無料ブログはココログ

« 2018/3/10 自転車で行く夜景スポット(其の33) | トップページ | 2018/3/10 八代ふるさと公園の夜景 »

XV警告灯異常表示他不具合で長期入院 (T_T)

愛車「スバルXVハイブリッド」またしても一ヶ月越えの長期入院となりました。(T_T)
先日退院したばかりですが症状とか処置結果をば。他ユーザ様の参考になればと。

朝晩、氷点下も当たり前となった2月初旬、その現象は再発しました。
そう、半年程前にも発生した「警告灯の異常表示」。ドアパンと重なり受難の月でした。(^_^;

インパネやMFDの表示は前回とほぼ同様です。MFDには次々と4種の警告表示が。

1521358928
またかよー。前回同様、警告が出る頻度も徐々に増えていきます。ダメだこりゃ。(^_^;

こうなるとイヤらしいのがこれ。ハイブリッドシステムのダウンです。

1521359507

インパネにもしっかり警告表示、一通り警告表示が終わると電池はスッカラカン表示に。
これで見事、重たい只のエンジン車とあいなりました。(笑)
出だしや上りでのモータアシストがいかに役立っていたかを実感する瞬間でもあります。

次の休日、ディーラーに持ち込み再発を伝え履歴を確認。不具合箇所の調査には前回同様時間を要するとのこと。直ぐ車を預けることも出来なかったので様子見を兼ねて一旦引き上げることに。その後も同じ頻度で警告表示は出続けたのですが・・・ 今回は違いました。
警告表示の直後、発進時と停止時にガクガクしだしたのです。丁度ノッキングの様な感じ。
警告表示がでなければこの事象は起こりませんでしたが、20~30分程走行を続けると必ず警告が出てガクガクします。一旦出るとエンジン再始動で解除しても10分経たずに再発。
特に停止時は一瞬グッと前に出るような挙動もありかなり恐怖。毎日通勤に使っていますが、もう次の休日まで待っていられません。代車を手配してもらい週初めに持ち込み。会社に代車乗り入れを届け期間は余裕を見て一ヶ月に。まさかこれを越える長期入院になろうとは。(^_^;

そそ、警告灯表示の様子、今回は動画も撮れましたのでご参考に。こんな感じ。(^_^;

普通これが出るだけで心穏やかじゃないですよね。これに加えてガクガクが来る訳です。

で、入院して約2週間、部品交換等の内容は聞いていたので引取日の確認も兼ねてディーラーを訪ねました。しばらくテスト走行して問題なければ渡せるので連絡するとのこと。
そして、連絡が来ました。「まだガクガクが直りません」と。(^_^;
どうやらCVTとミッションにダメージがあり関連ユニットの交換が必要とのことです。
入院期間延長です。(T_T)

そして待つこと更に10日程、週初め追加部品交換とテスト走行も終わったので引き渡せると連絡。この時点で代車乗り入れ期間の一ヶ月を越えました。こちらもまた延長申請です。
次の休みには出来れば自車を使いたかったので引取可能最短の木曜、会社帰りに引き取りに。
お帰り~。(^_^)

当日は担当不在で引取のみ。修理報告書受け取りと説明は土曜で再訪です。
さて、その整備(修理)報告書の内容をばこれまた参考迄に。

1521359741
上記経緯のとおり、報告書は2/16付と3/16付の2枚です。(^_^;
話しも聞いてみると1回目はCVT関連のポンプやシール類、インバータ等のユニット一式を交換したとのこと。前回のオイル流路の逆止弁不具合によるオイルの異常流をセンサーが感知した為、とはちょっと違う処置の様でした。この処置で警告表示は出なくなったものの、テスト走行でガクガクが確認された、CVTとミッション回りにダメージあり、との判断で3/16付内容の処置となった、との説明でした。ホントなんだか大手術になったんだなあと。(^_^;

2回目の処置後、かなり長い時間、距離をテスト走行した結果、不具合事象は確認出来なかったとのことで完治と判断された様です。でもですね、しつこく聞いてみたのですが、これら不具合が発生した真因は結局特定出来ていない様なのです。時系列で見れば警告灯異常表示が発生、しばらくしてガクガクが併発、なのでこの2つの事象には何らかの相関関係があると思われますが、もしそうだとすると1回目の事象は何故起きたのか?これが不明なのです。
つまり・・・ 再発がスゲー心配ってこと。ホント大丈夫かなあ。(^_^;

今回の修理、何れも無償で行って頂けたのでその点はディーラーさんに感謝と言うか誠意を感じましたが、車の挙動にまで影響を及ぼす様な不具合は長年何台もの車を乗り継いできて初めてのことだったので本当に驚きました。単純に当たりが悪かったのかな。(^_^;
何れにせよ再発だけはもう勘弁。今まで乗った車では一番のお気に入りですしね。(^_^)
ディーラーさんも長期に渡りお疲れ様でした。m(__)m
あ、満タンで入院したけど長距離テストで使ったガスは補充しといて欲しかったなあ。(笑)

« 2018/3/10 自転車で行く夜景スポット(其の33) | トップページ | 2018/3/10 八代ふるさと公園の夜景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

車載動画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も同様のトラブルが発生し本日ディラーに預けたばかりです。
原因はミッション関係のインバータ交換としか教えてもらえないので、
自分で調べてここにたどり着きました。
同じ原因ならちょっと心配です。

同様の不具合とのことで心配ですよね。
警告表示との相関関係は解りませんが、私みたくノッキングの様な症状も併発してるのでしょうか。大事に至らないことをお祈りします。

うちのXVハイブリッドも似たような故障になりました。
1回目は警告灯がついて、アシストシステム系が全部オフに。
1か月くらい入院しました。ハイブリッドモーターが交換に。
2回目は車検直後に、警告灯が付き、ノッキングのようなガクガク状態に。
入院は1か月以上。CVTギアユニット、チェーン等が交換に。
そして、つい先日、大変な目にあいました。その後そちらは大丈夫ですか?

こんにちわ(^_^) 正に私の症状とおんなじですね。
幸いその後は調子が良いですが、ブログでも書いた様に本当の原因は不明のままなので不安です。ところで「先日大変な目に!」とはなんだったんでしょ。スゲー気になります。(^_^;

修理からもどって2週間ほどした6/16ですが、高速道路で100km/h走行中(オートクルーズ)に衝撃とともにいきなり急ブレーキ状態になり急減速、なにかにぶつかったわけでもなく、状況がわからずにいるとしばらくして2回目の衝撃とともにまた急減速、焼け焦げたようなにおいとガラガラと引き摺るような音を立てて、推進力がなくなりました。ちょうどIC出口だったので、そのまま惰力で料金所を出たところで止めてJAFにレッカーを依頼。ほんとに死ぬかと思いましたよ。トランスミッション崩壊?フロントデフ??現在まだ調査依頼中です。こんどはほとんど駆動系回りを総交換したようですが、ほんとに大丈夫なんでしょうかね・・。

うわっ!それは恐ろしい目に遭いましたねー。
車はともかくご無事でなによりです。
小さいことでも不具合が起きた時はその真因をしっかり調査&対策してもらいたいですよね。それでもスバルに乗り続けるのがスバリスト!かな?(^_^;

こんにちは!私も本日同じ症状が出て、車レッカー車移動、入院になりました。。。そして、ここにたどり着いた者です、、、いやあ、、、ここの皆様の書き込みを見て、ドン引きしてます、、、毎日高速道路を利用している私としては、走行中に起きたら大きな事故に発展することを思っただけで、もう乗りたくない心境です、、、また、報告させていただきます。

私も先週に同じようなことになりました。
警告灯がでる上に、しまいにはエンジンもかからなくなってしまう始末でした。
仕方なく、JAFを呼んで応急処置等をしてもらいましたがバッテリーの圧が弱まってる、警告灯の履歴などが残っておらずなんで起きたのかわからないと言われてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/66511397

この記事へのトラックバック一覧です: XV警告灯異常表示他不具合で長期入院 (T_T):

« 2018/3/10 自転車で行く夜景スポット(其の33) | トップページ | 2018/3/10 八代ふるさと公園の夜景 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31