアンテナじゃないかと。
サイズからすると6m(50MHz帯)か21MHz帯のアンテナでしょうか。大昔アマ無線にハマっていた時期があるのでなんとなく解ります。一番左のアンテナは先日の台風の影響なのか無残な姿となっています。しかし良いロケーションに上げてるなあ。さすが電波塔山!

いよいよ電波塔群が近づいてきました。密集感を狙ってパチリと。

20181008_103830_r
ここにはNHKやローカルのUTY、YBS、FM-FUJI等の送信所が集結しています。
電波塔ファンにはたまらない場所かと。(笑)

展望台脇に立つUTYの送信所と山頂の石碑をバックにパチリと。

20181008_104205_hdr_r
現地の朽ちた感と怪しさ(^_^;は変わらずですが、定期的に人の手は入っている様です。
でも道中には山頂や展望台に至る案内板も何もないんですよね。これも変わらぬ謎。(笑)

UTY送信所脇の道を進むと、そこにはこれまた変わらずご立派な展望台がどーんと!

20181008_104433_hdr_r
前回は展望台下から旧チャリと眺望を撮影しましたが、今のチャリは軽いのです。
ヒョイとチャリを持ち上げて階段をトトトと。(^_^;

20181008_105018_hdr_r

展望台に誰も居なくてよかったです。って今まで遭遇したことは一度もありません。(笑)
展望台からの眺望とチャリのコラボ。只やってみたかったということでご容赦ください。(^_^;

例によって山梨市や甲州市方面の眺望もパチリと。

20181008_104729_hdr_r
そそ、ここからも建設中の「リニア中央新幹線」の軌道が望めます。

20181008_104758_r
手前が「八代ふるさと公園」、奥が「花鳥山」方面。軌道は坊ヶ峯直前で途切れています。
ここもまたリニアの試験走行エリア、且つフードがなければ良い展望地になるんじゃないでしょうか。笛吹市には「リニアの見える丘」エリアの一角に加てえ是非整備してもらいたものです。

さてと、お昼も近いし、下って昼飯にすっか。
前回旧チャリで上った道を下ります。濡れた路面、木々や葉っぱまるけで恐怖!(笑)

ソロソロと下ってもあっという間、中央道境川PA下をくぐった辺りから坊ヶ峯をパチリと。

20181008_112122_hdr_r

まあこうして見るとやっぱり小山ですね。でもそのロケーションは甲府盆地市街地や南アルプスや八ヶ岳方面の山並み、眼下を行き交う車の光跡等々、夜景スポットとしては近隣の「八代ふるさと公園」や「花鳥山展望台」にはない魅力を持ち合わせた展望地だったりします。市街地南方の外れに位置することもあり、星空を眺めるにも良い条件の場所じゃないでしょうか。
怪しい雰囲気は相変わらずですが魅力的な展望地です。是非訪れてみてください。(^_^)

2018/10/7 自転車で行く夜景スポット+(其の3)

9月、2回目の三連休を狙いすましたかの様に訪れた台風24号、私の住む街、甲府にもしっかりと爪痕を残してくれました。で、また25号ってか!と思いきや殆ど影響なしってことで。(^_^;
という訳で25号が日本海を駆け抜けている最中、久々の青空が戻るも10月とは思えないクソ暑い夏日に負けず久々の「自転車で行く夜景スポット」、いってみたいと思います。(^_^)

今回訪れたのは以前、旧チャリで訪れた際に足が死んだ(笑)ルートのリベンジという訳で、春は桜の名所、富士川町の「大法師公園」とその近隣の夜景スポットを巡ってみました。距離は前回同様、約50km。さて、足を痛めることなく、且つ押し歩きなく巡ることができたのでしょうか!?

いつもの様に荒川(甲府の(^_^;)CR(サイクリングロード)経由で笛吹川CRへ。
笛吹川CRの終点「三郡西橋」が見えてきました。

20181007_093233_r

いつもと違って左岸堤側からアクセスです。左の道路が笛吹ラインと呼ばれるR140。
それにしても久々の良い天気です。暑いけど。(^_^;

三郡西橋を過ぎ、そのまま左岸堤を進むと「神明の花火」打ち上げ観覧会場へ。

20181007_093642_r
ここが有料観覧席。区画毎に番号が振られてるけど、一区画は結構狭いんだな。(^_^;

どんどん行きましょう。お次は「富士川橋大橋」です。富士川町側に橋を渡ると中部横断自動車道の増穂PAからも出入りできる「道の駅富士川」へ。ここは定番の休憩スポット。

20181007_094520_r

橋の袂から道の駅入りで下流側をパチリと。大法師公園は道の駅の裏手に見える小山。
ここは「笛吹川」と「釜無川」が合流し、この富士川大橋から下流が「富士川」となります。

道の駅でしばし休憩。自宅からは約20kmです。ここらで一服しないと辛いのです。(笑)

ここから「大法師公園」の登り口迄は10分程。公園迄は1kmないですが勾配は8%程と結構な急坂です。前回は半分近くを押し歩きしましたが、そう、今回はリベンジなのです!

20181007_103318_hdr_r
無事押し歩きなしで到着~!(^_^) 正直チト辛かったですが前回の比じゃありません。
体力的には大して進歩してないと思いますが、やっぱりまともなクロス(FX3)のお陰かと。

公園入口駐車場付近からの見晴らしはこんな感じ。

20181007_103541_hdr_r
木々が被りますが、夜景になると結構良い感じになります。

公園をグルっと周回しがてら最上部の広場へ。ここが春の「桜まつり」のメイン会場。

20181007_104301_r
まあ、何もイベントがないとこんなもんです。(^_^; お祭りの時は屋台がズラッと並びます。
左手の建屋の屋上からの眺めはこんな感じ。

20181007_104345_r
夜桜と夜景のコラボが綺麗なスポットです。桜があればです。(笑)
見てのとおり夜景のみの見栄としてはイマイチかと。

そそ、ここからの眺めでお気に入りの構図がこれ。

20181007_104414_r
モニュメント上のハトが富士山に向かって羽ばたいている様なこの構図はこの場所限定。
以前は月光に浮かぶ富士とハトがなんとも良い感じな夜景写真を撮ることができました。

さて、広場を後にして周回路に戻ります。公園入口看板のちょい上からの眺めをパチリ。

20181007_104918_r
ここもまた夜桜と夜景コラボが綺麗なポイントです。昼間はやっぱりチト冴えないかな。(^_^;

「大法師公園」は以上で終了です。サクッと降りてまたヒーコラ(笑)上って10分程で着いたのは「殿原スポーツ公園」。ここも押し歩きなし!公園真下の路上からの見晴らしはこんな感じ。

20181007_110114_r
「大法師公園」より低いものの見晴らしはこっちが上かと。「神明の花火」もバッチリ。
ちょい上がった公園内からの眺めはこんな感じ。

20181007_110550_hdr_r

遊具広場にある東屋からの眺めが一番かな?若干木々が被りますが「大法師公園」同様に夜景になると結構イケてます。低地なので山並みを残したトワイライト夜景がお勧めかと。

最後に向かったのは前回ルートをトレースってことで「山梨県森林総合研究所」前の路上。

20181007_112037_r
一般の人も入れますが、施設内からは殆ど眺望はありません。なので入りません。(^_^;
向かいの路上が眺望&夜景スポット。

20181007_112158_r
って畑の木々かなり被っていますが冬枯れた明るい月夜なら良い画が撮れるのではと。
これはもう低地夜景の宿命ですね。(^_^; 街明かりばかりが夜景じゃなってことです。

さてと、前回はこの段階でかなり足がキテましたが、今回は全然大丈夫です。(^_^)
軽快に北上して釜無川に架かる「開国橋」の袂で富士山バックにパチリと。

20181007_120301_r
今日は珍しくほぼ終日富士山が見えていました。暑いとは言え、しっかり秋の空気感が感じられる富士山がそこに。後一ヶ月もすればしっかり冠雪が確認できる季節を迎えます。
夜景撮影に、自転車で巡る夜景スポットに、と正に絶好のシーズンですよね。(^_^)

そそ、今回の道中50Km、全て押し歩きなしでイケました。足も余裕で無事リベンジ達成!
コツを掴んだのか自転車のお陰か、と言えば・・・ やっぱり自転車のお陰でしょうね。(^_^;

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31