無料ブログはココログ

« 2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き | トップページ | 2014/4/12 御坂峠から望む富士山&蠍座 »

2014/4/6 八代ふるさと公園&花鳥山遺跡(笈形焼き)

坊ヶ峯」から望む笈形(おいがた)焼き夜景、位置的にかなり薄っぺらな姿になってしまいましたが、もうちょい東の「八代ふるさと公園」と「花鳥山遺跡」からなら条件はもっと良いハズ。
この2箇所からの笈形焼きはお初ってことで撮ってきました。近いので余裕でハシゴです(^_^)

先ずは「花鳥山遺跡」から。結構な強風&寒さのなか撮影開始!

20140406_p01_r

笈形焼きは盆地東方の御坂方面や勝沼方面から眺めるものだとうい印象がありましたが、勝手な思い込みでした(^_^; トワイライト夜景に浮かぶ笈形焼きと夜景はここからもバッチリ!

実は現地には笈形焼き点灯の19時前に到着したので点灯の様子を動画で撮ってみたのですが、電灯なのでパッと点くと思いきや1分程かけてジワジワと。まあ一瞬で灯ってしまうと風情もへったくれもありませんし松明で灯している様に見せかける演出なのかも知れません(笑)

さて、そ笈形焼きのアップはこんな感じ。

D7k_0442_r

笈形焼きの右手に延びる光の帯は「西関東道路」です。笈形焼きのある「大蔵経寺山」を貫き左手の甲府市街地方面へと続きます。道路上からも見ることは出来ますがほぼ真横になるので形ははっきり解りませんし近づくと山肌にある外灯のようにしか見えません(笑)

D7k_0436_r

天気も良かったので甲府市街地方面もパチリと。やっぱりトワイライト夜景はいいですね(^_^)
前にも書いた様に大蔵経寺山の西側となる甲府市街地からはこの笈形焼きは見ることが出来ません。私も「御坂路さくら公園」の夜景撮影時に偶然見て知ったのですが、知らなきゃ今もずっと知らなかったかも(笑) 4/1~4/15の期間だけですしやっぱり希少ですよね。

さて、場所を変えます。10分弱程で次の目的地「八代ふるさと公園」へ。
この公園、久しぶりに立ち寄って気づきましたが、古墳広場の南側に立派な駐車場が整備されていました。何やら工事をしていたのは知っていましたがこれだったんですね。広々とした駐車場でトイレも完備。でも車中からの夜景の見栄えは北側駐車場の方が良さそうです。

で、目的の笈形焼きはと・・・ここからもちゃんと見ることが出来ました。(^_^)
坊ヶ峯に近づくので角度的にその姿はちょっと薄くなりますが十分。夜景は正直言って花鳥山遺跡も八代ふるさと公園も殆ど変わり映えしません。なので全体夜景は割愛です。(笑)

普通に撮ってもつまらないので古墳広場入り口付近にある立派な桜越しにアップで。

D7k_0446_raw2_r

この時期に訪れたことがなく知らなかったですが、ライトアップされた桜が綺麗でした。
なかなか良いアングルじゃん!と思いきや強風に煽られ桜の枝ぶりは終始ゆさゆさと(^_^;

せっかくの夜桜です。夜景とのコラボポジションを探して撮ったのがこれ。

D7k_0457_raw2_r

うーん、どうなんでしょ、なんか変な構図かも(^_^; 夜景、桜、古墳、星空のコラボです(笑)
古墳広場には大小2つの古墳がありますが東側にある小さい古墳越しにパチリと。
古墳を入れた(前に置いた)理由は桜をライトアップしている光源をマスクする為。余りに強烈な光なのでこうでもしないと全体が飛んでしまいます。お陰で割りとバランスよくなったかと。

さて、八代ふるさと公園と花鳥山遺跡の笈形焼き夜景はいかがだったでしょうか。
笈形焼き同様、桜の季節も限られていますし、期間限定の夜景撮影は忙しくもあり楽しいものです。同じ夜景スポットでも季節ごとに色々な表情があって面白いですよね。(^_^)

« 2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き | トップページ | 2014/4/12 御坂峠から望む富士山&蠍座 »

夜景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/59461616

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/4/6 八代ふるさと公園&花鳥山遺跡(笈形焼き):

« 2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き | トップページ | 2014/4/12 御坂峠から望む富士山&蠍座 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30