無料ブログはココログ

« 2016/1/9 大鳥居林道の道中と夜景 | トップページ | 2016/1/10 愛宕山少年自然の家 »

2016/1/10 自転車で行く夜景スポット(其の7)

今年最初の「自転車(プレトレ)で行く夜景スポット」第7弾いってみたいと思います。
前回の反省を踏まえ(^_^;今回はライトに、って訳で目指したのは笛吹市境川町の「坊ヶ峯」。
ここなら往復20km程度、且つ登りも一回なのでたぶん足は死にません。(笑)

午後1時過ぎ自宅を出発。笛吹川に架かる中道橋を渡るとジワジワと上りに。
一服がてら現地近くの路上から一枚。ここまでは30分かからず。近いなー。

Dscn2075_r
手前を走るのは中央道。坊ヶ峯は境川PAの直ぐ隣りという位置関係になります。
何度も訪れている坊ヶ峯、何時もは甲府南ICから境川町方面に向かい南側の上り口からアクセスしていますが、今回は北側の細い道から上ることに。自転車ならではのコースかと。

Dscn2078_r
上り口直前の様子はこんな感じ。ちょっと解りにくい&普通車だとイヤな感じかも。(^_^;
怪しい感が満載ですが、この先を左に入ると上り口です。電波塔は見た目はもう目の前。

上りだしてからはいつものパターン。急坂は素直に押し歩きです。

Dscn2080_r

鬱蒼とした竹林は南側から上ると見られない風景です。進むこと約10分。現地へ到着!
先ずはいつも車を停める石碑の広場で地元ローカルTV「UTY」の電波塔と共にパチリと。

Dscn2085_r
ここからは殆ど眺望がないので素直に展望台方面へ。

Dscn2095_r_2

ジャジャーン!出ました、立派な展望台。(笑)
付近の寂れっぷりは変わらず。夜は怪しさ満点ですが昼間は・・・やっぱり怪しいな。(^_^;
本当に抜群な見晴らしなだけにちゃんと整備すればと常々思うのですが。その気なし?

出来なくはないですが、さすがに展望台に自転車を持って上がることはしません。
展望台の足元からでも結構な見晴らしなので自転車と共に。

Dscn2091_r
展望台の足場越しに甲府市中心部とと茅ヶ岳、八ヶ岳方面を望む。

Dscn2093_r
山梨市、甲州市(勝沼)方面を望む。

昼間の眺望も撮り尽くした感がありますが、やっぱり展望台には上ります。

Dscn2096_r

もう一度、山梨市と甲州市方面をば。良い天気だなあ。
毎年4月に見られる笈形焼きと大文字焼きが一画角に収められるのも私的には高ポイント。

Dscn2098_r
甲府市街地、甲斐市、韮崎市、南アルプス市北部はこんな感じ。
確かに高度は低いですが眺望の広さはトップクラスじゃないでしょうか、ここ。

Dscn2100_r
西には太陽光発電山の「米倉山」が。前回訪問から随分経ちますが整備は進んだかな?

Dscn2102_r

ここから望むリニアの軌道は現在こんな感じ。進んでいる様な進んでないような。(^_^;
トンネルの上辺りが「八代ふるさと公園」、貫いたその先の方が「花鳥山遺跡」付近です。

せっかく天気も良いので夜景スポット絡みの方面をアップで続けて何枚か。

Dscn2103_r
言わずと知れた「笛吹川フルーツ公園」ですね。
右手には塩ノ山が写っているので「塩山ふれあいの森総合公園」も同じ画角内かと。

Dscn2104_r
正面が「大蔵経寺山」の撮影地。こうしてみると結構な高台です。右端が石和温泉方面。

Dscn2110_r
西から順番に撮ってるので。(^_^; しつこいですが愛宕山から甲府駅周辺中心部をば。
愛宕山県立科学館」、「千代田湖白山」、左端には「湯村山(湯村ヒルズ)」が見えています。

Dscn2106_r
甲斐市、韮崎市方面。遠いですが右手には「敷島総合公園」、左手は「韮崎平和観音」、「甘利山」が望めます。手前の市街地は昭和町界隈。ここも夜景が映える一帯です。

Dscn2112_r
ぐるっとアップで眺望の最後は南アルプス市方面。左手の尖り山は甲斐駒ケ岳。
正面が「甘利山」、左手が「白根パラグライダースクール」、「桃花橋ループ」方面。

いやー、久しぶりにじっくりと見渡しました。苦労して自転車で来たので特に念入りに。(笑)

一通り眺望も満喫したところで「坊ヶ峯の歴史と眺望」でもお読みください。

Dscn2115_r
展望台設置当初の意気込みが感じられます。だったらもっと綺麗に整備しようよ。(^_^;
とボヤいたところで坊ヶ峯は終了。来た道を一気に下った先に気になる施設が。

Dscn2126_r
山梨県境川自転車競技場」の駐車場より。ここ、以前から存在自体は知っていましたが立ち寄ったことはありませんでしたが、実際に見てみると結構立派な施設じゃないですか。

コース全景をパノラマで。全てフルオートで撮ったので繋ぎが不自然なのはご容赦を。

20160110_p01_r

坊ヶ峯の上り口手前に、その名も「坊ヶ峰」ってペンションがあっていったい誰が泊まるんだろ?と思いましたが、施設利用者や競技会の開催時に使われるのではと。推測ですが(^_^;

さて、後は下りと平地ばかり。楽ちん楽ちん。途中チト用事を済ませて4時頃帰宅です。
総走行距離はジャスト20km。そう、この軽い疲労程度で止めておくのが一番。(笑)
一服したらお次は車で夜景撮り、好天時の定番行動。(笑) こちらはお次の記事にて。

« 2016/1/9 大鳥居林道の道中と夜景 | トップページ | 2016/1/10 愛宕山少年自然の家 »

夜景」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/63077752

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/1/10 自転車で行く夜景スポット(其の7):

« 2016/1/9 大鳥居林道の道中と夜景 | トップページ | 2016/1/10 愛宕山少年自然の家 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31