無料ブログはココログ

« 2016/7/23 笛吹川県下納涼花火大会(釈迦堂遺跡博物館) | トップページ | 2016/8/5 河口湖湖上祭花火大会(母の白滝駐車場) »

2016/7/24 自転車で行く夜景スポット(其の15)

赤黒くなるのを覚悟で走ります。この季節、薄曇りでもしっかりと焼けるんですよね。(^_^;
クソ暑い最中のサイクリングは多少の涼を求めて川沿いのサイクリングロード(以下CR)がメインになる訳ですが、残念ながら近場のCRはそれほどバリエーションもなく同じコースになりがち。

今回訪れたのもそんな笛吹川CR沿いの夜景スポット「米倉山太陽光発電所」です。
ハッキリ言って夜景スポットとしてはマイナーな、というか夜景映えしない展望地ではありますが、その地味さ故、冬場の星空の美しさと地味(笑)夜景コラボが際立つスポットだったりします。

11時頃自宅発、床屋に寄ってちょっと早めに昼飯。前回同様、濁川沿いを南下、笛吹川CR経由で荒川CR起点方面へ。平和通り(R358)下曽根橋を南側へ渡り米倉山を目指します。

Dscn2958_r
米倉山太陽光発電所へは東側から入るルートと西側から入るルートがありますが行きは東側から。写真の橋を渡るとほぼ直線で一気に上り坂。耐えられませんでした。押し歩き。(^_^;
ちなみに橋を渡らずに真っ直ぐ進むと先日訪れた「曽根丘陵公園」へ至ります。

という訳で米倉山太陽光発電所の展示施設「ゆめソーラー館やまなし」へ到着。

Dscn2959_r
小さい施設ですが太陽光発電に関する資料映像や展示があり結構お勉強にはなるかと。
3台程車が停まっていましたが施設内には夏休みの自由研究らしき家族連れが一組。
私も資料映像や展示を眺めながら大汗&疲れが引くまでゆっくり涼ませて頂きました。(^_^;

以前にも訪れていますが施設裏の階段を上がった先に展望台があります。今回は階段を使わず施設右手にある遊歩道で向かうことに。最初の綺麗な舗装路が続くと思いきや・・・

Dscn29602961_r_r
施設裏に回ったところからはこんな感じ。正直、遊歩道というより工事車両用感満載。(笑)
これといった眺望もない砂利道をトボトボ上ること10分程で展望台へ到着です。ふぅ・・・

展望台からの眺望はこんな感じ。

Dscn2966_r
発電山なので当然太陽光発電パネルも南側、当然眺望も南側となる訳で、北方に広がる市街地方面は望めません。写真で見えているのは先日訪れた「右左口」界隈の街並みです。
この方角の夜景はホント暗く地味ですが星空コラボには逆に好都合だったりします。(^_^)

展望台から唯一見える市街地方面はここくらい。

Dscn2970_r
前回訪れた「大蔵経寺山」の端っこと石和から山梨市方面の夜景が僅かに望めます。
見ようによっては明暗がハッキリした特徴ある夜景とも言えますがイマイチ感は否めません。

展望台には太陽光発電所の案内パネルもありますが・・・

Dscn2965_r
うーん、これは酷い。(笑) 縦筋は全てひび割れ。まあ、いかに日当たりが良いかを表しているとも言えますが一応、県のPR施設なんでもうちょっとメンテした方がよいのではと。

米倉山太陽光発電所の最後は当日の発電状況をば。

Dscn2972_r
この発電所、出来て既に4年程経っていますが、今では山梨県内にメガソーラーを名乗る大規模な太陽光発電所が何箇所か稼働しておりすっかり目新しさはなくなりました。
後は北側に簡単に車でアクセス出来る様にして市街地側に展望台でも設ければ結構人が集まると思うんですけどね。4年経っても変わり映えしなかったので今後もこのままかと。(^_^;

そんな発電山を後にサイクリング続行です。西側から下り坂を爆走し再び笛吹川沿いへ。
今度は笛吹川CRは使わずR140(笛吹ライン)で「道の駅富士川」を目指します。
途中「神明の花火大会」会場近くの三郡西橋の市川大門側にこんな東屋が。

Dscn2978_r
ぶら下がっている玉には「神明の花火、2尺玉」と書かれています。その下には鐘が。
解説板によるとこの鐘は「神明の鐘(神明の誓い)」と言い江戸時代から神明の花火を見た恋人同士は幸せになるとの言い伝えがあり、今の恋人達にも幸せになって欲しいとの願いを込めて設置した、と書かれています。花火大会の当日、鳴りまくる鐘が目に浮かびます。(笑)

かなりへばってきました。道の駅富士川でも長めの休憩をとって帰路は笛吹川CRで。
帰路は追い風でペダルもクルクルと快調に。米倉山の対岸辺りでまたパチリ。

Dscn2982_r
こうして見ても低っくい山だなあ。というか丘陵と言った方が正しいかも。
手前に見える茶色い建物は「シャトレーゼ本社工場」。山梨に来て知ったのですが、山梨が本拠地だったんですね。全国のシャトレーゼのスイーツは殆どここで作られているとか。

後は荒川CRから自宅へ。結局、夜景スポットよりもサイクリングメインになりましたが、夏場なんで高台へのクライムはやっぱり辛いです。平地をペダルクルクル回して何処までも。
しばらくは夜景スポット巡りもこのパターンが多くなりそうです。たまには温泉付きで。(笑)

« 2016/7/23 笛吹川県下納涼花火大会(釈迦堂遺跡博物館) | トップページ | 2016/8/5 河口湖湖上祭花火大会(母の白滝駐車場) »

夜景」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/63976103

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/7/24 自転車で行く夜景スポット(其の15):

« 2016/7/23 笛吹川県下納涼花火大会(釈迦堂遺跡博物館) | トップページ | 2016/8/5 河口湖湖上祭花火大会(母の白滝駐車場) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30