無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/3/13 自転車で行く夜景スポット(其の10)

夜景はどうなっとんやー。(笑)
という訳で今回ついに10回目、ママチャクロス(プレトレ)で行く夜景スポットをば。
※私のプレシジョントレッキングはモデルチェンジに伴いHPから消えました。(T_T)

当日はこれと言った目的地を決めずに出発。なんだかんだ言って坂を上るのは辛いんで平地の川沿いサイクリングロードを走って済まそうかと思ったのですが、済みませんでした。(笑)
もう何処を走ったのか覚えてないぐらいグダグダと走って辿り着いたのは以前にも訪れた釜無川「信玄堤」。そう言えば先日TVでこの辺のことやっていたなあ、ってことでプチ観光です。

Dscn2461_r

先ずは武田信玄の治水事業で設置された「聖牛」と解説看板の前でパチリと。

Dscn2463_r
こんな感じで川沿いに点々と設置されている訳ですが効果の程はどうなんでしょね。
なんか実際に増水するとあっという間に流されそうにも見えますが。(^_^;

が、しかし。これだけではありません。信玄公はちゃんと考えているんです。

Dscn2465_r
先ほどの場所から少し上流側に進むと「高岩」と呼ばれる岩の壁が。この先で行き止まり。
釜無川に直行する様に様に合流する「御勅使(みだい)川」(変換できん(^_^;)の流れをこの高岩にぶつけて流れを弱めてから「聖牛」で更に弱めるって訳。うーん、信玄公さすがです。

さて、プチ観光&歴史のお勉強も出来て身体も休まりました。平地だけで済ますつもりでしたが、ちょっと上ってみようかと。近場の夜景スポットかあ・・・あったっけな?
あ、「ドラゴンパーク」があるじゃん。夜景撮りしたことないので印象が薄かっただけ。(笑)

という訳でとっとと向かいます。
信玄堤は実はR20の直ぐ近く。エイヤっ!と坂を上るとそこはバンバン車が走るR20。
ちょうどこの右手辺りが先ほどの「高岩」。ようは高岩の上がここら辺ってこと。

Dscn2468_r

公園入口の「赤坂台総合公園」交差点から東方(市街地方面)を。何を撮りたかったかというと富士山なのですが、肉眼では良く見えたものの写真では霞に埋もれ余り見えず。(T_T)

同じ場所でカメラを反対側の西方に向けると甲府らしい二つの有名店の看板が。

Dscn2469_r
山梨B級グルメで有名になった「鶏もつ」発祥のお蕎麦屋さんと言われる「奥藤(おくとう)」と、これまた名物の「ほうとう」で有名な「小作」のツーショット。まあ本店じゃありませんが。(^_^;

信号を渡ってちょい坂上りで到着です。
正式には「赤坂台総合公園」で「ドラゴンパーク」は通称と思われますがよく解りません。(^_^; 
昔TVドラマでやっていた「ウォーターボーイズ」の撮影地としても時々使われてたような。

そんな公園のシンボルと言えばこの展望塔。

Dscn2497_r
高さは30mちょいの小ぶりな塔ですが、そもそも高台なので見晴らしはなかなかなモノ。
現在は17時迄しか上れませんが夏場になると有料で夜も上れるらしいです。(要確認(^_^;)

展望台からの眺めはこんな感じ。4枚繋ぎのパノラマで。

20160313_p02_r
直下の公園の向こうに広々とした市街地方面を望むことが出来ます。富士山が殆ど見えずちょっと残念でしたが、これは是非夜景撮りしてみたい!冬場に上らせてくれないかなあ。

反対側、西方もパチリとパノラマで。

20160313_p03_r
正面が公園駐車場。左手のお洒落な建物は「誓いの丘イストアール」という結婚式場。
こちらも空気が澄んでいれば雄大な山々が見られるのですが今日はイマイチ。

ひとしきり眺望を楽しんで展望塔を降ります。テラスっぽいところから公園側を見ると・・・

Dscn2495_r
ちゃんと「ドラゴン」が居ました。(笑)
かなり昔、子供を連れて遊びにきたことがあるのですが、その時にはなかったような。
「ドラゴンパーク」の由来は解りませんが、公園自体は写真のとおり広々した芝生広場とその周りにある遊具、遊歩道が整備された良い公園です。当日はまだ寂しい感じでしたが季節になると美しい花々が公園を縁取り一段と良い感じになりますので是非訪れてみてください。(^_^)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30