無料ブログはココログ

« ドライブレコーダー(IPT-DRFHD300FG)取り付け編 | トップページ | 2015/6/1 甲府から道の駅富士吉田 »

ドライブレコーダー(IPT-DRFHD300FG)レビュー編

前回までのあらすじ。
すっかりご無沙汰の車載動画を再開すべくパソコン工房でドラレコを購入。無事取り付けも終わりダッシュボード内のUSBから電源を取るも強制的にデータ通信モードとなり使えず。結局は付属品のシガーソケットアダプタで給電するも一部ケーブル露出でイマイチな結果に。

という訳で、レビュー前にこの電源ケーブル問題の解決編をば。
ようするにデータ通信しない様にすればいい訳です。USBの5Vは1番品と4番品(GND)に出ているのでデータ通信用の2番と3番ピンを殺せば一件落着!手元にあったUSB中継ケーブルにハサミ(笑)を入れます。実際にはコネクタ本体をバラして2番と3番の端子をちょん切っただけ。傷口はビニールテープぐるぐる巻して終了です。現物はこんな感じ。

Dscn1156

ビニールテープが痛々しいです。(笑)
もっとスマートにやれよ!と仰る諸兄もいらっしゃるでしょうが、目的を果たせばそれでよし。
元のUSBケーブルに戻してダッシュボードに押し込んで終了!完成です。(^_^)

さて、ケーブル問題も解決したし、本題のレビューにいってみたいと思います。
ドラレコ「ITプロテック IPT-DRFHD300FG」の詳細仕様はメーカページを参照ください。(笑)
というか、同価格帯のドラレコは仕様を見る限りどれも大して変わり映えしません。仕様だけ見ているとどれを選んでいいのか悩みますよね。結局はデザインが好みとか、人気があるからとかで選ぶ方が多いと思われますが、仕様からは見えない部分を主にレビューしてみようかと。

<WDR機能>
いわゆる夜間や逆光時の映像の明暗差を平均化して暗く潰れる所は明るく、明るい所は
白飛びを抑えて、という機能ですが結論からいうと、何れの場面でも言うほどの効果を感じることは出来ませんでした。夜間は明るい看板やヘッドライトに照らされたナンバープレートは殆どが白飛びして読めません。色んなシチュエーションでON、OFFの差を試した訳ではありませんが、たぶんOFFよりマシってぐらいじゃないでしょうか。これはチト期待外れ。

<Gセンサー>
事故等で車に衝撃が加わった際に録画中のファイルにロックをかけて上書きされない様にする機能です。給電されていない状態でGセンサーが感知すると内蔵バッテリーで電源が入りファイルロック状態で録画が始まります。撮影時間は1分ぐらいですが、これは駐車中の当て逃げとかに有効かと。でもカメラの画角から外れてると意味ないですね。(^_^;
Gセンサーの感度は検知し易い方から2G、4G、8Gと設定出来ますが、ドアをちょっと強めに閉めたりしただけで何れの感度でも検知したりするのでその差はよく解りませんでした。

後日この機能は突然動作しなくなりました。というか上記取り消し線の箇所で書いた様な動作をしなくなった、と言った方が正しいでしょうか。ようはドアを強く閉めた程度で感知していたGセンサーが効かなくなったということです。故障では?ということで販売店(パソコン工房甲府店)に相談したところ快く交換して頂けましたが変わらず、もう一台も試させてもらいましたがこれもまた一緒(^_^; ひょっとして正常だと思っていた方が異常だったの?ということでとりあえず交換してもらったドラレコにしつこく(笑)衝撃を与え続けましたがまったく感知せず。うーん、どうなんでしょ。

後日、販売店さんから電話があり、メーカに問い合わせたところドア閉めや手で振ったぐらいでは感知しない仕様とのこと。最初のが異常ってことらしい。ホントかなあ。(^_^; 画質も良いし当て逃げとかに有効な機能だと思っていただけにちょっと残念な結果になってしまいました。

Gセンサー機能のその後 (2015.7.31時点)
その後、この機能についてメーカサポート担当さまと何度かやりとりさせて頂きました。
「軽い衝撃でGセンサーが感知し電源オン、録画開始動作は仕様ではない」とのことでしたがどうしても動作させることが出来ず、機能自体が有効か否かを確認する術を問い合わせたりしていた訳ですが・・・ 結果からいうと初回購入機と同じ動作を復活させることが出来ました。(^_^)

取説やWeb上には記載されておらず、バージョンによっても違う様ですが、モード変更ボタンの「M」を長押しすることで画面左端に「P」と「P/」が交互に表示され、これを「P」に設定することで上記の朱書き取り消し部で紹介した動作となることが解りました。サポート担当さまによるとメーカではこの動作は不具合とされており詳細は説明出来ないとのこと。勝手な推測ですが、機能として搭載はしたものの、完成形には至らず公にしなかったのでしょうか?
確かにかなり過敏に感知するので人によっては歓迎されない動作なのかも知れませんが、走行中の悪路や段差等には殆ど反応せず、ドア閉めの様なワンショットの衝撃を感知することから当て逃げ、イタズラ等にはある程度は有効な機能だと思われます。もし公にされていない理由が完成形でない為であれば、是非完成形にして公開にして欲しいものです。(^_^)

最後まで不明だったのは初回購入の筐体が本当に不良だったか否か。知らない内にモードを変更してしまったかも。(^_^; 又、「P/」とした時、本当にGセンサーとして機能するか否かがハッキリしなかったこと。Gセンサー機能を完全にOFFしているのか、有効なものの非常に強い衝撃でないと感知しないのか、テストモード等は無い様なので確認する術はありません。

という訳で色々不思議(笑)な製品でしたが目的の機能を復活させられたので良しです。
サポート担当さまには真摯に対応頂けたこともあり返って印象が良くなりました。(^_^)

<暗視機能>
レンズ回りに4つのLED(赤外線)があり夜間撮影時に有効、とありますがドラレコとして遠方を撮影する分には当然なんの効果もありません。車の直ぐ前方やカメラとして暗い場所で使う場合は補助光として有効かも知れませんが、これは他社、他機種でも同じかと。

<レンズ視野角>
175度とかなり広いです。広角なのはドラレコの目的からすると良いのかも知れませんが、純粋に車載動画として見ると肉眼で見た時の距離感や周辺部の樽型歪とかで違和感を感じる人もいるかも知れません。撮影中でも段階的に4倍までデジタルズームが効くので1.5倍程度にズームして撮影するのも手かと。電源が切れるとリセットされますが。(^_^;

<動画解像度と記録時間>
売りは300万画素のFullHD(1920X1080 30fps)で画質的にはかなり綺麗な部類かと。
常時(ループ)録画は1分、3分、5分、から選べますがFullHDだと5分で約480MBのファイルサイズとなります。32GBのMicroSDだと約6時間分が記録できます。もっと長時間残したければ画質をHD(1280x720)にすればいいかと。経験上、この解像度でも結構綺麗だと思います。

<常時(ループ)録画機能>
どの機種でもある機能ですが、例えば5分で1ファイルとすると撮影時間/5分の数だけファイルが出来て、SDカードが一杯になると古いファイルから上書きされていくという仕組み。
重要なのがこのファイル間の繋ぎ目、酷い機種だと1秒から数秒の間が空く(この間は録画されない)らしいですが、この機種の場合はファイル間の繋ぎ目はピッタリ1秒(30フレーム)間ラップして記録されます。ホントにピッタリ30フレームなので後で動画編集ソフト等でシームレスに映像を繋ぐことも容易に行えます。まあラップなしの方が楽ですけど空くよりよっぽどマシ。(^_^;

<動態検知>
ようは前を動く物が横切ったりすると録画開始ってことでしょうが、たぶん余り実用的でない機能だと思います。(用途によっては使えるかも?) 設定していないのでよく解りません。(^_^;

<操作性等>
Webでは取説と本体操作が合ってないとか書かれてましたが私の筐体は大丈夫の様。(笑)
設定やモード切り替えが本体両側のボタンを両手で操作する様な操作系になっているので直感的には使いづらい感じですが、一旦設定してしまえばそうそう変更する訳でもないので自分的にはまあ許容範囲かと。モニタは3インチと大きいので見やすくていいです。(^_^)
後、他機種も同様と思いますが電源が入ると勝手に録画モードに入ります。これは良し。
カメラモード、再生モードについては特筆すべききことはなし。カメラとしてはたぶん使わないし再生モードはデジカメの再生と同じ感じなんで。本体でやることも殆どないですしね。

さてさて、何か書き忘れている様な気もしますが、使った所感はこんなところ。
後は百聞は一見にしかず。画質等は実際に撮影した映像を見てもらうのが一番かと。

参考動画として、昼(実際は朝ですが)、夕方、夜、の3シーンを撮ってみました。
YouTubeにアップした歳、解像度が下がってしまいましたが、実際の映像、特に昼や夕方はかなり綺麗だと思います。夜はちょっと荒いですがドラレコとしては必要十分な画質かと。

夜画は街明かりの多い市街地だともっと綺麗に明るく撮れると思われますが、比較的外灯の少ない郊外の方が参考になるのではと。LED信号機は夜は完全に点灯状態で映りますが、昼は点滅した様に、昼と夜のシャッタースピードの関係でしょうか。信号機の色が消えてしまう機種があるらしいですが、ドラレコの目的からすると本末転倒ですよね。(^_^;

さて、また長くなりましたがドラレコのレビューはいかがだったでしょうか。
このドラレコ、画質、機能、使い勝手については価格からしたら十分な出来ではないかと。
目的のひとつがご無沙汰していた車載動画の再開でもありますし、自分の用途としては良い買い物が出来たと思います。夜景撮りの道中等でまた紹介しますので見てやってください。(^_^)

« ドライブレコーダー(IPT-DRFHD300FG)取り付け編 | トップページ | 2015/6/1 甲府から道の駅富士吉田 »

カメラ機材」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

車載動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/61681753

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブレコーダー(IPT-DRFHD300FG)レビュー編:

« ドライブレコーダー(IPT-DRFHD300FG)取り付け編 | トップページ | 2015/6/1 甲府から道の駅富士吉田 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31