« 2018/10/14 自転車で行く夜景スポット+(其の5) | トップページ | 2018/10/21 韮崎平和観音の夜景と富士山 »

2018/10/21 自転車で行く夜景スポット+(其の6)

なかなか夜景話しになりません。もう少しお待ちを。(^_^;
という訳で今回もまたチャリでチャリチャリと山登りです。まあ山登りといっても未踏の高地スポットに挑戦する勇気はありません。低地夜景スポット巡りとかで上り下り。さて行きますか。(^_^)

まず一か所目、定番中の定番スポット、南アルプス市の「桃花橋ループ」を目指します。
いつもの如く、アルプス通りで現地へ。途中、釜無川に架かる開国橋でパチリと。

20181021_111125_r

良い天気だなあ。富士山もちょっと見ない間にしっかり雪化粧されていました。
例年だと山頂から少しずつって感じですが、今年は長引いた秋雨でお隠れになっている間に化粧を済ませた様です。積雪は少ないと思いますが見た目は完全な冬富士。綺麗だなあ。(^_^)

さあ、これなら「桃花橋ループ」からの見映えも期待できそうです。
開国橋から緩い坂を上ること20分程、見えてきましたループ橋。

20181021_114413_r
全景撮る為に立ち止まってる様でその実は上り前の休憩を兼ねてたりします。
一周約300メートル、勾配8%超の上りは意外とキツイのです。(^_^;

息を切らしつつも公園へ到着。時刻はちょうどお昼時です。
道中で買ったコンビニ弁当を広げ昼食がてら公園付近の様子や眺望をパチパチと。

20181021_120837_hdr_r
木々はまだ色づきには早く、秋っぽさはないですが空と富士山はしっかり秋ですよね。
晴天とは言え暑さはもうありません。この季節、外で食すコンビニ弁当はご馳走です。(^_^)

定番構図。眺望方面をループ橋越しの富士山入りで。

20181021_121829_hdr_r

ここは夜景撮りならやはりトワイライトな時間帯、もしくは明るい月夜がお勧めです。
視点を高くすれば夜景と共に行きかう車の光跡を写し撮れるのもこのスポットの良い所。

さて、昼食も済ませて十分休憩できました。お次のスポットに向けて出発です。ここからも更に上りが続きます。5分程でその頂点「長峰林道」入口に。そこには私を誘うこの看板が。

20181021_123751_hdr_r
ほらほら、早くこっちに来なよ!(笑)  いや、また今度にしときます。(^_^;
でも前のチャリならともかく今のチャリ(FX3)ならイケそうな気がします。この冬にはきっと。

ここからはサクッと下ってお次の目的地へ。向かった先は「風の丘しらね」。
麓の「塩沢渓谷河川公園」までじわじわ上り、そこからエイッと急坂を上り切ると到着。

20181021_130214_hdr_r

前のチャリでも訪れていますが何か変わったかなあ、と思いきや何も変わらず。(T_T)
旧「白根パラグライダースクール(X-ZONE)」は前回から2年程経った今も変わらず「太陽光発電施設建設予定地」とされたまま。前回見られなかった富士山を見たい!で、入ります。(^_^;

20181021_130508_r

これこれ!ここからの冬富士&夜景はホント絶品でした。車でパラグライダースクール駐車場に自由に入れた頃は夜景鑑賞に訪れていた方も多いんじゃないでしょうか。惜しいなあ。

振り向くとそこにはかつてのパラグライダー離陸場とスクールの土台のみが寂しく。

20181021_130713_r
太陽光発電施設にするのは構いませんが是非展望地化されることを切望します。

現地を後に下って直ぐ、御勅使(みだい)川に架かる橋の上からパチリと。

20181021_132017_r

これまた良い景色ですよね。御勅使川はこの先、釜無川に合流します。
大昔はこの辺りの河川がよく氾濫するってことで作られたのが「信玄堤」だそうな。

そそ、この橋の名前は「南甘利山橋」といいます。

20181021_132202_r
定番夜景スポット「甘利山」の南麓に位置するのがここ。解りやすいネーミングですよね。

さあ、お次はどこへ向かおうかな。冬と言えば・・・ 温泉ですよね。やっぱ。(^_^)
会社の同僚から教えてもらった「旭温泉」に行ってみることに。韮崎方面へ向かいます。

走ること20分程、「旭温泉」はこんな所。

20181021_133516_r
意外とこじんまりした温泉施設でした。が、Webで見てみると地元で人気の炭酸泉だとか。
確かに駐車場には多くの車が訪れていました。バックには富士山もバッチリと。
建屋の温泉マークがいいですよね(^_^) 結局入らなかったのでお風呂から富士山が見えるかは判りませんでしたが、私が住む甲府近隣にはない炭酸泉なので是非訪れてみようかと。

せっかく韮崎方面に向かってるし、久しぶりに「七里岩」にでも上ってみるか。
県道12号を更にキコキコと北上。甘利沢川沿いにある「幸福の小径」で小休止です。

20181021_135640_r
ここのちょっと上流がこの夏も「武田の里花火大会」を撮影した「甘利沢」。
ん?あの銅像は誰だ?

20181021_135701_r
ノーベル賞の「大村智」先生でした。車で何度か通ってたけど完全に素通りしてたな。(^_^;

この小径、釜無川まで気持ちの良い遊歩道が続いており見晴らしもなかなか。今日みたく天気が良いと、南東には富士山、北西には八ヶ岳の雄大な姿を望むことができます。

20181021_140002_hdr_r

振り向くと・・・20181021_135919_r_2

そんな景色を眺めつつR20を越え、結構な急坂をキコキコ上り辿り着いたのがここ。

20181021_141935_hdr_r
韮崎中央公園」です。七里岩上のこの公園、どちらかというと競技場がメインでこれといった眺望ポイントもないですが、園内にはいかにもお子様が喜びそうなこんな施設も。

20181021_141757_hdr_r
自転車で中には入れないので遠巻きに。昔子供を連れて訪れたことがありますが、他にも園内の「ミニSL広場」には乗車できるSLもあったりとなかなか面白い公園です。

せっかく「七里岩」に上ったのでその先端にある「韮崎平和観音」を拝みに。
緩やかな下りを気持ちよく走ること5分程。見えてきました観音様。また来たよー!(^_^)

20181021_142734_r

観音様手前の路上でパチリと。眼下には韮崎駅を中心とした市街地が、観音様が眺める方向には富士山をバックに甲府市街地方面の眺望が広がります。ありがたやありがたや。

柵越しの眺望だとこんな感じ。

20181021_142808_r
直下の市街地から遠望へと連続する特徴ある夜景が見られます。富士山コラボが出来ればバッチリ!手前の韮崎駅と中央本線を行き来する電車も夜景の良いアクセントになります。

観音様も後ろ姿だけじゃね。ちゃんと正面から拝ませて頂きます。

20181021_143352_r
道路が綺麗に整備されてから通行量も随分増えた様な気がします。夜景撮りする為に路肩に停めるならここよりも先程のポイントが道幅も広くお勧めです。真横はお墓ですが。(^_^;

さて、ここからは一気に下ってR20経由で帰路に。休日の幹線道路の混み具合はかなりのモノですが自転車ならスイスイです。本日の総走行距離は約50km。アップダウンを繰り返した割には足も大丈夫。だいぶ鍛えられてきたかな?(^_^; そろそろ高地を目指さねば!(^_^)

|

« 2018/10/14 自転車で行く夜景スポット+(其の5) | トップページ | 2018/10/21 韮崎平和観音の夜景と富士山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/10/21 自転車で行く夜景スポット+(其の6):

« 2018/10/14 自転車で行く夜景スポット+(其の5) | トップページ | 2018/10/21 韮崎平和観音の夜景と富士山 »