無料ブログはココログ

« 2017/12/3 自転車で行く夜景スポット(其の32) | トップページ | Canon G7 X MarkⅡ購入から一ヶ月レビュー »

2017/12/9 八之尻トンネル上の夜景

「八之尻トンネル」ってどこ?(笑)
今回は以前に自転車で訪れた「八之尻トンネル上」の夜景を紹介します。一応お初夜景。
場所は中部横断自動車道、増穂IC(SA)から六郷側に向かった最初のトンネル入口の上。
正に低地夜景の代表格の様な地味(^_^;な展望地ですが、トワイライト時には八ヶ岳方面の山々、そして高速道路を行き交う車の光跡等、結構楽しめそうです。さてどんな夜景かな?(^_^)

師走の街中はそこらじゅう渋滞、余裕を持って出かけたつもりが到着したのは既にトワイライトも進んだ17時。今回の撮影機材は静止画はD7000、タイムラプスをG7Xm2の2台体制で。
先ずはG7Xm2で約30分間のタイムラプス撮影を開始、静止画撮影はその間にのんびりとという段取りです。そんな静止画担当のD7000で撮ったトワイライト夜景がこれ。

D7k_9686_r

「八ヶ岳」小さっ!(笑) 雲ひとつない夕空は綺麗ですが見てのとおり夜景はかなり地味。
大きくカーブしながらトンネルへと至る中部横断自動車道もチト期待外れだったかな。(^_^;

そそ、G7Xm2でタイムラプス撮影前に試し撮りた静止画はこんな感じ。比較ということで。

Img_0496_r
タイムラプスモードなので16:9です。撮影条件を吟味してマジ撮りすればもっとイケた画になるかも知れませんが、ディテールや階調はやはりD7000の圧勝かと。じゃなきゃ困りますが。(笑)
タイムラプス動画はまた後ほどということで。

広角じゃ寂しいので八ヶ岳方面のアップをば。

D7k_9691_r
アップだと少しは見映えするかな? トワイライトもかなり進み残念ながら冠雪した八ヶ岳としては見られず。手前の「富士川大橋」とバックの「八ヶ岳」がなければ只の小夜景ですね。(^_^;

同じく広角では寂しかった中部横断自動車道方面をメインでパチリと。

D7k_9692_r
カーブ箇所のガイド灯が綺麗。通行量が少ないので光跡を撮るタイミングが難しいです。
高速の先に見えるのが「道の駅富士川&SA」と富士川町市街地の夜景となります。

お次は道路脇の法面というか山の斜面に上って少し高みから見た車入り夜景全景をば。

D7k_9699_raw2_r
見てのとおり車窓から夜景観賞するには良い場所だと思います。山奥に入る訳でなし、今のところは殆ど人も来ないのでデート等にはお勧めの穴場スポットじゃないでしょうか。

さて、最後はそんな地味夜景をG7Xm2タイムラプスで。ちょっとは印象が変わるかな?(^_^;

雲ひとつない晴天なので面白みはないですが高速道路、富士川大橋、周辺道路を行き交う車のお陰で意外にも賑やかな動画となってくれました。撮影条件は経験上からはありえない「撮影毎に自動露出」で撮っています。雲が多い場面等で試してみないと解りませんがチラつきもなく自然にトワイライトから夜景に移行しています。簡単設定でお手軽に撮れてこのクオリティなら十分じゃないでしょうか。撮影終了と同時に動画完成ってのも嬉しいですよね。(^_^)

さて「八之尻トンネル上」からの夜景&タイムラプスはいかがだったでしょうか。
現在はトンネル工事時に使われた道路や駐車場や空き地(立入禁止)しかありませんが、近い将来、展望公園とかにして整備すれば人気スポットなるのではと。期待して待ちます。(^_^)

« 2017/12/3 自転車で行く夜景スポット(其の32) | トップページ | Canon G7 X MarkⅡ購入から一ヶ月レビュー »

夜景」カテゴリの記事

微速度撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/66148935

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/12/9 八之尻トンネル上の夜景:

« 2017/12/3 自転車で行く夜景スポット(其の32) | トップページ | Canon G7 X MarkⅡ購入から一ヶ月レビュー »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30