無料ブログはココログ

« 【ドラレコ】KENWOOD DRV-610 その後のレビュー | トップページ | 2017/11/4 自転車で行く夜景スポット(其の30) »

XV 受難の月 (警告灯異常点灯とドアパンチ!)

今年も残すところ後2ヶ月ちょい。富士山も冠雪していよいよ本格的な寒さがやってきました。
夜景撮りには嬉しい季節の到来ですが、そんな気分を落ち込ませてくれた事件が2つ程。

ひとつは愛車スバルXVの警告灯の異常点灯。
夏場からエンジン始動時にかなり高確率で発生する様になり、再始動で復帰するものの、一度だけ走行中にも発生。異常点灯中はアイサイトとEVは無効になってしまうという事象です。
異常時の警告灯の様子はこんな感じ。

1509245807
ディーラーに持ち込んで調べてもらったところ、どうやらCVT油圧バルブ関係の異常をセンサーが感知し他の機能も道連れにしているのではと。最近の車はいろいろ複雑なようで。(^_^;
「この状態で乗り続けても問題ないですか?」に対し「エンジン車としての走行には問題ありません(^_^)」と。走行中に発生した時はEVアシストしないので随分走りが重かったですが。(笑)
結局簡単に処置出来ないらしく、調査&部品交換含めて2週間の入院とあいなりました。

修理完了後に詳しく話を聞いてみたところ、CVTの変速ショックを緩和する与圧ポンプ経路にある逆止弁のOリングが劣化しオイルが瞬間的に逆流、それをセンサーが感知したためとのこと。ユニットごと交換、他箇所の点検、関連部品交換も合わせて時間がかかったとの説明でした。

今回、警告灯からはまったく読み取れない異常だった訳ですが、なんだか人間の身体と同じですよね。症状だけじゃホントはどこが悪いか解らないという。まあ直って良かったです。(^_^)

で、もひとつ。これは経験ある方も多いであろう「ドアパンチ!」
現場は自宅マンションの機械式駐車場。前日仕事帰りで入庫した時には明らかに無かった箇所に見事なドアパンチ跡を発見。3ヶ月程前、駐車場所が変わってからほぼ同じ箇所にコンパウンド処置出来る様な傷が着いたことが2~3度程ありましたが、今回は酷かったです。

パンチ痕はこんな感じ。写真では解りませんが結構な凹みも。直ぐ隣りにも別の凹み。(T_T)

1509245676
おそらく、おそらくですが、場所柄自車(中段)助手席側に来る上段か下段に停められている方の何れかと思いますが確証はありません。過去も含めて同じ高さ&数センチ範囲に集中しているので同じ車だと思われます。検証すれば判るのでしょうが揉めるのもイヤなので。(^_^;

結局、管理人さんに連絡し「乗降時のドア開閉には気をつけて」的なチラシをマンション住人に配布してもらいました。傷はまあ諦めてもいいですが、直したとしても再発が心配なんですよね。
気にしない人は気にしないでしょうし、チラシもまともに読んでるとも限りませんし・・・
自宅駐車場ではドラレコの駐車監視モードは停めていましたが、今後は稼働させておこうかと思います。リアのドラレコを反対向きにするとなかなか面白い画が撮れますし。(笑)
ドアパンチ&当て逃げは車を大事にしている人にとってホントに悔しいものですよね。
あ、傷はそのままにしてあります。凹みがあるので先ずはデントリペア等の板金からかな。
皆さんも「ドアパンチ&当て逃げ、しない、されない」に十分ご注意ください。

<2017/11/26追記 ドアパンのその後>
その後、警告灯の異常点灯は当然というか無事改善。で、ドアパンはと言えば・・・
無事修理も完了して元通りとなりました。(^_^)

相手車の特定目的でしばらく傷(付着した塗料)をそのままにしていましたが、めんどくさくなったのでシンナーで軽くフキフキ、幸い塗装面へのダメージは殆どなく、綺麗なエクボに。

Dscn5462_r
随分目立たなくなったものの大小2つのエクボはやっぱり直しておきたいところ。
こういった塗装面にダメージのない凹みの場合は通常の板金塗装でなく「デントリペア」という修理方法が有効、且つ安価でお勧めのようです。早速近場の業者さんとコンタクトです。

最初に訪れたのは「Iボディサービス」さん。土曜ということもあり、担当の方はお休みの模様。
社長さんに見てもらったところ「これはちょっと難しいかも」と。別の業者さんを紹介してもらいましたが「ここがダメなら山梨には直せる業者はないかも」とも。ホントかなあ。(^_^;

一旦そちら方面に向かい車を走らせましたが、道中もう一箇所調べてあった「カーボディーショップ中川」さんに立ち寄ることに。担当の方に見てもらったところ「問題ないですよ(^_^)」と。(笑)
当日は忙しいとのことで翌週施工してもらうことに。で、その結果は・・・

Img_0065_r
見事に元通りです。2つのエクボは綺麗サッパリ消えていました。(^_^)
施工中は離れていたので少ししか見ませんでしたが、ちゃんと直ればOKです。お代はショップのHPに書いてあったとおり2つ目は半額であることの事前説明もありましたし、1時間ちょいの短時間にも関わらず代車も出してくれる等、気持ち良い対応で良いショップでした。

さて、後は再発なき様に対策です。ちょっと恥ずかしいので(^_^;写真は載せませんが、赤色の半月型クッションにマグネットシートを貼り付けて自宅駐車時には該当箇所にペタリと。
後日クッションに凹みを見つけた時には「やっぱりなー」と。気のせいか疑わしき車も最近は空けて停めている様です。我が家ではこのクッションを「カマボコ」と呼んでいます。(笑)

« 【ドラレコ】KENWOOD DRV-610 その後のレビュー | トップページ | 2017/11/4 自転車で行く夜景スポット(其の30) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/65977078

この記事へのトラックバック一覧です: XV 受難の月 (警告灯異常点灯とドアパンチ!):

« 【ドラレコ】KENWOOD DRV-610 その後のレビュー | トップページ | 2017/11/4 自転車で行く夜景スポット(其の30) »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31