無料ブログはココログ

« 2016/1/10 愛宕山少年自然の家 | トップページ | 2016/1/24 自宅夜景(富士とオリオン) »

2016/1/16 高下オリオン

1月も早半ば過ぎ、ダイヤモンド富士の見頃を過ぎるといきなり寂しくなる夜景スポット。
そう、それがここ。山梨県富士川町の「高下(たかおり)」です。
とかくダイヤモンド富士の名所であることばかりが話題になりますが、遠くに見下ろす盆地夜景、そしてその星空の美しさも忘れちゃいけません。今回はそんな高下とオリオンのコラボをば。

この時期、トワイライトが終わる頃にはオリオン座は東の空に全容を現し燦然と輝きます。
富士山や夜景とのコラボを考えるとあっという間に高度を上げるオリオンが出来るだけ低空のうちに捉えないといけません。まだ明るさが残る17時半頃には現地着して宵闇を待ちます。
ん?、富士山に雲が!前にもこんなことがあったような。(^_^; でも山頂はなんとかキープ。

時刻は17時50分頃、肉眼ではぼぼ暗闇に見える東の空にオリオンを確認。撮ります!

20160116_p01_r

若干の青みを残す夜空に浮かんだオリオン。富士&夜景とのコラボです。(Nikon D7000)
所有のレンズDX16-85の最大広角16mm(35mm換算24mm相当)でも全ては画角に収まらないので2枚繋ぎのパノラマにて。繋ぎ目がモヤってるなあ。いかにもパノラマ泣かせな画。(^_^;
完全な暗闇じゃないので星の輝きがイマイチな感じですが全体のバランスは良いかと。

最大広角16mmで収まる範囲はこんな感じ。

D7k_3637_r
以前から解ってはいましたが見てのとおり富士と夜景は両立できないんですよね。惜しい。
最大広角でこれですからオリオンが見える頃には既にかなり高く昇っているのが解ります。

お次は横構図でオリオン座を中心に。トワイライトもほぼ終り星の輝きが増してきます。

D7k_3647_r
横構図ではちょっとアップにするだけで画に収まらないくらい高度が上がっています。
せっかくなのでこんどは富士山をど真ん中にしてパチリと。

D7k_3648_r
こっちもパノラマにすればよかったかな。(^_^; 周囲の山々の稜線が綺麗。
夜景の街明かりから遠くなった分、よりいっそう星空が映えて見えます。

なんだか西方から雲の大群が迫ってきました。お隠れになる前にグッとアップで縦構図。

D7k_3655_raw2_filtered_r
富士山の存在感がチト薄くなりましたがオリオン座は上空に燦然と輝きます。
そそ、最初の写真からずっと写っている富士の左手の赤い光。方角的には富士吉田の街明かりが雲を照らしているのが見えていると思われます。これもまた幻想的な風景かと。

最後に盆地夜景をアップで撮りましたが過去に撮った方が遥かに出来が良いので割愛。(笑)
高下の秋夜景」や「ダイヤモンド富士」撮影時に撮った夜景が今のところベストかと。
星景写真目的では北斗七星とのコラボも撮ってました。この時は富士山は見えず。

とまあ、ダイヤモンド富士だけではなく色々と楽しめる高下です。アクセスも楽ですしね。
空気の澄んだ日に是非訪れて、美しい星空、夜景、富士山を満喫してみてください。(^_^)

« 2016/1/10 愛宕山少年自然の家 | トップページ | 2016/1/24 自宅夜景(富士とオリオン) »

夜景」カテゴリの記事

星景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/63087061

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/1/16 高下オリオン:

« 2016/1/10 愛宕山少年自然の家 | トップページ | 2016/1/24 自宅夜景(富士とオリオン) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31