無料ブログはココログ

2019/9/8 自転車で行く夜景スポット+(其の23)

花火の季節も終わり早9月、秋めいた空気感の中・・・ って全然涼しくないし。(^_^;
そうは言っても早朝はそれなりに涼しくなってきた訳ですが、早朝と言うには遅すぎる7時頃、台風の接近を感じさせない朝の陽ざしを背に受け向かった先は韮崎の「甘利沢」チャリでは久々。

自宅を出て約30分ちょい。先ずは甲斐市双葉、釜無川に架かるR52「双田橋」上でパチリと。

20190908_075513_r

甲府西方からは綺麗な富士山を見ることができます。双田橋から望む富士山も良い感じ。
ここ渡る度に思うのですが両側にある特徴ある衝立はどんな役割があるんでしょ?(^_^;

橋を渡って左手に見えるのが「日本航空学園」と「ラザウォーク甲斐双葉」。

20190908_075812_r

知っている人には当たり前ですが知らないと突如現れる滑走路にちょっと驚くのではと。
航空学園脇の路上からは展示されている飛行機(ゼロ戦?)とかが間近に見られます。

ここからはR20をキコキコとひとつ上の「船山橋」を渡り甘利山方面へ。
韮崎工業高校脇を過ぎて直ぐ、前回同様たまらずまた撮ってしまいました。(^_^;

20190908_081922_r

ホテル舟山」敷地内にある金閣寺(笑) 「空から日本を見てみよう」でも紹介されたこの施設、明確な用途があって建てられた訳じゃないとか言っていましたがインパクトは抜群です。

さあ、ここからが本番、お楽しみの上りです。甘利沢まで後2.5km程。行くぞ!
で、辿り着いたのがここ「山之神神社」。この神社の裏手をゴニョゴニョと。(^_^;

20190908_083723_hdr_r

でました!私的には定番撮影地の木造テラス。

20190908_084038_hdr_r

いやあ、相変わらず安定の鬱蒼感です。まだまだ夏だなあ。(笑)
せっかくなので自転車をかついでテラスへ。疲れを癒しつつパチパチと。

20190908_085033_hdr_r

ここ、本当に立派なテラスなんですよね。未だ謎多きテラスですがブヨの襲来(笑)さえ気にしなければ「武田の里にらさき花火大会」の絶好の展望地だったりします。展望メインでもパチリと。

20190908_085120_r

ちょうど正面あたりが花火のメイン会場。左手から上がる単発大玉も見応え十分。(^_^)
今日もまったく人気はありません。汗ベタ上着を脱いで天日干し(笑)しながらのんびりと。

20190908_090824_hdr_r

休憩を終えテラス全体を入れて。少しでも高度を稼ぎたいならここでもOK。広いし。

さて、ここから本当の甘利沢展望台(ムク台跡)へ向かいます。上の写真とうって変わりこの直ぐ後ろから草ボーボー。自転車を引いて辿り着いてみると・・・柵で囲われて入れないじゃん!(^_^;
しょうがないので沢側の柵を自転車と共にヨイショと乗り越えてなんとか展望台へ。

20190908_091809_hdr_r

写真左の柵を乗り越えました。柵の直ぐ外は沢。落ちたらヤバいです。(笑)
先ほどのテラス方面へは降りられない様に全面柵で覆われていました。草ボーと併せ急斜面もあるので危険だからと塞いだんだと思います。まあ確かに人が歩く様な所じゃないですが。(^_^;
ここ、小夜景的にはアリですが花火会場方面は左手の木々が被って見られません。

甘利山公園線とそこに面した駐車スペースからはこんな感じ。

20190908_092120_hdr_r

右の道が甘利山公園線、広々した良い場所なんですけどね、眺望的にはチト残念。

そそ、ここからちょい上った所に空き地が造成されたのでそこからの眺めもチェック。

20190908_092353_hdr_r

ちょい高くなるだけで眺望範囲はほぼ同じ。なんかこうフワフワな草原感は良い感じ。(笑)

という訳で「甘利沢」はこれにて終了。お次の目的地へ。
向かった先は「わに塚の桜」。夜景スポットではありませんが今日は富士山も見えてるってことで富士山と桜がコラボできる場所確認でもしてみようかと。まだ半年以上先の話ですが。(^_^;

下りなんで早いです。15分程で現地着。先ずは八ヶ岳バックの定番撮影地から。

20190908_094639_r

初秋の「わに塚の桜」です。チャリ抜きでマジ撮り(G7Xmk2)するとこんな感じ。

Img_4679_r

脳内でピンク色に補完してください。(笑)
今晩には台風接近とか信じられない程の良い天気、八ヶ岳もクッキリ。(^_^)

さて、目的は富士山コラボなポイント探しです。北西の八ヶ岳、南東の富士山なので探すのは上の写真の向こう側。近くからだと上手くコラボできません。こちらも「G7Xmk2」のアップで。

Img_4682_r

直ぐ右手には鉄塔が。高圧線がしっかり写り込んでいます。離れた場所からなので圧縮効果で富士山の迫力は満点なものの構図的にはどうかな? よく見るとトンボがいっぱい!(笑)

少し場所を変えてもう一枚。こちらの構図はどうだ!

Img_4684_r

配置的に良い構図だけど、鉄塔まるけだな。(^_^; もちろん桜の直ぐ右手にもどーんと鉄塔が。
探せば桜で上手く鉄塔を隠すような場所が見つかるかも知れませんが、正に稲刈り準備時期らしく作業のお邪魔にならない様にと深追いせず。まだ来春の話なのでゆっくり探せばいいかと。

あ、来る時には雲に覆われていた八ヶ岳、クッキリ見えてるうちに撮りたい場所がもうひとつ。
甲斐双葉と韮崎の間の田園風景と八ヶ岳&茅ヶ岳コラボです。(^_^)
場所は説明し辛いので割愛。先ずは自転車入り広角でパチリと。

20190908_102509_r

大きな建物とかが余り写り込まない広々した田園風景はなかなかないのではと。
八ヶ岳と茅ヶ岳メインだとこんな感じに。

20190908_102403_r

のどかで良い風景ですよね。(^_^) これにて本日の撮影は終了!
走行距離は40kmでしたが「甘利沢」上りで体力を使い果たしました。(^_^;
汗だく道中だったものの最後には秋めいた風景が見られてよかったです。(^_^)

2019/8/21 第55回 石和温泉花火大会(大蔵経寺山登山口駐車場)

さて、前回の下見の結果、撮影地はどこになったかと言うと・・・
タイトル通り「大蔵経寺山登山口駐車場」に軍配が上がりました。
当日の予報は夕方から雨マーク、この時点で行くならチャリでと思っていた会場は却下。急な雨でも直ぐ車に!なら「大蔵経寺山三ツ石地区」ですがチト遠望なんですよね。当日は平日、終業時点での空模様からするとなんとか雨は持ちそうです。やっぱり新規展望地から撮りたい!(笑)

帰宅後、開始30分前には到着したいってことで余裕をもって18時頃出発。普段なら30分程度ですが当日はなんだか異様な混み様で小一時間、到着は本当に開始30分前の19時に。現地には駐車場内も含め車は2~3台のみ。先に下見した撮影地の直下まで車でも入っていけますがちょっと鬱蒼としてるのでパス。(^_^; 駐車場入口から30m程なのでまあ歩いてもしれてるかと。

撮影ポイントの前後幅は狭く三脚立てて後ろに立ったら一杯って感じ。メイン会場と鵜飼橋側から上がる花火を木々の被りなく見られる範囲も同様に狭そうです。上手く撮れるかなあ。(^_^;

とりあえず落ち着いた場所でまずは花火会場方面をパチリと。

D7k_2763_r

開始直前のレーザービームがビシッ!と。低地近傍夜景の典型ですね。(笑)
正面右よりにメイン会場の花火、左手のイオンのちょい左に鵜飼橋側花火と予想。
さて、その結果は!?

風向きが悪いのか会場アナウンスは聞こえません。突然パッと始まりました。
そんな開始直後の花火を4枚まとめて。

1566736608

のっけから光の塊だな。(^_^;
同色のフワフワ花火が代わる代わる上がります。実際に見てると綺麗。(^_^)

お待ちかねの鵜飼橋側の大玉来ました!どれも綺麗だったので11枚繋ぎGIfにて。
1566736959zoz8vynb2r5ozzw1566736952

実は最初の写真と少し撮影位置を変えています。鵜飼橋側の花火の根っこ辺りが左の木々に被ったんですよね。被りに気がついてから2m程場所移動。若干予想をハズしました。(^_^;
連続して打ち上がる大玉は綺麗&迫力満点。様子は後の動画でもご覧ください。(^_^)

さて、一旦大玉タイムも終わりメイン会場側に移ります。綺麗どころを4枚まとめて。

1566737427

右下終盤のド派手さ加減からこれが第一部の終わりだったんじゃないかと。
毎回、第一部と第二部の間には終わったの?と勘違いする程の長いインターバルがあるのですが今回はそれほどでもなかったような。会場アナウンスが聞こえれば察しもつくのですが。

再開は鵜飼橋側からでした。先と同様、連続してバンバン上がります。
綺麗どころを再び11枚連続のgifにて。こちらも後の動画にて。

1566737756ndoawldilajxqgm1566737749

これで鵜飼橋側からの打ち上げは終わった様です。この後はメイン会場のみ。鵜飼橋側からの打ち上げは去年からでしたが、今年は美しい大玉も多く見応え&撮り応え充分でした。(^_^)

さて、いよいよフィナーレに向かいます。7枚繋ぎgifにて。

1566738265j76lwdlqyx6utsk1566738260

このパーッと左右に広がってその上に咲く花火、これが良いんですよね。(^_^)
パーッと広がったら黒団扇でレンズ覆って花が咲く直前に開放する、これを何度か繰り返してそこそこに撮れたのがこれらの写真。露出過多にならない様に撮るのは本当に難しいなあ。

フィナーレの最後はもちろん真っ白な塊なので割愛です。(^_^;
そこは動画で・・・ と言いたいところですが実は撮り損ねました。動画のラストは最後の花火の直前の様子。終わったー!と思って録画を止めた直後、ババーン!と本当のラストが。(笑)
時刻は20時55分頃。毎度ですが石和の花火ってラストがよく解らないんですよね。中盤にはもっと派手なエンディング花火が上がったりするので本当に終わったの?って感じ。
21時になっても結局始まらず。タイミングよくポツポツと雨も。
傘さして5分程待つも本当に終わった模様。普段ならここで夜景や周囲の様子を撮ったりするのですが、雨降りもひどくなってきたので急いで片付け&撤収です。なんかモヤモヤ。(笑)

最後は動画をば。今回はクリップ内でブツ切り編集せず長回しで17分程にまとめました。

ちょっと間延び感もありますが現地からのんびり眺める感じで見て頂ければと。
距離は1.5km程と結構近いのでアップはそれなりに迫力あると思います。(^_^)
動画が進むに連れて徐々に近づいていきます。(笑)

さて、「大蔵経寺山登山道入口駐車場」から望む「第55回 石和温泉花火大会」はいかがだったでしょうか。ロケーション的には高度や夜景の映え具合からすると決して満点とは言えませんが、距離的には1.5kmとそこそこ近いので音響共に迫力ある花火が楽しめる展望地です。以前に見た「八代ふるさと公園」からとか本当に遠い(小さい)ですからね。(^_^;
後、重要事項。場所がらヤブ蚊が多いので行かれる際は虫刺され対策をお忘れなく!(笑)

2019/8/18 自転車で行く夜景スポット+(其の22)

花火大会直前、下見がてらの夜景スポット巡りはお約束。という訳で毎年8/21開催の「石和温泉花火大会」の撮影地の下見を兼ねてチャリで出かけました。さて、良い場所はあるかな?(^_^)

考えてみればここ数年、遠くの高台ばかりから見ていて会場間近では見ていません。2012年にチャリで行って会場で見たのが最後だったでしょうか。平日ってこともあり会場近くへ車では近づきたくないんですよね。自宅から会場まではチャリでも30分足程。撮影機材を絞れば久しぶりに会場で見る&撮影もアリかと。そんな訳で先ずは会場周辺のロケーションから確認です。

メイン会場は笛吹市役所の正面。もちろん間近で見られて迫力満点ですがいざ撮影となると近過ぎるので却って難易度が上がります。真正面でなくても良ければ会場を挟んで架かる「石和橋」と「鵜飼橋」辺りから見るのが良いかと。経験上、広角ならなんとか撮影も大丈夫だと思います。

下見なのにまた前置きが長くなりました。(^_^;
先ずは2012年に見た時とほぼ同じ場所、石和橋(R20)近くの右岸堤から付近から。

20190818_102419_r

ここはかなり近いですが結構良い場所と思います。でも人も多いです。(^_^;

変わって上流、鵜飼橋側の右岸堤からだとこんな感じ。

20190818_102737_r

向こうに見えるのが「石和橋」。会場の賑わいと併せて撮るならこちらが良いかな。

お次は「鵜飼橋」の上流側右岸堤を。

20190818_103646_hdr_r

昨年から「鵜飼橋」の上流側からも打ち上げられる様になりました。観客席も綺麗に整備されたので観覧にはもってこいと思われますが、大玉が高く上がるので撮影にはチト不向きかと。

「鵜飼橋」を渡り左岸堤側からメイン会場方面を。

20190818_105448_r

距離的&会場のお祭りな感じを同時ならこちら側が吉かも知れません。
でもこの時期の風向き的にはモロに煙や燃えカスを被る可能性大かと。(^_^;

左岸堤の「石和橋」付近からメイン会場方面を望むと。

20190818_105106_r

こちらからもなかなか良さそうですが手前の草木がチト見苦しいかな。左岸堤側は花火開始後でも割と空いているらしいです。当日は車両通行止めになるのでご注意を。

「石和橋」と「鵜飼橋」辺りの下見はこれにて終了。石和市街地方面に向かいます。
休憩がてら立ち寄った石和温泉駅前にある「イオン」の立体駐車場からはどうかな?

20190818_111342_hdr_r

うーん、間違いなく近傍花火として見えるっちゃ見えますが夜景的にはどうかなあ。
何よりも高圧電線が盛大に横切ってる時点で私的には却下です。(^_^;

さて、やっとここから夜景スポットに行きます。(笑)
向かったのは「大蔵経寺山登山道入口」。石和温泉駅から中央線を越えて10分程で着。
昨年訪れたばかりの撮影地ですが何がどう変わっているか解りません。定期的なチェックは必須です。先ずは昨年と同じ場所で見映えの確認をば。高度はビルの10階と同じぐらいかな。(^_^;
エイヤっと急坂を上って現地着。

20190818_113005_hdr_r

特に変わりなーし!(笑) イヤ、現地の雑草が少なくなり鬱蒼感が減ったような気が。
メイン会場側は右手の木々直ぐ脇に上がるので見映えはイマイチかと。でも「鵜飼橋」上流側で上げる花火の方は左手に上がるのでバッチリです。夜景的にも低地ながら結構イケてます。

登山道入口の奥には登山者用の広い駐車場があります。前回確認した時点では木々が被り眺望はなかったのですが、行ってみると・・・ あれ?以前より全然開けてるじゃん!新たに造成された箇所もあり、その上部に上ると更に良く見えます。新撮影スポットみっけ!です。(^_^)

20190818_113657_r

正面が正にメイン会場方面。「鵜飼橋」側の花火はイオンの左手ぐらいに来るかな?
あ、自転車でとか言ってながら自転車が写ってないな。(^_^; グッと引いてパチリ。

20190818_113711_hdr_r

全体的にはこんな感じの所。駐車場は最下段ですが一応ここにも車で入って来られます。
まあ実際にはここから見た訳じゃないので解りませんが有望な撮影地に違いありません。

最後に訪れたのはここ。同じく「大蔵経寺山」。三ツ石地区へ至る途中のここも定番撮影地。

20190818_120248_hdr_r

ここは「石和温泉冬花火」も含めて訪れているので花火の場所は把握済み。「鵜飼橋」側で上がる花火は見たことがありませんが、たぶん大丈夫かと。左端のイオンの右手ぐらいかな?

20190818_120313_hdr_r

ここの直ぐ先、このカーブを曲がって上った先が更に高台の「三ツ石地区」。
夜景が綺麗なスポットですが暑さと疲れはもうピークです。そのうちってことで。(^_^;

さて、これで一通り候補地を回りました。どこにするかなあ。
三石地区手前のスポットは若干遠いので迫力には欠けますが、夜景や中央線を行きかう電車の様子とかとコラボ出来て結構魅力的なんですよね。会場は近すぎるリスクがあるし、登山道入口の駐車場だとぶっつけ本番になるし。うーん、開催当日まで場所選びが悩ましいところです。(^_^;

 

2019/8/16 武田の里にらさき花火大会(甘利山より)

お盆休みもついに終盤、帰省から戻った翌8/16は「武田の里にらさき花火大会」です。
今回の撮影地は既に決めていました。その場所は「甘利山駐車場」。前回訪れた2015年の時は雨は降るわ、雲の襲来でフィナーレがSOUND ONLY(笑)だったりと散々。今回はリベンジ目的って訳。盆地内は晴れていましたが甘利山方面は薄雲がかかり自宅からは山並みは見えず。一抹の不安はあるものの山の天気は行ってみなきゃ解りません。意を決して出発です!

現地着は19時前。開始迄はまだ一時間以上あります。さて、定番の撮影ポイントはと・・・
既に三脚2脚2組さんとチェアに座った開始待ちのお二方が陣取られていました。(^_^;
この撮影地、会場付近が見える範囲は意外と狭いんですよね。毎度ご挨拶がてら隅に三脚を立てさせて頂きましたが会場脇の武田橋に若干木々が被るロケーションでチト残念。準備前の先客さんはなんとペストポジション真後ろのテーブル上に三脚を。そうか、その手があったか!(笑)

そんな周囲の方々と歓談しながら待っていると。開始間近になって雲がブワッと襲来!
オープニングは音はすれども姿は見えず、のっけからこれかよー。(T_T)
でもですね、変わりやすいんです山の天気ってのは。サーッと雲が晴れました。
見えないオープニング後、小ぶりな単発花火を9枚繋ぎGI Fで。可憐な感じが良いです。

1566054736_9qrwlqxifx2mvp1566054730

ここから会場までは約6km離れているので小さいのはもう解っています。なので最初っからDX55-200mmの出番。とは言ってもドアップじゃ意味がないのでもちろん大きく夜景入りで。

ここの花火の特徴はメイン会場からの打ち上げの他、西寄りから上がる単発大玉の連続が見どころだったりします。これの為に左側を開けた構図にしている訳。お次は大玉3発繋ぎGIFで。

1566054932s7liwoh1tbwcc731566054930

これこれ!かなり高く上がってるんでしょうがここは標高1600m、完全に見下ろし目線です。花火のバックには夜空はありません。市街地や韮崎IC付近の夜景が星空に代わり煌めいています。

更に大玉は続きます。が・・・ ん?また奴(雲)がやってきました。
そんな雲に侵食されていく大玉を4枚繋ぎGIFにて。

1566055132arpw4gybkqfemdh1566055129

雲上に咲く花火ってよりも雲に遮られた花火ってところでしょうか。
この後、更に状態は悪化することに。そんな様子も6枚繋ぎGIFで。

15660553019hw8aslshhct7tr1566055297

これはもう酷いですよね。玉が見えているだけマシかも知れませんが。
武田橋付近のメイン会場や市街地はもう完全にブラックアウトです。この後フィナーレに向かう訳ですが雲の合間に時折見える程度で画にならず。周囲の方々も21時目前に撤収し始めました。
時刻は21時頃、4年前が思い出される様な限りなくSOUND ONLYに近い状態でフィナーレを終え私も撤収を始めたその時、サーッと雲が晴れました。そしてドーン!グランドフィナーレです。

外した静止画用「D7000」を急いで再セットした際の振動で動画もブレブレブレに。(^_^;
そんなグランドフィナーレ中の可憐&鮮やかな花火をパチパチと。5枚繋ぎGIFにて。

1566055618todbsqizchuxnwq1566055615

この辺りは後の動画で見てもらった方が良いかと。この時点で撮影していたのは私のみ。
河口湖湖上祭」も「神明の花火」の時もそうでしたが最後まで諦めちゃダメですよね。
グランドフィナーレ最後の打ち上げも2枚繋ぎGIFで。慌てていてピントリングにでも触れたのでしょうか、2枚ともピンボケです。(^_^; こちらもまた動画で見てもらった方が良いかと。

1566146505ozqquocv5npmxj01566146504

さて、動画いってみましょう。今回は2台体制で撮影してみました。
先ずは光学35倍と4K動画がウリの「Nikon COOLPIX A900」版を4分半程で。

4Kで撮った動画を編集後、FHDで出力しています。「D7000」をセットした三脚に「クランプポッドミニ」を取り付けて撮影したので結構なブレ動画に。酷い部分はバッサリカットです。(^_^;
そうは言っても4Kです。FHDにしても結構精細感のある画になっていると思います。惜しむらくは撮影条件が固定されてしまうってこと。色温度は低めで露出も若干アンダーな感じでしょうか。

変わってお次は「Canon G7XmarkII」で5分半程。こちらは別三脚「Fotopro c-4i PLUS」での撮影です。ブレも少なく望遠時の画角も合わせられるので編集し易さや安定感はこちらが上。

機材表記以外は同じサムネです。出だし部分も一緒。変えりゃよかったかな。(^_^;
A900に比べると望遠が弱いのでスケール感はどうしょうもないですが、元がFHDなのでシャープさには欠けるものの露出や花火の色合い、夜景のキラキラ感はこちらが上質じゃないかと。
G7Xmk2はマニュアルで撮影条件が細かく設定できるのも強みですよね。
総じて言うと私的にはG7Xmk2の画質が好みかな。あ、これはあくまで今回の花火動画比較での話であってA900の昼4K動画は圧倒的な精細さがありとても美しいと思います。(^_^)

花火終了後の眺めをパチリと。
私が花火撮影していたポイントからの眺め&がこれ。

D7k_2681_r

右手の木々に被っているのが武田橋。その直ぐ左手がメイン会場です。
先客さんが居なくなったので理想のポジションに移動してまたパチリ。

D7k_2729_r

その移動距離、僅か2mちょい。こんなにも見え方が変わるんですよね。
武田橋の全景はもちろん七里岩先端付近、韮崎駅周辺の市街地も良く見えています。

そして誰もいなくなった駐車場で車をパチリと。バックは雲間に光るお月様。(^_^;

Img_4597_r

その後も数台車が上って来ましたが下界で花火見てドライブがてら上ってきたのかな? 東屋にでも行けば夜景もそれなりに見られたと思いますがなぜかそのまま下って行かれました。(^_^;

という訳で「甘利山駐車場」からの「武田の里にらさき花火大会」はいかがだったでしょうか。4年前のリベンジが出来たかというと微妙ですが、雨に降られなかっただけマシだったかも知れません。後、一番変わったのは訪れる人の多さでしょうか。帰宅後「武田の里にらさき花火」「穴場」とかでググってみると「甘利山」の紹介記事がいくつか出てきました。紹介されている記事の中には過去に撮った私の写真や動画も使われてたりとか。この人気ぶりに一役買っていたと思うと複雑な気持ちになったのでした。(^_^; でも良い場所は皆で共有したいですよね。(^_^)

2019/8/10 小江戸甲府の夏祭り花火

いや、当日お外から音が聞こえて来なかったら気づいてなかったかと。自宅近傍で観られる貴重なローカル花火「小江戸甲府の夏祭り」の花火をすっかり忘れていました。(^_^;
毎年恒例じゃないものの甲府市中心部で開催される大きなイベントでは「舞鶴城公園」や「武田神社」辺りから花火を上げることが多くこれが結構見映えするのです。お金かけてるのです。(笑)

ローカル花火の悩ましいところは打ち上げている時間や間隔が読めないってこと。よって上がっている時に急いで撮るしかありません。取り急ぎ持ち出したのは「G7Xmk2」。花火の見える外階段側に出てカメラ単体を半固定した状態で動画撮影を始めました。三脚出してカメラをセッティングしてなんて時間はありません。動画があれば静止画は後から切り出せば良いしと。(^_^;

結論から言うと30分程の間に3~4回に分けて打ち上げがありました。終わって宅内に→音がする→外に出て撮る、終わって宅内に、の繰り返し。都度戻ったのは夕食中だったので。(^_^;

そんな忙しく撮影した中から見映えする花火を4枚まとめて。

1566121563

今回静止画は一枚も撮っていません。全て動画からの切り出しです。
なので静止画の様な流れる花火にはなりません。スターマイン系がメインなので静止画で撮ってもほぼ光の塊になっちゃうし却ってこれで良かったかと。結構綺麗だし結果オーライです。(^_^)

という訳で本編は5分程の動画にてご覧ください。

これ街中で上げる花火にしてはちょっと派手過ぎないかい?(^_^;
っていうぐらいの花火です。会場であろう舞鶴城公園は甲府駅の直ぐ隣。完全な街中なので付近の住民は花火を楽しむってより音響や降り注ぐ火の粉や燃えカスの方が気になったかも。
自宅からは1km程なのでちょうど見ごろな距離ってところでしょうか。両サイドに建つ「ココリ」や「セインツ25」の高層ビルが様々な花火色で照らされる様子は見ていて結構面白いです。

そそ、この動画、最初に書いたとおり手持ち半固定です。チルト式モニタを上手く使えば安定して置けたのですが終始手で軽く支える様にして撮っていました。手振れはそのせい。ご容赦を。(^_^;
そして翌日(8/11)同規模の花火が再び開催されました。また音がするまで忘れてました。(笑)
前日の手振れ動画のリベンジってことで今度はしっかり置いて撮影。今度は完璧だぜ!
と思ったのも束の間、今度はピンが合ってなかったという。(T_T)
全編を通しで撮影したこともありほぼ全滅です。ホント詰めが甘いですよね。(^_^;

2019/8/8 稲妻夜景(自宅より)

昨日の「神明の花火大会(長峰林道)」での虫刺されにカイカイ(^_^;しながら動画編集とかしているとゴロゴロと雷鳴が。窓にも時折明るい稲光が反射しています。バルコニーに出てみると・・・ 
盛大に光っています。久しぶりに見る見事な稲妻です。これは撮らねば!(笑)

用意されていた夕飯はチトお預け(^_^; 西方の夜景と共に3枚繋ぎのGIFにて。

1566108469m5mmfrqrgqlilcw1566108460-1

モロ落雷しています。「双葉SA」近くの鉄塔の向こう側ってことは韮崎辺りでしょうか。
田畑が多いエリアなのでそう被害はないと思いますが近隣の方々はたまらんですよね。

そそ、こういった稲妻撮影の時には普段の夜景や花火撮りの経験が活かせます。
撮影条件はDX16mm、s/s 30秒、f11、ISO100、手動(笑)インターバル撮影。
インターバル撮影モードにしてもよかったのですが単に設定が面倒だったので。(^_^;
でも次のシャッター押す迄の間に見事な稲光が走ったりと。やっぱ機械任せが一番かな。

雷の発生場所も徐々に移動している様だったのでちょいと南西寄りに振ってみました。
この画角からも大きな落雷を3枚繋ぎのGIFにて。

1566108779c4a2n_wvwh_6out1566108770

約30分撮影していたでしょうか。大きな落雷は移動することなくほぼ同じ場所で発生。
写真では上の6枚ですがその間の落雷は20回近くあったのではと。現地近くの方々は本当に大丈夫だったのかな。停電とか特にニュースとかもなかったので大丈夫だったと思いますが。

季節ならではとは言ってもやっぱり雷は怖いですよね。大昔に甲府市街地が激しい落雷に見舞われたことがありその時は本当に恐怖でした。ゴロゴロじゃないんですよね。パーン!ですから。
連日猛暑が続いていますし突然の夕立や雷は予断を許しません。ご注意ください。

2019/8/7 第31回 神明の花火大会(長峰林道より)

ついにやってきました。お待ちかねの「神明の花火大会」です。(^_^)
当日は天候が心配されたものの先日の「河口湖湖上祭」同様、真夏の空気感も薄っすらと富士山もその姿を見せています。こうなると撮影地は富士山コラボ狙いで選ぶっきゃありません。
という訳で幾つかの候補地から選んだのはここ。神明の花火ではお初の「長峰林道」に決定!
距離は10Km程と遠いですが、ここから見る存在感ある富士山と夜景は正に絶景です。
トワイライトな時間帯に望遠で狙えばきっと良い画が撮れるだろうと。さて行きますか。(^_^)

先日の「河口湖湖上祭」と同様、定時帰宅で整形に寄って(笑)その足で現地へ向かいます。
空いていれば現地へは30分ちょいの道のりも街中の帰宅ラッシュで結局一時間以上、到着したのは花火開始直前の19時前頃に。知る人は知るこの展望地、きっと先客さんがいるんだろうなあ、と最後のカーブを曲がると案の定、そこには車一台と2名の先客さんが。この展望地、4脚も立てればほぼ満席です。ご挨拶して車は先客さんのすぐ隣に付けさせてもらい静止画と動画用の2脚体制でスタンバイです。停める際には何度も誘導して頂きありがとうございました。m(__)m

神明の花火は19時15分開始です。この時間帯がまた富士山コラボにもってこいなんですよね。薄っすらですがなんとか富士山ビューのなか撮影開始。さて、富士山コラボは叶うのでしょうか!?

1565578887lne1ykfzazk3zs51565578886

打ち上げ直前&直後の結果はこのとおり。前回同様、同画角の2枚繋ぎGIFにて。
富士山はホント薄いですが見えるだけでも御の字かと。大玉を連発してくれるオープニングは絶好の富士山コラボチャンス。あっと間に宵闇に溶けゆく富士山と共に4枚繋ぎGIFにてパチパチと。

1565579149qvsgoxodfl1y3rv1565579146

この後、19時半過ぎにはほぼ富士山コラボは厳しく。花火も小ぶりなスターマイン系が主に。
上の写真も含め最初は常用している「DX16-85」のテレ端で撮影するも小さ過ぎ(^_^; 結局途中からは「D5000」購入時のキットレンズ、久々の「DX55-200」の出番とあいなりました。このレンズ、キットレンズとは言えジャスピン&ブレさせなければなかなかシャープな画が得られるレンズだったりします。ピントリングの安っぽさとクイックさ(笑)もホント久しぶり。交換後から6枚繋ぎGIFにて。 

1565579667gcxcb1sfgnbyu_p1565579662

そうそう、これくらいのスケール感じゃないと寂しいですよね。花火のドアップトリミングじゃ夜景コラボの意味がないし丁度良いかと。「櫛形山林道」の様な見下ろし感も求めちゃいけません。(^_^;

そうは言っても綺麗な花火はやっぱり大きく見たい訳で(笑) 16:9トリミングの3枚繋ぎGIFで。

1565580574cb6dlnnvutzk9fy1565580573

これくらいのスケールで無理なく夜景コラボするなら「湯沢公園」が最適じゃないでしょうか。
富士山は先っぽだけしか見えませんが距離は4Km程なので夜景コラボだけなら迫力も十分。

終盤も近づきド派手な花火が連続しだします。綺麗&迫力あったので単独でパチリと。

D7k_2598_r

ちょっと重ね過ぎたかな(^_^; 大玉含めた広がりある花火はやっぱり良いですよね。
お次も単独で。何もド派手な花火ばかりじゃありません。こういった雅な花火もまた良し。

D7k_2599_r

構図を考えてトリミングしたのはこの写真だけ。地味ながらも綺麗だったので。(^_^)

さて、いよいよフィナーレへ突入です。プログラムを見た訳じゃないですが21時頃に終わったのがフィナーレ、その後がグランドフィナーレだったのではと。今年は令和元年ってこともあってか久しぶりに21時過ぎまで打ち上げが続きました。とは言っても大昔の様なダラダラ上げてる感(じゃないと思いますが(^_^;)はなく素晴らしいフィナーレだったと思います。そんな中から6枚繋ぎGIFをば。

1565604320e876gq7xhi8h4ov1565604316

ん?なんか派手さに欠ける様な。ていうか派手な場面は派手過ぎてまともに撮れてません。(^_^;
今年はパッと咲いた後の演出が実に綺麗な花火が多かったです。デジタル的というか幾何学的というか、そんな花火が上の写真なのです。静止画じゃ解りませんがホント綺麗なのです。(笑)
どんな花火だったかは後の動画にてご覧ください。遠巻きでチト小さいですが。(^_^;

締めのエンディング花火はこんな感じ。周囲が緑一色に。

D7k_2626_r

最後の写真だけに許される白飛び。(笑) というか緑飛びといった方が正しいかも。これ会場で見ていた人は本当に興奮&感動したんじゃないでしょうか。この時ばかりは人混みが嫌いな私も現地で見てみたいと思う瞬間だったりします。毎度思うだけで結局行ってないですが。(^_^;

そんな「第31回 神明の花火大会」10分程のダイジェスト動画でご覧ください。
恒例の「G7Xmk2」マニュアルモードにて。マニュアル云々よりも光学テレ端ではこれが精一杯。富士山コラボは別として正直小さいです。音響共に遠望花火の雰囲気を感じて頂ければと。(^_^;

スケール感は10Kmも離れているのでしょうがないですが、先に書いた幾何学花火とかの美しさは十分わかるのではと。こうして毎年見ていると花火も進化してるんだなあと実感させられます。

最後は花火終了後、静けさの戻った「長峰林道」からのパノラマ夜景をば。

20190807-p01_r

標高は700m程とそれほど高地ではないですが、南アルプスから中央市南部、富士川町方面まで美しい夜景が見られる展望地です。でもやっぱり富士山や山並みがないと寂しいですね。(^_^;

そそ、先客さんは毎年ここに撮影に来られているらしく「2017年の神明の花火」で撮られた異様な笠雲の富士山の話で盛り上がりました。何故なら当時花火自体は自宅から撮影したのですが同じ笠雲の富士山を私も撮っていたから。その時に見られた二連の虹の話とかも併せ撮影前のひと時を楽しく過ごさせて頂きました。後に来られたお友達も含めカメラ談義が絶えない皆さんでしたが何処かの学生さんでしょうか。帰り際の礼儀正しさとか、我が子も見習って欲しいです。(^_^;
皆さん、盛大に虫刺されしていた様ですが大丈夫だったかな?私は翌日悲惨でしたが(笑)

さてさて「長峰林道」からの「第31回神明の花火大会」はいかがだったでしょうか。
遠望なので迫力には欠けますが開始直後の富士山コラボもなんとか叶いましたし行って良かったです。一時は「甘利山」も考えましたが更に遠望なのでさすがに厳しいかも(^_^; 来年はもう少し近くから撮ってみようかな。富士山コラボな撮影地はまだまだありそうですし一年かけて探しますか・・・って、来年はオリンピック絡みで開催は10月10日になるとか。涼しくて良いかも。(笑)

2019/8/5 河口湖湖上祭花火大会(新道峠より)

さて、前回の「笛吹川県下納涼花火大会」に続き8月はメジャーな花火大会が目白押しです。
もちろん8月の一発目はここ「河口湖湖上祭花火大会」ですね。(^_^)
今回の撮影地は久々の「新道峠」。前回訪問は2015年でしたが、それ以前にも2012年2014年と訪問している定番撮影地です。他には「御坂峠天下茶屋前」や「母の白滝駐車場」からも撮影していますが、やはり「新道峠」が一番じゃないでしょうか。何度でも行けちゃいます、ここ。(^_^)

当日は月曜日、仕事を定時で切り上げ速攻帰路に。先日チト転んで(^_^;痛めたお手々の治療で自宅近くの整形に寄って、そのまま現地へ出発。もちろん機材は車に搭載済み。(笑)
現地までは一時間程、19時頃には現地着です。道中前走車が新道峠方面に向かった時にはチト焦りましたが、林道終点のスペースはほぼ満車も、平日だからか意外と車は多くありません。すぐ下の退避エリアに停めて撮影地へ。前走者のお方も直ぐ後ろからヒタヒタと。急げ現地へ!

今回は10分程で行ける第2展望台にスペースがあればそこで撮影と決めていました。着いてみると4名ほどの先客さんがいらっしゃいましたが、富士山方面に若干木々が被るもののなんとか一人分のスペースを確保。すぐ後ろから来られた方、すみませんです。m(__)m お先にです。(^_^;

打ち上げは19時45分から。トワイライトな内に定番構図でパチリと。

D7k_2462_r

到着直後は雲に隠れていた富士山も直ぐに姿を現してくれました。
右手に木々が被るものの花火方面はバッチリです。良さげな予感。(^_^)

数発のパイロット花火の後、いよいよ打ち上げです。目的はもちろん富士山とのコラボ。
結果は次の写真にて。以降、同じ画角の写真が多いのでGIFでご覧ください。

1565435018c2r1whwc2sf5xkh1565435016

既にトワイライトは終了し存在感は薄いもののなんとか富士山コラボは叶いました。(^_^)
開始直後で相対的に花火は小さいですが、後半の大玉に期待です。

お次も2枚GIFで。小ぶりな花火もアップにすれば綺麗に夜景コラボしてくれます。

1565435352mk1vye4lgh6dqks1565435350

バックは富士吉田や富士河口湖町の夜景。ひと際明るいエリアが「富士急ハイランド」です。
「御坂峠天下茶屋前」や「母の白滝駐車場」からはこのサイズだと厳しいんですよね。

花火も中盤を迎えると河口湖大橋手前「八木崎公園」の打ち上げ花火との共演が始まります。

1565436010pajg1s5sagkwzw81565436008

これも「河口湖湖上祭」の見どころのひとつ。競い合う様に上がる花火共演はホント綺麗。

花火共演が終わるとお待ちかねの大玉タイム!(^_^)
グッと広角に戻して再び富士山コラボにチャレンジです。

1565436454bpiynffaeprsiz51565436452

うーん、まだまだ小さいですかね。(^_^; でも最初の写真と比べれば十分かと。
富士山を浮かばせる為に長時間露光すると夜景や花火が飛ぶので基本花火や夜景に合わせた露出で撮って後で明るめに補正が常套手段。明るい月夜ならバランスも良いんでしょうけどね。

そんな大玉の連続はアップでの夜景コラボが更に映えます。4枚繋ぎGIFにて。

1565436710gemumx1wqxot9yw1565436707 

このサイズになると「御坂峠天下茶屋前」や「母の白滝駐車場」でも見応え十分。
この後、湖面に咲く半球花火等を挟んでいよいよフィナーレを迎えます。
この辺りの流れも毎度お馴染み。後ほどのダイジェスト動画でもどうぞ。(^_^)

グランドフィナーレからも4枚繋ぎGIFにて。

1565437033iuvc4wzy2_gzdrq1565437030

連続で打ちあがる大玉は山間に反響する轟音と共に相変わらずゴージャス。
ぜひ会場でも見てみたいところですが、やっぱり人混みはイヤ。(笑)

さて、そんな「河口湖湖上祭」の様子を7分程のダイジェスト動画でご覧ください。
前記事と同様、今回も「Canon G7Xmk2」の全マニュアルモードにて。

暗い、且つ遠方なのでf2.8は前回同様もISOは1600、s/sを1/20程としています。
富士山コラボ狙いでは更に明るくしてみましたが結局富士山んは浮かびませんでした。
登山道の灯りで存在を感じてください。(^_^;

最後は打ち上げ直後の全景夜景にて。静かな「新道峠」夜景が戻ってきました。

D7k_2537_r

相変わらず綺麗な夜景ですね。やっぱり良いなあ、ここ。(^_^)
7月の長雨、後半からの8月にかけての猛暑&荒天を思えば十分なコンデションだったのではないでしょうか。今日は本当に来て良かったと思います。同所の過去記事を読み返すとまた同じような内容になってしまいましたが、その時々の記録でもありますし、ご容赦を。
明後日にはメインイベント「神明の花火大会」です。今回はどこから撮ろうかな。(^_^)

2019/7/28 第62回笛吹川県下納涼花火大会

前の記事とセットでお読みください。続きです。(笑)
という訳で下見の疲れも癒えぬ間に行ってきました「第62回 笛吹川県下納涼花火大会」。
出かけたのは17時半頃、現地迄は30分ちょい。予定どおり花火開始の1時間前に余裕で現着です。経験上これくらい前に来れば撮影スポットに一番乗りだったハズなのですが・・・
撮影スポット直ぐ脇にはブルーシートを広げた小さいお子様連れのご家族が。
「こんにちわ(^_^)」と挨拶しそそくさと三脚をセッティング。聞いてみるとこの辺りからなら高台だし花火も見えるかな、ってノリで来られたそうな。お察しの通り!よく見えますよーここ。(^_^;

後は正直に花火の見え具合を説明したりとか。近隣に迷惑がかからない様にと撮影地を明かさない方もいますが、ここは完全にパブリックスペース。良い情報は共有しなくちゃね。(^_^)
花火開始まで後1時間、以前と同様怪しい空模様の現地からの眺めはこんな感じ。

D7k_2417_r

遠方は霞んでいるものの花火鑑賞には問題なさそうです。降らないで、雨!
まあ急な雨でも直ぐに避難可ってことでこの場所を選んでいる訳なのですが、遠雷にビクビクしながら打ち上げを待ちます。ふと見上げると曇り空に薄っすらと虹が。

D7k_2420_r

「ほらほら**くん、虹だよ!」ご家族連れのお母さんのテンションも上がります。いっそのこと一雨来た方が空気が澄むので良いんですけどね。そんな状態のまま花火開始時刻も間近に。
気が付けば周りには花火鑑賞の方々が大勢集まって来られました。三脚立ちのカメラがあるってことは正に「見える」ってことの証の様なもの。そりゃ集まります。お子様も倍増です。(笑)

パイロット花火直後の夜景をパチリと。間もなく開始です。

D7k_2425_r

夜景のみだとこんな感じ。冬場なら遠方までキラキラ夜景なんですけどね。

てな訳で始まり始まり~。ここからはそこそこ見映えした花火を何枚か連続で。

D7k_2431_r

D7k_2429_r

D7k_2427_r

前半は小ぶりの可愛い花火が続きます。割と根っこから見られるのもこの場所ならではじゃないかと。以前に直ぐ隣の定番展望地から撮ったこともありますが見映えはイマイチなんですよね。
夜景&ドーム&ワイン噴水が花火とコラボしてくれるのもここのグッドポイント。(^_^)

後半に入ると比較的大きな単発花火が連発します。これまた続けて何枚か。

D7k_2439_r

D7k_2438_r

D7k_2435_r

今日は多重露光用の黒塗り団扇を忘れました。(^_^;
単発花火は上手く多重露光すると良い画になるんですけどね。まだまだ精進が足りんのう。

直ぐ脇では花火そっちのけでお子様方が大運動会中。その様子というか雰囲気は後の動画で。
「花火見ないなら帰るよー」とお母さん方。こういった賑やかな雰囲気もまた良し。(^_^)

そうこうしているうちにいよいよラストが近づきます。
しかし、終盤になって花火打ち上げ場所付近は無風になってきたようで・・・ 煙煙。(^_^;
これもまた花火大会あるあるでしょうか。そんな終盤とラストの打ち上げから2枚。

D7k_2452_r

D7k_2458_r

2枚目がフィナーレですが完全に煙がぶっ刺さってますね。(^_^;
でもこの半煙の花火って炸裂の瞬間、煙に反射する光とか妙に迫力があって良いです。
これまた動画で見てもらった方がよく解るのではと。ってことで動画です。(^_^)

すっかり定番の「Canon G7X MarkII」にて。今回は完全マニュアルモードで撮影です。
参考迄に撮影条件は "s/s 1/30 f2.8 ISO 800 WB オート 手ブレ補正OFF"。フルオートでもそれなりに撮れるのですが、明暗で露出が大きく変わること、AFが不安定になること、高感度になった時にノイズが出る等々、花火撮影には向きません。今回はそれなりに満足な出来かと。

さて、笛吹川フルーツ公園、富士屋ホテル裏から見る「第62回 笛吹川県下納涼花火大会」はいかがだったでしょうか。ここ数年、昨年の「富士塚」、盆地の向こう側「釈迦堂遺跡博物館」、東の「勝沼ぶどうの丘」等々、様々な場所から撮りましたが、高台且つそこそこ近場ならやっぱりここから見るのが一番だと思います。ちょっと有名になってしまった感もありますが、早めに来て陣取れば無問題。(笑) 来シーズン、機会があれば是非訪れてみてください。(^_^)

2019/7/28 自転車で行く夜景スポット+(其の21)

前回から既に一か月以上、ご多聞に漏れず全国的な長雨は甲府周辺も同様だった訳で。
久々の晴れ間を見せた当日7/28(日)は「第62回笛吹川県下納涼花火大会」の開催日。本当は前日の7/27(土)だったのですが、台風の影響を懸念して午前中には早々に順延が決定。
今回は久々に「笛吹川フルーツ公園」から撮影ってことで下見がてらお出かけです。超メジャースポットながら現チャリ(TREK FX3)ではまだ訪れてなかった現地ですが、麓からだと標高差250mを3.5km程、平均勾配7%の割とマジなヒルクライムだったりします。前チャリ(プレトレ)の時は早々に押し歩いたこの坂、猛暑の中を今回はどこまで耐えられるのでしょうか?(笑)

出発したのは10時過ぎ、既に30℃越え、最悪の時間帯が迫ります。(^_^;
万力公園対岸の花火大会観覧場所まではスイスイと。万力大橋袂から下流側をパチリと。

20190728_104739_r

山梨市駅側の根津橋からひとつ上の万力大橋の間の左岸堤が花火観覧会場となります。既に交通規制で通行止めになっていましたが会場の設営は始まったばかりの様でまだ何もなし。この通り沿いにズラッと屋台でも並ぶのでしょうか。会場から見たことないので解りません。(笑)

万力大橋を渡って公園内で小休止。さて、登るぞー!(^_^)
さすが前車とは違いスローながらも押し歩くことなくキコキコと。先ず辿り着いたのがここ。

20190728_112723_r

決して力尽きた訳じゃありません、最初の目的地(展望地)なので停まったのです。(^_^;
看板のとおり「名前のない展望台」へ到着。晴れとは言え夏空の雲に阻まれ富士山はなし。

ここまで来ればフルーツ公園は目前です。でも目的とする「富士屋ホテル」のある最上部まではまだ2km程、勾配も変わらず、ていうか更にキツイんじゃなかったかと。最短距離で坂を上れば800m程で現地なのですが、勾配は15%超えとなり私の脚力じゃとても漕いでは上れません。(前回はここを押し歩いた) ここは正規ルートを押し歩きなしで公園を目指すことに。

公園入口直前、気温は既に35℃越え。暑さに負けました。漕ぐのをやめました。(^_^;
押し歩きに転じて直ぐ、フラフラしながらも「笛吹川フルーツ公園」入口に到着です。

20190728_113854_hdr_r

ここからもまだ公園内をキツイ上りが続くんですよね。もう限界です。休みます。
駐車場の自販機で飲み物買って日陰のベンチで小休止。っていうかしばらく動けず。(笑)
休みがてら見ていると次々と小さなお子様連れのご家族が。熱中症には気を付けてね!

さて、結構休んだし上るか。エイッ!・・・ あかん、やっぱ漕げない。押し歩き。(^_^;
園内道路を上ること訳10分「恋人たちの聖地・夜景100選」定番の展望地へ到着です!

20190728_120439_r

夏空だあ。眺望は変わらずも富士山は見えず。お客さんも余りの日差しに日陰の飲食コーナーや売店に避難です。足湯なんてもってのほか。(笑) 来るならやっぱ寒い時期が一番かな。

という訳でやっと目的地(花火撮影予定地)、このちょい先、富士屋ホテル裏手の駐車場へ。
自転車と共にパチリと。

20190728_120705_hdr_r

え?これのどこが撮影地? って思いますよね。(笑)
この木と木の間の僅かな隙間、ここから見る&撮るのです。

花火を撮るときの画角はこんな感じ。ね、なんかこう良い感じでしょ?

20190728_120805_r

ポイントは木々が被るものの2つのドームが入り、バックもしっかり夜景に。花火は正面に見えるドームのほぼ真上に上がります。そしてもうひとつ。ホテル前広場のワイン噴水も入ること。
他のメリットとしてはこのすぐ後ろが駐車場ってことでしょうか。この時期ありがちな急な夕立や雷雨に見舞われてもすぐに避難可能!これは重要なポイントだったりします。経験上からも。(笑)

これにて下見は終了。しばらく訪れてないと現地の様子が変わっていることって結構あるんですよね。ぶっつけ本番で行って木々が成長していて見えなかったとか。あるあるなのです。
下見も終わり帰路は急坂方面へ。勾配15%超えの坂は下りも恐怖!

20190728_122134_r

ホテルのちょい下の公園入口に停めて園内へ。先のスポットと花火会場を結ぶ直線上からなら同じ方角に見えるハズってことで園内の気になるスポットも一応下見。たぶん見えますが高度がない分、また手前の木々や建物が被って小さい花火は根っこの方は見えないかと。これは公園内のどこからでも似た様な感じと思われますが実際に見てないので解りません。(^_^;

少し下りながら下を見ると・・・

20190728_122658_r

写真じゃあまり伝わらないかも知れませんが、スゲー急坂なのです。怖いです。
アニメ「ゆるキャン」でもこの激坂は登場。野クルのメンバーは上ったんだっけな?

帰路は見晴らしの良いフルーツラインで行くか悩みましたが、アップダウンが結構強烈なのでほぼ下り基調となるいつものR140をチョイス。もう上りを漕ぐ気力はありません。(^_^;

自宅も近くなり最後に立ち寄ったのがここ「甲斐の古道 歴史公園」。

20190728_125115_hdr_r

今年5月頃に整備された様なのでまだ余り知られてないのでは。

20190728_125224_r

園内にポツンとある道標盤。ようはここを中心に各地へ主要街道が延びていたんだよ、ということらしいです。私的には「中道往還」辺りが「右左口林道」絡みで馴染みがある程度かな。(笑)

フラフラしながら14時頃帰宅。炎天下の中のチャリ走は平地でもキツイのにヒルクライムした影響は甚大です。帰宅後は今宵の花火に備えて十分休息を、と思いきや遅い昼食や買い物等で家族とお出かけ。火照った身体を冷却する為に採り過ぎた水分でお腹の調子は悪くなるしと。それでも16時過ぎには帰宅して一時間程休憩後には花火撮影に再訪するのでした。(^_^;

 

«2019/6/16 自転車で行く夜景スポット+(其の20)

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30