無料ブログはココログ

« 2016/8/7 第28回神明の花火大会(富士川町舂米) | トップページ | 2016/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢) »

2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16)

やっと休みです。当社のお盆休みはちょっと後ろにズレてて8/13から。でも初日はお仕事。(笑)
と言うわけで、翌日の8/14、あろうことか暑さ真っ盛りの午後から出かけるという愚行に。
「自転車(プレトレ)で行く夜景スポット第16回目」いってみたいと思います。(^_^)

どうせ出かけるなら8/16韮崎市で開催される「武田の里花火大会」の下見も兼ねてと。
13時過ぎ出発。最初の目的地はR20沿いのショッピングモール「LAZA WALK甲斐双葉」。
ここの屋上駐車場からだと花火会場方面がよく見渡せそうです。距離も5km程とまあまあ。
夜景とコラボ目的からするとイマイチな感じですが、環境的には良いかと。眺めはこんな感じ。

Dscn3304_rlaza_r

左が LAZA WALK。屋上角っこ辺りからの眺めが右の写真。目印となる「韮崎平和観音」の位置からすると丁度写真の真ん中辺りに花火が望めそうですが・・・ うーん微妙。(^_^;
何よりも背丈程の柵があり隙間から撮るのも厳しそうです。撮影目的ならここはナシかな。
以上!フードコートで遅めの昼食、なんちゃってきしめん(笑)を食して一服してラザを後に。

お次の目的地は以前の撮影時からちょっと目をつけていた「甘利沢」を目指すことに。
ここからは距離的に7km程ですが標高差では約200mの上り、これはちょっとキツそう。
R20から釜無川に架かる船山橋を渡り甘利山線へ。途中でなぜか金閣寺をパチリ。(笑)

Dscn3306_r
これ、写真左に写る「ホテル舟山」の施設の一部らしいですがなんの目的で建てられたのかは解りません。(^_^; 以前「空から日本をみてみよう」という番組でも紹介されていました。

さて、そんな謎の金閣寺を過ぎてからグングンと上りです。途中なんどか押し歩きしながら辿り着いたのが標高500mに位置する甘利沢。数台分の駐車場があるちょっとした展望地です。

Dscn3308_r_r
県道613号、甘利山線沿い、冬季になると通行止めとなるゲートの直ぐ脇が現地。
ここにはベンチや東屋が備えられ見晴らしは狭いですが韮崎市街地方面が望めます。

Dscn3309_r

東屋の先まで自転車で入ってみました。以前と変わらずやっぱり見晴らしないよなあ。(^_^;
見える範囲の丁度中心に韮崎平和観音が見えるということは、花火会場がある武田橋以西はもっと左手になります。見てのとおり山裾と木々が被るので見えてもイマイチな感じになるかと。

でもここで諦めてはいけません。せっかく自転車で来たのです、って自転車で行きませんが。(^_^; 見晴らしを求めてこの先の沢沿いに少し下ってみると、そこに現れたのは・・・

Dscn3313_r
なんと、いかにも取って付けたような木製の立派な展望テラスが出現!滑り台付き。(笑)
しかも先ほどの展望地に比べ花火会場方面がグッと開けています。気づかんかったー。
確かに打ち上げ場所は直接見えませんが武田橋以西の眺望には若干木々が被るものの低いので花火は十分観賞出来るロケーションかと。さてテラス上からはどんな感じかな。

Dscn3315_r
こちらがテラス上からの眺め。なんだか更に良さ気感満々です。(^_^)
先ほどは見えなかった武田橋がほぼ正面の木々の隙間から僅かに見えています。過去の経験上、連発スターマイン系は橋の直ぐ西側(写真左手)、大玉単発系はその更に西側から上がることが解っています。そちらは山裾がチト被りますが、大玉なので十分に見えるハズ。

しかしなぜ昨年、昼間の下見時にここまで歩を進めなかったのでしょう。僅か100m程ですが、当時は連れが居てゆっくり下見出来なかったことと併せて鬱蒼とした感じがそれ以上進む気にさせなかったのではと。軽ならともかく、車で入ってくるのもかなり敷居が高そうです。
更なる見晴らしを求めてしばらく付近を散策するも結局このテラス付近以上の場所はなし。
只、よく見てみるとこのテラスの直ぐ東側(写真右手)には小川を挟んで神社があり、水門を兼ねた小橋を渡って神社に行ってみるとそこは「山之神神社」という小さなお社が。そして門を出てみると・・・ そう、そこは先ほど上ってきた甘利山線のゲートをちょっと下った辺り。(笑)
他にも先ほどの駐車スペースまで行かずとも途中からショートカット出来る場所も発見。
地元の方々にはきっと当たり前の散歩コースなんでしょうが、私的には新スポットの発見にテンション上がりまくり。(笑) 当日の人出は解りませんが場所はここで確定。来て良かったー。

という訳で自転車の所まで来た道を戻ります。ふと見るとテラスの上流側に立て看板が。

Dscn3338_r
をを(^_^; 甘利沢がどんな渓流か知りませんが、確かに沢に下りられる箇所もありました。
釣りとかに来られる方も多いのでしょうか。沢はかなり下を流れているのでこの場所は大丈夫だと思いますが、やっぱりドキッ!とさせられます。そんな日にはまず来ませんが。

さてさて、良さ気なスポットも見つけたことですし、後は下りを一気に爆走して帰るのみ。
行きとはちょいコースを変えて、御勅使公園の北側から長く緩い下り坂を延々流します。
漕がずとも時速30km前後で巡航、楽ちん楽ちん。行きにも通った信玄橋を渡り自宅方面へ。
本日の走行距離は約36km、高低差は約250mとちょっと厳しい道中でしたが、新しい撮影地も見つかったので結果オーライかと。自転車だからってことはないと思いますが、車でサクッと訪れるのと違いやっぱり気合が入るんでしょうね。(笑) 花火撮影の結果は次回また。(^_^)

« 2016/8/7 第28回神明の花火大会(富士川町舂米) | トップページ | 2016/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢) »

夜景」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/64065248

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/8/14 自転車で行く夜景スポット(其の16):

« 2016/8/7 第28回神明の花火大会(富士川町舂米) | トップページ | 2016/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利沢) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30