無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/21 塩山ふれあいの森総合公園

富士川町平林の早朝夜景に続き、夕方からも撮影です。天気の良いうちに撮らなくちゃね(^_^)
今回の撮影場所は山梨県は甲州市にある「塩山ふれあいの森総合公園」です。
アクセスは中央道の勝沼ICからだと塩山フルーツラインをひたすら北上すること約15分ってところでしょうか。塩山フルーツライン沿いですし案内板もあるので迷うことはありません。
甲府から雁坂トンネルへと続くR140号側からだと武田信玄の菩提寺として有名な「恵林寺」の近くになりますがR20号界隈からのアクセスなら素直に勝沼IC起点が解りやすいと思います。

撮影場所は公園にある2箇所の駐車場から5~10分登ったところにある富士見台と呼ばれる展望場所。実際は東屋やベンチがある直ぐ裏手の1段高くなった所から撮影しています。
美しい夜景を見る為には労力を惜しんではいけません。ちょっと頑張って登りましょう(笑)

という訳で、先ずは夕方トワイライトな一枚をば。(撮影:2012/10/21 Nikon D5000)

20121021_p03best_r
早朝に引き続き実に良いお天気です。先っちょだけですが富士山もくっきりと(^_^)
基本的に「牛奥みはらしの丘」等、塩山フルーツライン周辺からと類似の眺望なのですが一番の違いは正面に見える「塩ノ山」。こういった眺めはちょっと珍しいんじゃないでしょうか。
例によって派手な夜景ではありませんが、夕焼けに映える山々と夜景のコラボが美しいです。

20121021173343best_r
勝沼方面のアップです。まあ勝沼っていうか富士山がメインですが(^_^;
富士山の左下辺りの少し明るいところが中央道、勝沼IC付近。のどかな夜景です。

20121021180118best_r
望遠のままカメラを「笛吹川フルーツ公園」に向けてみます。
盆地南方から東方までどこからもよく見えるフルーツ公園ですが、ここからは公園をほぼ真横から見る形になります。天気も良いしさぞかし賑わってるんだろなぁ。こっちは一人だけど(笑)

20121021180326best_r
すっかり暗くなりました。甲府市街地方面のアップをば。
方角的に甲府中心部の大半は右手の大蔵経寺山に隠されて見えていませんが、甲府市街地南方の昭和町、中央市、遠くは南アルプス市方面の光の粒が重なり合い綺麗です。
20121021_p09best_r
最後はまた2枚繋ぎのパノラマで。これだけ明暗部の差がはっきりしてくると中央に見えている「塩ノ山」はまるで光の海に浮かぶ島の様にも見えてちょっと幻想的でもあります。
以前、下見で昼間に訪れた際はちょっと邪魔に感じた塩ノ山ですが、もうこれなしではここの夜景は成立しないと言ってもいいでしょう。一目見て何処の夜景と解る。これって大事です。

公園にはお子様も楽しめる遊具広場もありますので、家族連れでも楽しめるのではないでしょうか。そのまま夜景鑑賞ってのいいかも知れません。帰路はフルーツライン上から見る車窓夜景で決まりです。ホントに綺麗です。くれぐれも運転手さんはよそ見しないように!(笑)

2012/10/21 富士川町平林

さてさて、天気も良いし寒くならないうちにお約束の早朝撮影です。
山梨県南巨摩郡市富士川町、平林地区へとやって参りました。
アクセスは中部横断自動車道、増穂ICから富士川町を抜け櫛形山方面に進むこと20分ちょい。地区の中でも一段高い所に位置するペンション「ヴィラ丘の家」前の道路脇が撮影ポイントです。

ここは以前紹介した「シルクの里公園」で天空の街と書いた地区。例によって日中に下見していたので大体解っていたのですが高度は800m越えと十分なものの、夜景の見える範囲はかなり限られます。その代わり(^_^;と言っちゃなんですが見所はやっぱり富士山!(^_^)
実はこの前日、10/20早朝にも同所を訪れたのですが残念ながら富士山は拝めず。この先へ続く櫛形林道から長峰林道を爆走(笑)、みはらし平桃花橋ループ経由で帰宅し仕事へ(^_^;

そんな訳で、早朝夜景と朝焼けに浮かびあがった富士山のコラボをば。

20121021050429best_r_2
天気は抜群。どう見てもメインは富士山ですね(笑) (撮影:2012/10/21 Nikon D5000)
見えている夜景の範囲は中央市と南アルプス市、手前が平林地区の一部となります。
この夜景もやっぱり富士山コラボ抜きでは成立しません。って夜景に失礼ですか(^_^;

20121021051527best_r
かなり白んできました。撮影に使ったレンズは先日買い増しした「NIKKOR 16-85mm」。
いつもの様にパノラマ撮影もしましたが今回はこの16mm広角端で撮りたい範囲が画角に収まったので一枚ものです。朝焼けと上空のコントラスト&色あいが本当に綺麗でした(^_^)

この撮影時間(05:15)を過ぎた辺りからご来光目当てか数台の車が集まってきました。
日曜の朝ってこともあるからでしょうが、意外と人気なスポットなのかも知れません。

20121021061108best_r
ご来光です。時間は06:11分。いつもながらご来光直前のワクワク感はいいですねー(^_^)
低く流れる雲で既に遠くの街並みは霞んでしまっていますが美しいご来光が見られただけで十分です。ここに限らず甲府盆地西方から眺める早朝夜景はこれが楽しみだったりします。

先ほど書いた様に、この先は櫛形林道等の各種林道に接続しており「県民の森」、「みはらし平」、長峰林道を経由すると「桃花橋ループ」方面へと至ります。全行程だと30~40分の道のりでしょうか。途中の林道上には他にも見晴らしの良い場所が幾つか存在しますので日中にドライブがてらお気に入りの夜景スポットを探してみてはどうでしょうか(^_^)

2012/10/20,22 金子沢(甲府市塚原町)

やっとそれらしい秋晴れがやってきました。一気に行きます!
という訳で今回やってきたのは新たな新規夜景ポイント。「金子沢」です。
たぶんまったく知られていない場所だと思いますが Google Earth で予行演習(笑)してみると甲府中心部と富士山のコラボもなかなか良さげです。さて結果はいかに!

20121020173944best_r
正式な場所は、甲府市塚原町金子沢。どこそれ?(笑) (撮影:2012/10/20 Nikon D5000)
甲府駅周辺からだと15分もかからないでしょうか。金子沢砂防工事の看板近くの道路脇スペースに車を押し込んで道の向かいの空き地から撮影しています。
夕方のトワイライト夜景ですが甲府中心部と塚原町、下積翠寺方面ののどかな夜景の対比がちょっといい感じ。当日は若干雲が出たものの冠雪したての富士山も姿を見せてくれました(^_^)

さて、日は変わって10/22(月)、土日の早朝撮影にすっかり馴染んだ身体は平日の早朝にもしっかり反応し4時にお目覚めです(笑) 金子沢は自宅から20分ちょい、天気も良さげってことで凝りもせずまた撮影に出かけました。早朝の金子沢はどんなかなー。

20121022_p01best_r
今度はちょっとパノラマで。いかにも早朝って感じかと。(撮影:2012/10/22 Nikon D5000)
引き続き天気も良好。夜景そのものはちょっと地味なものの朝焼けに浮かび上がる富士山はやはり綺麗です。富士山という強力な被写体が他所には無い山梨夜景の強みですよね(^_^)

さて、最近は余り撮らなかったのですが最後は中心部のアップをば。

20121022051520best_r
こうしてみると見えているのは本当に甲府駅周辺部だけ。遠方は笛吹市や中央市方面となります。さすがに近傍街夜景としても迫力に欠けますが山梨なのでそんなもんです(^_^;

このスポットの近く、というか同じ道路上には以前にも紹介した「下積翠寺」があり、その先に進むと「積翠寺」方面へと抜けられます。いずれも甲府盆地北側から望む近傍夜景としてはなかなか美しい夜景を見ることができますので夜景ハシゴにはもってこいかと。

後、「金子沢」の読み、「かねこさわ」とばかり思ってましたが、よく考えてみるとここの上方にはこれまた以前にも訪れた「金子(きんす)峠」があるので「きんすさわ」と呼ぶのが正しいのかも知れません。撮影の時に近くで体操してたおじさんに聞いてみればよかったな(^_^;

2012/10/7 あずさ車窓からの盆地夜景

そろそろ夜景撮りにも良い季節のハズですがどうも週末の天気はイマイチです。
平日の朝夕にスッキリ晴れてるのなんか見たらもう、悔しいのなんの(笑)

という訳で今回はちょっと趣向を変えて電車の車窓から見た盆地夜景をば。
甲府に来て早10年ですが滅多に電車に乗る機会がありません。当然車中から盆地夜景を見る機会もない訳ですが先日用事で上京した際の帰路、新宿18時発のスーパーあずさの車窓から甲府盆地の夜景動画を撮影することができました(^_^)

撮影は勝沼ぶどう郷駅の手前から塩山駅までの約5分間の区間。(撮影:Nikon P300)
意外とトンネルや夜景の見えない区間があったので編集して約2分ちょいにしています。

サムネ写真は牛奥みはらしの丘からの夜景。画像が指定できるようになったんですね。
勝沼付近にさしかかったのは19時過ぎだったでしょうか。トワイライトな時間も過ぎ暗闇の中に突如現れる盆地夜景は都会の様な派手さはないもののキラキラして本当に綺麗でした。

勝沼ぶどう郷駅付近からは笛吹市方面ののどかな夜景が、牛奥地区辺りからは甲府市街地方面の明るい夜景を見ることができます。牛奥地区を抜けると一気に塩山市街地へ。
トワイライトな時間帯、且つ天気も良ければ夕焼けや遠方の山々が更に美しく演出してくれるに違いありませんがこれを叶えるには天気と電車に乗る時間を選ばなくてはいけません。
そうは言ってもそこまで狙ってやる気力はちょっとありませんが。(^_^;

尚、動画に挿入した写真と動画は過去に勝沼ぶどうの丘と牛奥みはらしの丘から撮影したものです。この2箇所は夜景ポイントとしても有名所です。過去記事はこちらをどうぞ(^_^)

2011/12/30 勝沼 ぶどうの丘
2011/12/30 【車載動画と夜景】甲州市 勝沼ぶどうの丘
2012/1/7 塩山フルーツライン 牛奥みはらしの丘
【車載動画と夜景】御坂路さくら公園、他(夜景ハシゴ)

牛奥みはらしの丘からは夜景と共に眼下を行き交う中央線の電車も見ることができます。
このブログでは紹介してませんでしたがせっかくなので元動画も貼っておきます(^_^;

冬場の空気感のなか、トワイライトな時間帯は本当にお勧めのポイントです。
勝沼ぶどうの丘と併せて是非立ち寄ってみてください。(^_^)

2012/10/6,8 あやめが丘の朝夕

3連休もあっという間に終わってしまいましたねー。(T_T)
最近の週末はなかなか撮影に出かけられなかったのですがそろそろ我慢の限界です。
この3連休もスッキリした秋晴れには恵まれませんでしたが思い切って撮ってきました(^_^)

今回の撮影場所は山梨県南アルプス市の「あやめが丘」。
中央道甲府南IC方面から新山梨環状道路を南アルプスIC方面に走ると正面に櫛形山が見えてきますが近づくに連れその麓に一段高くなった台地が見えてきます。ここが「あやめが丘」。
この台地一帯は「コモンシティあやめが丘」と呼ばれる分譲住宅地になっており一つの街を形成しています。みっしりと家々が立ち並ぶ様子はここ山梨ではちょっと珍しいかも知れません。

さて、今回は夕方から夜景、そして夜景から早朝の様子を2日に分けて撮影してきました。
先ずは夕景~夜景をば。撮影場所は朝夕で変えてます。一粒で二度美味しい(笑)

20121006_p02_rs
台地周囲の農道?上の第1ポイント(^_^;からパノラマで。(撮影:2012/10/6 Nikon D5000)
見つけられなかっただけかも知れませんが住宅街の中には広々と望める箇所はありません。
台地の縁、盆地側に建つ家の庭や窓からの眺望はおそらく抜群と思われますが、当然「おじゃましまーす!夜景撮らせてくださいっ!(^_^)/」というわけにもいきません(笑)

ここからは甲府市街地南方(昭和町)から中央市、笛吹市方面を望むことができ、低地ながらも市街地(旧櫛形町)が近いので意外と見栄えがする夜景を楽しむことができます。

20121006180337_r
上の写真と同じ撮影場所から。ちょこっと見えてる富士山と中央市方面の夜景をば。
当日はご覧のとおり雲が多かったですがなんとか富士山も一緒に収めることができました。
撮ってる時には気づかなかったのですが手前の高圧鉄塔がチト見苦しいかも(^_^;

さて、日は変わって今日は10/8、時刻は4時半過ぎ。今度は早朝撮影です。
この時期になるともう日の出は6時近く。あっという間に日も短くなりました。

20121008_p01_rs_2
10/6と同じ農道上ですがちょっと場所を変えています。(撮影:2012/10/8 Nikon D5000)
ここからは第1ポイントで見られなかった甲府中心部方面や甲斐市方面も望むことができなかなかなの見晴らしなのですが夜景としてはちょっと平坦で地味かも。天気が良ければ東方の山々が朝焼けに映えて綺麗なんでしょうね。今回は見事に叶いませんでした(^_^;

そそ、何かが足りません。そう富士山!どこやー。雲で見えんのかな?
場所的にはギリギリ右手に見えるハズなんだけど・・・て、そのギリギリが怪しい(^_^;
案の定、この撮影ポイントから更に30m程移動してみると・・・あ、富士山みっけ(笑)

20121008_p09_rs
がしかし、時既に遅し、既に空は明るく夜景は寂しく(^_^; (撮影:2012/10/8 Nikon D5000)
でもやはり富士山はマストアイテムです。顔見せてくれただけでもありがたやありがたや。
でも富士山が見える場所まで移動すると今度は先ほどの場所では見えていた甲府中心部や甲斐市方面は樹木の陰に。二兎を追うものは一兎をも得ず。上手くいかんもんですね(^_^;

結局、この3連休は「あやめが丘」で終わりました(笑)
撮影場所となった台地周りの農道は所々広い箇所もあるものの殆どすれ違いが困難な狭い道です。車中や車から降りてのんびり楽しむなら住宅地からちょっと入った第1ポイントがお勧めでしょうか。道幅もちょっとあるので上手く停めれば邪魔にはならないでしょう。
但しここに至るまでには住宅地の脇を通りますし、また十数メートル上にも住宅がありますので訪れた際は大きなエンジン音を立てたり騒いだりしない様に注意してください。
それさえ守れば車も滅多に通りませんのでゆっくりと夜景を楽しめる良スポットです(^_^)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31