無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

レンズ修理(AF-S DX 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR)

ついに私のカメラ機材の中から入院患者(^_^;が出てしまいまいした。(T_T)
患者は2012年9月に購入したNikonのレンズ"AF-S DX 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR"です。

購入から既に2年近く、今までなんのトラブルも無かったかというと今回修理送りとなった症状は以前('13/3頃)から稀に発生しいたのですが・・・何故今まで修理に出さなかったか。

20120908142900_r_2

先ず症状は下記のとおり。(ニコンへの修理依頼票にはここまで細かく書いてませんが)

1) カメラの電源ONと同時にレンズ内から異音と共に振動が発生。
2) 振動中はシャッターは切れるもののファインダー像も撮影画像も大きくブレる。
3) 電源ON中も不定期に振動が発生。シャッター半押しでAFさせると高い確率で発生。
4) AF、VR共にON/OFF関係なく症状が出るが、VRがOFFの方が頻度が少ない気もする。
5) カメラ側も疑い症状が出ている D7000の他、D5000 に装着したが症状は変わらず。
6) 症状が出た直後はVR(手ブレ補正)は効いていない模様。(いつからかは不明)
7) '13/3頃から極稀に同様の症状が出ていたが同年4月に新宿SCに持ち込んで診て
  もらった時には症状出ず。他、点検の結果も特に異常なしということで当日返却。
8) この症状はここ1~2ヶ月程?の間に急増。発生するとしばらく収まらないことも。

長らく修理に踏み切れなかったのは上記の 7)項 が理由だったりします。
当時は本当に発生する頻度は少なく、発生しても直ぐに収まっていた為に撮影にも支障なし(VR異常は仮にあっても夜景メインなのでVRは殆どOFFで気付かず(^_^;)SCの異常なし判定に安心して「VRの機構からは音が出るらしいし、まあこんなもんか・・・」で使い続けていました。(^_^;

しかし症状は悪化の一方、さすがに我慢出来なくなったので今回思い切って修理に。
修理はニコンイメージングのインターネット修理受付から。見積もりは約2万円。痛い!
ピックアップサービスを使えば宅配業者が無料(梱包材含め)に引き取ってくれるようですが、早く修理したいので昨日早速、指定の修理センターに発送とあいなりました。

ネットで色々調べてみると同様の症状が他のレンズでも報告されている様です。
前回診断してもらった時はまだ保証期間内だったので、あの時SCで症状が出ていれば、と悔やまれ(笑)ますが、このパターンは他の家電やPC関連等でもよくある話かと。(^_^;

修理に出ている間は D5000 のキットレンズの DX18-55VR を久々に使うことになりますが、このレンズは快調そのもの。当たり前ですが健康のありがたみを感じます。(笑)
早く元気になって戻って来いよー。 修理後の結果はまた後日に!

2014/7/26 笛吹川県下納涼花火大会(フルーツ公園)

梅雨が明けたと思いきや、今度は連日の猛暑続き。アチー!(+_+)
そんな夏夜はやっぱり花火&夜景コラボですよね。(^_^)

という訳で今シーズン初の花火&夜景コラボは「笛吹川フルーツ公園」から見る「第57回、笛吹川県下納涼花火大会」です。場所は昨年と同じく公園の最上部、フルーツパーク富士屋ホテルのすぐ上の展望エリアからですが、チト場所を変えて撮影。どんな感じに撮れるかな。

D7k_1102_r
うーん、結構な大玉を狙って撮ってもこんな感じ。夜景もちょっと地味かも。(^_^;
場所は飲食エリアのある本来の展望地、足湯脇から。殆どの花火が小ぶりなので見た感じは木々の上にちょっと開く程度で見栄え的にはイマイチ。始まって離れる人もチラホラと(^_^;
昨年は「横溝正史館」向かいの駐車場(富士屋ホテルの真裏辺り)から撮りましたが、見栄え的には公園のドーム等も写し込めるので画的にはそっちの方が良いかも知れません。

撮影場所をミスったなぁ、と思っていたらホテル側から突如大きな炸裂音がパンパンと!
すっかり忘れていましたが昨年同様、ホテルのサービス花火?の打ち上げです。

D7k_1109_r

をを、結構見栄えするじゃん!(^_^)
時間にして僅か3分程の小花火ですが間近なのでかなり迫力があります。昨年はホテル真裏付近だったこともあり逆に近すぎて撮影出来ませんでしたが今回はバッチリ。(^_^)

さて、本命の花火はと言えば相変わらず小ぶりなスターマイン系がメインでどうも写真映えしません。賑やかな場の雰囲気を楽しみながらふと正面の植え込みに目をやると・・・

Dscn7503_r
植え込みの中に可愛らしい三毛猫を発見!花火&夜景&猫という夢のコラボです。(笑)
もちろん花火なんぞを鑑賞している訳ではありません。その目線の先には観覧客が持ち込んでいる食べ物が。一部の観覧客から撮影されたりと色々ちょっかいを出されていましたが、殆ど持ち場(笑)から離れずに待機。結局食べ物にはありつけなかった様ですが。(^_^;

花火も21時ちょい前にらしいフィナーレと共に終了です。フィナーレって見る分には綺麗ですけど、写真撮影には向かないんですよね。大抵露出オーバーで真っ白になるだけ(^_^;

「さあ撤収するかあ」と、ふとホテル側を見ると・・・ ちぃっちゃな花火がポンポンと。

D7k_1124_r
この時間帯、この方角。そう、これは「石和温泉の連夜花火」です。
毎年8/21の「石和温泉花火大会」本番までの間、毎晩20時50分から21時頃の10分間程開催される花火ですが、小ぶり且つ玉数は少ないものの近くで見ると結構楽しむことが出来ます。

なんだかメインの花火はパッとしなかったですが、夏夜の花火大会ならではの賑わいの中で鑑賞&撮影するのも楽しいものです。(^_^) 今回の主役はホテルの花火と猫かな。(笑)

撮影地の今(韮崎平和観音と花鳥山遺跡)

予想通り前回の記事から早2ヶ月、梅雨本番ってことで出かけられませんがな(^_^;
そんな時はたいてい「ちょっと昔の夜景」なんてのでお茶を濁してますが、今回は「撮影地の今」ってことで以前と様子が変わった2箇所の撮影地を紹介したいと思います。

先ずは韮崎市の「韮崎平和観音」から。
前回の撮影は2013年5月、丁度一年前。当時は撮影スポットに至る韮崎駅近くの道路が絶賛工事中でかなり遠回りしないと車では現地に行けませんでしたが、工事も無事終わり大変アクセスし易くなりました。場所は検索して頂くとして(^_^;先ずは工事中の様子から。

Dscn5343_r

まんま工事中ってだけの写真ですが、実は工事前の様子を知りません(笑)
車で登れる様にはなっていたとは思われますが完全に取り壊され新しい道を造成中でした。
通行止め看板のの所にいた警備のおじさんは「7月まで通れないよ」って言っていましたが、同年12月に訪れた時にはまだ工事中。それから大雪とかですっかり記憶の彼方に(^_^;

で、今年、2014年5月。清里方面に遊びに行った帰りにふと思い出し立ち寄ってみると。

Dscn7117_r
をを、開通してるじゃん!(^_^) 観音様周りも随分と小ざっぱりした感じの仕上がりに。
早速車を降りて周りの眺望とかを確認です。工事中の柵とかが無くなったので期待したのですが眺望がある側が道路になってしまったので返って撮影し辛くなったかも。(^_^;

観音様のある小(^_^;広場からのお昼の眺めはこんな感じ。

_r
中央線、韮崎駅付近の市街地から富士山までひと通り見渡せるので十分かと。
広場脇の路上なら車を停めても邪魔になりませんし以前よりは怪しさ&寂しさも緩和されたかと。実は観音様の裏手は墓地&斎場なのですが新道から訪れれば怖くありません(笑)

韮崎平和観音だけで随分長くなりました(^_^;

お次は笛吹市の「花鳥山遺跡」です。定番の「八代ふるさと公園」の近傍、且つ高度もほぼ同じってことで眺望は同等かそれ以上!そんなグッドな展望地に何が起こったのか?

Dscn7378_r

これです、これ。いっちゃんいい場所、駐車場の角地にカメラをどーんと置かれました。
犯人は「NHK甲府」(笑)
近づいて見ると「笛吹市カメラ」とあり「地域の皆様のご協力でNHK甲府が設置した」と書かれています。急場の設置だったのかなんかやっつけ仕事感ありありで見苦しいなあ(^_^;

カメラの柵側を覗いてみるとちっちゃなパラボラアンテナが甲府駅近くのNHK甲府向けに。

Dscn7381_r
そうです、この角地に立つとこの眺望!一番いい場所なんです。リニア軌道も見えるし(笑)
まあちょっとカメラの脇からみれば同様の眺望な訳ですが、目線をパンしていくと視線の先にはこの見苦しいカメラが(T_T) 角地からパノラマ撮影とかしようとするとすげー邪魔(^_^;

まさかこのまま常設ってことはないですよね?暫定設置ですよね?NHK甲府さま(笑)
こういった眺望の良い場所にカメラが設置されるのは大歓迎ですが、どうせならWebカメラとしてもこの映像を配信してもらえると嬉しいです。でも設置はもっとスマートにして。(^_^;

そそ、今まで夜景写真に何度も車(ラフェスタ)を写し込んでいましたが買い替えました。
初登場は真っ昼間の「花鳥山遺跡」駐車場から夏空をバックに。

Dscn7380_trim_filtered_r
車はスバルXV、走りはいいけど燃費の悪い(笑)ハイブリッドです。
これなら山奥の撮影地にもスイスイと、かな?(^_^;
また夜景&車の写真が増えそうですが見てやってください。(^_^)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31