無料ブログはココログ

« 2016/1/1 甲府自宅からの初日の出 | トップページ | 2016/1/9 大鳥居林道の道中と夜景 »

2016/1/2 金華山展望公園と名駅周辺今昔物語

さあ、この時期恒例の展望地にやって来ました。岐阜県岐阜市「金華山展望公園」です。
目的は年始恒例のここから望める名古屋駅前の高層ビル「ミッドランド・スクエア」の壁面に描かれる「2016正月」の窓文字。昨年は降雪の為に展望台に行けなかったんですよね。

2011年から撮り始めたこの窓文字、201220132014と連勝だっただけに2015が撮れなかったのは残念でしたが帰省中の限られた時間だし、また次回撮ればいいやと思ったものの・・・
結果から言うと「2016」は撮れませんでした。(T_T)
というかそもそも窓文字があったのかすら解らずじまい。その辺の理由は後述するとして。
先ずはそんな「金華山展望公園」からの当日夜景をば。先ずは西方の夜景から。

D7k_3481_r

長良川に架かる忠節橋とその先の瑞穂市方面の夜景となります。
当日は甲府での連日快晴に反し、曇天ではないものの雲の多いモヤったお天気でした。
毎年この時期は撮影も苦痛な程の寒さだったのですが10℃近くと殆ど寒さは感じません。
訪れるカップルもいつもなら「さむーい!」とか行って早々に立ち去る(笑)のですが、今日は他のグループや本気夜景撮影に訪れている方々ものんびりと楽しんでおられました。

今回の目的は窓文字な訳ですが一応定番の岐阜市街地方面の夜景も。

D7k_3486_r
晴天だと山並みと焼けが美しいトワイライト夜景となるところでしょうが今日はダメ。(^_^;
でもやっぱり綺麗です。見に来ていた人が「岐阜の夜景も捨てたもんじゃない」なんて言ってましたが、甲府在住の私も故郷に美しい夜景スポットがあるってのは嬉しいもんです。(^_^)

さて、ひとしきり定番夜景撮影を終えていよいよ「2016正月」の窓文字撮影です。
展望台の一番南端から先ずは一宮市や名古屋市方面の全景をばパチリと。

D7k_3499_
遠望夜景、ようは名古屋市街地方面はかなり霞んでいて肉眼では殆ど見られません。
写真でなんとか浮かび上がらせていますが、一見して窓文字撮影はかなり厳しいかと。
焦点距離はDX31mm(35mm換算46mm)で撮っていますが何処が名古屋駅(以下名駅(^_^;)周辺なのか解らないので画中に表示しておきました。どっちにせよ解りませんが。(笑)

でも霞な中に名駅ビル群の明かりを発見!正確には赤い「航空障害灯」ですが。(^_^;
DX200mmにレンズを交換して撮影、私の技量で最大限に補正した結果がこれ。

D7k_3524_raw2_filtered_r

ビル群の形は殆ど解りません。航空障害灯が縁取っていなければたぶんさっぱり。(^_^;
それよりもなによりもミッドランド・スクエアの「2016」窓文字はまったく見えません。
比較画像として一昨年「2014正月」の窓文字はこんな感じ。(2014/1/2撮影)

D7k_7885_up_r

いくら霞んでいるとは言え、周囲の見え具合からすると薄っすらとでも見えるハズ。
でも、まったく見えないのです。今年は点灯されていないのかな?
いや、違う、何か様子が違うぞ。よーく見比べるとミッドランド・スクエア手前に見慣れない航空障害灯が見えています。これはひょっとして・・・ NEW大名古屋ビルヂング?!

結局、見られないまま一旦かみさんの実家に戻って調べてみました。
「金華山展望公園」からミッドランド・スクエア方面を遮る方向につい3ヶ月程前、2015年10月に竣工、高層ビル化した「大名古屋ビルヂング」がモロ被ってるじゃありませんか。(^_^;

写真では建物は殆ど解らなかったので地図上で位置関係を確認です。

_r
緑の線上、北方向の先が今回の展望地「金華山展望公園」となります。
大名古屋ビルヂングを貫いてミッドランド・スクエアの窓文字表示壁面に一直線!(笑)
これじゃダメだわ(^_^; ビルの高さは大名古屋ビルヂングが70m程は低いものの、2014年の窓文字の高さからするとほぼ隠れてしまっています。見られなかった理由はこれで確定。
「金華山展望公園」から毎年恒例の窓文字はもう見られないってことですね。(T_T)

という訳で、失意のうちに撤収。2015年始ならまだ半分程の高さだったので見られたかと思うと残念感も倍増です。でもこれで毎年年始の呪縛から逃れられたかも。サッパリ。(笑)

さて翌日1月3日、その名駅近辺に用事で出かけることに。被せた張本人を見てやる!
名駅前から見た「大名古屋ビルヂング」と「ミッドランド・スクエア」はこんな位置関係。

Dscn2008_r
近すぎて画に収まりませんがこの高さ&この位置関係じゃあ被るわな。(^_^;
そもそも今年「2016正月」の窓文字があったかどうかすら解っていません。
ミッドランド・スクエアのインフォメーションにでも聞いてみようかと思いましたがヤメました。(笑)

ちなみにこの大名古屋ビルヂング、昔から名駅前の名物ビルとして有名な建物ですが、名駅を訪れたのが久しぶりということもあり、その造形になんだか胸熱に。で、昔はこんな形。

20080812181724_r
2008年当時の姿なのでそれほど昔って訳じゃないですが、屋上にあった特徴的な球体ネオンとかは既になくなっています。そしていかにも高度成長期を象徴する様なこの造りと形。
これが私の記憶の中での大名古屋ビルヂングでしたが、今は・・・

Dscn2033_r
こーんな高層ビルに!下層部が旧ビルの面影(造形)を残しているところが泣けます。
なんか見る角度によっては土台のある石碑やお墓(笑)、みたいにも見えますが全面ガラス張りのスタイリッシュなビルとなり新たな名駅前のランドマークとして生まれ変わりました。

ふと気が付くとこの他にも名駅周辺の再開発は進み高層ビル建設ラッシュの模様。

Dscn2017_r
左端の半身が言わずと知れた名駅ツインタワービル。真ん中はかつて松坂屋やホテルが入っていた箇所に建設中の「JRゲートタワー(2017/2竣工予定)」その向こうの高層ビルが2015/11に竣工した「JPタワー名古屋」ここはかつて名古屋市中央郵便局があった所です。
こうしてたまに来てみるとその変貌ぶりに驚くばかり。景気いいなー。(笑)
そんな名駅周辺も含め「名古屋市超高層ビルデータ」なるページがあったのでご参考迄に。

さあ、上記のビルの位置関係や名前は覚えられたでしょうか?
今回、窓文字が見られなかったのが余程悔しかったのか(笑)こんな動画を作りました。(^_^;

窓文字に大名古屋ビルヂングが被っている様子、先ほど紹介してきた新しい高層ビル達の「金華山展望公園」から見た位置関係がなんとなく解るかと。窓文字見えなくてももうちょっとクリアな夜景なら良かったんですけどね、残念ながら素材がこれだけなので。(^_^;

途中から完全に横道に逸れた感がありますが、こういったことを機会に名駅界隈の今昔を振り返れたのは良かったかと。新年を迎えたことですし、どんどん変わらなきゃね。(^_^)

« 2016/1/1 甲府自宅からの初日の出 | トップページ | 2016/1/9 大鳥居林道の道中と夜景 »

夜景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/63002053

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/1/2 金華山展望公園と名駅周辺今昔物語:

« 2016/1/1 甲府自宅からの初日の出 | トップページ | 2016/1/9 大鳥居林道の道中と夜景 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30