無料ブログはココログ

« 2013/2/23 右左口(うばぐち)の里 | トップページ | 2013/2/24 梅の里クラインガルテン »

Cokin ハーフグラデーション(ND)フィルター購入

夜景と星空による星景写真、双方の両立がずっと課題だった訳ですがレンズ前で手をフリフリする手動ハーフNDフィルターに限界を感じ、というか嫌気(笑)がさして購入してしまいました。
角型ハーフグラデーション(ND)フィルターです。

Cokin0331

本来は夕景等の風景写真で空と地上部の明暗差を均し実際に目で見た感じに近づけるのがハーフグラデーションNDフィルターの主な使い方の様ですが、私の場合はその真逆。
明るい街夜景部分の露出をグッと抑え、星空は明るく、が目的です。
自作ハーフソフトフィルターと高ISO撮影により星が流れない程度の短時間露光でもボリュームある星空撮影が可能になりましたが反面、同フレーム内の明るい夜景は見事にぶっ飛びます。
で、今までの対策は冒頭で書いた手動ハーフNDフィルター。
古典的な手法ですが意外と効果がありしばらくはこれで凌いでいたのですが、周囲が明るかったり、上手くフリフリを配分しながらマスクしないと黒い影が映り込んだり、ムラになったりとこれがまた結構難しいんですよね。思ったほど夜景部分の露出も抑えられないし。
もう疲れました・・・手が(笑)

とは言っても角型フィルターについてはまったくの初心者な私です。
ネットで調べてみるとフィルターを固定するにはフィルターホルダーとそれをレンズに取付ける為のアダプターリングが必要とのこと。角型フィルターでは周辺アクセサリの充実度も含めてケンコー・トキナーが扱っているCokin製がコスト的(笑)にもお勧めの様です。これに決まり。
常用予定のレンズ(DX16-85mm、67mm径)に併せて幅83mmのPシリーズを選択しました。
最広角端での使用を考えるともっと幅広が安心なのでしょうが、使用された方のリポートを見てみるとDX規格の16mm(35mm換算24mm)程度なら大丈夫そうです。
と言うわけで下記の3種6アイテムを時間差(笑)で購入。
(色々とテストしている内にあれこれと欲しくなるんです(^_^;)

<角型フィルター>
P121S ハーフグラデーション グレー(ソフト)
P121  ハーフグラデーション グレー(ハード)
<フィルターホルダー>
BP400J(フィルター2枚装着タイプ)
P299 (ワイドアングル用1枚装着タイプ)
<アダプターリング>
P467 (Pシリーズ 67mm用)
P452 (Pシリーズ 52mm用)

で、取付けはこんな感じ。連続写真にする程でもないですが(^_^;

Photo
写真の様にハーフソフトフィルターにアダプターリングを取付けているので効果の向きを変える為にハーフソフトフィルターは完全にはねじ込んでいません。掟破りの用法です(笑)

4_2
後はフィルターホルダーとフィルター本体を挿しこんで取付け完了。
こういった角型フィルターにはつい最近まで縁がなかったので最初は随分と違和感がありましたが何度もやってるうちに見慣れました。なんか通っぽくていい感じ(笑)

写真はワイドアングル用ホルダー(P299)ですが、BP400J(2枚装着タイプ)だと広角端ではホルダーを少し回転させるとケラレが出たので2枚重ねしなければこのスタイルになりそうです。

さて、やっとこさ作例です(^_^;
自宅ベランダからも試してみましたが実践での作例がいいですよね。
自作ソフトフィルターの効果と併せて。

Photo_2
撮影条件:D7000+DX16-85mm 広角端 f4.0 ISO 800 30秒露光

左から、フィルターなし>ハーフソフトのみ>ハーフソフト+ハーフND(ソフト)です。
ハーフソフトフィルター効果は以前の記事で紹介したままですが、何れも夜景は完全にぶっ飛んでいます。当日は満月に近い強い月明かりが左方から射していたこともあり少しムラが出てしまいましたが、夜景も星空もそこそこバランスよく撮れたのではないでしょうか。
一番濃い所がND8(3段相当減光)なので夜景部分は ISO 200程度での30秒露光と同等となり見た目の出来ともだいたい合っています。成功です!(笑)

さて、作例としてはちょっと乏しいですがどうだったでしょうか。
月明かりのない様な夜空ならもっと自然な感じに仕上がると思います。
ソフトタイプは明るい夜景に、ハードタイプは暗い夜景に、と使い分けるといいかも知れません。
グラデーションの境を何処に持ってくるか等、あれこれ試しながら撮影するのもまた楽しです。
お次は角型のディフュージョン(ソフト)フィルターでしょうか(笑)
見たところグラデーションタイプは無さそうですがハーフNDと2枚装着してディフュージョンフィルター半分だけ効かせてみると案外上手くいくかも知れません。境の微調整もできますし。

見栄えする冬の星座の季節はそろそろ終わりつつありますが気に入った画や星景写真が撮れたらまた掲載するので見てやってください。(^_^)

« 2013/2/23 右左口(うばぐち)の里 | トップページ | 2013/2/24 梅の里クラインガルテン »

カメラ機材」カテゴリの記事

夜景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/56861669

この記事へのトラックバック一覧です: Cokin ハーフグラデーション(ND)フィルター購入:

« 2013/2/23 右左口(うばぐち)の里 | トップページ | 2013/2/24 梅の里クラインガルテン »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30