無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/4/12 塩山ふれあいの森総合公園と笈形焼き

さて、今年の笈形(おいがた)焼きのある夜景の最後を飾るのは「塩山ふれあいの森総合公園」。
約1年半ぶりの再訪です。たぶん甲府盆地北東側から見る笈形焼きの限界点かと。

場所は山梨県甲州市、武田信玄公の菩提寺であることでも有名な恵林寺のすぐ近くです。
アクセスは高速道路からなら中央道、勝沼ICから塩山フルーツライン経由で15分程、甲府駅付近からだと石和方面へ走り西関東道路(R140)経由で約30分といったところでしょうか。
恵林寺付近からの道は細くちょっと解りにくいですがナビを使えば無問題かと。のハズだったのですが私のナビ様は随分クセのあるルートを案内してくれたお陰で予定時間に到着出来ず(^_^;

という訳で19時半近くに到着、既に笈形焼きは点灯されています。
本当は前回の様にトワイライトな夜景と笈形焼きをコラボさせたかったのですが、展望スポットまでの階段を上り撮影準備が出来た頃には既に暗闇に。これもあのナビ様のお陰(笑)

先ずは全景パノラマ夜景から。意外と見渡せる範囲が広いんですよね、ここ。

20140412_p01_r

当日は前回の様に晴天という訳にはいきませんでしたが、月明かりに照らされた雲と夜景、夜空の対比が綺麗な画となりました。笈形焼きも右手の大蔵経寺山にしっかり確認です。
後、なんと言ってもここの夜景の特徴は正面の「塩ノ山」。普通に考えれば夜景を遮る邪魔な存在に思えますが、夜景の海に浮かぶ様なこの構図は私のお気に入りだったりします。(^_^)

そそ、この時間帯に訪れた目的がもうひとつ。春のオリオン座とのコラボです。
お空のコンデションはご覧のとおり余りよろしくありません。さて、ちゃんと見えるかな。

D7k_0514_r

オリオン座はなんとか薄雲の合間にその雄姿を見せてくれました。(^_^)
意外と結構な高度だったので縦構図で。もっと低空のオリオンを横構図のアップで、と思いましたがこの直後、モクモクと雲がやってきてオリオンはあっという間にお隠れになりました。(^_^;

フィルター類を取っ払って通常夜景モードへ。
笈形焼きのアップを何枚か撮っているとどこからか、どーん!と。そう、花火です。(^_^)

D7k_0532_r

花火みーっけ!は良かったのですが・・・小さっ!(笑)
ちょうど塩ノ山の左端辺りでポンポンと上がっています。方角と距離的には八代か御坂方面でしょうか。小さいながらも結構な玉数が打ち上げられていました。なんの花火だろ?

数分後、この花火の打ち上げが終わった直後、今度は別の方角から、どーん!と。

D7k_0540_r

をを、笈形焼きの直ぐ脇から上がってる!(^_^)
この時、なんとなく理解しました。さっきの花火は笛吹市一宮町の大文字焼き付近から上げられている花火だと。ここから大文字焼きは塩ノ山の陰になり見えませんが笈形焼きとは丁度向かい合う位置関係にあり、4/1~15の間セットで点灯されています。忘れましたがなんかの由来があったかと(^_^;ようは大文字焼きの花火に応える形で上げられていたのでは。たぶん(笑)

こちらの花火も距離的に肉眼だとかなり小さいですが、こうして笈形焼き夜景とアップで同画角に収めると見栄えしますよね。実に風情があって良い感じです。笈形焼きの大きさが400m四方ですから小さく見える花火も結構なサイズかと。良い画が撮れました。(^_^)

笈形焼き花火も終わり、さてそろそろ撤収かな、と思った直後、遠くからまた、どーん!と。
オイオイ、今日はいったい何箇所で打ち上げてるんだ!(笑)

D7k_0545_r_2

今度は塩ノ山の右端辺りからポンポンと上がっています。でもかなり遠いなー。
先の2箇所と同様、常用 Nikon DX16-85 の85mmテレ端で撮影してもこんな感じ。
この花火と笈形焼き&大文字焼きとの関係は解りませんが、方角と距離的にはたぶん中央市の市川三郷町方面で上げられていた花火と思われます。市川三郷町と言えば8月に開催される「神明の花火大会」でも有名ですが、花火の街としても有名で季節になると告知されない様な町内会レベルのお祭りでもポンポンと打ち上げてたりします。そんな花火のひとつかも。

さて、久しぶりの塩山ふれあいの森総合公園からの笈形焼き&オリオン&花火夜景はいかがだったでしょうか。期せずして色々なコラボが叶った夜景撮影となりラッキーでした。(^_^)
公園自体は結構広々としていますし遊具も充実しています。昼間の見晴らしも抜群。天気が良ければ富士山もバッチリなのでご家族で訪れても十分楽しめるんじゃないでしょうか。
もちろん夜景も美しいので寒さに凍えなくてもいいこの季節、是非訪れてみてください。(^_^)

2014/4/12 御坂峠から望む富士山&蠍座

お察しのとおり最近は早朝の蠍座がマイブームです。(笑)
オリオン座の様に1等級の星々で構成されている訳でもなく、南中してもそれほど高度もなくと、明るい夜景コラボな星景写真撮影には厳しい条件の星座ですが、その全容を浮かび上がらせることが出来れば存在感は抜群!夏の星座のイメージが強い蠍座ですがこの時期、冬場の空気感を残す早朝から深夜にかけて南中を迎える蠍座は絶好の撮影チャンスではないでしょうか。
さあ撮りにいくぞー!

という訳で、前回の「梅の里クラインガルテン」に続き訪れたのは富士河口湖町「御坂峠」。
天下茶屋」があることで観光地としても有名な富士山ビューの定番スポットですね(^_^)
当日は既に4月も半ばってことで道中の心配はしていませんでしたが、甲府側の登り口は閉鎖されていました。新御坂トンネルを抜けて河口湖方面からアクセスし約10分ちょいで到着です。

時刻は午前3時半頃。月は既に沈み満天の星空が広がります。富士山もうっすらと。
車から降りて直ぐにはそれほど寒さは感じなかったのですが、御坂路にあった道中の温度計が既に氷点下でしたから現地は氷点下3~4度だったんじゃないでしょうか。先客のお父さんに「そんなに寒くないですね(^_^)」なんて声かけてましたが、直ぐその言葉は撤回!激寒です(笑)

さて、そんな真冬な空気感の中、薄明が始まる前に撮影した一枚から。

D7k_0474_raw2_filtered_r

撮影条件:Nikon D7000 + DX16-85mm  f3.5  30秒露光 ISO 1600  固定撮影
河口湖周辺の夜景は山々にフレーミングされているので光量はそれほど多くないハズですが、固定撮影で蠍座を流さずハッキリと写し出す為にはそれなりの高感度で撮ることになるのでいつものフィルター類は必須です。画はちょっと荒くなりましたが富士山上空に横たわる蠍と先日の梅の里クラインガルテンでは淡かった天の川もそれなりに写し撮ることができました。(^_^)

そそ、ソフトフィルター類を使用する前の試し撮りではもっと多くの微光星が写り込んでいたのですが、例によって蠍座は星の迷子に。言われなきゃどれが蠍座か解らないかも。
それはそれで満天感たっぷり&煌びやかで綺麗なんですけどね、目的は蠍座なので(^_^;

お次は恒例の縦構図で。といっても蠍座は低空ですが黒々夜空との対比が印象的かと。

D7k_0489_raw2_r

上方に明るい星があるとまた見映えするんでしょうけど残念ながら目立った星はなし(^_^;
天の川も横構図とさほど変わりないですが、やっぱり夜景とのコラボとなると難しいです。
冬場の空気感と言っても低空にはうっすらと霞が出ています。富士山の右手の霞を薄赤く染めているのは富士市方面の街明かりかと。河口湖大橋付近は飛んじゃってますね(^_^;

時間は4時半近く、日の出の1時間ちょい前。肉眼ではまったく解りませんが薄明が迫ります。

D7k_0495_raw2_filtered_r

最初の写真とさほど変わらなく見えますが蠍座は更に西方に、夜空にも僅かな青みが。
この直後、あっという間に天の川や星々は薄明の中に飲み込まれて消えていきます。

さて、フィルター類を取っ払って主役を変更!もちろん富士山ですよね。(^_^)

D7k_0498_raw2_r

定番の構図ですが(^_^;たっぷり雪を冠した富士山と河口湖夜景はやっぱり綺麗です。
こうなると上空に画になる雲とかが欲しいですが、まあ贅沢な悩みかと。しかし寒い!(笑)

最後は富士山と河口湖夜景のアップをば。

D7k_0504_raw2_r

上の写真のトリミングでも良かったかも(^_^; こうした構図は結構好みだったりします。
なんだか富士山等の雄大な自然と人工物や人の営みとの対比がいいんですよね。

さて、時間は5時過ぎ。かなり明るくなってきました。夜景目的の私はこれで撤収です。
この時間からは朝日に映える富士山狙いでしょうか。御坂峠を下り御坂路へ至る道中でも数台の車とすれ違いました。みんなちゃんと防寒して来てるかな。外はスゲー寒いぞ!(笑)
昼間は20度近くになったりとすっかり暖かくなった今日このごろですが、まだまだ高地は寒いです。早朝狙いで訪れる方はしっかりと防寒してお出かけください。(^_^)

2014/4/6 八代ふるさと公園&花鳥山遺跡(笈形焼き)

坊ヶ峯」から望む笈形(おいがた)焼き夜景、位置的にかなり薄っぺらな姿になってしまいましたが、もうちょい東の「八代ふるさと公園」と「花鳥山遺跡」からなら条件はもっと良いハズ。
この2箇所からの笈形焼きはお初ってことで撮ってきました。近いので余裕でハシゴです(^_^)

先ずは「花鳥山遺跡」から。結構な強風&寒さのなか撮影開始!

20140406_p01_r

笈形焼きは盆地東方の御坂方面や勝沼方面から眺めるものだとうい印象がありましたが、勝手な思い込みでした(^_^; トワイライト夜景に浮かぶ笈形焼きと夜景はここからもバッチリ!

実は現地には笈形焼き点灯の19時前に到着したので点灯の様子を動画で撮ってみたのですが、電灯なのでパッと点くと思いきや1分程かけてジワジワと。まあ一瞬で灯ってしまうと風情もへったくれもありませんし松明で灯している様に見せかける演出なのかも知れません(笑)

さて、そ笈形焼きのアップはこんな感じ。

D7k_0442_r

笈形焼きの右手に延びる光の帯は「西関東道路」です。笈形焼きのある「大蔵経寺山」を貫き左手の甲府市街地方面へと続きます。道路上からも見ることは出来ますがほぼ真横になるので形ははっきり解りませんし近づくと山肌にある外灯のようにしか見えません(笑)

D7k_0436_r

天気も良かったので甲府市街地方面もパチリと。やっぱりトワイライト夜景はいいですね(^_^)
前にも書いた様に大蔵経寺山の西側となる甲府市街地からはこの笈形焼きは見ることが出来ません。私も「御坂路さくら公園」の夜景撮影時に偶然見て知ったのですが、知らなきゃ今もずっと知らなかったかも(笑) 4/1~4/15の期間だけですしやっぱり希少ですよね。

さて、場所を変えます。10分弱程で次の目的地「八代ふるさと公園」へ。
この公園、久しぶりに立ち寄って気づきましたが、古墳広場の南側に立派な駐車場が整備されていました。何やら工事をしていたのは知っていましたがこれだったんですね。広々とした駐車場でトイレも完備。でも車中からの夜景の見栄えは北側駐車場の方が良さそうです。

で、目的の笈形焼きはと・・・ここからもちゃんと見ることが出来ました。(^_^)
坊ヶ峯に近づくので角度的にその姿はちょっと薄くなりますが十分。夜景は正直言って花鳥山遺跡も八代ふるさと公園も殆ど変わり映えしません。なので全体夜景は割愛です。(笑)

普通に撮ってもつまらないので古墳広場入り口付近にある立派な桜越しにアップで。

D7k_0446_raw2_r

この時期に訪れたことがなく知らなかったですが、ライトアップされた桜が綺麗でした。
なかなか良いアングルじゃん!と思いきや強風に煽られ桜の枝ぶりは終始ゆさゆさと(^_^;

せっかくの夜桜です。夜景とのコラボポジションを探して撮ったのがこれ。

D7k_0457_raw2_r

うーん、どうなんでしょ、なんか変な構図かも(^_^; 夜景、桜、古墳、星空のコラボです(笑)
古墳広場には大小2つの古墳がありますが東側にある小さい古墳越しにパチリと。
古墳を入れた(前に置いた)理由は桜をライトアップしている光源をマスクする為。余りに強烈な光なのでこうでもしないと全体が飛んでしまいます。お陰で割りとバランスよくなったかと。

さて、八代ふるさと公園と花鳥山遺跡の笈形焼き夜景はいかがだったでしょうか。
笈形焼き同様、桜の季節も限られていますし、期間限定の夜景撮影は忙しくもあり楽しいものです。同じ夜景スポットでも季節ごとに色々な表情があって面白いですよね。(^_^)

2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き

タイトルのまんま(^_^;この時期だけの限定夜景です。
低地夜景の定番スポット笛吹市境川町「坊ヶ峯」から見る「笈形焼きと大文字焼き」をば。

本来、この笈形焼きは甲府盆地の南東側夜景スポットからの方が見栄えが良いのですが、位置的には更に南方の坊ヶ峯からもギリギリ見えるハズ。上手くいけば大文字焼きもパノラマ撮影することなく同画角に収められるのでは?ってことで撮影です。さてどんなかな。

D7k_0327_r

あっさり撮れました。笈形焼きと大文字焼きのコラボ(笑)  (Nikon D7000+DX16mm)
この笈形焼きと大文字焼きはほぼ向かい合うように配置されている為、近づくと同一画角内に写し込むことが出来ません。前回も双方が両立出来る撮影ポイントを色々と探しましたが坊ヶ峯からは笈形焼きは角度的に厳しく見られないと勝手に思い込んでたんですね。
でも見てのとおりホントにギリギリです。存在は解るものの笈形焼き独特の形は殆ど解りません。これを成功と言っていいのか(^_^; 方角は正面が東南東方向、塩山方面となります。

と言うわけで、それぞれのアップをば。先ずは右手に見える「大文字焼き」から。

D7k_0329_r

小さいなー(^_^; 「大」の形も怪しいし(笑)  (NikonD7000+DX85mmを若干トリミング)
この大の字を間近から見るなら笛吹市一宮町の「見晴し園」がお勧め。真後ろにでっかい大の字が、その反対側には美しい夜景越しに「笈形焼き」をバッチリ見ることが出来ます。

続いては左手に見える「笈形焼き」と「笛吹川フルーツ公園」方面をば。

D7k_0331_r

う、薄い・・・うすっぺら過ぎます(^_^; (Nikon D7000+DX85mm)
特徴ある鳥居形はよく解りません。坊ヶ峯が笈形焼き観望の限界点に決定です。(笑)
でもさすが一辺400mm、手前の賑やかな一帯は石和温泉ですが比べるとその大きさが際立ちます。直下を走る中央本線に乗っていて知らずに見た人は驚くんじゃないでしょうか。

笈形焼きと大文字焼きは4/1~4/15の毎日19~22時の間で点灯(笑)されています。
期間が短いので希少感もありますし、夜景のアクセントとして結構画になるのではと。
今季はもう日がありませんが機会があれば是非撮影してみてください。(^_^)

続きを読む "2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き" »

2014/4/5 梅の里クラインガルテン(早朝の蠍座)

すっかり春になりました。2月の大雪がウソの様なポカポカ陽気が連日続きま・・・
と思いきや、いきなり寒くなりましたねー、天気予報には雪マークまで出てるし(笑)

という訳で冬の空気感が戻ったこの時こそが撮影チャンス!
今回訪れたのは約1年ぶりの山梨県甲斐市敷島の「梅の里クラインガルテン」です。
目的は早朝の低空に横たわる蠍座との夜景コラボ。前回はパンスターズ彗星の撮影が主目的でしたが、煌々と輝くお月様に邪魔されて蠍座の撮影は叶わず。そのリベンジって訳。

時間は日の出前の約1時間ちょい前。4時過ぎです。薄明が始まる前に撮るべし!

D7k_0294_raw2_r

でかいなー。どこまで尾っぽか解りませんが(^_^;ほぼ夜景全域の上空に横たわっています。
心臓部にあたる赤色巨星のアンタレスは一際明るく存在感がありますが、他の星々はオリアン座を構成する星々ほどの明るさはなく月夜や明るい夜景とのコラボは難しい部類かと。
例によってハーフソフトフィルターハーフNDフィルターを使っています。
星々をそれなりに写すためには夜景は飛び気味にせざるを得ませんが、そのお陰で蠍座を横断する天の川を薄っすらとですが写し撮ることができました。最初は薄雲か霞かな?とも思いましたが何枚か撮影した画を見ると蠍座と共に移動しているので間違いありません。
同じ画角に蠍座、天の川、市街地夜景、そして富士山と全部入りが叶いました。(^_^)

さて、撮影を始めて30分程が経ち4時半には薄明が始まりました。
続けて何枚か撮影するも天の川も星々も見る見る間に薄明に飲み込まれていきます。
肉眼でも富士山や山並みがクッキリ浮かび上がってきた5時過ぎ、被写体を変更です。

D7k_0311_raw2_r

ここからの富士山コラボの全体夜景は前回と同じなので割愛(^_^;今回は富士山メインで。
まだ朝日に照らされる前で寒々しいですが、たっぷり雪を冠した明るい富士山と、まだ夜が明けきらぬ盆地夜景との対比が綺麗。当たり前ですが盆地内部は山に囲まれてるので日の出は遅いんですよね。明け方なのでWBは太陽光で。街夜景は暖かみが出ていい感じです。(^_^)

さて、梅の里クラインガルテンからの夜景と蠍座のコラボはいかがだったでしょうか。
当然夏場になれば普通の時間帯(笑)に蠍座は見られる訳ですが、市街地近傍で澄んだ夜空に浮かぶ蠍座狙いならこの時期の早朝で決まりです。余りに明るい夜景とのコラボだと厳しいですがグッと暗い夜景とポタ赤のセットなら更に存在感のある蠍座コラボが撮れるのではと。
夕闇からは沈みゆくオリオンを、明け方には蠍座を。春は2度楽しめる良い季節です。(^_^)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30