無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

ドライブレコーダー PAPAGO! GoSafe 520 購入

ついに暑さには勝てなかった様です。
昨年5月に近所のパソコン工房で購入した中華ドラレコ IPT-DRFHD300FG がこんな有様に。

Dscn3503_r

開いたところを見ると中にはグラスウールっぽい緩衝材が詰められていて、それに含浸させた接着剤で化粧板がくっついている、という構造でした。も一回グッと押してやるとくっついて元通りになりますが、しばらくするとまた「にょーん」と剥がれてきます。ダメだこりゃ。(笑)
一応、機能的には問題なく使えたのですが物欲スイッチが入るには十分な出来事です。

という訳で買いました。NEWドラレコ、その名も「PAPAGO! GoSafe 520」 (2016/6発売)

Dscn3499_r

パッケージの本体写真の上に本物乗っけてパチリと。アホか。(笑)
選んだ決め手は各種レビューでこの価格帯ドラレコの中では最高画質と評判だったこと。
一応カメラやってるので画素数や解像度云々は余り重要視してなかったのですが、レビュー動画とか見るとその精彩さ、色味、夜間撮影時のノイズの少なさ等々、確かに良さ気です。

そう、確かに良さ気だったのですが・・・ 私的には非常に残念感のある結果に。(T_T)
動画でレビューとも思いましたが、まだ2日しか使ってないのでファーストインプレッションにて。
メーカページや他のレビューでは触れられてないことを中心に書きたいと思います。

<電源と謎のポコポコ音の関係>
この機種、ミニUSBコネクタでの5V給電なので前機と同じ、取付けブラケットも運良くそのまま使えたのであっという間にセットアップ出来たのですが、録画したファイルを再生してみると、再生中ずっとポコポコ、コトコトという様な異様な音が入っていました。最初は何故か解らなかったのですが、バッテリー動作させた時、ようはエンジンを切った後は静かに。
前機の電源は車内のUSBからとっています。これはUSBバスパワーだとダメなのか?
で、付属のシガーソケットアダプタから給電してみると・・・ 止まりました。ポコポコ音。(笑)
原因はよく解りませんが、AC100Vからの変換アダプタを使ってもダメだったのでUSBからの給電はダメなのかも知れません。あくまでデータ転送のみということでしょうね。
あ、ちなみに前機はUSBからでもまったく問題ありませんでした。

<画質について> (比較対象機  IPT-DRFHD300FG)
当初の目的がこれなので当然ですが良いです。一番の違いは精細さというよりもノイズの少なさでしょうか。日当たりが良い日中、コントラストが高い場面ではそれほど差は見られませんが、夕景の空や夜間のグラデーション部分のモヤモヤノイズが少なく上質な画です。
解像度自体はFHDでもHDでも極端な差はありません。更に上の解像度やワイドモードが選べますが動画を止めて見ると精細なのは解るものの、動画ではそう違いはありません。
あ、ウリのひとつのワイドモードですが、視野が広がる訳ではありません。横幅の解像度が上がって、上下はトリミングされた様な画になるだけ。メーカページの説明は紛らわしいかと。

<動画として見た場合の問題>
30fpsという表記になっていますが、実際は29.97fpsです。まあこれはさほど問題ではない様ですが、一番の問題は所々に同一フレームが2つ以上連続で入ること。頻度は10フレームに1回程でしょうか。これのお陰で再生される動画はカクつきとまでは言わないにしても引っ掛かり感のある動画となりお世辞にも滑らかな動画とは言えません。私みたく気になる人には気になる(^_^;と思います。前機は30fpsプログレッシブで同一フレームはなく、オリジナルファイルの再生でも引っ掛かり感はまったくありません。ここは安物の圧勝です。(笑)

<動画編集時の問題>
前述した2つ以上の同一フレームによる引っ掛かり感も大きな問題ですが、大きな問題がもうひとつ。それはファイル間のギャップ。この機種は5分毎に1ファイル生成されます。前機は5分1ファイル(設定で変えられる)は一緒ですがファイル間はピッタリ一秒、30fpsプログレなのでようは30フレームがラップする仕様となっていました。動画編集で繋げる場合はこの30フレームをトリミングすればバッチリ繋がる訳ですが、この機種は違ったのです。
メーカページのQ&Aにあったファイル間の無記録時間についての回答は「無記録時間はありません」でしたが、厳密には1フレーム以下の無記録時間、というかフレームがあります。
時間にして0.05秒未満(約1フレーム)ですが、たかが1フレームといっても連結時には一瞬飛ぶ様な違和感となり動画に現れます。音も然り。人間の目や耳はとっても良いのです。
これはメーカページを見て勝手に「ファイル間ギャップはラップ方式なので発生しない」と解釈してしまった私も悪いですが、これが解っていたら購入しなかったかもしれない程、私にとっては大きな問題だったりします。でも中には上手く繋がるファイルもあるんですよね、よう解らん。(^_^;

<夜画質、明るい光点に輪っかの謎>
これは十分検証出来てないですが、夕暮れ時から夜間に掛けての信号機やテール&ヘッドライト、外灯等、明るい光点の周りに輪っか、ようは光輪が出来ます。ちょっと写真をば。

Testjpg_20160911_215750_1200x674_r
お解りいただけたでしょうか?(笑)
もっと盛大に出ている場面を使えばよかったですが、これでも十分解るかと。
左上の青信号、対向車のヘッドライト、右端の信号、右下の光点、どれにも光点を縁取る様な光輪が発生しています。解像度1920X1080の時のみHDRが自動的に効く様ですがそれが影響しているのかも知れません。他のレビュー夜間動画ではこんな画は見られなかったので想定外の現象でした。盛大に強い光点がある場合はかなり見苦しい状態となります。

上記の各現象は予め解っていたらたぶん購入しなかった程の私的にはマイナスポイントです。
裏を返せばこの半分以下の価格だった前機は非常にコスパが高かった機種だったかと。
画質他の機能、設定の多さ等で比較すると全てにおいて前機が上回っていると言えます。
あ、確かにこの機種は安全機能面では制限速度読み上げや前車発進警告(これは私の車には付いてるのでいらない(^_^;)等々、面白い機能もありますが、余り実用的とは言えません。

文句ばかりになりましたが、無記録時間は殆どなし、LED信号機東西対応とか、常時接続電源にすれば動態検知による駐車監視モードも使えるとか、ドライブレコーダーとしては価格相応の十分な機能を備えている機種だと思います。只私のニーズとちょっとズレがあっただけ。
何れもファームアップで対応出来そうな内容なのでメーカに希望でも出してみようかと。
クレーマーと思われない様に気をつけてお願いしたいと思います。(笑)

2016/8/21 石和温泉花火大会(大蔵経寺山登山道)

早いもので既に9月、ちょっぴり秋めいた涼しい日もチラホラと。
という訳で、遅まきながら前回の「自転車で行く夜景スポット」で下見した「大蔵経寺山登山道」からの「第52回石和温泉花火大会」いってみたいと思います。どんなふうに見えるかな。(^_^)

下見から帰宅後はサイクリング&山登りの疲れをゆっくり癒やします。また登るので。(^_^;
今度はもちろん車で。18時頃に自宅を出て登山道入口に30分程で到着。さて登るぞー!
下見のお陰で気分的には楽ですが、機材持ちなので15分とは言え体力的にはチト辛い山登りです。夕方と言ってもまだ蒸し暑い山道を本日2回目の汗だく(笑)になりながら展望台へ。

をを、下見の時には雲中だった富士山が見えてるじゃん!(^_^)

D7k_4238_r
トワイライト前から一枚。直下に広がる石和温泉郷の街明かりもチラホラと。
開始までまだ小一時間ありますが先客さんはなし。たぶんこの後も誰もこないかと。(^_^

いつもの如く開始までの間ウォーミングアップがてら夜景撮影に勤しみます。
開始直前のトワイライト夜景をパノラマでパチリと。

20160821_p02_r
やっぱり富士山があると夜景も締まりますよね。登山道の灯りも微かに見てとれます。(^_^)
夜景としては明るい石和温泉郷駅周辺の近傍市街地から遠方は八代方面ののどかな夜景まで見渡せるグッドロケーションですが、夜景の形的にはあまり面白みはないかも。(^_^;

もう一枚、駅周辺のアップをば。ホント、街が近いなー。

D7k_4251_r
花火開始は19時半から。距離は2km程ですが風に乗って主催者の挨拶とか会場アナウンスも聞こえてきます。ということはカウントダウンも聞こえるハズ。耳を澄まして開始待ち。
ごー、よん、さ・・・ 辺りでパッと上がりました。考えてみれば2km離れてますからね。(^_^;
4年程前に会場で見た時はこんな感じ。もちろんほぼタイムラグなしでドーンと。

オープニング直後を石和温泉郷駅入り夜景と共にパチリと。

D7k_4263_r
花火会場は笛吹川に架かるR20の石和橋と鵜飼橋の間、笛吹市役所正面となります。
丁度、石和温泉郷駅の向こう側って感じ。市街地花火なので小ぶりなスターマイン系が主ですが距離的には近いので音響的には結構な迫力です。コトコト走る電車の音もハッキリと。
でも走る電車と花火のコラボなら同じ大蔵経寺山でもトンネル上のポイントがベストかと。

いつもの如く、協賛各社の紹介や花火の解説を挟みつつ様々なテーマ花火が連続します。
ここの花火は大玉単発系が無いので写真撮影泣かせですが見映えした中から何枚か。

1472966781
この花火大会は第1部と第2部に分かれていますが、先ずは第1部から4枚繋ぎで。
肉眼では派手さに欠ける花火が写真の場合は狙い目だったりします。(笑)

お次は第2部から4枚。

1472967277

毎年ですが2部は派手且つ根っこから左右に開くお花系が多いかな。派手さは更に増すので相変わらずの写真泣かせですが、上手いタイミングで撮ると良い画になるんですよね。

そんなイケイケ花火も21時ちょい過ぎに終了。今年はなんだかフィナーレっぽくなかった感じでチト物足りなかったですが会場アナウンスが「終了!」と言っているので終了です。(^_^;

最後は10分程のダイジェスト動画をば。BGMが聞こえるとやっぱり良いですよね。(^_^)
フィナーレも撮っていますが、この終わり方がアリかナシかはご覧になって判断ください。(笑)

さて、大蔵経寺山登山道から見る「第52回 石和温泉花火大会」いかがだったでしょうか。
高台、且つ最短距離から眺めることが出来る場所ではありますが、アクセス的には15分の山登りはやはりネックかと。市街地近傍のコンクリート舗装された登山道ですが入口のイノシシよけゲートとか意外と獣感が強いので夜間訪れるには敷居が高いかも知れません。
まあそんなこと言うなら「千代田湖白山」や「新道峠」の方がもっと怖いハズですが。(^_^;
旅行等で石和温泉郷に来られた際に「ちょっと裏山を散歩してみるか」程度のノリで登るにはお手軽な山かと思います。あ、展望台までですよ!山頂を目指すならそれなりのご準備を。(^_^;

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30