無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016/6/12 自転車で行く夜景スポット(其の13)

日中はすっかり夏の陽射し、今日の様に若干曇りがちなお天気はお肌に優しい自転車日和。
という訳で幾分は涼しい午前中からお出かけ、自転車(プレトレ)で行く夜景スポット13弾です。
道中、床屋に立ち寄りサッパリ頭で先ず向かったのは「花鳥山遺跡」。
眺望はもとより、リニアの見える丘として笛吹市が着々と整備を進めているスポットです。
標高は480m程、自宅からの距離と高低差は220m程からすると一応余裕で行けるハズですが、以前、近所の「八代ふるさと公園」を訪れた時にはかなりキツかった覚えがあります。
さて、今回はヘコたれずに辿り着くことが出来るのでしょうか。(^_^;

前回、八代ふるさと公園に向かった時とと同じルート、県道22号で八代の街中を抜け、若彦トンネル方面への案内板ががある森の上交差点から県道36号へ。ここから本格的な上り。

Dscn2813_r

さすがに体力もついてきたのでしょうか。前回は途中で耐えられず押し歩きした長い坂も今回は押し歩きなしでリニア軌道まで上ってこれました。休憩がてら軌道直下の公園でパチリと。
バンバンとバイクが上っていきます。この先は鳥坂峠を経て若彦トンネルに至る訳ですが、夜景的には富士山と河口湖コラボが素晴らしい「新道峠」へ至るお馴染みのルート。

Dscn2819_r
ひと踏ん張り上ると花鳥山遺跡への案内板が現れます。看板は小さいので気をつけていないと見過ごしてしまいそう。山梨界隈では有名な「ハッピードリンクショップ」の看板が目印。

案内板からはキツイ上りはありません。5分程で「花鳥山遺跡リニアの見える丘」へ到着。

Dscn2827_r

ここからの眺め自体はもう何度も訪れているので目新しさはありませんが、自転車で訪れたってことが重要。意外にもそれほど疲れを感じることなく到着することができました。(^_^)

Dscn2828_r
訪れたことがある方はご存知でしょうが、広々とした駐車場がある絶好なロケーションです。
以前は小型車用の枠線がメインでしたが、大型車用の枠線ばかりに。観光地化狙いが見え見えですが、大型バスが停まっているところは今のところ見たことはありません。(^_^;

道を挟んた駐車場の反対側の公園でトイレ休憩がてら一休み。

Dscn2829_r
ここには東屋があり若干木々が被るもののゆっくり腰を落ち着けて眺望&夜景を楽しむことが出来ます。初夏の陽射しのなか、木陰で涼しい風に吹かながら一服。(^_^)

そそ、この公園での唯一の見どころと言えばこれでしょうか。「花鳥山一本杉」です。

Dscn2831_r
案内板によると2本の杉が合着し巨木となったとのこと。なかなか見応えがあります。

さて、休憩も終えて新しいスポットへ。と言ってもここから50m程下った所ですが。
その名もズバリ、「リニアの見える丘花鳥山展望台」。実にストレートなネーミング。(笑)

造成される前に同じ場所を訪れリニアのトンネル直近から見ていますが、当時はそんな気配すらなかったのでこんな綺麗に整備されていたとは驚き。気合入ってるなあ笛吹市。

Dscn2837_r
ちょいとした展望エリアかと思ったら大違い。結構な広さです。一応立派な駐車場とトイレも完備され車でも入れる様ですが、入口の看板には入ってはいけない様な記述も。どっちや!(笑)

写真の東屋にはこんなモノが。「リニア走行状況表示」も設置されていました。

Dscn2840_r
これによると今、リニアは都留市の「山梨実験センター」に居る様です。以前は何時通るか運みたいなところもありましたがこれなら良く解りますよね。完全にリニアがメインだな。

この先にも東屋やベンチが整備されホントに間近にリニア軌道を見ることが出来ます。

Dscn2845_r_2
眺望ならこの上の花鳥山遺跡公園、リニアメインならここで決まりでしょうか。
結局実験線として頻繁に走行する様になって結構経つ(2~3年?)のですが、相変わらずフードはありません。開業時までそうかは解りませんが、軌道はほぼトンネルやフード内となるらしいので、もしこのままフード無しなら貴重な見晴らし区間になるのではと思われます。

さて帰り際、入っていいのかダメなのか解らない駐車場はこんな感じ。結構立派です。

Dscn2847_r
そのうち綺麗な花文字になるのでしょうか。いかにも造成されたばかり感が解る一枚かと。

花鳥山エリアはこれで終了。ここから一気に下り直下の広域農道へ。

Dscn2851_r
この手前の農道、綺麗な非常に気持ちの良い道ですが、写真の直ぐ右手は近隣住民のみが通行出来るエリアとなっており、勝手に入っては行けません。(入れますが(^_^;)
逆に左手は以前リニアの工事中は通行が制限されていましたが、現在は通行可能となっています。写真の解りやすい入口も最近出来たばかりで以前は非常に解りづらい入口でした。

さて、お次の目的地はこの農道を3km程下った先にある「みさか桃源郷公園」です。
公園の北側を通るこの農道からサクッと入れると思ったら大間違いでした。公園を大きく行き過ぎて一旦南側の県道に出てから公園入口を目指します。スゲー大回り。(^_^;

公園入口の駐車場はこんな感じ。

Dscn2852_r

写真のモニュメントが特徴的です。大昔に子供を連れて遊びに来たことがありますが、広々とした園内には大きな池や芝生広場、遊具等を備た親子連れには人気のスポットです。

Dscn2854_r
この公園、遊ぶには良いのですが見晴らし的にはイマイチだったりします。
駐車場から遊歩道沿いにちょい進んだ所にある写真の東屋辺りが一番のビューかと。

そそ、公園内を自転車押して歩いていたら管理のおじさんに「自転車乗り入れ禁止だよ」とご注意を。入口に表示はなかったものの別の公園出入り口にはしっかり注意書きが。(^_^;

Dscn2858_r

なのでこの一枚は貴重かと。(^_^; モニュメント下でパチリ。もう自転車では入りません。

これで本日の自転車で行く夜景スポットは終了!ですが、最後のお楽しみは・・・
そう、またしても温泉です。(笑)

今回訪れたのはここから2km程行った所にある笛吹市市営の「ももの里温泉」。
この道中の先には「見晴らし園」、その先には「釈迦堂SA」等の夜景スポットがありますが、今日はそこまで足を延ばすことは止めに。身体がそうしろと言っています。(笑)

Dscn2860_r
小ぶりな温泉でしたが、露天風呂も備えておりお風呂からの眺望もなかなかです。
食事が出来る広い休憩室も備えられているのでゆっくり出来るのではないでしょうか。
桃の花が綺麗な季節にまた是非訪れてみたい温泉です。(^_^)
この温泉から更に上った先にもう一つの見晴らし&夜景スポット「花見台」があるのですが、結構な高低差なのでもちろん行きません。お風呂でさっぱりした後は帰るのみ。(笑)

河口湖方面の夜景スポット「御坂路さくら公園」や「御坂峠」へ至る御坂路(R137)を一気に下りR20へ。途中のリンガーハットで体力回復(笑)の為、酢をたっぷりかけまくった皿うどんを食し自宅へ着いたのは3時前。総走行距離は約35km、高低差220m。最後が温泉だと思うと頑張れますよね。(笑) 天気はイマイチでしたが今回も気持ち良い道中でした。(^_^)

2016/6/1 右左口(うばぐち)林道

ついにやって来ました。「右左口(うばぐち)林道」です。(正式には「中道往還」)

なぜ行く気になったのか、それは軽自動車を買ったから。(笑)
この林道、数年前に前車、ラフェスタで峠まで行ったことがあるのですが、そりゃもう草木の生い茂る狭小悪路で戻って車みたらスジまるけ。幸いコンパウンドで落ちる程度のスジだったのでよかったですが今の車、XVでは行ってはいけない禁断の林道として位置づけられてたのでした。

そんな林道も軽自動車サイズなら躊躇なく入っていけます。しかも中古&普段使いはかみさんや子供なので多少の傷は気になりません。(笑) さあ、天気も良いし、行ってみるか!

ホント日が長くなりました。出かけたのは日没ちょいまえの18時半頃。車はまあ問題ないとしても夜間走るのは初めてです。上りがてら夜景スポットを確認、先日「自転車で行く夜景スポット」でも訪れた林道入口のゲートから4km程行った峠には広いスペースがあるのでここで転回して夜景スポットに戻る。で、丁度トワイライトな時間帯に到着って算段。
が、しかし!道幅はまだいいとしてボロボロ、ボコボコななアスファルト舗装路と未舗装ダートは軽にはチト荷が重く途中で峠まで行く気が失せました。(^_^; ゲートから2.5kmにある見晴らしの良い場所からちょい行った先で早々に転回(軽だから出来る)して戻ることに。
この林道、すれ違いが出来る退避スペース等は本当に少ないので要注意です。滅多に車が来ることはないと思いますが、来たら最後、恐怖のバック走行を強いられることでしょう。(笑)

前置きが長くなりました。たぶん相手が軽ならすり抜けられるかな?ってな位の場所に車を寄せて機材セット、丁度良いトワイライト加減になってきました。さあ撮るぞー!(^_^)

最大広角で撮ったトワイライト直後の夜景はこんな感じ。

D7k_3894_raw2_r
林道入口ゲート手前の2箇所のスポットとは違いその見おろし感は段違いです。
手前まで広がる面夜景とまではいきませんが、これがホントの「右左口夜景」って感じ。
東は山梨市「フルーツ公園」から西は南アルプス市方面まで広々夜景が望めます。(^_^)

この方角、且つ天気が良い日トワイライトにはもちろん八ヶ岳が欠かせません。アップで。

D7k_3899_raw2_r
甲府西方の市街地、手前の昭和町や中央市から遠方の韮崎市方面まで八ヶ岳をバックにゴージャスな夜景を見ることができます。高度的にも見た感じは「大鳥居林道」に近いかも。
さすがに冬場のクッキリ感はないですがこの季節にしては結構な好条件だったと思います。

さて、トワイライトも進み肉眼ではほぼ暗闇に。獣の鳴き声がいい感じで聞こえ出します。(笑)
最初の写真と同じ構図でもう一枚。

D7k_3902_raw2_r
トワイライトと言うにはチト厳しいかも。コントラストの高い画が好みならこちらもいいかも知れません。あ、眼下に見える光跡はR358(精進ブルーライン)。高さ加減がよく解るかと。

せっかく「笛吹川フルーツ公園」方面も見えているので撮ります。

D7k_3907_raw2_r
東方ということもあり既に暗く山並みを見ることは出来ませんが、フルーツ公園に続く光の帯、石和温泉界隈の明るい夜景が望めます。手前には「坊ヶ峯」のアンテナ群がシルエットで。

最後に最近撮っていない甲府市街地中心部のアップをば。

D7k_3909_raw2_r
丁度真ん中ら辺が甲府駅周辺ですが、意外にもそれほど明るくありません。駅の直ぐ後ろ北側は「積翠寺」や「千代田湖」続く山だからでしょうか。西方の夜景の方が見映えします。
そうは言ってもゲート手前では見られないこの見おろし感はやっぱり良いですよね。(^_^)

時間は既に20時過ぎ、トワイライトも完全に終了!という訳で撤収。
行きと違い真っ暗闇の林道下りはスリル満点。ご安全に!(笑)

という訳で「右左口林道」の夜景はいかがだったでしょうか。
入ることすら躊躇される様な悪路なので積極的にお勧めは出来ませんが、魅せてくれる美麗夜景は道中の苦労や恐怖(笑)を忘れさせてくれる素晴らしいモノです。是非、軽自動車(出来れば車高のある四駆)やバイク(出来ればオフロード(^_^;)で訪れてみてください。(^_^)

2016/6/1 自転車で行く夜景スポット(其の12)

今日は平日だけど何故か会社はお休み!
てな訳で最近訪れていない盆地北方の夜景スポットに行ってみたいと思います。

目的地は「自転車で行く夜景スポット(其の3)」で訪れた「敷島総合公園」の直ぐお隣に位置する「梅の里クラインガルテン」。後、一息でしたが上る元気なしでこの時はパス。(^_^;
標高は480mなので自宅との標高差は約220m、敷島総合公園との差は80m、距離的には10kmもないので寄り道せずに一気に向かえばなんとかなりそうです。
荒川サイクリングロードを北上して上り口に到着。さあ、行くぞ!・・・早速押し歩き。(笑)

Dscn2790_r
そうそう、ここからの眺めは両サイドを山裾にフレーミングされて視界は狭いのですが、その真後ろに上手い具合に富士山が来るんですよね。晴れてるものの雲間からちょこっとしか姿を見せてくれませんでしたが、好天ならば夜景撮りでもきっと映えるんじゃないでしょうか。(^_^)

公園真下に位置する「矢木羽湖」と言う貯水池の近くまでやってきました。ちょっと一息。
以前から気になっていた展望の良さそうな東屋に立ち寄ってみることに。

Dscn2792_r
うん、確かに見晴らしは良いですが・・・ まあ先の路上からの見晴らしと大差ないかも。(^_^;
何よりもここに辿り着く道中がいけません。はっきり言って道らしい道はありません。(笑)
舗装路からちょっとの距離ですが草ボーボーのあぜ道を抜けた先にこの東屋はあります。
付近の様子は写真のとおり。東屋の周りが全部こんな感じ。どうやら畑仕事の休憩場所として使われている様で鍬(クワ)とか農機具がいくつか置かれていました。吸い殻も多数。(^_^;

さて、そんなこんなで「梅の里クラインガルテン」へ到着!漕げる坂は頑張って漕ぎます。

Dscn2794_r
「梅の里クラインガルテンクラブハウス」の入口でパチリと。飲み物買って一休み。
ここから目的地の撮影ポイントまで後ひと頑張り、標高差は後50m。エイヤ!

Dscn2797_r_2
到着~!ほぼ押し歩きですが。(^_^;
眼下には先ほどのクラブハウスが見えます。富士山は左にある山側に寄ってしまいますが眺望はグッと開けます。お隣の敷島総合公園の方が広い範囲を見ることが出来ますが、ここは更に高度があるので見下ろし感重視ならこちらでしょうか。夜景もグッドなポイントです。(^_^)

本日の最高地点はここ。同じ道を戻ってもつまらないので「サントリー登美の丘ワイナリー」直下の大垈(おおぬた)地区を経由してお次の目的地へ。あ、夜景スポットではありません。
温泉です。(笑)

下る一方かと思いきや大違い。アップダウンを繰り返し着いたのは中央道「双葉SA」からちょっと下った所にある「神の湯」。以前から気にはなっていましたがついにやって来ました。

時間は丁度お昼です。駐車場に車は殆どなし。ネーミングもさることながら、ホテルの外観や色あいがちょっと怪しい感じですが普通の温泉ホテルです。従業員さんもいい感じ。(^_^)

Dscn2812_r
立ち寄り湯はタオル2本付きで1000円とちょっとお高いですが時間制限はないですし、お風呂もなかなか良かったです。平日だからでしょうが、なによりも人がいない。1時間程の入浴中に入ってきたのは2人だけ。途中30分程は大浴場を独り占め。ゆっくりできました。(^_^)

ここから自宅まではチャリで30分。帰宅後に家族で昼食へ。もちろん自動車です。(笑)
今回は行程的には約25kmと短めでしたが、標高差からするとこれくらいで止めといた方が良いかも知れません。もう身体が学習しています。明日は普通に仕事ですしね。
とか言いながらこの後、夜景撮影に出かけてたりしています。(^_^; それはまた後ほど。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30