無料ブログはココログ

« 皆既月食(2011/12/10~) | トップページ | 甲府の街歩き夜景(R20号沿い昭和町方面) »

金子峠~淡雪山~(2011/12/11)

甲府市の千代田湖界隈には多くの夜景スポットが存在します。
今回はその中でも意外とクセのある(^^;スポット、金子(きんす)峠へやって来ました。
実はこのスポット、昨年の7月に撮影に訪れているのですが、季節柄満足のいく撮影が出来ませんでした。冬場になったらリベンジをと思いつつなかなか実現しなかったのはそのロケーション。
金子峠自体は車を降りてから10秒も歩かない所にビューポイントがあるのですが、夏場だと鬱蒼と茂る木々で盆地夜景の殆どが隠されてしまう為そこから5分ちょっと登った淡雪山(790m)という見はらしの良い岩場から撮影することになるのですがこれがまた危険な場所なのです(笑)
9月頃に天気も良いのでと訪れた際は現地に辿り着き、一端はカメラをセットしたものの強風に恐れをなし撮影せずに撤退。カメラ自体の心配もさることながら、自分が命を落としてはいけません。色んな意味(^^;でコンディションが良いタイミングで出掛けないといけないスポットなのです。

さて、そんな金子峠(淡雪山)からの夜景です。(17:25撮影 カメラ:Nikon P300 3枚合成)

20111211__r

トワイライトな時間帯をパノラマにしてみました。
市街地近傍夜景ということもあり、オリジナルを等倍で見ると細部までよく見てとれます。
見える範囲自体はそれほぞ広くありませんが、眼下が甲府駅付近の中心部、その先には昭和町、中央市、南アルプス市と光が重なり合い光量たっぷりの美しい夜景を見ることができます。

お次はインターバルがてら撮影した富士山とのコラボ。(18:25撮影 カメラ:D5000)

20111211182449best_r_2

富士山がメインならば樹木は被るものの金子峠から撮影するのがいいかも知れません。
淡雪山からだと富士山はフレームの端っこに来てしまいますが、夜景とのバランスを考えるとやはりここから撮影するのが一番かと。(ちょっと危険ですが)
当日も昇り始めた月明かりに照らされて綺麗に富士山も浮かび上がってくれました。
無理に露出を上げると夜景が飛んでしまいますが、お陰でバランス良く撮れたと思います。

ではお約束の微速度撮影動画です。

見てのとおり雲一つない晴天での撮影となりました。
刻々と暮れゆく空と浮かび上がる夜景は確かに美しいですがやはり雲の動きや夕暮れに映える雲の色彩変化等がないと寂しいものです。
天気が悪ければ文句をいい、良ければまた文句を言う、ホントに勝手なもんです(笑)

P300でのトワイライト夜景動画です。

昨日よりグッと空気も澄み、雲は無いですが夕焼け空がとても綺麗でした。
微速度撮影では見た目以上の光量となり綺麗な反面嘘っぽいですが、素の動画は殆ど目で見た感じと同等です。市街地近傍ならではの美しさを十分堪能することが出来ると思います。

さて、何度も書きますが綺麗な夜景を拝めるもののこの撮影スポットは危険です(笑)
現地はゴツゴツとした岩場、且つ狭く平らな部分は殆どありません。夜景と富士山をフレームに入れつつ三脚を立てられる場所は実質1カ所ではないでしょうか。その三脚から後ろ向きに数歩さがると滑落します(^^;もちろん注意していればそんなことはないのですが、時間は短いものの途中の山登りと合わせて安易にお薦め出来る場所ではありません。
もし興味のある方は絶対に昼間に下見して(登ってみて)から訪れてください。

« 皆既月食(2011/12/10~) | トップページ | 甲府の街歩き夜景(R20号沿い昭和町方面) »

夜景」カテゴリの記事

微速度撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/53512843

この記事へのトラックバック一覧です: 金子峠~淡雪山~(2011/12/11):

« 皆既月食(2011/12/10~) | トップページ | 甲府の街歩き夜景(R20号沿い昭和町方面) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30