無料ブログはココログ

« 2013/1/19 桃花橋ループと星空 | トップページ | 2013/1/27 白根パラグライダースクール(X-ZONE) »

自由雲台 SLIK SBH-250DQ

以前の記事で書いた「金華山展望公園」での微速度パン撮影時の強風によるブレは華奢な(名古屋弁ではヤグイ(笑))自由雲台(SLIK SBH-100DQ)を使ったことが敗因のひとつでした。
じゃあどう対策するのか? 答えは「もっと頑丈な雲台を使うこと」(笑)

所有している三脚「FOTOPRO C-4i」の雲台は水平可動も出来、結構しっかりしていたので最初はこの雲台の流用を考えましたが却下。理由はひとつのツマミの締め加減で水平部とボール部の可動&固定を微調整する為、水平だけ動かすつもりがボール部も動いてカメラがガックン!しそうだから、というかするから(^_^; 重い&重心悪い場合は特に要注意。
軽いカメラを載せて動画撮影等でジワジワと水平パンするとかなら動きも実に滑らかな良雲台なのですが今回の目的には合いません。とにかく水平可動部は独立して動かしたい!

で、色々と検討した結果選んだのが 「SLIK  SBH-250DQ」 はい、好きです。SLIK (笑)

Sbh250dq

SBH-100DQNに比べると2周り程大きくカメラを載せても実にしっかり感があります。
一番の決め手となったのはボール可動部の固定と水平可動部の固定が独立したツマミで出来るところ。後は他社類似仕様の自由雲台の中で一番(たぶん)安価だったから(笑)

水平部の可動と固定が独立して行えることで、従来どおり動画撮影時のパン動作はもちろん、ナノ・トラッカーを使った微速度パン撮影時は撮影開始位置合せや撮影範囲(角度)の確認等が容易に行えます。何よりボール可動部がしっかり固定されているので安心感は抜群(^_^)
SBH-100DQはちょっと緩めただけでガクッ!これは怖いです(^_^;

この自由雲台、実際の微速度パン撮影には既に2回持ちだしていますが、結構な強風の下でも殆どブレることなく撮影することができました。風が無ければほぼ無問題なのではと。
まあ、そもそもナノ・トラッカーのターンテーブル(しかもバックラッシあり(^_^;)に載せてるので条件は良くないですが、雲台自体が弱くては元も子もありません。やっぱり頑丈が一番。

さて、最後にやっと総評をば(笑)
ボール部や水平部の各部の動きは若干滑らかさが足りない(安っぽい)感じはしますが実用上は問題ありません。クイックシューの出来や使い勝手も良し、水平&ボール固定後の剛性も十分。独立した水平パン動作を重視するなら安価でお勧めの自由雲台です(^_^)

« 2013/1/19 桃花橋ループと星空 | トップページ | 2013/1/27 白根パラグライダースクール(X-ZONE) »

カメラ機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/56655860

この記事へのトラックバック一覧です: 自由雲台 SLIK SBH-250DQ:

« 2013/1/19 桃花橋ループと星空 | トップページ | 2013/1/27 白根パラグライダースクール(X-ZONE) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31