無料ブログはココログ

« ナノ・トラッカーを使ったパン微速度撮影方法 | トップページ | 2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き »

2014/4/5 梅の里クラインガルテン(早朝の蠍座)

すっかり春になりました。2月の大雪がウソの様なポカポカ陽気が連日続きま・・・
と思いきや、いきなり寒くなりましたねー、天気予報には雪マークまで出てるし(笑)

という訳で冬の空気感が戻ったこの時こそが撮影チャンス!
今回訪れたのは約1年ぶりの山梨県甲斐市敷島の「梅の里クラインガルテン」です。
目的は早朝の低空に横たわる蠍座との夜景コラボ。前回はパンスターズ彗星の撮影が主目的でしたが、煌々と輝くお月様に邪魔されて蠍座の撮影は叶わず。そのリベンジって訳。

時間は日の出前の約1時間ちょい前。4時過ぎです。薄明が始まる前に撮るべし!

D7k_0294_raw2_r

でかいなー。どこまで尾っぽか解りませんが(^_^;ほぼ夜景全域の上空に横たわっています。
心臓部にあたる赤色巨星のアンタレスは一際明るく存在感がありますが、他の星々はオリアン座を構成する星々ほどの明るさはなく月夜や明るい夜景とのコラボは難しい部類かと。
例によってハーフソフトフィルターハーフNDフィルターを使っています。
星々をそれなりに写すためには夜景は飛び気味にせざるを得ませんが、そのお陰で蠍座を横断する天の川を薄っすらとですが写し撮ることができました。最初は薄雲か霞かな?とも思いましたが何枚か撮影した画を見ると蠍座と共に移動しているので間違いありません。
同じ画角に蠍座、天の川、市街地夜景、そして富士山と全部入りが叶いました。(^_^)

さて、撮影を始めて30分程が経ち4時半には薄明が始まりました。
続けて何枚か撮影するも天の川も星々も見る見る間に薄明に飲み込まれていきます。
肉眼でも富士山や山並みがクッキリ浮かび上がってきた5時過ぎ、被写体を変更です。

D7k_0311_raw2_r

ここからの富士山コラボの全体夜景は前回と同じなので割愛(^_^;今回は富士山メインで。
まだ朝日に照らされる前で寒々しいですが、たっぷり雪を冠した明るい富士山と、まだ夜が明けきらぬ盆地夜景との対比が綺麗。当たり前ですが盆地内部は山に囲まれてるので日の出は遅いんですよね。明け方なのでWBは太陽光で。街夜景は暖かみが出ていい感じです。(^_^)

さて、梅の里クラインガルテンからの夜景と蠍座のコラボはいかがだったでしょうか。
当然夏場になれば普通の時間帯(笑)に蠍座は見られる訳ですが、市街地近傍で澄んだ夜空に浮かぶ蠍座狙いならこの時期の早朝で決まりです。余りに明るい夜景とのコラボだと厳しいですがグッと暗い夜景とポタ赤のセットなら更に存在感のある蠍座コラボが撮れるのではと。
夕闇からは沈みゆくオリオンを、明け方には蠍座を。春は2度楽しめる良い季節です。(^_^)

« ナノ・トラッカーを使ったパン微速度撮影方法 | トップページ | 2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き »

夜景」カテゴリの記事

星景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/59425663

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/4/5 梅の里クラインガルテン(早朝の蠍座):

« ナノ・トラッカーを使ったパン微速度撮影方法 | トップページ | 2014/4/5 坊ヶ峯から望む笈形焼きと大文字焼き »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30