無料ブログはココログ

« 撮影機材紹介 シューティングバックNEO リュックM | トップページ | 甘利山の朝と雲海(2011/11/20) »

新道峠 夜景(2011/11/13)

ついにやってきました。新道峠です(^^)
今年6月の早朝に日の出の時間もよく調べずに訪れて見事惨敗(^_^;
その後すぐに山頂付近の残雪も消え去り画的には寂しい富士山となっていましたが、先日ついにそれらしく冠雪!これはもう撮りにいくしかありません。

甲府市内から笛吹市方面へ、鳥坂峠&トンネルを越えて河口湖へ抜ける若彦トンネルを目指します。トンネル手前からすずらんの群生地方面へ進み15分程車を走らせた終点が新道峠への入口です。整備された登山道を登ること10分足らずで今回の撮影ポイントとなります。

と言うわけで今回は写真のみ2枚をば。

20111113172550best_r

撮影日時:2011/11/14 17:25 撮影場所:新道峠 (山梨県笛吹市芦川町)
撮影情報:カメラ Nikon P300 プログラムオート(F1.8 露光4秒) ISO160 WB:晴天

肉眼では相当暗いですが典型的なトワイライトな時間帯の一枚です。
夜景も富士山もこの時間帯ならば P300 のプログラムオートで綺麗に撮影することができますが、完全に日が落ちてからは夜景も闇に浮かぶ富士山も綺麗に撮影することは困難になります。無理にISO感度を上げて明るくしてもノイズが酷くなるだけでした。

お次は1000枚越えのインターバル撮影を終えた D5000 のちょっと本気モードの一枚。

20111113184908best_r

撮影日時:2011/11/14 18:47 撮影場所:新道峠 (山梨県笛吹市芦川町)
撮影情報:カメラ Nikon D5000 Mモード F5.6 露光30秒 ISO400 WB:温白色蛍光灯(3K)

まだ月明かりは無い時間帯でしたが暗闇に慣れた目にもうっすらと富士山は確認できました。
バルブ撮影でもよかったのですが面倒だったので(笑) ISO400なら許容範囲かな。
ここのところ D5000 はインターバル撮影専用機と化してましたが、この一枚を見るとやはりコンデジとの差は歴然。もっとちゃんとした写真を撮ってあげないといけませんね(^_^;

当日の撮影現場には先に来られていた一組のカップルが楽しそうに写真撮影(かなり気合いの入った)されていましたが、私が約2時間近く滞在して撤収する頃になってもまだ撮影を続けられていました。それほど寒くはなかったですが男性はまだしも、女性の方はトイレとか大丈夫だったんでしょうか?まあ余計な心配ですが(^_^;

後、帰り間際に「いい写真撮れましたかぁ(^^)」と現場を訪れたお父さん。
聞くとなんでも月1回のペースで京都から来られてるとか。(凄い!)
今回の現場から黒岳方面に5分ほど登ったビューポイントからだと視界を遮る木々もなく実に見はらしが良いとのこと。行ってみたいですが今月末には冬季通行止めになってしまいます。
来年また暖かくなってから下見のうえ是非訪れてみたいと思います。

« 撮影機材紹介 シューティングバックNEO リュックM | トップページ | 甘利山の朝と雲海(2011/11/20) »

夜景」カテゴリの記事

コメント

迷ったのですが、こちらにコメントを。
昨日、新道峠に行ってきましたが、見事に富士山は雲の中でした。
もう2年ほど新道峠に通っていますが、未だにこのようなきれいな景色に出会ったことがありません。(泣)
甘利山もそうですが、もうそろそろ冬季閉鎖が始まりますね。
来年こそは富士山と夜景の組み合わせを撮りたいものです。

ではでは~。

こんにちわ。毎度見てくださってどうもです。(^^)
先ほど掲載した記事にも書きましたが、私の場合は地元なので天気を見てから出掛けられるのでハズレは少ないですが、それでも現地の天候は着いて見るまでは解りません。今回は運が良かっただけと思います。
雲も出方次第ですよね。是非良い写真を撮られてください(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567124/53247700

この記事へのトラックバック一覧です: 新道峠 夜景(2011/11/13):

« 撮影機材紹介 シューティングバックNEO リュックM | トップページ | 甘利山の朝と雲海(2011/11/20) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31