無料ブログはココログ

« 2012/8/15 笠松川まつり(金華山展望公園より) | トップページ | 2012/8/21 第48回 石和温泉花火大会 »

2012/8/16 銀河鉄道展望公園&武田の里まつり花火

さてと、帰省も終わり甲府に戻って参りました。どこ行こっかなー(笑)
山梨界隈の花火情報によると目ぼしい花火大会は後2回開催される様です。
ひとつは8/21の石和温泉花火大会、そしてもうひとつは韮崎で開催される「武田の里まつり」。
開催日は8/16、そう、今日です。昨日迄の帰省疲れも昼まで寝て回復、これは行かねば!

という訳でやってきました。今回のビューポイントは「銀河鉄道展望公園」です。
現地は中央道、韮崎ICから10分弱、地元ではちょっと知られた夜景スポットの様ですが夜景目的で訪れたのは今回が初めて。以前昼間に下見で訪れたことがありますが、狭いながらもちょっとした展望台やベンチ、トイレや韮崎の観光案内板を備えた良い雰囲気の公園です。
花火までの距離は約4kmとチト遠いですが高台から見下ろす感じになるので期待大(^_^)

現地には18時半過ぎには到着、花火開始までは後1時間半近くあります。4~5台の駐車スペースなので花火目的で既に埋まってるかと思いきや先客は2台、余裕で駐車です(^_^)
撮影場所はちょっとでも高みがいいだろうって安易な理由で展望台へ。ここなら下の芝生広場に比べ樹木等の被りも少なく良さそうです。ただこの展望台、木製で人が歩いたりすると揺れるんですね。イヤーな予感がするものの、まあじっとしていればと考えたのが運の尽き。
クランプポッドで木製の手すりにカメラ(D5000)を据えて微速度撮影を、三脚ではP300を据えて夕景等の撮影を始めました。しばらくして先のイヤな予感は的中することになるのですが(^_^;

とりあえず先に撮った夕景(トワイライト)写真をば。(撮影:Nikon P300)

20120816_p1_r
ご覧のとおり街夜景としてはちょっと寂しいですが、好天のお陰で山々の稜線が綺麗に浮かび上がってくれました。正面が韮崎市街地、左手遠方が甲府市街地方面となります。
フレームアウトしていますが更に左手には富士山も望むことができ見晴らし感は満点(^_^)

20120816185332best_r
西方には甲斐駒ケ岳が尖っています。綺麗な夕焼けをバックにパチリ。
甲府市内からも望めますが韮崎まで来ると近くに見えて雄大さが一段と引き立ちます。

そうこうしているうちに19時を周り花火開始まで後1時間弱に。
D5000のインターバル間隔が長くなってきたなー、と思ったその時!展望台の階段を登ってくる賑やかな一団が。小さなお子様2人連れのご家族です。カメラが揺れてるー(笑)
考えてみれば今日は花火大会です。この事態は予想できたハズ。場所を変えようにもふと周りを見ると先ほどまで人気がなかった公園に大挙して車と人がやってきています。悩んだ末にこの場所に留まることに。後はお子様方がおとなしくしてくれてるのをただ祈るばかり。
このご家族は地元の方の様で毎年来られてる模様。花火の見え具合を聞いたところ良く見えるとのことで一安心。なぜか野菜ジュースをご馳走になったり(^_^;これは益々やり辛い(笑)
案の定、小さいお子様方は「はなび!はなび!」とはしゃいで走り回っています。
3秒露光で微速度撮影中のD5000は小刻みに揺れています(笑)もう諦めました(^_^;

さて、20時です。微速度撮影も終了しD5000は花火モードへと。

20120816200545best_r
開始間もなく撮影した一枚です。打ち上げ場所は韮崎市役所前の武田橋付近。
見えると言っても距離から予想したとおりかなり小ぶりなので200mmズームレンズで画角を調整しながら撮影しています。左手の明るいエリアが韮崎駅周辺、正面の光の線が武田橋、その手前が「銀河鉄道展望公園」の由来とも言われる中央線が走る丘陵地(七里岩)です。

20120816203346best_r_2
花火も中盤に。ちょっと離れた打ち上げ場所から大玉が連発で上がります。
写真でみるとチト地味ですがこれはなかなか迫力があって良かったです(^_^)

20120816204249best_r
終盤に近づくにつれてスターマイン系の派手な打ち上げが続きます。
見ていて気がついたのですが、ここの花火はシンメトリーというか左右対称の可愛らしい花火が目立ちました。そんな傍らではもうお子様方が大盛り上がりです。お察しのとおり花火写真はバルブ撮影なので一定時間シャッターを開放しています。その間「じっとしててね」と心で祈るばかり。まあ綺麗な花火が上がるに比例して興奮も高まりますからそれは無理って話です(^_^;

最後はフィニッシュらしい花火が上がり終了です。神明の様な焦らしはなし!(笑)
全体の様子は6分程の動画にしましたのでそちらでご覧ください。

花火大会は21時前には終了、ご家族連れも帰られました。
再び人気のなくなった公園でD5000の本気夜景を1枚。

20120816211301best_r
山々の稜線はもう見えませんが長時間露光による街灯りと夜空との対比が綺麗です。
撮影直後には気が付かなかったのですが夜空をよく見るとでっかい蠍が浮かんでいます。
まったくの偶然ですが画角ほぼいっぱいにさそり座を収めることができました(^_^)

さあ、やっと動画です(笑) 今回は3本。

先ずはP300で撮影した夕景動画をば。

冒頭のパノラマ夜景ではフレームアウトしていた富士山もうっすらと見えています。
広々とした見晴らしの本当に気持ちの良い公園です(^_^)

お次はパノラマ夜景とさそり座夜景(笑)を合体した微速度動画をば。

微速度動画がなぜ短いか、それは後半盛大にブレてるからです、大幅カット(笑)
というかトワイライトになってから見るとしっかりブレてるのがよく解ると思います。
まあせっかく撮ったし許容範囲ってことでご容赦ください。最後のさそり座は明度を上げるかTVでご覧いただくとよく解ると思います。今回の一番の収穫はこれだったかも知れません(^_^)

最後は花火大会の様子です。夜景はちょっと地味ですが雰囲気だけでも伝わればと。

撮影は毎度お馴染み、Panasonic DMC-TZ7 です。
もちろんP300でもいいのですが遠望花火を撮るには望遠がチト不足かと。
解像度は低いですが階調表現ではTZ7が優れています。エンコード時に若干明度を上げてやることでコントラストは落ちますが比較的肉眼でみた感じに近い画となってくれます。

今回はホント長くなりました(^_^; 読んで&見て下さった方、お疲れ様でした。m(__)m
後、撮影の機会は「石和の花火大会」を残すのみですが、8/21は休み明けで超繁忙の予感が(^_^; さて、観覧&撮影は叶うのでしょうか。結果はまた後日お楽しみということで(笑)

« 2012/8/15 笠松川まつり(金華山展望公園より) | トップページ | 2012/8/21 第48回 石和温泉花火大会 »

夜景」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/55455410

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/8/16 銀河鉄道展望公園&武田の里まつり花火:

« 2012/8/15 笠松川まつり(金華山展望公園より) | トップページ | 2012/8/21 第48回 石和温泉花火大会 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31