無料ブログはココログ

« 2016/8/5 河口湖湖上祭花火大会(母の白滝駐車場) | トップページ | 2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16) »

2016/8/7 第28回神明の花火大会(富士川町舂米)

山梨花火もついに山場、と言っても前回の「河口湖湖上祭」が今シーズン最初ですが。(^_^;
という訳で言わずもがな、今回は毎年恒例の「神明の花火大会」でいってみたいと思います。

この花火大会、毎年悩むのが何処から見るか&撮るかってこと。高地から見下ろすなら「櫛形林道」で決まりですが2年連続だったこともあり、昨年はちょっと趣向を変えて少しは近く、そこそこの高地から(^_^;で選んだのがウエスタンライン上にある「湯沢公園」。なかなかの見晴らしポイントでしたが、こちらもさすがに2年連続は避けたいところ。うーん、どこにすんべ。(^_^;

悩んだ時はそう、ロケハンです。候補地に上げたのは、トワイライトな時間帯、富士山と花火とのコラボを考えてチトマイナースポットな「城山麓」、そして天空の町「富士川町平林」の2箇所。
今年の神明の花火は日曜です。前日の土曜日、休日出勤も早めに切り上げてチャリで帰宅、速攻で車に乗り換えて先ずは城山麓へ。ここからは打ち上げ場所方面は眺望の端っこ辺りとなり距離も遠いものの富士山が見えればバッチリコラボが叶いそうなポイントです。例によって通りすがりの地元の方にインタビュー。(笑) 「あのお寺の屋根の上によく見えますよ」と。
とりあえず見える、ということが確認出来ればOKです。お次のポイント、富士川町平林へ。
南アルプス市県民の森」方面へ向かい、途中から林道経由で平林方面へ。これが近道。
ここからも打ち上げ場所付近の富士川大橋が望めますが、見える範囲は狭く、打ち上げ場所付近も山裾が被りちょっと微妙な感じ。残念ながら地元の方にもお話を聞くことは出来ず。

さて、候補地の2箇所のロケハンは終了ですが、なんだか収まりません。まだ時間もあるし近場のスポットでも確認するか、と向かった先は地元の方にも人気らしい「殿原スポーツ公園」や「森林研究所」付近。うん確かに近いし見晴らしも良いけど・・・環境的にどうかなー。(^_^;
で、来た道を戻りながらふと目に入ったのが道路からちょっと高台にある公園らしい場所。
もちろん立ち寄ります。そこには僅か5台ですが駐車場を備えた綺麗な芝生広場が。

Dscn3253_r
をを、いいじゃないここ!(^_^) 花火会場方面が一望出来、距離も約3kmと近すぎず、遠過ぎず、環境的にもゆっくり楽しめそうです。その地区の名前は「富士川町舂米(つきよね)」
とりあえず、前日のロケハンはこれで終了。「城山麓」と「舂米」を候補地に決め一旦帰宅。

またまた長くなりました。(^_^; 良い撮影場所を探す為に労は惜しまないことです。
その労が報われるか否かは別として。(笑)

さて、当日。悩んだ末向かったのは・・・「富士川町舂米地区」に決定!
天気も良く富士山も見えていたので「城山麓」も考えましたが今年はパス。「舂米」にした理由は花火メインなら絶対ハズレのないポイント&地元民情報ではまだ穴場っぽかったから。
たぶん到着が早すぎたのでしょう。念のため開始約2時間前に到着して見ると昼寝をして開始を待つお父さんの車が1台駐車場にあるのみ。他、人影はまったくありません。(笑)
開始1時間程前になると少しずつですが車や人が集まり出し、駐車場も満車に。といっても5台分しかありませんが(^_^; 30分前になると公園内の路上も縦列駐車する車でほぼ満車、人も増えてきましたが、それでも芝生広場はまだスカスカです。これは本当に穴場かも。

そんな芝生広場の隅っこに陣取りどっかりと椅子に座り飲み物片手に開始を待ちます。
花火開始は19時15分から。クソ暑かった日中とうって変わり涼しい風が吹き抜けます。
開始直前、富士山が見える南東方面の空に後光の様な光のスジが。素晴らしい花火の予感。

D7k_4075_r
やっと来ました!「第28回神明の花火大会」の開始です。
前置きが長すぎたので後は花火メイン、コメント少なめに。(^_^;

D7k_4083_r

富士山とコラボ出来る内にもういっちょ。相変わらずオープニングは綺麗だなー。

D7k_4090_r
少し離れているものの、とりあえず富士山とのコラボが叶いました。
この時ばかりは「城山麓」や「櫛形林道」で撮った方がよかったかなー、と。(笑)

ここからは花火メインで5枚程。ド派手な大玉連発系、光の塊系を除くと意外に地味かも。

D7k_4112_r

D7k_4126_r

D7k_4139_r_2

D7k_4142_r

D7k_4152_r_6
相変わらずの綺麗さ&距離も例年より近いこともあり迫力ある花火が楽しめました。(^_^)
ほぼ正面(と言っても真裏から見ている訳ですが)になるので広がりある花火を見ることが出来ます。会場アナウンスも微かながら風にのって聞こえてきます。そうそうこの距離感です。(^_^)

惜しむらくは夜景がちょっと寂しいってことでしょうか。花火を斜め方向から見る感じなら近傍夜景コラボは「殿原スポーツ公園」や「森林研究所」がオススメかと。あ、「市川公園」の定番撮影スポットは別格です。あそこには本当に気合が入ってないと行けません。(笑)

最後は7分程のダイジェスト版動画をば。
残念ながらグランドフィナーレはミスってピンぼけ動画になってしまったので割愛していますが、花火の大音響、周囲の人々の歓声等、現地で見ている雰囲気を感じて頂ければと。

今年は期せずして舂米地区からの撮影となりましたが、昨日のロケハンから天気が良ければ来年は「城山麓」からの富士山コラボを狙ってみたいところ。でもトワイライトが終わると結局は花火だけになってしまうんですよね。そうすると只の遠方花火になるという。(^_^;

山梨の定番花火大会も「武田の里まつり花火大会(一部略(^_^;)」、「石和温泉花火大会」と後2回になりましたが、どこから撮ろうか思案中。これ考えているのが一番楽しいかも。(笑)

« 2016/8/5 河口湖湖上祭花火大会(母の白滝駐車場) | トップページ | 2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16) »

夜景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/64060748

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/8/7 第28回神明の花火大会(富士川町舂米):

« 2016/8/5 河口湖湖上祭花火大会(母の白滝駐車場) | トップページ | 2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30