« 2018/10/7 自転車で行く夜景スポット+(其の3) | トップページ | 2018/10/14 自転車で行く夜景スポット+(其の5) »

2018/10/8 自転車で行く夜景スポット+(其の4)

10月最初の三連休、最終日も元気にチャリで夜景スポット巡りです。夜景はどうした!(笑)
定番の夜景スポットでも昼間に訪れてみるとまた新しい発見があることも多いんですよね。
という訳で、先ず目指したのは笛吹市境川町「かいのくにエコパーク」内にある「寺尾の湯」。

例によって荒川CR(サイクリングロード)を南下、精進湖ブルーライン(R358)を目指します。
この先、すぐに上り坂になるので早めの休憩。荒川CRの終点(休憩所)はこんな所。

20181008_094236_hdr_r

自宅から20分程、甲府周辺のCRでは一番整った休憩所かと。ここから笛吹川CRで上流側は山梨市の「万力公園」へ、下流側は三郡西橋、市川大門や富士川町へ至ります。

荒川CRを降りてR358から境川町方面へ。最初の交差点を右折して1kmちょい坂を上ると「寺尾の湯」へ到着です。直前から結構キツイ坂になりますが、もちろん押し歩きなし!(笑)

20181008_100519_r
この場所、昨年の12月に前チャリで訪れただけで、実はまだ夜景撮りしていません。(^_^;
近場の気安さからでしょうか。この冬には是非温泉とセットで夜景撮りに訪れようかと。

「寺尾の湯」の脇にはちょっとした遊歩道や遊具がある公園があります。

20181008_101114_r
遊歩道上から見られる眺めがこれ。市街地眺望範囲、狭っ!(笑)
でも空気が澄んだ冬晴れなら市街地小夜景と八ヶ岳がコラボした良夜景楽しめそうです。

さて、前回はここで終了でしたが今回はもう一箇所、定番スポット「坊ヶ峯」を目指します。
ここも前自転車で訪れたスポットですが、今回は別ルートでアクセスしてみようかと。

地図上では3kmもないんですけどね、下調べが不十分でした。寺尾の湯から一気に下り、ということはもちろん上りに転ずる訳で。これがまたかなりの急坂。やっちまった(^_^;
そんな急坂を気合で上ってり辿り着いたのががここ。

20181008_103030_r
「笛吹市役所(境川)支所」のちょい先、坊ヶ峯への登り口です。前回はこの反対、「境川自転車競技場」側から上りましたが普通車で訪れるならこちらが道も広いのでお勧めかと。

この時点で既に坊ヶ峯の中腹辺りなので後は楽勝です。坂もたいしたことありません。
上ること5分ちょい、電波塔群が見えてきた辺りでふと右手を見ると別のアンテナ群が。

20181008_103552_hdr_r
車で来ている時には全然気づきませんでしたがアマチュア無線のアンテナじゃないかと。
サイズからすると6m(50MHz帯)か21MHz帯のアンテナでしょうか。大昔アマ無線にハマっていた時期があるのでなんとなく解ります。一番左のアンテナは先日の台風の影響なのか無残な姿となっています。しかし良いロケーションに上げてるなあ。さすが電波塔山!

いよいよ電波塔群が近づいてきました。密集感を狙ってパチリと。

20181008_103830_r
ここにはNHKやローカルのUTY、YBS、FM-FUJI等の送信所が集結しています。
電波塔ファンにはたまらない場所かと。(笑)

展望台脇に立つUTYの送信所と山頂の石碑をバックにパチリと。

20181008_104205_hdr_r
現地の朽ちた感と怪しさ(^_^;は変わらずですが、定期的に人の手は入っている様です。
でも道中には山頂や展望台に至る案内板も何もないんですよね。これも変わらぬ謎。(笑)

UTY送信所脇の道を進むと、そこにはこれまた変わらずご立派な展望台がどーんと!

20181008_104433_hdr_r
前回は展望台下から旧チャリと眺望を撮影しましたが、今のチャリは軽いのです。
ヒョイとチャリを持ち上げて階段をトトトと。(^_^;

20181008_105018_hdr_r

展望台に誰も居なくてよかったです。って今まで遭遇したことは一度もありません。(笑)
展望台からの眺望とチャリのコラボ。只やってみたかったということでご容赦ください。(^_^;

例によって山梨市や甲州市方面の眺望もパチリと。

20181008_104729_hdr_r
そそ、ここからも建設中の「リニア中央新幹線」の軌道が望めます。

20181008_104758_r
手前が「八代ふるさと公園」、奥が「花鳥山」方面。軌道は坊ヶ峯直前で途切れています。
ここもまたリニアの試験走行エリア、且つフードがなければ良い展望地になるんじゃないでしょうか。笛吹市には「リニアの見える丘」エリアの一角に加てえ是非整備してもらいたものです。

さてと、お昼も近いし、下って昼飯にすっか。
前回旧チャリで上った道を下ります。濡れた路面、木々や葉っぱまるけで恐怖!(笑)

ソロソロと下ってもあっという間、中央道境川PA下をくぐった辺りから坊ヶ峯をパチリと。

20181008_112122_hdr_r

まあこうして見るとやっぱり小山ですね。でもそのロケーションは甲府盆地市街地や南アルプスや八ヶ岳方面の山並み、眼下を行き交う車の光跡等々、夜景スポットとしては近隣の「八代ふるさと公園」や「花鳥山展望台」にはない魅力を持ち合わせた展望地だったりします。市街地南方の外れに位置することもあり、星空を眺めるにも良い条件の場所じゃないでしょうか。
怪しい雰囲気は相変わらずですが魅力的な展望地です。是非訪れてみてください。(^_^)

|

« 2018/10/7 自転車で行く夜景スポット+(其の3) | トップページ | 2018/10/14 自転車で行く夜景スポット+(其の5) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/10/8 自転車で行く夜景スポット+(其の4):

« 2018/10/7 自転車で行く夜景スポット+(其の3) | トップページ | 2018/10/14 自転車で行く夜景スポット+(其の5) »