無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/5/24 新倉浅間神社(月下の富士)

5/24(金)22時過ぎ、仕事帰りにふと空を見上げると久しぶりの見事な快晴。
明るい月夜ということもあり、周囲の山々&富士山が月光に照らされてよく見えています。
ああ、何か撮りに行きたいっ!(笑)

この時間、月は既にほぼ南中、星空コラボには超悪条件ですが煌々と輝く月とのコラボ夜景もまた良しです。そうなると夜景と画になるターゲットは八ヶ岳or富士山しかありません。
で、帰宅後の23時過ぎ、意を決して出かけました(笑)
目的地は昨年夏も訪れた富士吉田市「新倉浅間神社」に決定。定番中の定番スポットです。
約小一時間車を走らせ0時前に現地着。さすがこんな中途半端な時間には誰もいません(^_^;
早速セッテイングして撮るべし撮るべし!

D7k_1825_r2013/5/25(00:40) D7000+DX16-85mm(18mm) f:8.0  ISO:200  S/S:30秒 WB:白色蛍光灯

先ずは定番、忠霊塔の裏手からの撮影ですが毎度大体同じ構図になってしまいます。
付近を細かくあちこち移動し構図を変えながら撮影してるうちに日が変わっていました(^_^;
もっと早い時間帯なら月明かりで富士山も明るく照らされてもっとコントラストの高い画が撮れたと思いますが富士山の直上に燦然と輝くお月様とのコラボはこの時間帯ならではかと。

20130524_p01_r

忠霊塔からちょっと先の東屋からのパノラマ夜景をば。撮影条件は先の写真とほぼ同じ。
ここからは富士山のほぼ全景をバックに広々とした富士吉田市街地夜景が見られます。
画的には忠霊塔コラボが定番ですが、見応え&迫力といった点ではこちらの方が上かと。
静かにこの眺めを堪能したいところですが、直下の高速を走る車がまあ五月蝿いこと(^_^;

さて、最後は今回の深夜撮影と昨年夏の早朝に撮った画を組み合わせた動画をば。

さて、結局たっぷり雪を冠した富士山や桜とのコラボは時期を逸してしまいましたが、この時期もう寒さに凍えることはありません。是非深夜&早朝の富士&夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか。6月初旬迄なら冠雪も残っていますし、まだまだ良い画が撮れると思います。(^_^)

2013/5/12 甲州夢小路(甲府駅北口)

日をおいて書くのもアレですが(^_^;
先の記事「甲府市役所(新庁舎)」を訪れた後に「甲州夢小路」にも立ち寄ってみました。

場所は甲府駅北口、中央本線沿いの一角。3/25にオープンした明治、大正、昭和初期の甲府城下町を再現したという新観光エリアです。詳しくは公式HPをご覧ください(^_^;
日曜の夜(20時過ぎ)なので人気もなく寂しいですが雰囲気だけでもと。

Dscn5459_r_3
一応このエリアのランドマーク的な建物「時の鐘」と「明治館」の奥が入り口です。
まあ狙った建物なんでしょうがライトアップされた様子はなかなかいい感じです。(^_^)

「明治館」の裏手に「甲州夢小路」の入り口。

Dscn5464_r

で、その奥に色々なお店がある訳ですが・・・開いてるお店はほぼゼロ。人もほぼゼロ(^_^;

Dscn5470_r_3

中央線沿い側。人もいないので、ぷらぷらと散歩するにはかえってよかったかも。

Dscn5465_r_3
帰り道、舞鶴陸橋からの眺めはこんな感じ。右手が甲府駅と舞鶴城公園
5/23現在、公式HP見ても手前の建物の情報はまだありません。

Dscn5480_r
とまあ、なんだか寂しい感じの写真ばかりになってしまいました。イメージダウン?(笑)
でも土日の昼間や夕方には結構賑わっている様です。甲府にお越しの際には先の「甲府市役所(新庁舎)」「舞鶴城公園」と併せて是非訪れてみてはいかがでしょうか。(^_^)

2013/5/12 甲府市役所(新庁舎)展望ロビー

今回はちょっと趣向を変えて、甲府市役所(新庁舎)展望ロビーからの夜景です。
新庁舎での業務が開始されたのは5/7から。10Fに展望ロビーがあるとの情報で日曜の夜なら人も少ないだろうってことでチャリで訪れてみました。さて、どんな夜景が拝めるかな。

20130512_p01_r

写真は展望ロビー南側回廊からのトワイライト夜景です。(Nikon P300 手持ち3枚つなぎ)
この方角に富士山が見えるのですが当日は残念ながら拝めず。展望ロビーと言っても10Fなので高さ的にはアレですが(^_^;近傍市街地夜景とトワイライトな山並みが綺麗です。

そそ、この展望ロビー、回廊全体がとっても明るく照明されてるのでガラスには思いっきり周囲が映り込むんです(^_^; 2重ガラスになっているのか、カメラのレンズをガラスに押し当てて手で覆うぐらいじゃ映り込みは防げません。撮影のみならず、普通に夜景鑑賞するにも雰囲気的にもちょっと難ありかと。帰宅後、早速「市民の声」に間接照明化を提案しました(笑)
後日(5/20)甲府市から照明を1/3(3系統のうち1系統)に減らしたとの返事がありました。
防犯上余り暗く出来ないとのことですが対応の速さに感謝です。皆さん行きましょう!(^_^)

Photo

その明るい回廊の様子がこれ。メチャ映り込んでますよね(^_^;
南側はあろうことか全開できる窓(笑)が数カ所あります。最初の写真は開けた窓から撮影。
西側のトワイライトと夜景コラボが美しいと思われるのですが、その肝心の西側のガラス窓は開けることは出来ず。必死にガラスに密着させたり手で覆ったりして撮ったのがこれ。

Dscn5417_r
映り込んでるのが解りますよね。というか激しい映り込み部分はトリミングしています(^_^;
もっとカメラを右に振りたかったのですが真西を向けて撮るのが精一杯って感じでしょうか。

どっか西側が見える所に窓が開く箇所はないかなー、と探してみたら・・・
一箇所ありました(笑) 回廊から外れた一角です。行かれた方は探してみてください。

Dscn5437_r
そこから撮った西、というか西北西方面の夜景がこれ。
トワイライトな甲斐駒ヶ岳と市街地&甲斐市方面の夜景コラボを見ることができます。

最後はこの窓からのパノラマ夜景をば。

20130512_p02_r
方角的には北側の夜景を眺めることができます。正面のビルがちょいお邪魔ですが前の写真、北西方向の山並みから北東方向の市街地近傍夜景を見ることができます。

さて、甲府市役所(新庁舎)展望ロビーからの夜景はいかがだったでしょうか。
日曜の夜ってこともあり、周辺のビルに灯りは少なく暗かったです(笑)
この展望ロビーは年末年始を除き、朝8時30分から夜は21時30分まで一般に開放されているので機会があれば賑やか?な平日の夜にでもまた訪れてみようと思います。
回廊が雰囲気ある間接照明になれば夜景スポットとしても人気が出るんじゃないでしょうか。
是非お願いしますよー(笑)>甲府市

2013/5/3 池田山(岐阜県)

もうすっかり毎年の恒例となってしまった帰省時の岐阜県「池田山」夜景です。
前回も丁度一年前のGW、毎回天候にはイマイチ恵まれなかったですが今回は久々の好天。
いつもなら一人で撮影に出かけるところでしたが今回は家族連れで訪れました(^_^)

まあ撮影場所も構図もほぼ毎年同じですがアクセスや現地の雰囲気は過去記事でどうぞ。
2011/8/15 池田山(池田の森)
2011/8/15 池田山(車載動画と夜景&微速度撮影)
2012/5/4 池田山(岐阜県)夜景リベンジ!

さて、到着はちょっと出遅れて19時過ぎ、既にトワイライトも後半です。予想通りGWまっただ中&好天で駐車場はほぼ満車状態、撮影スポット近辺の路上にも車が溢れています。
いつもの撮影場所、ハンググライダーの離陸台の片隅に三脚を据えて撮影開始!
離陸台なので目の前はストンと落ちてます。恐怖心からか意外と人は多くありません(笑)

先ずはトワイライトな全景夜景をば。例によって16mm広角の2枚繋ぎで。

20130503_p01_r撮影:D7000+DX16-86mm(16mm) f 5.6  s/s 30秒 ISO 100  W/B 白色蛍光灯

毎度同じ構図になってしまいますがこの夜景の形、池田山夜景以外の何者でもありません。
撮影時点(19:22)では日没後約1時間近くということもあり目視では東の空はかなり暗かったものの写真ではしっかり青みが残り良い感じに。さすがに冬場の空気感には及びませんが視界も良好、遠く名古屋方面の夜景まで減衰することなく見通すことが出来ました(^_^)
でも視界の先に山並みとか見えないとちょっと寂しいかも(笑)

そんな空気感の中、大垣市や名古屋市方面のアップです。

D7k_1792_r撮影:D7000+DX16-86mm(50mm) f 7.1  s/s 30秒 ISO 100  W/B 白色蛍光灯

遠方になると光点がびっしり状態で際立ったランドマークが見つけにくいですが、目前の大垣市街地夜景のちょい先の光の帯の中に名駅ビルを含む周辺の高層ビル群が見えています。もっと遠方に見えている感覚だったので最初は気が付きませんでしたが、現地から見ているとホント近く感じます。直線距離で40km以上離れてるでしょうか。よく思い出してみれば大昔、空気の澄んだ昼間に訪れた時は遠く名古屋港や伊勢湾まで見えてましたから近くに見えて当然かも知れません。普段遠方まで見通しが無い盆地夜景に慣れすぎたんでしょうね(笑)

お次も定番構図で。眼下の池田町、本巣市、そして岐阜市方面のアップです。

D7k_1793_r撮影:D7000+DX16-86mm(50mm) f 7.1  s/s 30秒 ISO 100  W/B 白色蛍光灯

眼下の池田町から本巣市にかけては正に光る地図そのもの。遠方には金華山を取り囲む様に岐阜市街地や各務原市方面の明るい夜景が広がります。全体の雰囲気としては甲府盆地夜景で言うと「南アルプス市県民の森」からの夜景に近い感じでしょうか。親近感が湧く夜景です。

さて、20時過ぎ。最後はすっかり薄明も終わった池田山からの全体夜景をもう一枚。

20130503_p04_r撮影:D7000+DX16-86mm(16mm) f 5.6  s/s 30秒 ISO 100  W/B 白色蛍光灯

名古屋方面の強烈に明るい夜景が夜空と雲を照らします。写真だと光の塊になってしまいますが肉眼で見る遠方の夜景は光が重なりあってホントに綺麗です(^_^)
そそ、いつもの様にハーフソフトフィルターを使った星空コラボもちょっと試してみましたが、この強烈な光に負けて星々はかなり地味な写りに。というか星々を写しこむ様な露出だと夜景が完全に勝ってしまいハーフNDフィルターでも調整することができませんでした。
いくつかの明るい星々は写し込めましたが見栄え的にイマイチってことでお蔵入りです(^_^;

最後は家族と共に夜景をバックに記念撮影して今回の池田山夜景は終了です。
20時を過ぎてもひっきりなしにカップルや家族連れが訪れていました。麓には「池田温泉」もありますし、機会があれば是非ご家族等でも訪れてみてはいかがでしょうか。(^_^)

2013/4/28 敷島総合公園(南アルプス市方面)と彗星?

4/28、早朝パンスターズ撮影も叶ってもうこれで十分と思いきや、天気の良さに負けてまたしても出かけてしまいました。場所は前回の梅の里クラインガルテンのちょい手前、「敷島総合公園」です。早朝と違い薄明終了後の20時過ぎには月明かりもありません。これはいけるかも!

結論から言うと惨敗(T_T)見えるだろう方向にらしい姿は写ったもののそれが彗星だという確証が持てません。なぜならば目安となるべきカシオペア自体が確認できなかったから(^_^;

という訳で、早々に諦めて星空の綺麗な西方向に向かってパチリと。

D7k_1742edit_r
あ、敷島総合公園と言ってもいつもの富士山&市街地方面が見えるポイントではなく、公園前の駐車場から。ここからは西方の夜空と南アルプス市方面の夜景を望むことができます。
薄明終了後の20時過ぎ。オリオンは山の稜線に半身を沈めて冬の終わりを告げています。

さて、普段ここからは地味すぎて(^_^;撮られないであろう南アルプス市方面の夜景です。

D7k_1756_r
方角的にはちょうど南西方向。正面、遠く櫛形山の麓には「桃花橋ループ」が見えています。
手前には中央道の双葉JC、そこから南へ伸びる中部横断自動車道も見て取れます。
トワイライトな時間帯や月明かりがあれば山並みも映えてもう少し見栄えする夜景になったかも知れませんが、星撮りに夢中になる余りすっかり期を逸してしまいました(^_^;

D7k_1753_r
せっかくなので「桃花橋ループ」をアップで。DX85mmじゃあまり寄れませんね。
地味と言ってもこのポイントなら車中からの鑑賞も可能です。撮影中にも数台の車がやってきましたがカメラ親父に気づくと何台かはUターンして出て行かれました。毎度すまんのぉ(^_^;

そんなこんなで星&夜景撮りして21時過ぎには撤収です。寒さは微塵もありません。
パンスターズ彗星の追っかけは今朝の撮影をもって終了!撮れてももうホントに暗いし(^_^;
次回からはまた通常の夜景&あわよくば星空とのコラボをメインに行きたいと思います。
彗星は年末のアイソン彗星に期待でしょうか。今度こそ肉眼で確認するぞ!(笑)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30