« 2018/8/5 河口湖湖上祭花火大会(天下茶屋) | トップページ | 2018/8/15 坊ヶ峯ふるさと祭り花火 »

2018/8/7 神明の花火大会 (櫛形山林道)

ついにやってきました「神明の花火大会」当日。とは言っても今年もしっかり平日開催です。
盆休み前のドタバタの中、誰かにとっ捕まらない内に早々に会社を後に帰宅。(笑)
目的地は「櫛形山林道」。会社から直行すれば小一時間の道のりですが、今日は子供と一緒に見に行くことにしていたので一旦帰宅してから出ることに。準備して出発したのは18時過ぎ。
平日、街中の帰宅ラッシュを甘くみていました。現地までは一時間ちょい、開始前には余裕だだろうという読みは見事に外れ。開始間近の19時過ぎにやっと「県民の森」の入り口辺りに。

ここからは渋滞はありません。(あったらヤバイ(^_^;) 急いで櫛形山林道を駆け上ります。
道中、定番夜景撮影地「みはらし平」にたどり着いたのは花火開始直後。そういえば富士山方面の木々が伐採されて見晴らしが良くなってたっけなあ、という訳で車を降りてみると、そこには数人の人影が。しっかり花火も見えています。チェアに腰を下ろした老夫婦さんと脇のカメラマンさんに「やっぱり見える様になったんですね」とお声がけ。現地の眺望はこんな感じ。

D7k_9649_raw2_r

あ、富士山が冠雪しているのは昨年11月末の写真なので。(^_^;
三郡西橋は見切れてるものの富士川大橋と会場周辺は結構見えています。バックが富士山というグッドロケーションですが見てのとおり眺望は狭いんですよね。一瞬ここにしようかとも思いましたが限られた撮影スペースは既になし、諦めてこの先、林道上の展望地を目指すことに。

この先、花火鑑賞に適した展望地は3箇所、最初の展望地には車が3台程、一旦停めて花火を眺めますがチト人が多いってことでお次の展望地へ。が、甘かったです。2番目の展望地が一番見栄えするのですが、案の定、既に満車でスペースなし。ここもスルーします。
最後の展望地は富士川町との境にある展望地「儀丹の滝展望台」ちょい先の路上。場所柄か人気がないのか誰も来ていません。以前にも撮影した場所ですがここで撮影することに。

時刻は既に20時過ぎ、結局花火も中盤になってからの撮影と相成りました。
今回、出遅れた焦りもあってか撮れ高は低いです。(^_^; そんな中から先ずは4枚。

1534566481
距離的には6km程離れているのでハッキリ言って遠い&小さいです。(^_^;
でも、こうして夜景とコラボすることで花火のスケール感、大きさとかがよく解るのではと。

夜景畑に次々と開く大輪の花!って感じでしょうか。何度見ても綺麗です。(^_^)
撮れ高が低いので枚数も少ないです。見栄えした花火とフィナーレを単品で。

D7k_0607_r

 

D7k_0635_r

この横に広がる3連や5連の花火、写真的には一番見栄えしますよね。ホント綺麗です。
フィナーレは例によって光の塊に。(^_^; 会場で見ると凄い迫力なんだろなあ。

お次は恒例の動画をば。肝心のフィナーレはピンぼけで割愛(T_T) 中盤が一番綺麗かな。
ちょっと、というか引き気味過ぎたでしょうか。(^_^; 花火ちっさ!(笑)
撮影した「G7Xmk2」ピンさえ合えば夜景の明るさ&精細感はかなりスグレモノと思います。
ホント、ピンぼけした動画、特にフィナーレは惜しいことしました。まあ私の未熟さ故ですが。(^_^;
花火をメインにするか夜景をメインにするか、と言えば今回は夜景メインだったので!(笑)
ということにしておいてください。花火のスケール感は動画の方がより感じられるのではと。

花火もほぼ定刻どおり終了です。直後、これまた恒例の残煙漂う全景夜景をパチリと。

D7k_0640_r

月明かりでもあれば右手に富士山が浮かぶんですけどね。花火コラボは厳しいですが。
この展望地、マイナーなものの富士川町、市川三郷町の近傍から遠くは甲府市南部、境川方面まで眺めることができるので林道上の夜景スポットの中でも結構レベルは高いと思います。
空気も澄み、富士山が冠雪する頃になったらまた訪れてみようかな。

そそ、見終わった後に一緒に見に来ていた我が子に感想を聞いてみると・・・
「面白いっちゃ面白い眺めだけど小さいなあ。後、花火と音のズレが大きいかな」と。(笑)
確かに時間かけて山奥まで来た割に報われなかった感があったかも知れません。
大っきい見上げる花火を見るなら素直に会場か近くの観望地へ、ってことですね。(^_^;

さて、この後の有名所は「武田の里にらさき花火大会」と「石和温泉花火大会」です。
撮れ高が高い画は撮れるのか!?、G7Xmk2のピンぼけ問題は改善されるのか!?
それは次回のお楽しみということで。(笑)

|

« 2018/8/5 河口湖湖上祭花火大会(天下茶屋) | トップページ | 2018/8/15 坊ヶ峯ふるさと祭り花火 »

旅行・地域」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。はじめまして。今年初めて神明の花火大会に京都から行こうと思って、このブログにたどり着きました。
私も人混みが嫌いで(^_^;)
本当に不躾なお願いなのですが、富士山をバックにした撮影ポイントを、御教示いただければとお願い致します。

投稿: yuzurin777 | 2019年7月31日 (水) 22時33分

こんにちわ。見てくださってどうもです。(^_^)
富士山をバックに神明の花火は良いですよね。低地なら湯沢公園辺りがお勧めですが富士山は先っぽだけになってしまいます。無理なく同じ画角、且つ富士山も大きくならやはり櫛形山林道上の撮影ポイントがいいんじゃないでしょうか。道中ちょっと敷居は高いですが涼しくて良いですよ。(^_^)
後、低地ならコモンシティあやめが丘、県民の森への上り口近くの城山麓でしょうか。富士山メインで花火がちっさい遠方でもよければ甘利山も良いかもしれません。望遠で狙えば良い画が撮れると思います。
何れも好天、トワイライトで富士山が浮かぶ時間帯、もしくは明るい月夜に限りますが。(^_^;

投稿: | 2019年8月 1日 (木) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/8/7 神明の花火大会 (櫛形山林道):

« 2018/8/5 河口湖湖上祭花火大会(天下茶屋) | トップページ | 2018/8/15 坊ヶ峯ふるさと祭り花火 »