無料ブログはココログ

« 2016/12/11 自転車で行く夜景スポット(其の20) | トップページ | ポータブルテレビ(レグザ10WP1)購入とレビュー »

2016/12/11 長峰林道から夜景ハシゴ

前の記事、昼間は自転車で、夜になれば&天気が良ければやっぱり出かける訳で。(笑)
日中はお隠れになっていた富士山も夕方にはクッキリと、そして今日は明るい月夜です。
そう、月光に浮かぶ富士山と夜景コラボには絶好な条件。撮らない訳にはいきません。
という訳で向かったのは今回お初スポットとなる「長峰林道」。どんな夜景が見れるかな。(^_^)

この「長峰林道」ですが富士山をバックに美しい風景や夜景が見られることは知っていましたが、その撮影ポイントはずっと解りませんでした。林道自体は撮影地探索目的で過去に2度程走っているのですが、結局見つけられないまま櫛形林道へ。あ、長峰林道は約4km程の区間らしく、その先はお馴染みの「櫛形林道」となります。そしてそのまま「みはらし平」から林道上の各スポットを通過し「富士川町平林」へ抜けたという。林道を走り出すと後戻りできないんです。(^_^;

で、撮影ポイントをどうやって見つけたか。そう、ストリートビューです。(笑)
最近のストリートビューは侮れません。そこまで行くか!ってな各林道を走っているのです。
どうしてもこの先は無理!とかまで進むその姿勢に敬意を払わざるを得ません。m(__)m
そんなストリートビューでらしき付近を眺めていると、路上の一角、ホントに一角の樹木がちょっと切れている箇所が。さっそく昼間に下見へ。正にここでした。ついに発見です。(^_^)

またまた前置きが長くなりました。とっとと現地に向かいましょう。(^_^;
長峰林道の入口は定番夜景スポット「桃花橋ループ」を過ぎたちょい先にあります。

林道に入る前に富士山の見え具合確認を兼ねてパチリと。

D7k_6467_r
うん、いいじゃん!(^_^) パキパキまでいかないまでもしっかりと富士山ビューです。
しかし昼間に見るループ橋はなんだか映えないなあ。(^_^; ここはやっぱり夜景ですね。

さて、ループ橋を後にして林道入口から上ること10分程で現地着。本当に狭いですここ。
三脚を立てるスペースはたぶん3本が精一杯、通行の妨げにならない様に停められるスペースも一台のみ。そんな穴場感満載の現地で撮った最初のトワイライト夜景がこれ。

D7k_6478_r
見てのとおりど真ん中富士山ビューです。甲府盆地内の高台から見られる富士山は手前の山々に遮られ先っちょの方しか見えないのですが、ここからは丁度手前の山も低くなり大きな富士山を望むことが出来ます。標高も約800mとそれほど高くないことを考えるとかなり好条件なビューポイントなのではと。晴天過ぎて物足りないですが欲張っちゃダメですよね。(^_^)

そうこうしている内にどんどんトワイライトも進みます。富士山の左右をそれぞれアップで。

D7k_6488_r_r

富士山の右手に広がるのは富士川町や市川三郷町方面の夜景です。一番右端に見える橋が富士川橋なのでその直ぐ左手に「神明の花火」ってこと。富士山コラボ撮影地発見!(笑)

カメラをクルッとパンして富士山の左手をば。

D7k_6490_r_r

こちらは中央市方面がメインの夜景となります。左手に見える光跡は新山梨環状道路。
終点の南アルプスICから伸びる中部横断自動車道と併せて動きのある夜景が見られます。

あ、左右のアップはいいとして富士山日の丸構図を忘れてました。(^_^;

D7k_6507_01_r
余りにアップにしてしまうと何処の夜景か解らなくなってしまいますが甲府中心部の夜景とはまた違った綺羅びやかな夜景を魅せてくれます。富士山とのバランスもいいですよね。(^_^)

トワイライトもすっかり終わり、月明かりに照らされた富士山ビューな夜景を広角で。

D7k_6510_01_r_r

こうして見ると高度の割には意外と面夜景ではないですが、富士山が中心に配される夜景ってのはやはり貴重じゃないでしょうか。綺麗だなー。「長峰林道」いいです。(^_^)

D7k_7085_r
最後は車入りでパチリと。そそ、これが我が家のもう一台の車。このブログ初登場かな。
最近は狭い林道に入るときとかに大活躍。実は上の写真の殆どは12/11に撮影したものですが、この写真はその週末、12/16に撮影した写真だったりします。なぜならば・・・
微速度撮影に失敗したから。(笑)

12/11当日、本チャン写真はD7000で、その脇ではD5000で微速度撮影をしていたのですが、帰宅して確認してみるとなんとピンぼけ。それがまた微妙なピンぼけだったのです。(^_^;
リベンジしたのは12/16だった訳で車と一緒の写真はその時のモノ。時間は23時過ぎ。
下弦の月もまだ明るくほぼ直上から富士山を照らしてくれたお陰かクッキリ感はこちらの方がいいかも。というか当日の気温は氷点下3℃と激寒な空気感が功を奏したかも知れません。

長峰林道の最後はそんなリベンジ微速度撮影(タイムラプス)を交えた動画をば。

肉眼では殆ど動きは解りませんがこうしてタイムラプスにすると凄く目まぐるしく動いていることが解ります。そこそこ高地且つ高い建物がない夜景+幹線道路の組合せならでは。(^_^)

時を12/11に戻してと。やっとこさ長峰林道は終了。時刻は19時頃。まだまだ続きます。
そう、今日は夜景ハシゴなのです。(笑)

向かったのは来る時に立ち寄った「桃花橋ループ」。夜景も見頃になっているかと。
サクッと下りて10分弱で到着。ではさっそく撮りましょう。

D7k_6525_r
過去に何度も訪れているこの場所。日中に自転車でも来ていますがやっぱり夜ですよね。
手前の草っぱがチト邪魔ですがループ橋のほぼ全景を車の光跡と共にパチリと。
富士山もいい感じです。(^_^)

お次は駐車スペースから車と共に。

D7k_6537_r

月夜の撮影が良いのはこうして車や周辺の様子も写し込めるってことでしょうか。
橋の外灯で一見明るそうに見えますが、実は結構暗かったりします。深夜になると外灯も消えて月がないと本当に真っ暗。その分夜景は一段と映えますが富士山は厳しくなります。

ここは20分程撮影して終了。次行こ次!(笑)
お次の目的地はこれまたマイフェイバリットな展望地。「南アルプス市県民の森」へ。
実はここに向かった目的は別にあったりします。先日ふと見たローカルな情報番組で県民の森展望台のことをやっていたのですがレポーターが「展望台からは富士山も見えます」ってやってたんです。ん、展望台から富士山なんて見えたっけ?ひょっとして・・・

そう、富士山の方向にはしっかり樹木が被っていたのですが伐採されていました。(笑)
現地着は20時頃。展望台から見えた(見えるようになった)富士山と夜景はこんな感じ。

D7k_6548_r
まあ大体予想はしていましたが、スゲー端っこにチョロっと富士山が。しかも展望台の一番左端のホント隅っこに行かないと見ることは出来ません。確かに見えますが微妙だなあ。(^_^;
でも、見てのとおり定番のオリオン夜景に富士山という夢のコラボが叶った訳ですね。
富士山入れると夜景は半切れになりますが。(^_^;

富士山入りはそこそこに、オリオン夜景をメインでパチリと。
明るい夜景での星景写真にはお月様は邪魔者です。さっきまで感謝していたくせに。(笑)
上の写真はハーフソフトグラデーションフィルター使用ですがクッキリ感優先で。

D7k_6561_r
明るい月夜でなるべく沢山の星々を写し込もうとするとソフトフィルターは余り効果を発揮してくれません。こうして外して撮影した方が良い結果になる様です。夜景はもちろん極上。(^_^)

最後は一番美味しい辺りをチトアップで。

D7k_6564_r
まあ毎度同じ様な構図で撮ってしまう訳ですが、県民の森からの撮影は意外にも晴天に恵まれたことが少なく今日の様な雲ひとつない冬空は本当に初めてかも知れません。
空気のパッキリ度は自分的に10点満点で8.5点ってところでしょうか。(笑)
いや、十分です。贅沢言っちゃいけません。久しぶりに見た余りの美麗夜景にこの後もしばらく撮影を続けオリオンも高く上った21時頃に撮影終了。いやー回った撮った。(^_^)

さてさて、長峰林道からの夜景ハシゴはいかがだったでしょうか。
冬場は陽が短いのでトワイライトから始めると数カ所ハシゴしてもそこそこ早い時間に終わることができます。一箇所でじっくり撮るのも良しですが、一晩で何箇所も廻れるってのも山梨盆地夜景ならではの良いところですよね。久しく訪れていない定番スポットも今回の「県民の森」のように状況が変わっていることもあります。やっぱり定期的に通わなくちゃね。(^_^)

« 2016/12/11 自転車で行く夜景スポット(其の20) | トップページ | ポータブルテレビ(レグザ10WP1)購入とレビュー »

夜景」カテゴリの記事

微速度撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/64643454

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12/11 長峰林道から夜景ハシゴ:

« 2016/12/11 自転車で行く夜景スポット(其の20) | トップページ | ポータブルテレビ(レグザ10WP1)購入とレビュー »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30