無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年2月

2017/2/26 自転車で行く夜景スポット(其の25)

今日は東京マラソン大会、よし、天気も良いしワシも走るぞ!自転車で。(笑)
そんなついで感満載で出かけた先は盆地東部エリアでは定番の勝沼方面を目指すことに。
フルマラソンに倣って距離は往復で約45km、標高差約300mとチトキツめ。さあ行くぞ!

先ず向かったのは定番夜景スポット&観光地としても有名な「勝沼ぶどうの丘」。片道約18Kmの道のりですが、丘の直前まではそれほど標高差もなく一時間足らずでなんなく到着です。

1488099250

左の写真は上り口直前から眺めたぶどうの丘全景、ここから約100m程上ると右写真の入口へ到着です。って簡単に書きましたが例によって短距離で一気に上る訳なので身体をいたわりながら押し歩き交えてのんびりと。あ、この丘、直前に2箇所案内板が出ていますが、手前の「天空の湯はここ右折」な看板を信じて上るとかなり遠回りになるのでご注意を。
今回これでハマりました。行けはしますが遠回りなんです。自転車なのでキツイのです。(^_^;

さて、せっかくなので施設内を自転車押してプラプラと。

1488099608
先ずは「愛の泉」と銘打った噴水前でパチリと。向こうに見える建物に売店やワインレストラン、展望テラスが入っています。そそ、ここから「勝沼ぶどう郷駅」は直線距離で1Kmちょい。特徴ある駅舎が目線の高さに見えているってことは同じくらいの標高ってことですね。

自転車を置いて、いつもの如く売店は華麗にスルーして展望テラスに向かいます。(笑)
展望テラスからの定番の眺めをパノラマにて。

20170226_p01_r
若干霞んでいますが、相変わらずの良い眺め。冠雪した南アルプスの山々も綺麗。(^_^)
以前に「笛吹川県下納涼花火大会」を撮ったのとまったく同じ場所、テーブルと椅子に腰掛けて一服です。ホント今日は暖かくて良い天気だなあ。100円紙パックのカフェオレをチューチューしながら観望されていたご夫婦のお写真を撮ってあげたり、まったりと。和むなあ。(^_^)

せっかくなので、ここから望む定番の夜景スポット付近をアップにて。

1488099706

左の写真は「大蔵経寺山」と甲府市街地方面。大蔵経寺山は昨年「石和温泉花火大会」を撮影した場所ですが、実際は鳥居の紋様の様に見える「笈形焼き」のちょい向こう側です。
右は言わずもがな超定番スポットの「笛吹川フルーツ公園」ですね。その上には先日自転車でも訪れた「ほったらかし温泉」も見えます。天気も良いし今日もさぞかし賑わってるんだろなあ。

眺めも満喫して展望テラスを後に今度は丘の北側に。駐車場を抜けたその先には。

1488099801

「平和と友好の碑」と鐘の櫓が。ご家族連れのお子様達ががガンガン鳴らしていました。(笑)
鐘の左手はぶどう畑になっていてちょっとした展望台もありますが、眺望を楽しむなら素直に先の展望テラスの方がよろしいかと。一応、丘にあるランドマークってことでご紹介まで。

そうこうしているうちにお昼のチャイムが聞こえてきました。そうそう、今日ここへ来た大事な目的のひとつ「天空の湯」に向かいます。向かいますって行ってもすぐそこですが。(^_^;

1488099887
先の鐘とは正反対、丘の南側にあるのがこの「天空の湯」。脇の駐車場にはここでワインが作られる様になって100年!的なモニュメントが。眺めはテラスと同様。(当たり前(^_^;)
とは言ってものんびり温泉に浸かりながら眺める眺望はまた格別です。甲府盆地の周囲にはこうした眺望の良い温泉が多いですが「みたまの湯」「ほったらかし温泉」に次ぐグッドビュー温泉じゃないでしょうか。入湯料も610円とリーズナブルです。是非立ち寄ってみてください。(^_^)

丁度お昼時だし、のんびりお風呂を楽しんだ後はお食事といきたいところでしたが・・・
以前どこかで読んだことがあるのですが、ここに併設された食堂の評判がえらく悪かったのを思い出しました。覗いてみると、見晴らしも良く席数も多い綺麗な食堂なのですが、お昼真っ只中にも関わらずお客はゼロ。来た時もゼロ、風呂から出た後もゼロ!どんなに酷いのか入ってみようとも思いましたが・・・ やめておきました。そうお腹も減ってなかったし。(笑)
直ぐ下にはバーベキューの出来るガーデンエリアや、小洒落た感じのほうとう屋さんもありましたが、なんだか高そうだったのでパス。(^_^; そのまま次の目的地へ。

さて、お次に向かったのはさっきぶどうの丘から見た所。「勝沼ぶどう郷駅」へ。
標高はさほど変わらないものの、一旦丘を下ってからまた上る訳で。(^_^;
まあ下ってからは50m程の上るだけなのでそれほど苦なく10分程度で到着です。

特徴ある駅舎と駅前からの眺望はこんな感じ。

1488099981

実際、駅前からの眺望はあまりありませんが、先程まで居たぶどうの丘がよく見渡せます。
そりゃそうですね。あっちからも良く見えたんですから。(笑)
駅舎はホント何度見ても変わったデザインだよなあ。ぶどう郷って感じかと言えばそうでもないですし、いったいどんな意図や経緯があってこういったデザインになったんでしょう?
駅舎の中には時間限定ですがワインの試飲コーナー等があったり、駅前には急坂の多い近辺の散策対応かレンタサイクルは全て電動アシスト自転車だったりとしっかり観光地しています。人力でキコキコ走ってるワシには電動アシスト自転車がとっても魅力的に見えました。(笑)

あ、ぶどう郷駅にはもう一つ名所が。旧勝沼駅ホーム沿いの「甚六桜公園」がそれ。

1488100100
たぶん当時の案内板がそのまま残されていると思われますが、春には旧駅のホーム&現在の中央本線を走る電車と桜並木のコラボがなかなか面白い桜の名所だったりします。

さあ、ここまで来たらもう行くしかありません。最後の目的地「牛奥みはらしの丘」へGO!
幸いというか、温泉効果かほぼ疲れがありません。行けそうです。標高差からすると若干の上りにはなりますが距離も後3Km程となんとか頑張れそう。現地へ続くフルーツライン目指してエイヤっ!と駆け上がり眺めの良いフルーツラインの先に見えてきたのがこれ。

1488100188

その名も「牛奥トンネル」。これを潜った先、直ぐが「牛奥みはらしの丘」です。
最初に訪れた時にはフルーツライン沿いの展望所はなかったのですが、現在では右写真の様にしっかり整備されています。ここからでももちろん良い眺めですが、広々した見晴らし感や眼下の中央本線を走る電車を眺めるなら一段下がった従来の展望場所がオススメかと。

Dscn4246_r

パノラマにするのを忘れました。(^_^; 写真の範囲は山梨市から塩山方面の市街地ですが、写真右側には塩山から牧丘方面、左側には勝沼から一宮御坂方面が一望出来ます。

1488100522

さっきの場所は左写真の一番奥、青い車が停まっている辺り。本当は車は入ってはいけない場所ですが、皆んな普通に入っていきます。(^_^; 右の写真は塩山と牧丘方面をアップで。
以前の記事(其の23)でも紹介した「塩山ふれあいの森総合公園」と「塩ノ山」がよく見えます。
勝沼方面から牛奥方面は夜景ではすっかりご無沙汰していますが、4月の笈形焼きの季節にはまた撮りに来ようかな。もう何度も撮っている気もしますが、まあ恒例ってことで。(^_^;

ここから一気に下って帰路へ。なんだか何処をどう走ったのかよく覚えていませんが、ポコッと見慣れたR411に出ました。この街道沿いには「マンズワイン勝沼工場」や「ハーブ庭園」等の観光地が点在しています。立ち寄って試飲でも、とも思いましたがダメですよね。(^_^;

途中からは行きに通った道をひたすら下るのみ。この長く緩い下りが最高!(笑)
で、戻ってきました「石和温泉郷」へ。笛吹橋上から温泉街方面をパチリと。

1488100615
左写真には大蔵経寺山に刻まれた笈形焼きの紋様がクッキリ間近に。右写真は温泉街に入ったところから始まる「さくら温泉通り」。温泉街を貫く用水路の両岸には約900mに渡り桜並木が連なり美しくライトアップされた夜桜を楽しみに温泉客他、多くの人で賑わいます。
笛吹橋から夜桜の模様はこちらの動画でどうぞ。

さてさて、今回も長くなりましたが勝沼から牛奥の道中はいかがだったでしょうか。
総走行距離は47Kmなのでフルマラソンよりは走ってやったぞー!チャリで。(笑)
これで盆地東方の夜景スポットは全て廻ったことになりますが、他のスポットも含めて行ける&上れる範囲ではついにネタ切れになってきました。後は許容標高差を+200~300mにすればまたグッと広がるのですが愛車なんちゃってクロス「プレトレ」では厳しそうです。
かといって自転車を新調するには時期早々かと。(自転車だけの問題じゃないと思うけど(^_^;)
体力がついたら挑戦するかも知れませんのでその時はまた見てやってください。(^_^)

2017/2/12 自転車で行く夜景スポット(其の24)

さぶっ!北風ぴゅーぴゅー、日本海側ではまた大雪らしく。でも甲府盆地は快晴!(笑)
まあ朝方は確かに冷え込みますがお日様さえでていれば冬場はサイクリング日和。
という訳で北西の風5mのなかお昼近くから向かった先は「上市之瀬地区」って、どこそれ?
夜景スポットで言えば「城山麓」。定番夜景スポットの「南アルプス市県民の森」やその先の「櫛形林道」の上り口周辺、ようは櫛形山の麓の一帯が上市之瀬地区と呼ばれるところ。
自宅から片道17km、標高差約250mとそれ程ではないものの直前からの急坂が今まで足が向かなかったその理由。まあ毎度のことながらダメなら押し歩き、って訳でいざ出発です。(^_^)

出発したら直ぐお昼です。かつやで腹ごしらえしてから平地を淡々と進むこと小一時間、県民の森入口交差点へ。ここから4km程の上りです。ほぼこの区間で250m上るので勾配は6%程、微妙だなー。私には急坂でも鍛えられたサイクリストならどうってことない斜度かと。

そんな坂道を案の定押し歩きを交えて辿り着いたのがここ。

1486907235

ってなんの変哲もない道端ですが、左の写真に見える住宅街が夜景スポットとしても一応定番スポットの「コモンシティあやめが丘」、右の写真の先、櫛形西小学校東交差点(ややこしい交差点名だな(^_^;)を左に折れると「湯沢公園」、右に折れると「桃花橋ループ」方面へと至る夜景スポット重要分岐点だったりします。ここはもちろん櫛形山に向かって直進!

交差点と櫛形西小学校を過ぎるとこの看板がお目見えです。ここからがいよいよ本番。

Dscn4148_r
おっきな入口看板の横にはあっさりと櫛形山への各スポットへの案内板も。簡単に行けそうですよね、これだけ見ると。県民の森や「伊奈ヶ湖」は直ぐとしてもその先は険しいぞ!(笑)

ここから先は上市之瀬や横山地区の家々に挟まれた急坂を更に上ります。半分押し歩き。
「城山麓」は櫛形山に向かって左手の横山地区側ですが、今日は自転車ってことで右手の展望スポットを散策することに。地区最上部近くからちょっと脇道に入ってみるとそこには・・・

Dscn4149_r
をを!場所は「上市之瀬八幡神社」。まあ神社そのものは各地にある八幡神社ですが、手前の建物がチト被るもののなかなかの見晴らしです。只の道端なら同様の見晴らしスポットはいくつもありますが、やっぱり何かしらランドマークがないとスポットと呼びづらいですよね。
全体の見晴らしはこんな感じ。パノラマでパチリと。

20170212_p01_r

見た感じ、面夜景という訳にはいきませんがちょっと車を停めて眺めるには良いのではと。

ということは他にも良い見晴らしスポットがあるかも?
ここから部落内をちょいと上がってみることに・・・ ありました、もひとつ見っけ。(笑)

1486908401
真上に300m程上った所にお堂としだれ桜の木が。脇の看板によると「上市之瀬のイトザクラ」と呼ばれる市の指定文化財で春には見事な桜が見られるとか。これは再来決定です。(^_^)

そんなイトザクラ横の小高い場所からの眺めはこんな感じ。

20170212_p02_r
先程の八幡神社前と大差ないっちゃないですが、見晴らし感はこちらの方がずっと上です。
正面には「コモンシティあやめが丘」が、左手には市街地方面、右手には中央市方面がよく見渡せます。こちらも面夜景は期待できませんが、車中観賞にはもってこいかと。右下の車の運ちゃんが車中で休憩していましたが、お気に入りの場所なんでしょうね、きっと。(笑)

さてと、お次はやっとこさ本来の目的地、「城山麓」です。

1486908055
先程の場所から少し上った橋を渡り横山地区側へ、ここで急坂よりも怖い難所が出現!
見てのとおり、殆ど陽が当たらないのか雪がバリバリに凍っています。ツルツルです。(笑)
もちろん乗って走れません。ソロリソロリと押し歩いて目的地、城山麓へ到着。(右写真)
昼間の眺めはこんな感じ、これまたパノラマにて。

20170212_p03_r
城山麓からの眺めは市街地方面はチト切れるものの、中央市、市川三郷町方面の見晴らしが良いです。右端には富士山も望むことが出来ます。富士山の下辺りには三郡西橋や富士川橋が見えるので遠いながらも富士山コラボの「神明の花火」も楽しめるのではないかと。

そんな富士山が雲の帽子を被っていました。型くずれしない内にすかさずアップでパチリ。

Dscn4185_r
綺麗な笠雲、という訳にはいきませんでしたがこのふんわりした感じも良いですよね。(^_^)

さて、一通り周りました。新しいスポットも見つけたし、ってことで帰路に。
帰りは先程の県民の森入口大看板のところから「桃花橋ループ」方面へ向かいます。
若干上りもありますが殆どが下り、向かい風のお陰でスピードも出ません。安全です。(笑)

だいぶ近づきました、この方角から見るループ橋はそんなにないかと。道端からパチリと。

1486908651
とりあえず、定番構図の直下でも撮りましたがもう上りません。というか上れません。(^_^;
後は緩やかな坂を下る一方です。中部横断道、白根IC脇を通りアルプス通り沿いに開国橋へ。
あ、開国橋手前の交差点で停車しそこない大ゴケしました。停まって、縁石に足を置いて・・・ 置けませんでした、踏み外しです。そのまま自転車ごと、ばったーん!と。(^_^;
赤信号で停車中の車からモロ見えです、大したことないような顔をして起き上がり、青信号で平性を装い出発、内心は「いってー(T_T)」です。一日経った今も歩き方が変です。(笑)

さて、最後は痛かった今回の道中でしたが、車とは違い自転車だと気軽に脇道に入っていける、ってのが良いですよね。普段目に止まらない様々なモノや場所が見つけられます。
有名所の夜景スポットに限ればネタ切れ気味ですが、自転車ならまだまだ良いスポットが見つけられるかも知れません。良い場所が見つかったらまた紹介したいと思います。(^_^)

2017/2/4 リニアの見える丘(ふるさと公園&花鳥山)

今回は新たな観光名所として笛吹市が一押しの「リニアの見える丘」エリアから「八代ふるさと公園」と「花鳥山」の2箇所を紹介したいと思います。何れも自転車では訪れていますが、夜景はまだ。この2箇所は車で数分なので夜景ハシゴにうってつけかと。さて、どんな夜景かな?(^_^)
まあ、どんなかな?と言ってもそこは2箇所とも定番夜景スポットな訳で、何れも撮り尽くした感はありますが、展望地の様子も含めて新たな夜景スポットとして見てもらえればと。

先ず向かったのは「八代ふるさと公園」から。場所は古墳のある公園広場の東端駐車場。
以前、自転車で訪れた時にはなかった立派な展望台が設置されています。様子はこんな感じ。

Dscn4138_r

すっかり日が長くなったことを忘れてました。トワイライトにもなってない時間に到着。(^_^;
駐車場は17時閉門ですが展望台には上れます。人感センサーでしっかり明かりも灯ります。

しばし待ってやっと夜景らしくなったトワイライト近くにリニア軌道方面をパチリと。

D7k_8014_r
夜景は一宮御坂方面から遠くは勝沼方面が望めます。のどかな夜景とリニア軌道ですが、なんだか直下はほとんど防音壁区間なので試験走行があってもあまり見映えしないかも。

ふと目を甲府方面に向けると綺麗なトワイライト夜景が。結局は普通の夜景撮影に。(笑)

20170204_p01_r

久しぶりにパノラマで。公園内の古墳上から見られる夜景と変わり映えしませんが、展望台のお陰で夜景撮影メインでも結構いイケてるのではと。この時間が一番綺麗ですよね。(^_^)

さて、あっという間に日は暮れます。トワイライトが終わらない内に次いこ、次っ!
という訳でサクッと「花鳥山」に到着。ここは正にリニアを見る為に整備された展望地。リニア展望エリアと区別する為か定番の「花鳥山遺跡」側は「花鳥山展望台」と命名されています。

D7k_8035_r

立派に整備された公園です。夜訪れるのは初めてですが夜景と併せて公園内のライトアップも良い感じ。リニア軌道はもう殆ど見えませんが、ここは夜景がメインってことで。(^_^)
あ、この公園利用は上の「花鳥山展望台駐車場」に駐車して、と入口にありますが、実は車で少し入ったところにトイレ完備の立派な駐車場があったりします。入口が狭いので事故とかを心配してのことでしょうか? 昼間の人が多そうな時間帯は素直に上に停めましょう。

上の写真の場所から少し下った東屋の先からはリニア軌道が間近に見られます。

D7k_8030_r_2
ホントに目の前です。が、八代ふるさと公園側と同様に防音壁が。(^_^;
でもリニアの試走を見るならこちらの方がいいかも知れません。見学センターがある都留市側から来たリニアは写真左に見えるふるさと公園の下を潜り、その先の「坊ヶ峯」手前で折り返して戻って来るのでそれを待てば&狙えば迫りくるリニアを間近で見られるのではと。

さて、リニアはここまで。せっかくなので「花鳥山展望台」に移動して車と共にパチリと。

D7k_8040_r
もちろんここからもリニアの軌道は良く見えますが、やっぱり展望がメインです。
甲府市街地夜景もも綺麗ですが「笛吹川フルーツ公園」に上る光のラインは外せません。
振り向くとそこには花鳥山一本杉のシルエットと満点の星空が。この対比もまた良し。(^_^)

帰路に再度「八代ふるさと公園」に。久しぶりに古墳に上って夜景撮影を、と思いましたが、到着直後、数台の車で訪れた大勢の若者達に占拠されてしまったのでパス。(笑)

さて、「リニアの見える丘」2箇所の夜景はいかがだったでしょうか。
夜景をバックに疾走するリニアの光跡を早く撮ってみたいものですが、それはまだ随分先の話になりそうです。その頃には全区間防音壁になってたりするかも知れませんが。(笑)
先に書いた「坊ヶ峯」も同エリアの一つな訳ですが、上の2箇所の様にまだ綺麗に整備はされてないと思います。(たぶん(^_^;) 現地には立派な展望台が昔からありますが、カップルとかで気軽に訪れるには場の雰囲気とか考えるとちょっと敷居が高いのではと。(^_^;

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30