無料ブログはココログ

« 2018/8/7 神明の花火大会 (櫛形山林道) | トップページ | 2018/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢) »

2018/8/15 坊ヶ峯ふるさと祭り花火

神明の花火」と「武田の里にらさき花火」の間にローカル花火を挟みます。(^_^;
お盆の真っ只中、休み中は愛車「TREK FX3」で早朝サイクリングに勤しむ毎日ですが、本日のコース、笛吹市境川付近を流していると防災放送(拡声器)が耳に入りました。「本日ぅ~、9時から~坊ヶ峯山頂より~、花火を打ち上げます~。地域の皆様の~ご協力をお願いします~」と。

「坊ヶ峯ふるさと祭り」のイベントの模様。この「山頂から打ち上げ」に激反応です。(笑)
坊ヶ峯」は言わずと知れた?お気に入りの夜景スポットです。この時期、甲府盆地内は「**ふるさと祭り」的なオンパレード、小規模ながらも花火も併せて開催されるので珍しいことではないのですが、坊ヶ峯山頂からの打ち上げとなれば話は違います。放っておけません。

当日夜は外出の予定なので撮影の為に出かけられません。なので自宅から撮ることに。
自宅から見る「坊ヶ峯」はこんな感じ。直線距離で7km程と小規模花火には厳しい環境です。

D7k_3705_r
見てのとおり真冬の、しかも雪景色の写真しかありませんでした。(^_^;
左下に見える小山っぽいのが「坊ヶ峯」です。なかなか良い富士山コラボじゃん。(笑)
山頂に各放送局等のアンテナが並ぶ正に電波山。打ち上げは裏手の畑辺りからかな?

定刻21時前にバルコニーに機材をセットし打ち上げを待ちます。なんだか同じ画角、たぶん「右左口(うばぐち)」か曽根丘陵公園辺りと思われますが既に小さな花火がポンポンと。
そちらに気を取られていいる内に突如上がりました。そんな「坊ヶ峯花火」から先ず2枚。

1534583600

予想通りの小ささです。割と切れ目なく上りましたが時間にして5分もなかったでしょうか。
低地とは言え夜景展望できる高台から上がっているので、他の小規模花火に比べると高さでは一つ抜きん出ています。見た目の高さは倍以上違うかな。小ぶりながら綺麗でした。(^_^)

そんな小規模花火から坊ヶ峯を明るく照らした2枚を単品で。2枚目はフィナーレから。

D7k_0653_r

D7k_0655_r
明るく照らした、といってもこんなもんです。(^_^; 電波塔がシルエットになっているってことは打ち上げはやはり裏の畑辺りからかと。小さい小さいと言いましたが直下の坊ヶ峯と見比べると結構大きな花火だったのが解ります。そんな坊ヶ峯花火、ほぼ全編を3分弱の動画にて。

ポンポンと可愛い花火が上がります。いかにも地域ローカルっぽくていいですよね。(^_^)
先にも書いた様に、この時期は盆地各地でローカル花火が上がります。ホントに小規模な花火から結構お金かけてるなあ、と思える様な豪華な花火まで様々ある中で、この「坊ヶ峯」花火は山頂から上げる、ってところに大きなアドバンテージがあるんじゃないでしょうか。

花火終了後、残煙の坊ヶ峯をアップにて。暗くてハッキリ浮かばねー。(笑)

D7k_0656_r

今回は都合もあり自宅からの鑑賞&撮影となりましたが、来年も機会があれば別の近傍展望地からも撮ってみたいと思います。候補地は「境川大窪地区」か「八代ふるさと公園」かな。
同じ日程8/15だとすると帰省中で見られない可能性が高いですが。(^_^;

« 2018/8/7 神明の花火大会 (櫛形山林道) | トップページ | 2018/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢) »

夜景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/67071269

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/8/15 坊ヶ峯ふるさと祭り花火:

« 2018/8/7 神明の花火大会 (櫛形山林道) | トップページ | 2018/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢) »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30