無料ブログはココログ

« 2013/12/14 オリオン座と冬夜景(桃花橋ループ他) | トップページ | 2013/12/22 オリオン座と冬夜景 (敷島総合公園) »

2013/12/15 ラブジョイ彗星2 (坊ヶ峯)

またまたやって来ました「坊ヶ峯」 今回の目的はポタ赤追尾+望遠でラブジョイを狙うこと。
今春訪れた「パンスターズ彗星」、11月は本当に撮れたか怪しい(笑)「アイソン彗星」と、このいずれもポタ赤を使った望遠撮影は叶いませんでした。
私の所有するズームレンズはNikonD5000ダブルズームキットのDX55-200mmのみ。
これの最大ズーム(200mm)で撮ってみたい!

という訳で、先週(12/7)と同じく坊ヶ峰へ。既にラブジョイ彗星の高度はかなり低くなっていますが一度は撮影しているので方角、目印にする星座等が解りやすいってのが再訪の理由。

到着したのは5時前、西の空には沈みゆくオリオン座が輝いています。

D7k_6662_r

先週は雲も少なく到着時間が少し早かったこともありもっと綺麗に見えたのですが直ぐに彗星撮影に集中して撮影せず。今回は我慢できずに撮影してみました。が・・・低い(^_^;
南アルプスにも寒々とした雲が被っています。4時頃なら頃合いの良い高さなんでしょうが、たぶんもう来ません(笑) 春先になれば夕方から撮れる構図なのでまた次回ってことで。

さてと、今回の目的。ラブジョイ彗星のズーム+ポタ赤追尾撮影です。
前回同様、私には肉眼で確認出来ません。ポタ赤、ナノ・トラッカーをセッティングしてレンズはいきなり200mmで。遠くの夜景でピント合わせしてから、らしい方角にカメラを向けて何枚か撮影してみると・・・み~っけ! 今回は直ぐに見つけることができました。(^_^)
今回はコンポジットも試してみたいってことでそのままRAWで何枚か連続撮影してみます。
帰宅後、拡大して確認してみるとかなりの確率で微妙に星像が流れている写真が(^_^;
ポタ赤の限界でしょうか。その中から割りとマシなのを3枚コンポジットしたのが下の写真。

20131215_lovejoy_org

撮影条件は写真に記したとおり。上手く点像になった写真と微妙に流れた写真が混在しているところをみると極軸合わせ自体はそう悪くなかった様ですが、やはりナノ・トラッカー自体がちょっとヤグい(名古屋弁)のかも知れません。200mmだとこんなもんかなー。

コンポジットは「yimg」というフリーソフトを使わせてもらいました。
初めてなのでなるべく出来の良い連続した写真を3枚選んで平均法で合成したのみ。
結果的には高ISOによるノイズはグッと目立たなくなり滑らかな画(背景)になりましたが、全体的にシャープさは消え、彗星の尾も薄くなった様に見えます。元画像が悪いんでしょうが(^_^;

コンポジットする、しないの差は拡大してみるとよく解ります。比較画像を作ってみました。

Photo

どうでしょ? なんだか色味自体が違ってちょっと怪しいですが(^_^; 3枚コンポジットした場合とオリジナル(1枚)を比べるとノイズに対してはかなりの低減効果があることが解ります。
画の粗ささえ気にしなければオリジナルの方がシャープで尾もハッキリ見えますが、これはもう好みでしょうか。元画像の質とコンポジット方法、後のレタッチが完璧ならもっと美しい画が得られると思いますが、いずれも私には敷居が高いです。上手い方の画で楽しみます(^_^;
とは言っても自分で撮影したってのが大事ですよね。今回は撮れて良かった良かった(^_^)

さて、6時近くになり空も白んで彗星撮影は終了です。夜明け前、最後は普段あまり撮影しない甲州市(勝沼)、山梨市(フルーツ公園)方面をばプチパノラマで。やっぱり地味かも(^_^;

20131215__r
今回はたまたま撮影地に坊ヶ峯を選びましたが、空気が澄んだ冬場の早朝、そして周囲や彗星方向に高い山や建物がなく、暗ければ(当たり前(^_^;)何処でも撮れるかと思います。
2013年は珍しく3つもの彗星がやって来ましたが、肉眼で確認出来る程の彗星はしばらくはなさそうで寂しい限り。生きているうちに(笑)立派な尾を引く大彗星を見てみたいものです。
という訳で彗星まつりはこれで終わり!またオリオン&冬夜景コラボに戻ります。(笑)

« 2013/12/14 オリオン座と冬夜景(桃花橋ループ他) | トップページ | 2013/12/22 オリオン座と冬夜景 (敷島総合公園) »

夜景」カテゴリの記事

撮影ノウハウ」カテゴリの記事

星景写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun
ラブジョイ彗星、しっかり尾まで撮れてますね。lovelygood
さすが、天球追随装置付きの威力だなぁ
この寒さの中で、朝5時に現地着との根性もさすがです。

写真道楽人さん、いつも見てくださってどうもです。(^_^)
広角ならポタ赤でも十分ですが、200mmにもなるとちょっとのことで星像は流れてしまうので当たりは少ないです。数打つしかありません。
坊ヶ峯は自宅から20分もかからないお手軽スポットなので早朝でも無問題です。寒さはまだまだ序の口ってところでしょうか。
2月頃になると出動回数が一気に減ると思います(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/58794699

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/12/15 ラブジョイ彗星2 (坊ヶ峯):

« 2013/12/14 オリオン座と冬夜景(桃花橋ループ他) | トップページ | 2013/12/22 オリオン座と冬夜景 (敷島総合公園) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31