無料ブログはココログ

« 2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16) | トップページ | 2016/8/21 自転車で行く夜景スポット(其の17) »

2016/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢)

長めのお盆休みも後半戦、先日の「自転車で行く夜景スポット第16回」でバッチリ下見済み。
という訳で、今回は予定どおり「甘利沢」から望む「武田の里にらさき花火大会」です。(^_^)

当日はまだお盆休み中ですが訳あってお仕事。18時近くに終えてその足で現地へ向かいます。
現地に近いコンビニに立ち寄ってトイレ休憩がてら飲み物等調達、花火目的らしき家族連れやカップルもチラホラと見受けられます。開始までは1時間半程ありますが現地「甘利沢」にどれくらい人が来るのか解りません。早めの現地入りを目指し到着したのは19時前。で、先客は・・・
ゼロでした(^_^; だーれもいません。
先日確認済みの木製テラスや周辺に一組ぐらいはシートでも敷いて待機してそうでしたが、静かなもんです。まあ開始近くになればわらわらと地元の方々が出てこられるんだろうと思いつつテラスの屋根下に機材セット、当日は急な雨が予想されたので屋根下が空いていたこと自体は良かったのですが・・・ そして待つこと小一時間、開始直前になっても結局誰も来ませんでした。
その理由は後に身をもって知ることに・・・ 怖っ!(笑)

さて、そんな独り占めテラスで撮影を始めます。打ち上げ直前の空模様はこんな感じ。

D7k_4157_r

すげー曇天。なんか雲が下りて来ているっていうか、七里岩の向こうは雨降ってない?
風に乗って会場アナウンスも聞こえてきます。開始予定の20時を5分程過ぎてスタート!

D7k_4180_r
オープニング直後から1枚パチリと。
距離は2km程と結構近いのですが、先の全景写真から見ても解るとおり小さいです。(^_^;
木々に隠れて見えづらいですが、花火の直ぐ右側に武田橋があり、その西側の釜無川左岸「釜無川河川緑地」がお祭り会場。花火の真下の灯りの帯はほぼ全て屋台と思われます。

D7k_4183_r
ほぼ同じアングルでもういっちょ。小ぶりながらも可愛い綺麗な花火が連続して上がります。
ここの花火は単発系とスターマイン系が交互にバランスよく上がるので意外とシャッターチャンスが多のですが、相変わらずパターンを読むのが下手クソで逃すこと多数。(^_^;

そうは言ってももう大きな流れは解っています。この後はお待ちかねの大玉タイム!
昨年、「甘利山駐車場」から撮影した時はここで結構な雨が降ってきたんだよなあ。(^_^;

D7k_4188_r
見てのとおり大玉は会場のかなり西側の右岸から上がります。これはもう想定どおり。
でもこのときばかりはその距離の近さを実感することに。思ったより高く、大きく開いたので最初は思いっきりフレームアウト。急いで画角と構図とピントを合わせて重ね撮りしたのがこれ。

何枚か撮影した中から見映えする大玉重ね撮りをもう一枚。

D7k_4202_r1
大玉は連続で10発程上がったでしょうか。スターマイン系の連続花火も綺麗ですが、一発づつじっくりと上がる大玉はこの花火大会の見どころのひとつ。やっぱり迫力あるなあ。(^_^)

後半からフィナーレにかけては基本スターマイン系の連続です。ひたすら撮りますが・・・

D7k_4218_r

やっぱりこうなってしまうんですよね。(^_^; 止めて撮るよりもこれはやっぱり動画が一番かと。
後、写真を見て解るのが終盤近くはかなり西風が強く花火自体がかなり流されていること。
これも動画で見るとよく解りますが向かい風だったらたぶん悲惨なことになったでしょう。(笑)

という訳で最後は7分程の動画にて。後半のフィナーレはほぼ全編収められています。
ちょっと遠巻きで高台から見ている訳ですが、これは是非会場から見たかったかと。

他の花火大会と比べると一時間程と短いですが、今回は韮崎市名誉市民、大村博士のノーベル賞受賞記念プログラムもあり、例年より華やかな花火を楽しむことが出来ました。(^_^)

21時過ぎには無事花火も終了し撤収です。最後に展望テラスから全景夜景をパチリ。

D7k_4231_r
雨に降られなかったのは良かったですが、結局最後まで誰も訪れる人は居ませんでした。
なんでこんな良いロケーションなのに、周りには民家も多くちょっと家を出れば直ぐここに来れるのに誰も来ないんだろ?何か曰く付きの場所なのかなあ?、とか考えながら後片付けをしていると珍しくビビリモードに(笑) 機材を抱えて足早に車に戻って即退散です。(^_^;

後日、というか翌日、その理由が明らかに。たぶんこれで間違いないです。
そう、その理由と思われるのは「ブヨ」。「蚊」じゃありません「ブヨ」です。(笑)
当日は長袖、長ズボンとそれなりの虫刺され対策をしていたつもりだったのですが、翌日になって症状が。ガードされてなかった手の甲とか首から上とかにブツブツと腫れ物が出来て酷い痒みと痛みが。17~19日迄は実家に帰省していましたがその間はずっとムヒアルファSとキンカンのお世話になったという。これ書いている20日現在もまだ腫れは引かず。(T_T)
後で知ったのですがブヨは刺すんじゃなくて皮膚を噛みきって吸血し、そしてご丁寧にしっかり毒を注入していくとか。そして奴らの生息地は綺麗な「沢」の近く。やっちまった。(^_^;
現地の方々は知ってたんですね。だから来なかったんですね。よーく解りました。(笑)

という訳で、ブヨには散々な目に遭わされましたが花火自体は存分に楽しめました。(^_^)
場所的には良いロケーションですが花火を見に行かれる際には「ブヨ」対策をお忘れなく。
って近づかないのが一番かも知れませんが。(^_^;

« 2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16) | トップページ | 2016/8/21 自転車で行く夜景スポット(其の17) »

夜景」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/64087936

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢):

« 2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16) | トップページ | 2016/8/21 自転車で行く夜景スポット(其の17) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30