無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/5/22 新道峠と蠍座

梅雨入り前に、お月様がやって来る前に、たぶんこのシーズン冠雪を残した富士山と蠍座のコラボは今日を逃したらもう無いかも知れません。天気も良いですし。もう行くっきゃない!!

という訳で、仕事終わって帰宅直後の22時出発。目的地は定番の「新道峠」です。(^_^)
実は昨年の同時期に撮影に訪れたのですが、夜景は望めるも富士山はガスの中、蠍座もなんとか透けて見えるぐらいってことで見事に撃沈。リベンジは来年同時期にと相成った訳です。

そんな意気込みで到着した新道峠には23時頃に到着。駐車スペースに車は1台のみ。
車を降りて上空を眺めると・・・ をを、結構雲出てるじゃん。盆地内からは良かったのに。(^_^;
富士山と南天方面に雲が無いことを祈りつつ、10分程度で行けるいつものの第2展望台へ。
うーん、富士山はOKもその後ろには昇ってきた蠍座の下半身を覆い隠す様に見事に雲が被っています。とりあえずセッテイングしてシャッターチャンス待ち。ちゃんと撮れるのか?!
そんなシャッターチャンス待ちをしているところにもうお一方が来られました。富士山と夜景が目的とのこと。ほら、あそこに蠍座がー!雲がー!とかトークしながら撮影開始です。(笑)

という訳で雲の切れ間、というか薄くなったタイミングで撮ったのがこれ。先ずは横構図から。

D7k_2561_raw2_filtered_r
なんとか蠍座確認。雲との境が曖昧ですが薄っすらと天の川も写し撮ることができました。(^_^)
16mm、f3.5、ISO3200、S/S30秒にいつものハーフソフトハーフNDフィルターを使用です。
RAWから加工してコントラスト高めでちょっと青っぽく仕上げてみましたがどうでしょうか。
雲ひとつないスッキリ夜景は確かに綺麗ですが雲とコラボする星景写真もいいもんです。

さて、また雲が被ってきました。蠍は頭の方が見えるだけ。
フィルター類を取っ払って通常夜景モードでパチリと。

D7k_2554_raw2_filtered_r
まあ、いつもの定番構図ですね。(^_^; 普通に富士山&夜景撮影なら雲がアクセントとなりスッキリ晴天より趣があって良いかも知れません。これもまた私好みの青っぽく仕上げを。

そうこうしている内に既に0時過ぎ。蠍座も富士山直上近くに昇ってきました。こうなるともう16mmの横構図では夜景か蠍座がフレームアウトしてしまうので縦構図にチェンジです。

D7k_2563_raw2_filtered_r
だいぶ高く昇ったお陰で蠍座全景、そして尾っぽの辺りから夜空へ伸びる天の川を確認することが出来ました。この空模様&夜景&固定撮影ではこれが精一杯かも。これで月が出ていたら、月明かりで照らされた雲でお空は真っ白けに。やはり今日がラストチャンスだったかと。

上の縦構図を撮ってから南中間近の蠍座に合わせ富士山をセンターに何枚か撮りましたが、いずれも蠍の大半は雲の中。明日は休日ですが仕事です。夜更かし出来ません。(^_^;
粘りたいのは山々でしたが0時半過ぎに撤収です。お兄さんは徹夜とか。良いお写真を!(^_^)

さて、新道峠からの蠍座コラボはいかがだったでしょうか。そりゃ蠍座は夏の星座ですからまだまだ撮影チャンスはある訳ですが、冠雪が残る富士山とのコラボはもう叶いません。スッキリ美麗な星景写真はまた来年までお預けです。今度来るのは夏、恒例の河口湖湖上祭花火大会かな。毎年パターン化しつつある新道峠ですが。また見てやってください。(^_^)

2015/5/3 千代田湖白山と蠍座

世間はGW真っ只中。いかがお過ごしでしょうか。
さて、この時期の夜景コラボと言えば蠍座ですよね。昨年4月に撮った「御坂峠」や「梅の里クラインガルテン」の様に空気が澄む早朝や深夜が定番な撮影時間帯な訳ですが、なんだか連日初夏の陽気でコンディションはイマイチな感じ。

そんな星景写真には厳しい条件の中、今回訪れたのは久しぶりの「千代田湖白山」です。
昨年のGWには先の2箇所に続き一晩に3箇所をハシゴ(笑)とか、蠍座&夜景コラボにハマりまくってましたが、タイミングが悪かったのかここ千代田湖白山での撮影は叶わず。
天気予報では5/3迄は好天の模様です。撮らねば!
この時期、蠍座は2時頃に南中となります。明るい月明かりが南西方向から射すものの上手くいけば月光に浮かび上がる富士山と蠍座夜景のコラボが撮れるかも。さて結果はいかに。

うーん、キビシイ。実に厳しかったです。(^_^;
現地の気温はおそらく15度程だったでしょうか。風はそこそこあるものの霞は残ったまま。
何枚か試し撮りするも霞で拡散した月光と明るい夜景にで蠍はかき消されてしまいます。
という訳で蠍座コラボは月がもう少し西方に傾くまで待つとして先ずは定番構図をば。(^_^;

D7k_2414_r
霞んでるなー。富士山もかなり強い月光に照らされているハズですが霞でかなりコントラストが低い画に。でもやっぱり鉄板構図ですよね。夜景の美しさと合わせ安定感抜群!(^_^)

さて、この富士山や山並みをライティングしてくれている月光は何処から。

D7k_2421_r

明るいなー。方角はほぼ南西。明るい夜景なので月光に浮かぶ山並みと合わせ良い感じ。
西に傾きつつあるとはいえオリオン程明るくない蠍座には依然厳しい条件が続きます。
時刻は既に2時半過ぎ、引き際も肝心ですよね。(笑)

最後はダメもとで今回の目的、蠍座コラボをば。

D7k_2428_r
薄っすらと、本当に薄っすら(^_^;ですがなんとか蠍座と夜景コラボは叶いました。
元々明るい夜景なので条件は良くないですが、月明かりと霞がなければそこそこのコラボが叶うんじゃないでしょうか。富士山も一緒に&綺麗に撮りたい!とか欲張らなければ。(^_^;

さて、今回の撮影ですがもちろん満足した訳ではありません。
夏場にかけてリベンジするとすれば台風一過の様に霞が吹き飛ばされた直後ぐらいでしょうか。富士山コラボもと欲張るならやはり月明かりの加減も無視出来ませんし、そんな全ての条件が都合よく揃った休日の前日(これは自分の都合(^_^;)なんてまず無いと思われます。
で、結論。来年の春まで待つ!楽しみは取っておいたほうがいいかも知れません。(笑)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30